unistyle

MENU

更新情報2019/07/31(水)内容を更新しました!

「周囲と協力して成し遂げたことは?」|解説付き内定者回答例 13選

「周囲と協力して成し遂げたことは?」|解説付き内定者回答例 13選

最終更新日:2019年07月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チームで成し遂げた経験については、就職活動において、しばしば問われる質問の1つです。

というのも、企業という組織のなかで事業活動に携わる上では、チームプレーを発揮しながら働くことが求められるからです。

入社後には、それぞれがいかにチームに貢献し、チームとして結果を出せるのかが重要になります。そういった環境にあるために、企業側は学生にチームで何か成し遂げた経験について問いたいのだと思います。

今回は、「チームで何かを成し遂げた経験について教えてください」という質問に対して内定者の方がどのように答えたのかについて考察していきたいと思います。

"チームで成し遂げたこと"をアピールする方法

面接官が"チームで成し遂げたこと"を聞く意図はなんでしょうか。

前述した通り、働く上ではチームプレーが不可欠であるため、就活生にはその経験があるのか、あるとすればどのような行動をとる人物なのかを2つを知るために面接官は"チームで成し遂げたこと"を聞いています。

そのため、「チームで何かを成し遂げた経験について教えてください」という質問に対しては、まず自身が周囲と協力した経験があること、またその重要性を理解し、チームで動く際には自分はどのようなことを考え、どう行動するのかを企業に伝える必要があります。

それらを踏まえると、今回のタイプの設問に対しては、以下のような順で回答すると良いでしょう。

手順①結論:何をチームで成し遂げたか
②前提情報:目標設定の動機や、取組み以前の状況
③取組み:自分は何に対して、どのように取り組んだのか
④学び:経験から何を学び、それをどう企業に活かすのか

経験を問われているので、まず一文目は回答に使う経験について書きましょう。その後、今回披露する取組みに無関係な採用担当者にも内容が伝わるよう、必要な情報を提示します。

そして、自分が取り組み全体の中でどのような働きをしたのかを書いていき、最後に何を学んだのか、それを入社後にどう活かしていきたいのかを書きましょう。

この設問に限らず、採用担当者は「自社にマッチした優秀な人物か」を見ています。エピソードの披露で留まるのではなく、ビジネスマンとしての能力や素質が伝えられるよう、学びまでしっかりと回答していきましょう

ポイント

周囲との協力関係を問う設問に対しては、以下の点に特に注意が必要です。

取組みは方法論で語る

周囲との協力経験に限らず、自己PRをする際には「強みの再現性」が求められます。たまたま一回だけ出来た成功体験を披露されても、入社後にも同様に活躍してもらわなければ意味がありません。

ですので、取組みを語る際には、必ず自分なりの方法論を語りましょう。

方法論を語ることで、同じように周囲との協力プレーが必要な事態が入社後に起きた際に、志望者がどのように取り組むのかを採用担当者は知ることができます。

これを欠くと、強みの再現性があるのかが分からず、披露されたエピソードのような活躍が入社後にも望めるのかが分かりません。必ず書いていきましょう。

参考:あなたの自己PRが嘘っぽく見えないために「方法論」を語るべき
→方法論について、詳しく解説した記事です。内定者の例文と併せて、どのように自己PRをしていけばいいのか、是非ご参考ください。

エピソードのインパクトは本題ではない

どうせ書くならインパクトのある話の方が「盛れる」のではないか、と考える人も多いと思いますが、これは設問の意図を考えるとあまり正しくはありません。

たしかに、「全国優勝」といった誰が見ても納得の実績を掲げられれば、当然レベルの高い就活生にも見えます。しかし、この設問で問われているのはあくまでも「チームでの行動に際し、志望者はどのように取り組むのか」というこです。

エピソードのインパクトは設問の本筋ではないので、「あれば嬉しい」に留めておき、学びや方法論、強みといったところに軸足を置いてエピソードを選んでいきましょう

役職は関係ない

②とも関係しますが、周囲と協力した経験ですので、必ずしも役職に就いている必要はありません。もちろん、アピールしたい内容が集団へのマネジメント能力ということでしたら、役職について触れても構いませんが、基本的には役職に就いていなければならないということはありません。

まとめると、設問を問われている意図を正確に把握し、それに沿って回答していくことが重要だということです。

では最後に、各企業内定者が同様の説問に対してどのように回答したのかをご紹介します。

書き方や学んだこと、そしてそれをどう企業への活かし方に繋げたのかといったことに注目してご覧ください。

"チームで成し遂げたこと"内定者の回答例

部活

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

サークル

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

インターン

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ゼミ

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

留学

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

本記事のまとめは以下の通りです。

まとめ●面接官が"チームで成し遂げたこと"を聞く意図は、チームで成し遂げた経験があるか、あるとすればどのような行動をとる人材なのか知るため
●チームで成し遂げた経験の答え方
①結論:何をチームで成し遂げたか
②前提情報:目標設定の動機や、取組み以前の状況
③取組み:自分は何に対して、どのように取り組んだのか
④学び:経験から何を学び、それをどう企業に活かすのか

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録