unistyle

MENU

更新情報2020/12/02(水)内容を更新しました!

【就活】自己PRの書き方を解説!7ステップで簡単に書ける|例文有

【就活】自己PRの書き方を解説!7ステップで簡単に書ける|例文有

最終更新日:2020年12月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「正しい自己PRの書き方がわからない…」

そんな就活生に向けて本記事では自己PRを書く際の手順や書く際のポイント、注意点を紹介します。

自己PRの書き方の手順

自己PRの書き方の手順

ここでは自己PRを書く際の手順について解説します。

自己PRを書く際は以下のフレームワークに沿って書くことで、企業に評価される自己PRを書くことができます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50954枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

それぞれの過程については以下で詳しく説明します。上記のフレームワークでも紹介したように、今回は自己PRの書き方を7つのステップに分類し、ステップごとのポイントも踏まえながら解説していきます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50954枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ここまでで自己PRを書く際のフレームワークを解説したので、続いてはポイントについて解説します。

自己PRを書く際のポイント


ここでは、自己PRを書く際のポイントを5つ紹介します。

上記の画像に掲載している5つの疑問にも回答しながら、「選考官から評価される自己PR」を書く際のポイントを解説していきます。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50954枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

動画を通じて自己PRの書き方・例文を確認したいという方は下記の動画も参考にしてもらえればと思います。

自己PRの書き方例文(200字・400字)

自己PRの例文(200・400字)

ここまでで自己PRの書き方について詳しく解説してきました。続いては200字と400字の例文をそれぞれ紹介します。

エントリーシート(ES)で自己PRを問う設問は、基本的に200~400字であることが多いため、200字と400字といった文字数ごとの自己PRのテンプレを作成しておくだけで、様々な企業に応用(転用)することができます。

とは言え、200字と400字では入れることのできる内容量に差があるため、各文字数に応じて「どのような内容を入れるべきなのか」を工夫する必要があります。

下記では文字数ごとのES例文に加え、入れるべき内容についても説明していますので、そちらも参考にしながら自身の自己PRのブラッシュアップに努めてもらえればと思います。

200字

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50954枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

400字

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は50954枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

自己PRの書き方本記事では自己PRの書き方や書く際のポイント、文字数ごとの例文を紹介しました。

記事内で紹介した7つのステップに沿って書くことで面接官により説得力のある自己PRを伝えることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

自己PRの書き方について理解したら、次は"面接での伝え方"について理解するようにしましょう。

以下の記事から面接での自己PRの伝え方について学ぶことができます。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
50,954枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録