unistyle

MENU

更新情報2021/09/16(木)内容を更新しました!

ゼミ活動のエントリーシートの書き方【内定者ES例文付】

ゼミ活動のエントリーシートの書き方【内定者ES例文付】

最終更新日:2021年09月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガクチカや自己PRなどのエピソードとして用いられやすい「ゼミ活動」。

それゆえに、エピソード自体で他の就活生と差別化を図ることは難しく、「ガクチカの中身・伝え方」が非常に重要となります。

本記事では、"ゼミ活動に特化したESの書き方・大手企業内定者の例文"を通し、企業から評価されるESを作成するためのポイントを提供します。

企業がエントリーシート(ES)で見ている基準

企業によっては数千数万単位で寄せられるエントリーシート(ES)の中で、採用担当者はどういった基準で「通過・落選」の判断をしているのでしょうか。

エントリーシートでゼミに関する設問が出された場合、採用担当者はいわゆる「ガクチカ」「自己PR」を知りたいと捉えて問題ありません。

そこでまずは「ガクチカ」と「自己PR」の評価基準に関して解説いたします。

学生時代に力を入れた事に関して企業の評価基準

ガクチカでは「どのような経験を積んできたか」に焦点を置きがちですが、企業側はそれ以外でも様々な評価基準を持ち、包括的に「就活生のガクチカ」を評価しています。

その評価基準は、以下の3つに大別されると考えています。

  • 経験・実績自体のインパクトがどれだけあるか
  • 記載内容から「思考力・モチベーションの源泉・人柄」を示すことができているか
  • 企業で活かせる学びを得ているか
参考
【ガクチカとは?】自己PRとの違い・評価基準・質問される理由を解説
→ガクチカの評価基準を解説している記事になります。評価基準以外にも、ES・面接でガクチカを聞く理由、ガクチカと自己PRの違いなども紹介しています。

自己PRに関して企業の評価基準

自己PRとは、企業に自分をアピールすることです。短い時間で自分の長所や、その長所を活かしどのように企業に貢献するかをアピールし、企業に必要な人材だと思ってもらえるように自分を売り込むことが自己PRでは求められます。

企業に必要な人材かどうかを判断する際の評価基準として次のようなポイントが考えられます。

  • 企業が求める長所・能力への適性
  • 人柄
参考
【新卒】自己PRとは?意味・強みの種類・自己紹介やガクチカとの違いを解説
→企業が自己PRを聞く意図や、企業が求めている人材像を知る方法などについて解説していきます。

ゼミ活動をエピソードにしたESの書き方

先ほどの評価ポイントを基に、「ゼミ活動をエピソードにしたESの書き方」を紹介していきます。

また、各項目の参考記事ではポイントをより詳細に解説しているため、そちらも参照にしつつ理解を深めていただければと思います。

今回は、以下に掲載したガクチカを具体例として解説していきます。

学生時代力を入れたことは「所属しているゼミでビジネスコンテストに参加し、最優秀賞を獲得したこと」です。昔から起業したいという夢を持っており、その一歩として今回のビジネスコンテストに参加することを決意しました。コンテストには同じゼミの仲間5人と一緒に臨むことになり、私はその中でリーダーを務めました。そして、参加するからには「本番で最優秀賞を獲得すること」を目標に定めました。ただ、例年最優秀賞を獲得しているのは大学院生ばかりであり、学部生である私たちにとってはハードルが高いのは一目瞭然でした。大学院生との差・最優秀賞獲得に向けての課題は「情報量・リソースが不足していること」だと感じたため、様々な専門家・起業家・教授などに話を聞きにいくことに注力しました。メンバー5人で協力して足を動かした結果、約2ヶ月間で30名の方にお話を伺いに行くことができ、どのチームにも負けない情報量を手にすることができました。その情報量を基に約半年間をかけて準備した結果、本番でのプレゼンにも大成功し、約10年ぶりの「学部生による最優秀賞獲得」を成し遂げることができました。準備段階では、コンテストへの熱意・意欲の差からチームがバラバラになりかけたこともありましたが、持ち前の明るさ・巻き込み力を活かして乗り越えることができ、最優秀賞の発表時に仲間と泣いて抱き合った経験は一生の思い出になっています。この活動を通じ、例え高い目標だったとしても、諦めずに仲間と協力して取り組むことで目標を達成できるという学びを得ることができました。

以下では、「上記ESの内容が各項目のいずれに該当するか」も記載してあるため、それぞれ照らし合わせながら確認してみてください。

(1)結論:ゼミ活動で何に取り組んだのか?

「ゼミで何に取り組んだのか」を結論ファーストで書き始めましょう。

この結論を見ただけで、何について取り組んだか採用側が大枠をイメージできるよう、あまり余計な説明をせず端的に述べる必要があります。

以下の記事にあるように、「目標達成能力・リーダーシップ・チャレンジ精神」の3つの側面をそれぞれアピールできるエピソードを選択できると、良い評価を得れる可能性が高まります。

参考
「学生時代頑張ったこと」で重視される4つの評価項目
→「ガクチカで重視される4つの評価項目」について解説している記事になります。ガクチカ作成の基本的な部分になりますので、まずはこの記事を確認していただくことをオススメします。

また、「経験自体のインパクト」が高いことも高評価に繋がりますので、インパクトのある経験や著しい成果を残した場合は、冒頭の文章からそれが伝わるよう強調しておくといいと思います。

上記で掲載したESの中で「結論」に該当する箇所は以下のようになります。

学生時代力を入れたことは「所属しているゼミでビジネスコンテストに参加し、最優秀賞を獲得したこと」です。

(2)動機:なぜ取り組んだのか?

次に「なぜそれに注力しようと思ったのか」という動機を示しましょう。

採用側は、この項目から「就活生がどのようなことに熱意を向けられるのか・モチベーションの源泉」を知りたいと考えています。なぜかというと、学生時代の経験で感じたモチベーションが仕事上のそれに通じるという考えが根底にあるためです。

下記の参考記事でも述べていますが、動機は"価値観に根ざした動機>主体的な動機>受動的な動機"の順番で評価されるため、そのことを理解して書き進める必要があるでしょう。

参考
「なぜ取り組んだのか」という質問の意図
→「なぜそれに取り組んだのですか?」という質問を通して面接官は何を評価しているのでしょうか。本記事では、動機の評価ポイントを内定者の回答と合わせて確認していきます。

上記で掲載したESの中で「動機」に該当する箇所は以下のようになります。 

昔から起業したいという夢を持っており、その一歩として今回のビジネスコンテストに参加することを決意しました。

(3)目標と困難:ゼミ活動でどんな目標を掲げたのか?目標達成するうえでの困難は何か?

ゼミ活動の目標を通じて、「あなたの志の高さ及び何を目指しているのか、そのモチベーションの源泉は何か」を見極めようとしています。この内容が「仕事における目標の高さ・モチベーションの源泉は何か」に繋がります。

また、目標達成するうえでの困難、つまり「どの程度のことを困難と感じるのか」という質問を通して、仕事上でも困難を乗り越えられる人材かを見極めようとしています。

あなたが感じる困難について面接官が共感できなければ、取組自体がアピールにならない可能性があるため注意が必要です。

さらに、どんな困難なのかという事実だけでなく、「なぜそれを困難だと考えたのか」などを具体的に伝えましょう。

参考
目標と困難における評価ポイントと内定者の回答例
→面接においては、「物事に取り組む上でどのような目標を設定したのか、その中でどのような課題があったのか」について深く掘り下げられることが多いです。この質問に関する評価ポイントと内定者の回答例について詳しく説明しています。

上記で掲載したESの中で「目標と困難」に該当する箇所は以下のようになります。 

コンテストには同じゼミの仲間5人と一緒に臨むことになり、私はその中でリーダーを務めました。そして、参加するからには「本番で最優秀賞を獲得すること」を目標に定めました。ただ、例年最優秀賞を獲得しているのは大学院生ばかりであり、学部生である私たちにとってはハードルが高いのは一目瞭然でした。

(4)取組みと結果:どのように取り組んだのか?取組みの結果はどうだったのか?

上記で述べた目標・困難に対して、具体的に取り組んだ内容について記述するようにしましょう。

この場合、必ずしも目標を達成したエピソードについて述べる必要はありませんが、「どこに問題の本質があったのか・なぜそのアプローチを取ったのか」について考える必要があります。

以下の記事にあるように、"状況把握のために行ったこと→困難の根本的な原因→原因の解決のために実行したこと"の順番で行動を記述することで、いわゆる「経験描写だけのガクチカ(ファクトベースのガクチカ)」になるのを避けることができます。

【参考】
学生時代頑張ったことの書き方|工夫・取り組みの受かる伝え方とは?
→「どのように取り組んだのか」という質問における面接官の意図と、評価される回答例について詳しく説明していきます。

上記で掲載したESの中で「取組みと結果」に該当する箇所は以下のようになります。 

大学院生との差・最優秀賞獲得に向けての課題は「情報量・リソースが不足していること」だと感じたため、様々な専門家・起業家・教授などに話を聞きにいくことに注力しました。メンバー5人で協力して足を動かした結果、約2ヶ月間で30名の方にお話を伺いに行くことができ、どのチームにも負けない情報量を手にすることができました。その情報量を基に約半年間をかけて準備した結果、本番でのプレゼンにも大成功し、約10年ぶりの「学部生による最優秀賞獲得」を成し遂げることができました。

(5)人柄:ゼミ活動の中であなたのどのような性格が活かされたのか?

取組みを説明し、経験自体の記述を完結させたら、「その経験においてどのような人柄が発揮されたのか」について書きましょう。同じ状況に直面しても、それに対しどう行動するかは人によって異なり、人柄がその選択を決定付ける一要素だという考えから問われています。

人柄はその人の立ち振舞いといった印象を構成するものであり、面接ではESで述べたキャラクターと乖離がないかどうかを確認されます。取組内容との整合性はもちろん、面接の場での印象との整合性も意識しておくべきでしょう。

上手くアピールすることで企業と自身とのマッチングの良さを伝えられたり、「一緒に働いてみたい!」と思ってもらうこともできます。

【参考】
面接で重要な人柄を探る質問の答え方|周りからの評価を聞く訳とは?
→面接では、就活生の人柄に関する質問がよくされますが、多くの就活生はそれを想定していません。本記事では「人柄」に関する質問について、評価項目と具体的回答例について詳しく説明したいと思います。

上記で掲載したESの中で「人柄」に該当する箇所は以下のようになります。 

準備段階では、コンテストへの熱意・意欲の差からチームがバラバラになりかけたこともありましたが、持ち前の明るさ・巻き込み力を活かして乗り越えることができ、最優秀賞の発表時に仲間と泣いて抱き合った経験は一生の思い出になっています。

(6)学び:ゼミ活動を通じて何を学んだのか?学びを企業でどのように活かすのか?

最後に、これまで語ったエピソードから得た学びを述べましょう。単なる気付きや感想ではなく、「社会に出てからも活かすことができる学びであるかどうか」が見られています。

評価としては、以下の記事にあるように"組織としての方法論>個人としての方法論>個人の単なる気づき"の順番で評価されます。

参考
【ES例文付】他の就活生と差がつく!ガクチカから学んだことの書き方
→ガクチカから学んだことの書き方について解説している記事になります。例文も掲載していますので、「学びをどのようにアピールするか」という観点を確認してみてください。

上記で掲載したESの中で「学び」に該当する箇所は以下のようになります。 

この活動を通じ、例え高い目標だったとしても、諦めずに仲間と協力して取り組むことで目標を達成できるという学びを得ることができました。

ゼミのエピソードをESに書く際のポイント・注意点 

上記のゼミ活動をエピソードにしたESの書き方を基に、これから実際に書いていきます。

しかしその前に、エントリーシートのゼミ欄を書く時のポイント・注意点を整理しておきましょう。

ゼミのエピソードを書く際のポイント・注意点

・ゼミ活動を通じて得た学びやスキルを具体的に述べる

・専門用語を使い過ぎず、分かりやすく説明する

ゼミ活動を通じて得た学びやスキルを具体的に述べる

単に「ゼミで揉めた時に積極的に仲介に入ることで、和を乱すことなく論文を書き上げることができました」など抽象的な書き方だと、誰でも書けるエントリーシートになってしまいます。

また人事との共通認識もズレてしまい、アピールしたいことが伝わらない可能性が出てきます。

特に、ゼミで研究する分野は専門性が高いので、企業の人事にもわかるように書かなければなりません。

そのため具体的な数値を用いて、「ゼミで揉めた際にAくんとBさんの生産性が低迷していることが原因だと思いました。二人の苦手としているポイントを他のみんなに共有し役割を見直すことで、作業スピードは10%改善しました」のように書きましょう。

専門用語を使いすぎず、分かりやすく説明する

前述した「具体的に書く」とは、専門用語をどんどん使って説明しましょうという意味ではありません。専門用語を使うと読みにくくなり、人事と認識のズレも生じるでしょう。

しかし、ゼミ活動で特定の分野に日々関わっていると、何が専門用語で何がそうでないか分からなくなることがあると思います。 

そんな時は、中学生でも理解できる文章を心掛けると良いでしょう。

「中学生だった頃の自分でも理解できる」かつ「具体的」だったら、誰にでも伝わる文章になります。

その他にも、ゼミ以外の友人に読んでもらうと客観的な意見が得られるでしょう。

ゼミ活動をエピソードにしたESの例文

ゼミ活動をエピソードにしたES例文

ゼミ活動のES例文⑴:丸紅内定者

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

丸紅の企業研究/選考対策こちらから
丸紅のES・選考レポート一覧こちらから

ゼミ活動のES例文⑵:花王内定者

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

花王の企業研究/選考対策こちらから
花王のES・選考レポート一覧こちらから

ゼミ活動のES例文⑶:日本郵船内定者

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日本郵船の企業研究/選考対策こちらから
日本郵船のES・選考レポート一覧こちらから

ゼミ活動のES例文⑷:三菱UFJ銀行内定者

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61290枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三菱UFJ銀行の企業研究/選考対策こちらから
三菱UFJ銀行のES・選考レポート一覧こちらから

 ゼミ活動をエピソードにしたESのNG例文

ここでは、ゼミ活動をエピソードにしたESのNG例文を2つご紹介します。

整理された文章で、一見読みやすいような内容であっても、企業にとってはプラスに働かないこともあります。次に紹介するNG例を参考にして、ゼミで取り組んだ内容が整理されて書かれているか今一度確認してみましょう。

NG例文①
ゼミでは観光業を学びました。子供のころから旅行が好きで、国内の観光業界がどのように成り立っているのかに興味を持ち専攻を決めました。特に興味深かった点は、観光業が国内総生産に与える影響は直接効果だけでなく、波及効果もあるということでした。私は、この巨大なマーケットを生かして国家に貢献したいと思いました。そのため貴社の幅広い旅行事業で、国内外の旅行業を活性化させたいと考えています。

どんなゼミであっても、ストーリー性がなく何を主張したいのか不明瞭だと、志望度の高さが伝わらない内容になってしまいます。

この例文では、単純に興味を持った理由と業界の説明になっているので、ゼミでの取り組みを伝える際は、ゼミの活動内容と入社後に貢献できるスキルを盛り込むようにしましょう。

NG例文②

私はゼミ活動で、幕末の伊能忠敬が測量して作成した「伊能図」の研究に注力している。この研究をするにあたり、学生の身では対象資料を調査する事が困難というハードルがあった。しかし、伊能図研究のフィールドに研究成果を残したいと志す私は、諦めずに海外にある伊能図を用いるという打開策を考えました。ゼミ活動を通じて課題解決までのプロセスを明確に計画し、粘り強く行動する『実行力』を身に付けた。

自分の学びだけを紹介するだけで、将来の展望が抜けています。なぜ企業に応募したのかがはっきりと伝わらず、ゼミで学んだことの紹介だけになってしまいます。

企業で活躍している姿をイメージさせるような一文を加えると良いでしょう。

ゼミに所属していない場合は?

ゼミに入っていない就活生はどうしたらよいのでしょうか?

その場合は、エントリーシートのゼミ欄に「なぜゼミに入らなかったのか」「ゼミの代わりに何をしていたのか」を書きましょう。

空欄で提出するよりも、「ゼミに所属していない理由」「ゼミ以外の専攻内容」など何かしら書いておいた方が、エントリーシート全体の見栄えが良くなります。

また、ゼミに限らず、ESや面接の際に部活、アルバイトなどの課外活動について、質問を受ける機会は多くあります。これらの質問は、学生にエピソードを語ってもらい、企業の求める人物像に合致するかどうかを判断する目的で行われます。そのためゼミに入っていないこと自体が、就活で不利になるということはないでしょう。

つまり、ゼミに所属していない場合は、その他の活動で企業の求める人物像と合致しているエピソードを用意しておきましょう。

ゼミに所属していない場合は?

・ゼミに所属していない理由を書く

・ゼミ以外の専攻内容を書く

最後に

今回載せている回答例はどれもゼミ活動について問われているのではなく、あくまでも内定者が設問にゼミ活動という観点から答えたものです。

そのため、自分が学んだ内容に加えて、学ぶ際に発生した課題への対処法や組織への貢献をアピールしています。

学業をアピールしようと考えている方は、今回の内定者のESを参考にして、是非考えてみてください。

【設問別】エントリーシート(ES)対策記事一覧
自己PRに関する設問

自己PR長所(強み)短所(弱み)

志望動機に関する設問
志望動機実現したいこと入社後にやりたいこと将来の夢キャリアプラン10年後の自分

学生時代頑張ったこと(ガクチカ)に関する設問
学生時代頑張ったこと(ガクチカ)挑戦したこと最大の困難挫折経験打ち込んだこと苦労したこと辛かったこと成果を出した経験異なる価値観の人と協力した経験変化や変革をもたらしたエピソード成長した経験チームで成し遂げた経験

大学や学業に関する設問
ゼミ活動研究サークル活動留学専攻分野(テーマ)課外活動得意科目

パーソナルな設問
趣味特技性格(人柄)大切にしている価値観仕事をする上で大切なことあなたを漢字一文字で例えると気になるニュース

経歴に関する設問
運転免許アルバイト資格TOEICインターン経験健康状態

その他
自由記入欄(フリースペース)キャッチコピーイラストあなたらしい写真新規事業提案

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,290枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録