unistyle

MENU

更新情報2022/11/14(月)内容を更新しました!

面接やエントリーシート(ES)で「苦労したこと」を聞かれたときの回答法‐内定者ES付‐

面接やエントリーシート(ES)で「苦労したこと」を聞かれたときの回答法‐内定者ES付‐

最終更新日:2022年11月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーシート(ES)や面接でよく聞かれる質問のひとつに"苦労したこと"があります。

伝え方によっては愚痴や不満のようになってしまう場合があるので、質問の意図や書き方を抑えて工夫する必要があります。

本記事では、「企業が苦労した事を聞く理由」や「どのように考えて苦労したことを回答したらよいのか?」をES回答例をもとに解説していきます。また苦労したことが無い人向けの対策も合わせてご紹介します。

エントリーシート(ES)で"苦労したこと"を聞く意図

企業が苦労したことを聞く意図

人事が面接やエントリーシートで"苦労したこと"を聞く理由は、「苦しい時に根気強く立ち向かえる力を持っているかどうか」を見極めたいからです。

仕事は苦労の連続です。取引先との交渉がうまくいかず商談に失敗したり、新規事業が思ったように軌道に乗らず撤退したり、規模の大小はありますが、日々課題に立ち向かって改善の努力を積み上げていく必要があります。

実際に苦労した経験を聞くことで、以下のようなポイントを判断しようとしています。

  • 苦労と感じることがどんなことなのか知りたい
  • 結果として何を得たのか知りたい
  • 考え方のプロセスを知りたい

苦労と感じることがどんなことなのか知りたい

面接官は"苦労したこと"を聞いて価値観のズレがないかを確認しています。

一緒に働いていく中でこの価値観にズレがあると仕事に影響してしまいます。なのでここで噓をついてしまうと入社した際に価値観が合わないと感じてしまう可能性があるので、正直に答えることが必要となってきます。

つまり苦労したことを聞くのは企業にとって、とても重要な要素であるということです。

面接やエントリーシート(ES)はそれを理解したうえで回答するようにしましょう。

結果として何を得たのか知りたい

苦労をするということは精神的にも肉体的にも辛いものがあります。どんなに優れた人でも社会に出たら苦労に見舞われるかもしれません。

そうした時に、ただ気を落とすだけではなく、正しいやり方で立ち向かい、乗り越えることが出来た人だけが成功者に変わることができます。

つまり企業は、苦労した経験から多くを学ぶことができる人間は社会人としても成長していけると判断されるからです。

そのため、エントリーシートに書くときは、苦労したことからの学びを明確にし、淡々と出来事を述べるだけにならないように気をつけましょう。

考え方のプロセスを知りたい

苦労した時にどう乗り越えようとするかでその人の素の人間性や思考プロセスを知ることができます。諦めて逃げてしまうのか、解決のために必死に努力するのかなど、立ち直り方は人それぞれです。

そのため面接官は”苦労したこと”を聞くことによって、その人の人間性を知り、入社後の働き方をイメージしているということが言えます。

具体的なアピールポイントを以下にご紹介するので参考にしてみてください。

アピールポイントの例

・対応力
・メンタルの強さ
・リーダーシップ
・努力家
など

面接における"苦労したこと"を回答する手順

続いて「面接における"苦労したこと"回答する手順」を解説していきます。

面接で回答する際にどんなことから伝えていいかわからない人も多いと思います。

そこで以下のフレームワークに従って回答すると論理的に回答できると思います。

 

面接における"苦労したこと"を回答する手順

"苦労したこと"の結論から伝える

面接で回答する際は結論から伝えることが基本です。

具体的には「私が苦労したことは~」というように結論から述べましょう。

最初に結論を述べることで、聞いている人も話が入ってきやすくなるため大切な部分となる結論は初めに伝えることでより面接官の印象に残すことができます。

最初に話す結論の内容次第で面接の出来が決まると言っても過言ではありませんので、この観点は是非意識するようにしましょう。

取り組んだ内容と自分の立場を伝える

"苦労したこと"を回答する際、次に伝えることは、取り組んだ内容とその時の自分の立場です。

取り組んだ内容を回答する際に重要なことは、面接官が内容をイメージしやすいように伝えることです。

そのために、どんな内容に取り組んだのかなど、全体的な概要を説明する必要があります。また、その中で自分はどんな立場で取り組んでいたのかを伝えると具体性が増し、話をイメージしやすくなります。

 

その体験がなぜ"苦労したのか"を伝える

先程、面接やエントリーシート(ES)で企業は「苦労と感じることがどんなことなのか知りたい」という意図があると言いました。

その体験がなぜ"苦労したのか"を伝えることで企業側に苦労と感じる基準を把握させることができます。

ここで回答する際に嘘をついてしまうと企業との間に価値観のズレが生じてしまう可能性があり、仕事に影響が出てしまうかもしれません。

苦労と感じる基準

 

どのように乗り越えたのかを伝える

企業は"苦労したこと"を「どのように乗り越えたのか」その課題解決能力があるのかを判断する意図があります。

課題解決能力が問われる質問は、業界によって多種多様ですが、最も重要視している企業も多いと思われます。そこで論理的に回答できていることが必要となってきます。

自身の"苦労したこと"に対して、"苦労したこと"の原因どこにあって、解決策としてどのような施策を講じたのかを回答できるようにしましょう。

その経験を経て何を学んだのかを伝える

最後にこれまで語ったエピソードから得た学びを述べましょう。

単なる気付きや感想ではなく、「社会に出てからも活かすことができる学びであるかどうか」が見られています。

評価としては以下の記事にあるように"組織としての方法論>個人としての方法論>個人の単なる気づき"の順番で評価されます。

面接で"苦労したこと"を回答する際のポイント

面接で"苦労したこと"を回答する際のポイント

結論から述べる

基本的なことですが、面接で回答する際も、「結論ファースト」を意識しましょう。

まずはじめに"苦労したこと"の結論="苦労したこと"の概要を端的に、かつ具体的に述べましょう

最初の一言で"苦労したこと"の結論=苦労したことの概要が明示されていれば、その後で述べられるエピソードや方法論を、その結論の裏付けになっているかという観点で回答することができ、全体が論理的な文章になります。

話す内容がイメージしやすいように回答する

次に話す内容がイメージしやすいように回答することを心がけましょう。

話す内容を抽象的な表現でまとめてしまうと、"苦労したこと"がどのようなものなのかイメージしにくくなってしまいます。

結論ファーストから具体的な内容や方法論を話すことができれば具体性が増し、イメージしやすい内容にすることができます。

面接では限られた時間で採用担当者にアピールしたい内容を具体的に伝える必要があります。したがって、"苦労したこと"を採用担当者に具体的にイメージしてもらうために、論理的に且つ具体的な構成も必要になってきます。

今後その経験をどのように活かしていきたいか伝える

最後にこの経験を今後どのように活かしたいか伝えましょう。

これはこの経験を経て何を学んだかを回答した後に、今後活かしていきたいことを伝えると伝わりやすくなると思います。

最終的に今後に活かしていきたいことは「企業の利益に貢献できる能力があること」を伝えるために、話をするものです。そのため"苦労したこと"を話す際のゴールも「苦労したことを企業でどのように活かすか」ということになります。

エントリーシート(ES)における"苦労したこと"の書き方

 

続いて「苦労したことの書き方」を解説していきます。基本的に上記のフレームワークに沿って書くと論理的な文章になると思います。

※上記のフレームワークに関しては、「全ての要素を必ず盛り込まなければならない」というわけではありません。ESの設問形式や指定文字数を考慮しながら、構成を調整していただければと思います。

実際に以下の20卒トヨタ自動車選考通過者のESを参考にしてみましょう。

苦労したことの書き方解説:トヨタ自動車選考通過者のES

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

エントリーシート(ES)に書くような"苦労したこと"がない場合はどうすればいいのか?

困難を乗り越えた経験がない人に向けた自己分析方法

過去に苦労した経験がない人は、仕事をする中で苦難に直面した場合、対処できないのではないかという不安を抱かれてしまう可能性があります。そのため、何かエピソードを答えられるようにしておいた方が良いと言えます。

そこで苦労したことがないという就活生はモチベーショングラフを作成してみてください。モチベーショングラフを利用し自己分析を行うことで、実は苦労していた経験を見つけることができます。

モチベーショングラフとは過去の出来事を振り返った時に、自分はどんな時にモチベーションが上がり、どんな時にモチベーションが下がるのかをグラフに表したものです。

まず、モチベーショングラフを作成する前に過去の経験を洗い出し自分史を作成します。幼少期・小学校時代・中学校時代というように、時系列ごとに書き出していくとスムーズに整理ができ、自己分析が行いやすくなります。

もし浮かばない場合はポジティブな出来事、ネガティブな出来事というように考えてみてください。下記の画像のようなイメージです。

自分史を作り終えたら、次は自分史の時系列に沿ってその時のモチベーションはどのくらいの高さだったかをグラフにします。

上記の例で言うと、この人は「人間関係がうまくいかない」「サッカーで大会のメンバーに選ばれなかった」「大学受験失敗」といった経験の際にモチベーションが大幅に下がっているということが分かります。そのような苦難に直面したときに、どのような行動を取ったのか思い出してみましょう。

このようにモチベーショングラフを作成することで、より深い自己分析を行うことができ、苦労した経験もきっと見つかると思います。

自己分析に関しては、以下の自己分析完全攻略記事一覧や動画で詳しく解説しているので参考にしてみて下さい。

エントリーシート(ES)における"苦労したこと"の回答例(アルバイト、部活、サークル、留学、ゼミ、その他イベント)

困難を乗り越えた経験 アルバイト、部活、サークル、留学、ゼミ以下で「アルバイト」「部活」「サークル」「留学」「ゼミ」「その他イベント」の苦労した経験について、内定者の回答をそれぞれ紹介します。

エントリーシートでの"苦労したこと"アルバイト編:森永乳業内定者のES回答例

あなたが学生時代に最も力を注いだことは何ですか?また、その経験の中で一番苦労したことと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

森永乳業の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

エントリーシートでの"苦労したこと"アルバイト編:マルハニチロ選考通過者のES回答例

あなたが大学時代に人と接する中で、失敗したことや苦労したことは何ですか? それに対し、具体的にどのように対応しましたか? (500文字以下)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

マルハニチロの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

エントリーシートでの"苦労したこと"部活・サークル編:スタンレー電気選考通過者のES回答例

今までの人生の中で一番苦労した(辛かった)ことと、それを乗り越えた経験(400文字)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

スタンレー電気の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

エントリーシートでの"苦労したこと"留学編:三菱電機選考通過者のES回答例

【自己PR】これまでの人生の中で経験した出来事のうち、皆さんがぜひPRしてみたいという項目について1つ記入願います。それぞれ、どのような点に苦労し、それをどのように乗り越え、 どんな成果を出したかについて簡潔かつ具体的に表現して下さい。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三菱電機の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

エントリーシートでの"苦労したこと"留学編:スタンレー電気選考通過者のES回答例

今までで一番苦労したこと(400)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

スタンレー電気の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

エントリーシートでの"苦労したこと"研究・ゼミ編:三井住友信託銀行選考通過者のES回答例

新たなことを始めた時や環境の変化が起こった際に、苦労したこと、それをどう乗り越えたかについて教えてください。 (200文字)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三井住友信託銀行の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

エントリーシートでの"苦労したこと"その他イベント編:三菱電機内定者のES回答例

【自己PR】これまでの人生の中で経験した出来事のうち、皆さんがぜひPRしてみたいという項目について1つ記入願います。それぞれ、どのような点に苦労し、それをどのように乗り越え、 どんな成果を出したかについて簡潔かつ具体的に表現して下さい。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は69795枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三菱電機の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

最後に

企業が苦労した経験を聞くのは「仕事上苦難に直面した時、どういう対応を取るか」を知るためであり、その意図を理解することで、そこまでの経験がなくとも十分に回答可能です。今の自分が持っている材料でどう対処できるか考えてみてください。

この記事で紹介した以外にもアプローチ方法はあると思いますが、まずは考えるきっかけにしていただけると幸いです。

【設問別】エントリーシート(ES)対策記事一覧
自己PRに関する設問

自己PR長所(強み)短所(弱み)

志望動機に関する設問
志望動機実現したいこと入社後にやりたいこと将来の夢キャリアプラン10年後の自分

学生時代頑張ったこと(ガクチカ)に関する設問
学生時代頑張ったこと(ガクチカ)挑戦したこと最大の困難挫折経験打ち込んだこと苦労したこと辛かったこと成果を出した経験異なる価値観の人と協力した経験変化や変革をもたらしたエピソード成長した経験チームで成し遂げた経験

大学や学業に関する設問
ゼミ活動研究サークル活動留学専攻分野(テーマ)課外活動得意科目

パーソナルな設問
趣味特技性格(人柄)大切にしている価値観仕事をする上で大切なことあなたを漢字一文字で例えると気になるニュース

経歴に関する設問
運転免許アルバイト資格TOEICインターン経験健康状態

その他
自由記入欄(フリースペース)キャッチコピーイラストあなたらしい写真新規事業提案

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
69,795枚以上の企業ES・選考情報が見放題
(2022/6/9時点)
unistyleに無料会員登録