unistyle

MENU

更新情報2017/10/25(水)内容を更新しました!

面接で嘘をつくべきでない2つの理由

面接で嘘をつくべきでない2つの理由

掲載開始日:2015年10月02日
最終更新日:2017年10月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、16卒の慶應生です。

巷では、「面接では盛ってなんぼ!とにかく嘘ばっかりついたよ。」という話であるとか、「就活の時期になるとサークルの幹事長、副幹事長が大量発生する。」などと言われており。もはや面接で嘘をつくのは当然の風潮であるかのように思えます。
実際、私自身の友人でも就活ランキングで超上位に名を連ねるような大企業から、全てを嘘で塗り固めた自己PRを元に内定を貰った強者もいます。
その反面、私自身は少しばかり数字を切り上げたりということはあったものの、志望動機、自己PR等でほぼ一切嘘をつかず、志望している会社から内定をいただくことができました。
本日は私自身の実体験も踏まえて、面接における「嘘」について少し考えてみたいと思います。

 

なぜ嘘が横行するのか?

なぜ就活生の中で嘘が横行するのでしょか??
それは、面接官と就活生の間の意識の乖離ではないか、と考えています。
というのも、
面接官→自分の会社とマッチングする人材が欲しい
         →その人自身のことを知りたい。
就活生→自分がどれだけ優秀な人材かをパフォーマンスする場と考えている
         →自分が上げてきた実績をアピールしたい。

上場企業本部長が語るエリートの中で唯一英語もできない牛丼屋のアルバイトを採用した理由」のエントリーでも書いたように、面接官の方は能力以上にその人が将来自分の会社で働いていけるのか?ということを見ているようです。そのため、何をやってきた、ということ以上に、なぜやってきたのか、ということにフォーカスし、その人の一貫した人間性をはかろうとしているようです。

 

嘘はつかないべき、と思う。

上記のような視点を踏まえて、私自身は面接で嘘をつくべきでないと考えています。
これは

①面接が突破しにくくなる。
②内定後困る。

の2つの観点から考えられると思います。

 

面接が突破しにくくなる

基本的には面接では一つの事柄に対して深掘りが行われます。
先にも書いたように「なんでやったの?どんな工夫をしたの?それはなんで?」という風に様々な角度からその人がどんな人間なのか、ということをはかろうとしてきます。
私の場合だと予備校での経験から自分自身の主体性ということを強みとして押していましたが、
「他に主体性を発揮したエピソード、3つくらい教えてよ。」
「小さい頃から主体性持ってる子だったの?違ったらその転換期はいつ?」
という風に、様々な経験、多様な角度から検証されました。嘘をつかず、しっかりと自分自身の経験を棚卸していたので、ほぼ困ることなく質問に答えられたように思えます。
逆に、嘘をついた場合だとそれを誤魔化すためにたくさんの嘘を重ねることになります。
一つの経験についてしっかりとした準備をすることはそこまで難しいことではないような気がしますが、それを複数のエピソードで、または幼少期の自分自身まで嘘で塗り固め、一貫性を見つけるのは正直不可能に近いと考えます。自然と綻びが出てくるため、面接官に「こいつほんとのこと言ってるのかな?」という違和感が生じてしまいます。

 

面接が突破しにくい実例

「サークルの幹事長です!」
と意気揚々に話している学生がいました。しかしながら、よくよく深掘りされているのを聞いてみると、普通の曜日練習のパートリーダー的な役割であることがありました。曜日練習のパートリーダーだと最初から伝えていれば、そこに対してどのような工夫があったであるとか、を話すことができたにもかかわらず、自分がやっていないであろうサークル運営について相当深く聞かれており、タジタジになっていました。参考までに、その彼とは今後の面接で会うことはありませんでした。

 

内定後困る

周りは「嘘で塗り固めていない学生」が大半のはずです。ちなみに、自分自身の内定先でも似たような人が多く、面接で嘘をついたと言っている学生はほとんどいません。似たような学生が多い中で塗り固めて内定した会社、そんな会社でずっと働くことを考えると、意味もなく疲れてしまうように思えます。
また、面接で話したことというのはある程度社員の方で共有されているようで、私自身も「予備校で働いてたんだよね?うちの親戚がそろそろ受験みたいなんだけどどうしたらいいのかな?」であるとか準体育会のテニス部に所属していることから、「今度テニス教えてよ!」という風に、言われることがあります。
入社をゴールとして考えるといいかもしれませんが、嘘で塗り固めた自分を入社後も貫き通すと考えると、非常に大変な気がしてます。

 

内定後困る実例

私自身の内定者の友人でも嘘を塗り固めて面接を突破した人がいました。私自身が内定した会社は割とイケイケな雰囲気で、良くも悪くも常にテンションが高い人が多いです。しかしながら、その友人は、みんなで騒いだりするのは決して好きなタイプではない、という人で、非常に困窮していました。「ほんとにこの会社でやっていけるのかな…」とまで、入社前にもかかわらず言っています。彼自身は「こんな自分を変えたい、けど自分の話だと内定できないから、とりあえず嘘で塗り固めよう」と考えて内定を手に入れることはできましたが、果たして、それが正しいのかと考えると、難しいところです。

 

じゃあどうすればいいの?

所謂輝かしいスペックを持っている必要はないのではないかと思います。もちろんあるに越したことはありませんが、私自身は予備校でのアルバイトを頑張ってきたことを押し続けて内定を得ました。企業の人事の方とも話していると、普通にサークルやって、飲み会して、授業出て…と言う風に普通の学生時代を過ごしてきた方が多いように思えます。
「すごい企業だからこそ、すごい経験をしておかなければならない!でもそんなことやってないからどうしよう…」と短絡的に考えて、表面的な嘘で塗り固めた面接対策をするのではなく、自分自身の今までやってきたこと、その中でどんな思いだったのか、集団の中でどのような立ち位置だったのか、ということを棚卸して企業によって使い分けていくことが良いと思います。

photo by Martin Thomas

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
24,216枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録