unistyle

MENU

更新情報2018/10/25(木)内容を更新しました!

【難問?】「新規事業を提案してください」というES設問の回答例と解説

【難問?】「新規事業を提案してください」というES設問の回答例と解説

最終更新日:2018年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

広告業界などで課されやすいのが「志望企業で実現したい新規事業やプランの提案」に関する設問です。

本記事では上記の設問に対する回答方針と内定者の回答を提示します。

設問意図

「志望企業で実現したい新規事業やプランの提案」といった設問を前にすると、これまでにない斬新な提案が思いつかないからと悩んでしまう学生も多いと思います。

しかしながら、過去の内定者の回答を見ていると、案外「斬新さ」などセンスによる要素があまり盛り込まれていないものも多くあります。

こうした設問でセンスよりも大切なのは「理にかなった提案であるかどうか」だと思っています。

正解のない問いのため、提案内容が自分なりの根拠に基づいていることが重要ということです。面接などでもエントリーシートの提案内容について掘り下げられることもあるようです。

以下のポイントを押さえておくと評価されやすいと感じます。

自分の経験や得意分野に結びつけた提案であるか

学生時代に力を入れてきた活動や自分の得意なことに結びつけた新規事業の提案は、漠然としたアイデアをつらつらと並べるよりも説得力があるでしょう。あなたの強みが新規事業でどう活きるのかを考えてみてください。

会社の得意分野に結びつけた提案であるか

志望企業がいま力を入れている分野での新規事業提案は企業の仕事理解を伝えることにもつながり、評価される場合もあるのではないかと思います。企業研究を行う中で、注力している事業分野・マーケットを確認してみるとよいでしょう。

世の中の流れをうまく捉えた提案であるか

博報堂のエントリーシートにあるような「流行を生み出すプランの提案」といった設問である場合、現状の世の中のトレンドを踏まえ、潜在的なニーズや次の動きを予測することで評価されると感じます。斬新さも大切ですが、まずはあなたの案が世の中にどうフィットしていくのかを説明する必要があります。

これら3点も考えながら、過去評価された内定者の回答をご覧ください。

住友不動産内定者の新規事業提案

住友不動産が取り組むべきだと思う新規事業を提案してください。
(なお、高齢者向けケアハウスや賃貸住宅、賃貸シェアハウスは除く)

新宿地域におけるエリアマネジメント。

「街」自体の価値を上げる施策に取り組むべきだと考える。貴社の一番の特徴は、再開発時に一軒一軒地権者の方に働きかけ、「地元・行政と協働した街づくり」を進めていくことだと考えている。

ならば、その地元住民のニーズをくみ取り、より街全体に還元して、街のブランド力を高めるエリアマネジメントを手掛けるのはどうか。

まず多く不動産を所有している新宿のブランド力を上げれば、貴社全体のノウハウも蓄積され、今後の事業の幅が広がり、長期的には新規案件獲得機会も増えると考える。

貴社が不動産を多く保有し、東京の中心地である新宿で、まず限定的にエリアマネジメントに取り組むべきだと考える。

住友不動産が数多くの不動産を所有する、新宿地域におけるエリアマネジメントを提案した回答です。

住民や行政を巻き込みながら地域全体の価値を向上させる、エリアマネジメントの取り組みそのものは真新しいものではありません。しかし、この回答では住友不動産の得意分野である「地元・行政と協働した街づくり」を提案の根拠として示すことで説得力を高めています。

また、本文中には言及されていませんが、三菱地所の「丸の内」・三井不動産の「日本橋」といったような各デベロッパーに代表される地域が住友不動産にはなかったことも提案の背景にあるのではないかと考えられます。

もしも面接の場面でこの回答の深掘りがあったとすれば、「具体的にどんな企画を実施したいのか?」といった質問があったものと思われます。回答作成時から、「どのような目的で」「誰に対して」「どんなサービスを提供したいのか」についてもう一段深く考えられると良いでしょう。

住友不動産内定者の街づくりアイディア

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

博報堂内定者の「新しい流行を生み出すプラン」

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

キリンビバレッジ内定者による「新しい飲料文化」提案

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

いかがでしたでしょうか。

新規事業系の提案と言われると、クリエイティブさを求め、斬新なアイデアを回答しようとする方もいるかもしれません。

しかし大切なのは、「理にかなっているかどうか」、「世の中の流れを考えた上での提案かどうか」です。

一発当てる事を考えるのではなく、自分の経験や世の中のニーズから考えてみるとより良い案が思い浮かぶと思います。

内定者のESを参考に自分なりのアイデアを考えてみてください。

photo by Martin Thomas

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録