unistyle

MENU

更新情報2021/09/15(水)内容を更新しました!

【内定者例文付】エントリーシート(ES)の「辛かったこと」の書き方

【内定者例文付】エントリーシート(ES)の「辛かったこと」の書き方

最終更新日:2021年09月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシート(ES)で頻出の質問の一つとして、「辛かったこと」が挙げられます。

質問の意図が分からず困ったり、マイナスな印象を与えることを心配したりしている就活生も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、企業がエントリーシート(ES)で「辛かったこと」を聞く意図や、「評価されるにはどのように回答したら良いのか」を、内定者の例文を紹介しながら解説していきます。

また、「辛かったこと」がない場合の対処法についても解説します。

エントリーシート(ES)で「辛かったこと」を聞く意図

エントリーシートで辛かったことを聞かれる意図

企業が「辛かったこと」を聞くのは、「辛いことに根気強く立ち向かえる能力を持っているか」を確認したいからです。

仕事で失敗して辛い思いをする場面は沢山あります。取引先との商談が破談したり、自分の立てた企画が通らなかったり、規模の大小は様々ですが、日々課題に直面し、解決していく努力が必要になります。

企業は主に以下のポイントを重視しています。

  • 経験から何を得たのか
  • 思考のプロセス

経験から何を得たのか

企業は「辛かったこと」を聞くことで、その就活生が「入社後、辛いことに直面してもただ気を落とすだけでなく、適切な方法で立ち向かい、乗り越えることができるか」を見極めています。

すなわち、これまでの辛い経験から学びを得ている人材は、入社後も成長していけると判断されます。

したがって、「辛かったこと」を答える際には、事実を淡々と伝えるのではなく、「そこから何を得たのか」を説明できるようにしましょう。

思考のプロセス

企業は辛いことへの取り組み方を問うことで、就活生の人間性や思考のプロセスを見ています。

「辛かったこと」の回答からアピールできる人間性として、主に以下が挙げられます。

アピールできる人間性

臨機応変に対応する力

リーダーシップ

協調性

継続力

忍耐力

つまり企業は、就活生の人間性や思考のプロセスを知ることで、入社後の働き方をイメージし、自社に適した人材かどうか見極めています

「辛かったこと」の見つけ方・「辛かったこと」がない場合の対処法

辛かった経験の見つけ方

「エントリーシート(ES)に書けるような辛い経験がない」と困っている就活生は少なくありません。

しかし、エントリーシート(ES)において、仮にも「辛い経験はなかった」などと答えてしまうと、「入社後、辛い場面に遭ったときに上手く立ち回れないのではないか」といったマイナスな印象を与えかねません。

そのため、「辛かったことがない」と思っている就活生も、しっかりと言語化できるようになる必要があります。

また、「辛かったことがない」と思ってしまう原因として、自己分析が足りていないことが考えられます。

そこで、以下の方法で自己分析をし、「辛かったこと」を見つけましょう。

  • 自分史を作成する
  • モチベーショングラフを作成する

自分史を作成する

まず、過去の経験を一から洗い出し、自分史を作成しましょう。時系列ごとに「幼少期」「小学校」「中学校」「高校」「大学」と分類することで、スムーズに整理できます。

また、「ポジティブな出来事」「ネガティブな出来事」と単純化してみると書きやすくなるでしょう。下記の表を参考にしてみてください。

モチベーショングラフを作成する

自分史を作成したら、続いてその時系列に沿って、その時々のモチベーションの高さをグラフ化します。

上記の例では、「人間関係がうまくいかない」「サッカーで大会のメンバーに選ばれなかった」「大学受験失敗」という経験の際に特にモチベーションが低下していることが分かります。そのような辛い経験をした際に、どのように向き合ったのかを思い出してみましょう。

このようにモチベーショングラフを作成することで、深い自己分析を行うことができます。「辛かったこと」もきっと見つかるでしょう。

自己分析については以下の記事で詳しく解説されています。ぜひご参照ください。

エントリーシート(ES)における「辛かったこと」の書き方

エントリーシートにおける辛かったことの書き方

以下では「辛かったことの書き方」を紹介していきます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

エントリーシート(ES)における「辛かったこと」の回答例

大手企業内定者の回答例以下ではアルバイト、部活・サークル、留学、研究・ゼミ、その他イベントの各項目ごとに、内定者のエントリーシート(ES)回答例を紹介していきます。

「辛かったこと」のエントリーシート回答例:アルバイト編(三菱UFJ銀行内定者)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート回答例:部活・サークル編(三井物産・三井住友銀行内定者)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート回答例:留学編(三菱商事内定者)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート回答例:研究・ゼミ編(森永乳業内定者)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「辛かったこと」のエントリーシート回答例:その他イベント編(三菱商事内定者)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

辛かったことのまとめ企業が「辛かったこと」を聞くのは、「入社後も辛いことに根気強く向き合い、学びとすることができる人材か」を知るためです。

質問の意図を理解することで、自信を持って回答できるようになるのではないでしょうか。

「辛かったこと」はマイナスに捉えられがちですが、伝え方次第で大きなアピールポイントとなり、プラスに作用することもあります。

また、必ずしも珍しい経験を語らなければならないというわけではありません。

本記事があなたにとって「辛かったこと」について考える一助となれば幸いです。

【設問別】エントリーシート(ES)対策記事一覧
自己PRに関する設問

自己PR長所(強み)短所(弱み)

志望動機に関する設問
志望動機実現したいこと入社後にやりたいこと将来の夢キャリアプラン10年後の自分

学生時代頑張ったこと(ガクチカ)に関する設問
学生時代頑張ったこと(ガクチカ)挑戦したこと最大の困難挫折経験打ち込んだこと苦労したこと辛かったこと成果を出した経験異なる価値観の人と協力した経験変化や変革をもたらしたエピソード成長した経験チームで成し遂げた経験

大学や学業に関する設問
ゼミ活動研究サークル活動留学専攻分野(テーマ)課外活動得意科目

パーソナルな設問
趣味特技性格(人柄)大切にしている価値観仕事をする上で大切なことあなたを漢字一文字で例えると気になるニュース

経歴に関する設問
運転免許アルバイト資格TOEICインターン経験健康状態

その他
自由記入欄(フリースペース)キャッチコピーイラストあなたらしい写真新規事業提案

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
59,787枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録