unistyle

MENU

更新情報2020/11/09(月)内容を更新しました!

【ES例文付】就活のエントリーシートで使える性格・人柄の書き方

【ES例文付】就活のエントリーシートで使える性格・人柄の書き方

最終更新日:2020年11月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「性格・人柄ってどうやって書けばいいのだろう…」

「そもそも自分はどんな性格・人柄なのだろう…」

エントリーシート(ES)で性格・人柄について聞かれ、上記のような悩みを抱えている就活生は少なくありません。

性格・人柄は自分がどんな人間かを表す一言です。エントリーシート(ES)での書き方次第で企業が受け取る自分の印象は大きく変わります。

ではどうすれば自分の性格・人柄についてきちんと書くことができるのでしょうか。

本記事では、エントリーシート(ES)で性格・人柄について聞かれる理由や書き方、書く際の注意点を紹介していきます。

エントリーシート(ES)で性格・人柄を聞かれる理由とは?

ここでは、企業がエントリーシート(ES)で性格・人柄を聞く理由を2つ紹介していきます。

自己分析の深さを知りたい

企業は性格・人柄を聞くことで、自己分析の深さを見ることができると考えています。

というのも、性格・人柄について「なぜ自分は〇〇な性格なのか」の理由やエピソードが具体的に説明できるかどうかで自己分析がきちんと深掘りされているかを判断できるからです。

企業の人事は沢山のエントリーシート(ES)を見ているので、自己分析が浅いかどうかは性格・人柄の内容から容易に判断できます。自己分析が浅いエントリーシート(ES)では良い評価は得られません。

逆を言えば、自己分析が深いエントリーシート(ES)は良い評価を得られます。自分についてきちんと理解した性格・人柄を書くことで内定獲得に近づくことができるのです。

関連記事
【自己分析とは?】これで攻略間違いなし!自己分析の目的と進め方
→「自己分析ってそんなに重要なの?」「そもそも自己分析って何?」と感じた就活生は上の記事を読んで自己分析の理解を深めましょう。

自社とのマッチ度を知りたい

企業は性格・人柄を知ることで自社とのマッチ度を知ることができると考えています。なぜなら就活生の性格・人柄が自社が求める人物像に適しているかどうかでマッチ度を判断できるからです。

マッチ度とは自分と企業との相性の良さ、つまり自分とその企業で考え方や働き方に対する姿勢などの性質が合うかどうかを意味する数値です。

マッチ度が低いと、「社員との人間関係が合わない」「社風が根本的に合わない」等の理由で就職後のミスマッチが生じて早期退職に繋がってしまいます。

以上のことから就活生の性格・人柄と企業とのマッチ度は、就活生がその企業で活躍できるかどうかに大きく影響するため、企業にとっても就活生にとっても性格・人柄について聞くことは大切と言えるでしょう。

エントリーシート(ES)での性格・人柄の書き方

ここでは、エントリーシート(ES)での性格・人柄の書き方について説明していきます。

性格・人柄の書き方の構成は以下のようになっております。

性格・人柄の書き方の4つのステップ

(1)自己分析を行い、性格・人柄を考える

(2)企業に合った性格・人柄を探す

(3)理由やエピソードを考える

(4)書き方の手順を理解する

項目ごとに詳しく紹介していきます。

自己分析を行い、性格・人柄を考える

まず自己分析を行い、自分の性格・人柄をいくつか考えましょう。

性格・人柄を見つける自己分析の仕方として過去の経験を深掘りしたり、他己分析を行ったりと様々な手法がありますが、ここでは自己分析ツールを活用することをオススメします。

【内定に繋がる自己分析の7ステップ】就活における自己分析のやり方・方法とは」の記事でも述べているように、自己分析ツールを活用することで自分を客観的に判断することができるのです。

以下では、自己分析ツールとしてオススメの適性検査サービスを紹介していきます。

■16personalites

この性格分析ツールは「MBTI」という方法をベースとしたテストです。公式サイトは38カ国語に翻訳されており、約1億6千万回もテストを受けられています。無料で的確な結果が出ることが多くの人から支持を集める理由の一つです。

以下に「16personalites」についての特徴を簡潔にまとめました。

  • 12分間で約60問の質問
  • できるだけ中立な選択をせずに、正直に回答することが重要
  • 5つの性格的側面があり、それぞれ二面性がある
  • 5つの性格的側面の組み合わせから16の性格タイプの中で当てはまるものが導き出される

この結果から、自分の性格・人柄の特徴や、集団においてどういった立ち回りを行うのかについて知ることができます。

診断はこちらから

性格検査の結果を自己PRに活かす!人気の自己分析診断「16personalities」って?
→「16personalities」についてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事で詳しく解説しているので併せてご覧ください。

また、過去の経験を深掘りしたり、他己分析を行ったりなどの自己分析ツールを活用する以外の自己分析の手法については「【内定に繋がる自己分析の7ステップ】就活における自己分析のやり方・方法とは」の記事を是非参考にしてください。

企業に合った性格・人柄を探す

次に自己分析を行って考えた性格・人柄から、企業の求める人物像との共通項を探しましょう。

自分の性格・人柄と企業の求める人物像の共通項を探してエントリーシート(ES)で書くことができれば、企業の求める人物像に適している性格・人柄だということをアピールできるのです。

そのためには企業研究を行い、志望する企業が求める人物像を知る必要があります。

企業研究の仕方については以下の記事を是非参考にしてください。

理由やエピソードを考える

共通項を探すことができたら、その性格・人柄を説明する理由やエピソードを考えます。

というのも、いくら自分は企業の人物像に適している人柄・性格だと伝えたところで、理由やエピソードがなければ説得力が欠けて全くアピールにならないからです。

過去の経験を具体的に述べることによって再現性が増し、説得力を持たせることができます。自己分析を行った際の過去の経験を改めて言語化し、性格・人柄の説明に紐付けできるようにしましょう。

書き方の手順を理解する

最後に、ここまでの過程で考えられた性格・人柄をエントリーシート(ES)に書くための手順を理解すれば完璧です。

性格・人柄の書き方の手順は以下の通りです。

性格・人柄の書き方の手順

【結論】
例)私は〇〇な性格です。
 ⇩
【理由やエピソード】

なぜなら〜の経験から〜のように感じたからです。具体的には〜のようなことがありました。
 ⇩
【企業にアピールする】
例)〇〇な性格・人柄は、貴社の××に貢献することができると考えています。

ここでは端的に表されていますが、結論により具体性をもたせたり、理由を過去のエピソードに具体的な数字を入れたりとエントリーシート(ES)の字数によって調整します。志望企業のエントリーシート(ES)がどれくらいの字数なのか把握しておくと良いでしょう。

エントリーシート(ES)で性格・人柄を書く際の注意点

ここではエントリーシート(ES)で性格・人柄を書く際の注意点を3つ紹介していきます。

嘘は書かない

当然のことではありますが、企業の求める人物像に寄せるあまり、自分の性格・人柄とは違うこと書いてはいけません。

エントリーシート(ES)の別の欄との整合性が取れない可能性があります。仮に、エントリーシート(ES)が通過したとしても、面接の際に採用のプロである人事に見抜かれてしまいます。

したがって、嘘は書かずにありのままの自分をきちんと伝えることが大切です。

ネガティブなことは書かない

ネガティブに捉えられる性格・人柄を書かないようにすることが得策です。

なぜなら、企業は自社が求める人物像かを主にポジティブな側面で判断するため、ネガティブに捉えられる性格・人柄は書いても良い印象は与えないからです。

また、企業によっては短所を聞いてくることもあります。その場合は、短所を直すための改善策まで書くようにすると良いでしょう。

短所の書き方については、【エントリーシート作成に役立つ短所・弱みの書き方】ES例文一覧付の記事を是非参考にしてください。

性格・人柄は複数個書かない

エントリーシート(ES)で書く性格・人柄は複数個書かずに1つで十分です。理由としては2つあります。

1つ目は、アピールしたいあまりに複数書いても、企業は自分の性格を絞れていないと感じてしまうからです。性格・人柄は自分を一言で表すことを意味するため、複数書いてしまうと一言で表されていないと判断されてしまいます。

2つ目は、一貫性を持たせるためです。1次面接や2次面接などでそれぞれ違う性格をアピールすると、一貫性がないと判断されかえって逆効果になってしまう恐れがあります。性格・人柄は1つに絞り、具体的なエピソードを複数用意しておくのがベストとなります。

【業界別】内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

「性格・人柄の書き方や注意点は理解したけど、いきなり書くのは難しい…」と悩む就活生に向けて、ここでは内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文を業界別に紹介していきます。 

【金融業界内定者】エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

金融業界の業界研究記事こちらから

【コンサル業界内定者】エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

コンサルティング会社の業界研究記事こちらから

【食品業界内定者】エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

食品メーカーの業界研究記事こちらから

【化粧品・生活業界内定者】エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

化粧品業界の業界研究記事こちらから

【自動車・機械業界内定者】エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

自動車業界の業界研究記事こちらから

【長所別】内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

次に、内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄についての例文を長所別に紹介していきます。

【素直】内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【向上心がある】内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【リーダーシップがある】内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【優しい】内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【努力家】内定者エントリーシート(ES)の性格・人柄の例文

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

まとめ

本記事では、性格・人柄についてエントリーシート(ES)で聞かれる理由や書き方、書く際の注意点を紹介してきました。

要点は以下の4つです。

  • 性格・人柄は企業にアピールするチャンスの1つ
  • 自己分析を行い、性格・人柄を考える
  • 企業にアピールできる性格・人柄を探す
  • あくまで伝えるのは自分自身のこと

また、内定者エントリーシート(ES)の例文を見てもわかるように、企業によって性格・人柄の聞き方が様々あります。

しかし、どのような聞き方であっても性格・人柄について聞くことには変わりはありません。これら4つの要点を参考に、エントリーシート(ES)で性格・人柄について書いてみてください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
48,932枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録