unistyle

MENU

更新情報2020/04/30(木)内容を更新しました!

【エントリーシートの特技の書き方を解説】ES例文6選付

【エントリーシートの特技の書き方を解説】ES例文6選付

最終更新日:2020年04月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「エントリーシートにある特技に関する設問って、どんな意図があるの?」

「ESに特技を書く時ってどんな風に書けばいいの?」

上記のような悩み・疑問を持っている就活生は少なくないことでしょう。

特技に関する設問は「しょせん面接の話のネタにするくらいでしょ」などと考えている方もいるかもしれませんが、そこには企業側の明確な意図が存在し、且つ適切な書き方というものも存在します。

そこで本記事では"エントリーシート(ES)における特技の選び方と書き方・ES例文"などを解説していきます。

企業がエントリーシート(ES)で特技を聞く理由

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

特技を選ぶ際のポイント

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

エントリーシート(ES)における特技の書き方・書く際のコツ

エントリーシート(ES)の特技の書き方・書く際のコツ

特技を見つけた就活生は「エントリーシート(ES)でどのように特技を書けば良いのか?」を理解しましょう。

大前提、特技を書く際は以下の流れが一般的となります。

特技を書く際の流れ

1.結論
→例)私の特技は◯◯です。
 ⇩
2.理由・エピソード

→例)理由は~だからです。/△歳から△歳まで、△年間続けています。/この特技を活かし、~のような成果を挙げました。
 ⇩
(3.特技を通じて得た学び・企業でどのよう活かせるか)
→例)この特技を通じて~や~を学ぶことができました。/この特技を通じて得た◯◯を活かし、企業で~のように活かしていきたいです。

※特技に関する設問では、指定文字数がかなり少なく、「特技を通じて得た学び・企業でどのよう活かせるか」等を書く余裕がない場合があります。そういった場合は1と2の要素だけは最低限書くようにしましょう。

それでは、上記の流れを踏まえた上で「エントリーシート(ES)で特技を書く際のコツ」を紹介します。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

エントリーシート(ES)で特技を書く際の注意点・NG例

エントリーシート(ES)で特技を書く際の注意点・NG例

特技の書き方・書く際のコツを紹介しましたので、続いては「注意点・NG例」を説明していきます。

特技を書く際の注意点・NG例としては以下の3点があります。

  • 「空欄で提出する/特になしという回答」はNG
  • 悪い印象を抱く可能性のある特技は避けるべき
  • 「オススメの特技」なんてものに惑わされない

「空欄で提出する/特になしという回答」はNG

どうしても特技が思いつかない場合でも、「空欄で提出する/特になしという回答」で済ませてしまうことは避けるべきです。

文章ではなく単語として答える形式の場合でも、それが設問の一つであることは変わりません。エントリーシート(ES)は面接で話す内容の頭出しとしての機能がある以上、特技の場合でも面接時にその話題について取り上げられることが多くなります。

すなわち、空欄で提出してしまうと面接官に頭出しのヒントを少なくさせるという意味にもなり、企業側は少なくとも良い印象は抱かないでしょう。エントリーシート(ES)の段階では"何となくこの就活生と会ってみたい"と選考官に思わせることが重要であり、空欄の回答があることはそれだけでチャンスを逃しているとも言えます。

企業側に少しでも興味を抱かせるという意味でも、「空欄で提出する/特になしという回答」は避け、何か一つは特技を書いておくべきでしょう。

悪い印象を抱く可能性のある特技は避けるべき

明らかに企業側からの印象が悪いであろう特技は当然避けるべきでしょう。例えば、法に抵触する可能性がある行為・周囲の人が不快に感じるような行為などが挙げられます。

また、競馬やパチンコなどのギャンブル・賭博行為に関してもよほどの事情がない限り避けた方が無難です。

実際、競馬やパチンコという単語を聞いた時点で毛嫌いしてしまう人も一定数おり、そのようなリスクを犯してまでギャンブル・賭博行為を記載するよりは、他の特技と記載するのが望ましいでしょう。

自身がアピールしようとしている特技の印象が心配なのであれば、印象の良し悪しは就活生ではなく社会人(選考官)が判断するという意識を持ち、OB訪問などを通じて社会人目線からの印象を聞いておくと良いかと思います。

「オススメの特技」なんてものに惑わされない

「エントリシート(ES)で書く特技はこれがオススメ!」

上記のような記事等を見かけたことがある方もいるかもしれませんが、オススメの特技なんてものに惑わされるべきではないと考えられます。

仮に記事内で掲載されている特技の中で自分にあった特技がない場合でも、オススメならばとその中から特技をでっち上げて嘘をついてしまうことは、先述した『特技を選ぶ際は就活用に嘘をつかない』という事柄に反します。

記事上の情報に踊らされることなく、"絶対的な「オススメの特技」なんてものは無い"のだと割り切って考えるのが望ましいでしょう。

特技のES例文一覧

特技のES例文

最後に「特技別のES例文」を紹介します。特技を以下6個の種類に分類してES例文を掲載しています。

自身がエントリーシート(ES)に記載しようと考えている特技を選択し、ES例文を確認していただければと思います。

特技のES例文(1):料理

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

特技のES例文(2):顔と名前をすぐに覚えられること

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

特技のES例文(3):音楽(ピアノ)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

特技のES例文(4):絶対音感

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

特技のES例文(5):料理・お菓子作り

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

特技のES例文(6):スポーツ(水泳)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録