MENU

Rhd680*84

更新情報2016/12/09(Fri)内容を更新しました!

10243view

意外と侮れない! ES・履歴書の「趣味・特技」の欄〜印象に残る学生になる為に〜

掲載開始日:2015年10月26日
最終更新日:2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。今回はESや履歴書、プレエントリー時にほぼ必ずある「趣味・特技」の欄についてコラムを書こうと思います。
筆者は金融業界と総合商社を中心に就職活動を行っていたのですが、ほぼ必ずこの趣味・特技の欄についての質問をされました。もちろん突っ込み具合には会社により差があります。
筆者や周りの友人がどのようなことを記載していたのか、またこの事を聞く意味は何なのかについて個人的な考えをこれから皆さんにお伝えできればと思います。

 

「趣味・特技の欄」=会話のネタである

趣味・特技の欄は、一言で言うと会話のネタです。これまで何回も面接を受けて来ましたが、それ以上でもこそれ以下でも無いというのが個人的な感想です。
会社やその方の年次・経験にもよりますが、必ずしも面接官全員が面接を得意としている訳ではありません。現場社員も人事に頼まれ、マニュアルを渡され仕事の合間に面接をしています。
そういった方々に与えなければいけないのは、‘良い印象’です。
「この学生と一緒に働きたい!」と思わせたらその面接、特に1次や2次といった初期段階の面接は通過します。
その為にも学生時代頑張ってきたことやアルバイト、ゼミ以外にも話のネタを持っておくことが大切なのです。

 

実際に内定者が書いていた特徴的な趣味や特技

*特定を避けたいので明記は避けさせて頂きますが筆者が実際に書いていた事もこの中に含まれています。

−趣味
・ 映画鑑賞:年間300本以上の映画を観ており、特に○○監督の作品が好き
・ 読書:年間400冊以上の漫画、書籍を読んでおり、特に○○の□□という本が好き
・ 美術館巡り:何故人々が美しいものに惹かれるのかを客観的に見られるから
・ 文章を書くこと:自分が魅力的だと感じた人に取材をし記事を書くこと

−特技
・ 口笛で小鳥を呼ぶ事ができる
・ 綺麗に縦列駐車できる
・ ワンピースの名台詞を何でも言える
・ ジャニーズ並のバク転ができる
等です。

趣味はただ書くだけでなく、自分はその事がどれくらい好きでどれほどのことをしてきたのかまで明記すると面接官も質問しやすくなると思います。
特技に関しては、それが嘘でなければどんな事を書いても良いと思います。実際に隣の学生が「ジャニーズ並のバク転ができる」と話した時その部屋は笑いだらけで完全に流れはその子に傾きました。グループ面接等では自分に注目を向ける武器にもなります。

 

印象に残る学生になる為には・・

就職活動を通して多くの社会人の方や人事部の方とお話をさせて頂きましたが、やはり最初の数分間でほぼ結果は決まっているそうです。つまり、入退出時の挨拶や姿勢、スーツの着こなし方、顔つきだけである程度判断されているそうです。ここが悪いと悪い印象しか与えません。

私は「趣味・特技」の欄の内容をほぼどの会社の面接でも質問してもらえましたし、それで笑って頂きました。面接中に笑いが起きると自分もリラックスできるので非常に良いと思います。

ですが、こうした細かい部分を意識するのはもちろんの事、身だしなみや挨拶が大事なのは言うまでもありません。これらを両立させることで印象に残る学生になれるのだと思います。

photo by Kevin Harber

    Meetscompany 336*280
    Simplex 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle