unistyle

MENU

更新情報2018/07/09(月)内容を更新しました!

JR東日本のES徹底解説!選考通過者の志望動機・ガクチカ分析

JR東日本のES徹底解説!選考通過者の志望動機・ガクチカ分析

掲載開始日:2018年04月17日
最終更新日:2018年07月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JR東日本の本選考ES一覧はこちらから

私たちの生活に欠かせない交通インフラの最大大手、JR東日本。

運輸事業以外にも、駅スペース活用事業やショッピング・オフィス事業をはじめとした幅広い事業を手がけており、その安定性や身近さから就活生の人気が高く、マイナビが発表した2018年卒人気企業ランキングでは全体18位、鉄道業界1位となっています。

そんなJR東日本ですが、同社の管轄する全ての現場に携わるポテンシャル採用(100名)と、一定エリアに密着するプロフェッショナル採用(1100名)を行なっており、ES(エントリーシート)を以下の期間で受け付けています。

【第1回】 2018年4月2日(月)まで    
【第2回】 2018年4月16日(月)まで
【第3回】 2018年5月7日(月)まで

本記事では、同社のポテンシャル採用の本年度ES回答ガイドを、同社の求める人材像や事業内容を参考にしつつ解説していきます。

JR東日本の本選考ES設問

◆自己PRのタイトル    (30文字以内)
◆あなたがこれまで挫折や困難を乗り越えた経験を交えて自己PRしてください。(400文字以内)
◆選択した採用職種のテーマについて、800文字以内で入力してください。
※選択した職種以外のテーマには入力しないでください。
〔1〕営業・事業企画を選んだ方必須
テーマ:「JR東日本だからこそあなたが実現したいことはなんですか。また、その実現のために、あなたのこれまでの経験を具体的にどのように活かしますか。」(800文字以内)
〔2〕列車制御システム・エネルギー・情報通信を選んだ方必須
テーマ:「列車制御システム・エネルギー・情報通信フィールドで実現したい夢はなんですか。また、その理由はなんですか。」(800文字以内)
〔3〕輸送・車両・機械を選んだ方必須
テーマ:「輸送・車両・機械フィールドで実現したい夢はなんですか。また、その理由はなんですか。」(800文字以内)
〔4〕メンテナンス(線路/土木)・建設を選んだ方必須
テーマ:「メンテナンス(線路/土木)・建設フィールドで実現したいことはなんですか。」(800文字以内)
〔5〕建築を選んだ方必須
テーマ:「建築フィールドで実現したい夢はなんですか。また、その理由はなんですか。」(800文字以内)
〔6〕ITを選んだ方必須
テーマ:「ITフィールドで実現したい夢はなんですか。また、その理由はなんですか。」(800文字以内)

「挫折や困難を乗り越えた経験」「当社で叶えたい夢」といったオーソドックスな内容ですが、個々の設問の解説に移る前にJR東日本の求める人材像について把握しておきたいと思います。

JR東日本の新卒採用HPでは、以下の3点を新卒人材に求めるものとして掲げています。

・高い専門能力を持ちながらも、変革を恐れることなく、いかなる環境にも対応できる柔軟な思考力。
・自ら課題を設定し、社内外のさまざまな関係者と調整を行いながら、プロジェクトをマネジメントし、目標を達成する能力。
・新たな領域に自ら進んで挑戦し、JR東日本グループの無限の可能性を率先して追い求める熱い探究心。

 

参考:JR東日本 新卒採用 求める人材像 

JR東日本の「会社要覧」には「会社発足から30年が経過し、鉄道のシステムチェンジ、社員の急速な世代交代など様々な変革課題に直面」と書かれており、その課題解決のため新卒人材に「経営資源を組み合わせて新しいものを創り出す」という役割を期待しています。

上記の3点はJR東日本の強みである豊富な経営資源を有機的に生かし、将来的に中核を担っていくためにもっとも必要とされていく素養と言えるでしょう。

それでは、ここから個々の設問について解説していきます。

設問1:「自己PRのタイトル  」
設問2:「あなたがこれまで挫折や困難を乗り越えた経験を交えて自己PRしてください。」

◆自己PRのタイトル(30文字以内)
◆あなたがこれまで挫折や困難を乗り越えた経験を交えて自己PRしてください。(400文字以内)

設問の意図

「挫折や困難を乗り越えた経験を交えた自己PR」という非常にオーソドックスな設問ですが、「どのような手段で困難を乗り越えたのか」ということを見られていると考えられます。自分が挫折した時に一番に何を考えて行動していたかを思い起こしながら記載するとよいでしょう。

意図を踏まえた回答方針

先にあげた3つの素養をうまく盛り込んで回答を作成します。具体的には、「一人だけで乗り越えた」という経験よりも「様々な知識を持つ人たちと協力して乗り越えた」というエピソードの方が求める人材像に合致していると言えます。以下のフレームワークに当てはめて作成すると良いでしょう。

①強み(自己PRの核となるもの)
②強みが培われた経験や生い立ち
③強みが表れた、挫折や困難から立ち直った・乗り越えた経験
④強みを発揮する上で意識していること、方法論
⑤強みを企業でどのように活かすか

参考:ES・面接で使える自己PRの書き方|大手企業内定者の例文15選付き
→内定レベルの自己PRを簡単に完成させる方法について解説しています。上記のフレームワークを活用する方法についても紹介しているので、参考にしてみてください。

内定者の回答と解説

◆自己PRのタイトル(30字)
「チームリーダーに必要なことは何かを考え、実行してきた」

 

◆あなたがこれまで挫折や困難を乗り越えた経験を交えて自己PRしてください(400字)
「課題と向き合い、壁を乗り越える力」これが私の強みです。テニスサークルの主将になった私には、高校時代からの課題として「チームマネジメントから逃げてきた」現状があり、これを機に課題を克服することを目標に掲げ、以下の取り組みを行いました。一点目は「喋る能力の向上」です。まず最大の弱点の「伝えること」を克服するため、常日頃から「緊張しやすい場面で喋る」ことを心掛け、説明能力を身に付けました。二点目は「競争と共存を取り入れる」ことです。まず競争については、代表選手の選び方を話し合いから、部内戦による実力主義へと変更させ、個々の力を最大化しました。次に共存については、月に一度全員で練習し、目標を共有することで、チームに一体感をもたらしました。これらの結果、効果的なマネジメントを実現し、学内団体戦初優勝という成果を上げ、何かの課題を解決する上で「絶対に逃げないことの重要性」を学びました。

チーム全体を巻き込むリーダーという立場に立ち、過去の挫折を振り返り強みへと変えていったわかりやすいPRとなっています。本文内だけで成長を感じるとともに人柄も伝わるものになっています。乗り越えた方法も具体的に記載されておりイメージがしやすくなっています。

設問3:「JR東日本だからこそあなたが実現したいことはなんですか。また、その実現のために、あなたのこれまでの経験を具体的にどのように活かしますか。」

◆JR東日本だからこそあなたが実現したいことはなんですか。また、その実現のために、あなたのこれまでの経験を具体的にどのように活かしますか。(800文字以内)

設問の意図

JR東日本のESでは「選択した採用職種で実現したいこと」を800文字という膨大な量で述べることを要求していますが、本記事では営業・事業企画を選んだ方へのテーマを取り上げて紹介します。

志望動機に関する質問であることは間違い無く、以下のフレームワークを使って回答すると良いでしょう。

①成し遂げたいこと
②きっかけとなる経験
③企業選びのポイント
④他に受けている業界とその業界ではダメな理由
⑤具体的に取り組みたい仕事
⑥業界の中でもその企業の理由

参考::就活の選考で高く評価される志望動機の書き方|大手企業内定者回答付
→多くの学生を悩ませる志望動機の作り方について、企業の意図を踏まえながら解説してた記事です。上記のフレームワークの活用法についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

設問に、「JR東日本だからこそ」「実現したいこと」を書かれていることから、⑥を重視して回答する必要があり、「自分の経験をどのように活かすか」と書かれていることから、自分の強み×JR東日本の強み=双方の実現したいことの達成という図式を意識する必要があります。

意図を踏まえた回答方針

自分の強みとその経験はすでに自己PRで述べているので、ここでは矛盾しないことに注意してください。

JR東日本の強みとしては、①幅広い事業、②豊富な経営資源、③交通インフラ最大手としての地位、などがあげられますので、この強みを生かし「新たな付加価値を創出していく」ということを掲げていくと良いでしょう。

内定者の回答と解説

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は35876枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

JR東日本はその名を知らない人はいないほど盤石な交通インフラを有しており、経営資源や顧客基盤も揺るがないものがあります。

そのため、多くの仲間の知識を利用して協力して行動していくタイプの方が向いていると考えられるのではないでしょうか。

unistyleが掲載してるJR東日本のES・選考レポートはこちらから

photo by yagi-s

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
35,876枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録