unistyle

MENU

更新情報2019/02/28(木)内容を更新しました!

「コンサルティング業界の自己PRで一番多い強みは何か?」を調べてみました

5252 views

「コンサルティング業界の自己PRで一番多い強みは何か?」を調べてみました

掲載開始日:2018年12月28日
最終更新日:2019年02月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンサルティング業といえば、論理力思考能力や幅広い知識、コミュニケーション能力などビジネスマンとして必要な力を幅広く求められるため、毎年優秀な就活生に人気な業界です。

そのため、コンサルティング業界の選考といえば、フェルミ推定やケース面接などの地頭の良さを評価されるケースが多いイメージがあると思います。しかし、コンサルティング業界はモノを一切扱っておらず、己の頭脳と身体のみで商売をするため、「人」こそが商品とも言うことが出来ます。

そこで、unistyle編集部では、「コンサルティング業界のES選考を通過している自己PRに共通点はあるのか?」という疑問が湧き、本調査を実施しました。

本記事では、コンサルティング業界の過去のESを集計し、「コンサルティング業界の自己PRで一番多い強みは何か?」を調べました。

集計結果はこちら

まず、今回の集計にあたり、前提条件としては以下になります。

●対象企業:大手コンサルティング企業を中心とした18社
マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、ベイン・アンド・カンパニー、アーサー・D・リトル、ローランド・ベルガー、コーポレイト・ディレクション、プライス・ウォーターハウス・クーパース(PwC)、KPMG、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング、シグマクシス
アクセンチュア、IBM、キャップジェミニ、野村総合研究所、三菱総合研究所、日本総合研究所、三菱UFJリサーチ&コンサルティング、A.T.カーニー
●対象のES:unistyle上にある本選考ES(合計574枚)
●集計期間:2011年11月~2018年11月
●分類方法:「ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?」で述べている5つの強みとその他で分類
 ・個人として努力し、成果をあげることができる
 ・関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案~実行まで行うことができる
 ・リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる
 ・価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる
 ・今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる

どのような結果になったのか。下図をご覧ください。

「関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案~実行まで行うことができる」「価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる」59%を占める結果となりました。

また、それに次いで「リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」と「個人として努力し、成果をあげることができる」が続いています。

「今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」は8%と非常に少なかったです。

なぜ、このような結果になったのか?

なぜ、このような結果になったのでしょうか。

関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案~実行まで行うことができる
・価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる

この2つの要素はコンサルティング業界で活躍するために必要な要素だからでしょう。もちろん、論理的思考能力なども評価基準としてあると思いますが、地頭はESで見極めるのが難しいため、ESの評価項目としては省いているはずです。

「【業界研究|コンサルティング】コンサル業界の仕組みと選考対策」でも述べていますが、「コンサルティング」とは、相手の抱える課題に対して解決策を示し、その発展を助ける業務のことを言います。

簡単に言うとクライアント(=顧客)の困りごとを解決する仕事のことを指します。そのため「企業のお医者さん」と言われたりします。クライアントは各業界の民間企業だけでなく、官公庁や公的機関も含まれます。

コンサルティング業界は企業の課題への解決策の提案(解決資料やシステム)を商品としています。クライアント企業からすると、自社内では解決の事例が無い問題に関してのノウハウをコンサルファームから購入します。

コンサルはこのようなビジネスモデル上、プロジェクトごとに毎回顧客企業や協力企業が異なり、複数の関係者と協力しながらプロジェクトを遂行していく必要があります。

そのため、今回の集計結果から導き出された自己PRの共通点は理に適っていることがわかります。

各社ごとの求める人材像の違いや詳細については、別のコラムで詳しく解説していますので、下記のコラムも合わせて参考にしてみてください。

参考:国内コンサル大手5社の違いとは⁈【事業内容・社風比較】
こちらの記事では国内の戦略系コンサルティングファーム3社の違いについて述べています。それぞれの企業に特徴があるので、コンサルティング業界志望者の方は把握しておきましょう。
参考:外資コンサル(BIG4+アクセンチュア)比較|デロイト・EY・KPMG・PwC+アクセンチュア
こちらの記事ではBIG4の違いについて解説しています。母体が会計事務所であり、それぞれの特徴が掴みづらいので、この記事を参考にして理解を深めるといいでしょう。 
参考:シンクタンクとコンサルの違いとは?
こちらの記事では一見分かりづらいコンサルティングとシンクタンクの違いを解説しています。それぞれのビジネスモデルや特徴について記載しているため、理解が深まると思います。 

最後に:この記事を読んだあなたが注意すべきこと 

本記事を読み、「よし!この自己PRをこのままコピペすれば合格するはずだ!」と短絡的に考える方はunistyleの読者ではあまりいないとは思いますが、今回の集計結果を決して鵜呑みにしないでください。

特にコンサルティング業界といっても、大きく5つに分類され、それぞれで業務内容は異なる場合があるため、各社で求める人材も異なる可能性があります。

コンサルティング業界の分類
・戦略系コンサルティングファーム…大企業の経営戦略の立案など経営のトップに関与。MBBで有名。
・総合系コンサルティングファーム…戦略立案からオペレーションの改善まで幅広く担当。BIG4が有名
・Tコンサルティングファーム…ITを切り口にサービスを提供。
・シンクタンク系コンサルティングファーム…官公庁向けのリサーチや政策提言を提供。
・業界・業務特化型コンサルティングファーム…特定の業界や事業領域に特化したサービスを提供。


unistyle編集部としては、なるべく客観的なデータになるよう努めましたが、あくまでも参考程度に留めて頂きたいと思います。

・コンサルティング業界のESをunistyleが全て網羅できているわけではない
・強みや経験は人によって異なるので、自分にあった自己PRにする必要がある
・企業によって、採用基準が年度によって変化する可能性がある
・企業は、強みだけでなく、過程も評価しているため、本データと企業の評価が一致していない可能性がある
・そもそもコンサルティング業界の評価基準と関係なく、就活生が書く自己PRの割合がそのまま反映された可能性がある


など様々な理由があり、必ずしも絶対に正しいとは言い切れないためです。

とはいえ、今回の集計結果は、unistyleのコンサルティング業界に関連する記事で再三お伝えしている「コンサルティング業界の求める人材」とさほど変わらない結果となりましたので、ぜひ選考対策に活かしてみてください。

企業が自己PRを求める最たる理由は以下の2つに尽きます。

①自社の求める強み・能力を持っているか
②キャラクターが自社にマッチしているか


引用:就活で使える!内定レベルの自己PRの作り方【内定者回答例付】

上記を忘れずに、本記事を参考に、志望企業の選考対策をして頂けたら幸いです。

▼関連コンテンツ(選考対策記事・内定者ES・選考レポートなど)はこちらから

関連記事:A.T.カーニー
     マッキンゼー・アンド・カンパニーの企業研究
     ボストン コンサルティング グループの企業研究
     ベイン・アンド・カンパニー(Bain & Company)の企業研究
     アーサー・D・リトルの企業研究
     ローランド・ベルガーの企業研究
     コーポレイト・ディレクションの企業研究
     PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社の企業研究
     KPMGコンサルティングの企業研究
     EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの企業研究
     シグマクシスの企業研究
     アクセンチュアの企業研究
     IBMの企業研究
     キャップジェミニの企業研究
     野村総合研究所の企業研究
     三菱総合研究所の企業研究
     日本総研の企業研究
     三菱UFJリサーチ&コンサルティングの企業研究
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
25,319枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録