unistyle

MENU

更新情報2019/08/21(水)内容を更新しました!

【内定者回答10選付】高く評価されるガクチカの書き方を徹底解説

3188 views

    【内定者回答10選付】高く評価されるガクチカの書き方を徹底解説

    最終更新日:2019年08月21日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    「ガクチカ」は「学生時代に最も力を入れたこと」、「これまでに意欲を持って取り組んできたこと」等、言い方は違えど選考のあらゆる場面で問われます。評価される「ガクチカ」を作成することが、選考通過、ひいては内定獲得に繋がるといっても過言ではありません。

    そこで本記事では評価されるガクチカを作成するにあたり、ガクチカの主な評価基準を紹介し、「実際の内定者の回答」も併せて紹介します。

    内定者の回答は"文字数ごとに分類"し、さらに"各回答ごとに解説"もしていますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

    また記事の最後には"ガクチカ作成に関するunistyleの記事"を掲載していますので、こちらも併せてご覧ください。

    ガクチカの評価基準

    実際の内定者の例文を確認する前に、まずは「評価されるガクチカとは何か」、つまり"ガクチカの評価基準"を紹介します。

    ガクチカでは「どのような経験を積んできたか」に焦点を置きがちですが、企業はそれよりも広い評価基準で学生時代頑張ったことを評価しています。

    ここではその項目を以下の3つに分類して説明します。

    • ①実績自体のインパクトがどれだけあるか
    • ②書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか
    • ③企業で活かせる学びを得ているか

    ①実績自体のインパクトがどれだけあるか

    先述した通り、やはり冒頭の「〜〜に力を入れました。」の部分にインパクトがある場合は人事の目に留まる可能性が高く、それだけで評価の対象になります。

    一方で、実績自体のインパクトも評価項目の「ひとつ」ではありますが、多くの就活生はこれが「全て」とばかりに自分の経験についてあれこれ悩み過ぎている気がしています。

    それゆえ、本当は力を入れた活動が別にあるにも関わらず、見栄えを重視して内容を決めてしまう就活生もいますが、これでは非常にもったいないと思います。

    企業は過去の成功体験だけを聞きたいのではなく、それに付随する書き手自身の人柄についても知りたいという意図での問いですので、見栄えだけで内容を決めては、選考の中で繰り返しされる深堀りに満足に答えられず、かえって安っぽく見えてしまいます。

    もちろん、経験自体のレベルが高いに越したことはないのですが、あくまで評価の一つに過ぎませんので、スペックの高低だけを意識するよりも、以下の②・③にも考えを巡らすべきだと考えます。

    ②書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか

    同一の経験について述べる場合でも、その「書き方・伝え方」によって採用側に与える印象は大きく異なります。

    すなわち、経験自体のレベルだけでなく、伝え方のレベルも評価されています。

    ガクチカは面接で必ずと言っていいほど深掘りされますが、そこでは普段から物事を考える力が試されています。

    「何に問題意識を向け、なぜその行動をとったのか。もし今後同じ状況に遭遇したらどう選択するか。」など、挙げればキリがありませんが、そういった経験に対して当事者意識を持ち、いかに考えを深めることができているかも評価項目の一つになります。

    参考:面接で問われているのは瞬発力ではなく、普段から物事を考える力

    →「面接」の場で企業は何を見ているのでしょうか?本記事では「深く物事を考える力」を重要視し、その理由や対策を解説しています。

    そして、エピソードから感じられる、モチベーションの源泉・人柄・考え方などが、自社とマッチしているかどうかを見られているとも言えるでしょう。

    ③企業で活かせる学びを得ているか

    どんな経験であれ、そこから学んだことを次へ活かすのは、就職活動に限らず社会に出てからも求められる能力でしょう。学生時代頑張ったことの場合は、そこから得られた学びが企業の仕事内容で活かせるものであることを示す必要があります。

    多くの就活生は簿記・TOEICを始めとした資格や、「〜〜大会で優勝しました」のような実績を企業で "活かせる" ものとして捉えているようです。しかし、新卒採用の場合は現状のスキルや成果というよりも、将来企業で活躍する人材に成長「しそうだ」という期待感が重要だったりもします。

    常に改善意識を持ち、どんな経験でも次回につなげていこうとする姿勢から、学生の "伸びしろ" を見ていると言うこともできるでしょう。

    それでは、続いて「実際の内定者のガクチカ」を紹介します。

    企業名だけでなく、文字数も記載してありますので、自身の希望に沿った「企業・文字数」のESを選択してご覧ください。

    【200字】JT(日本たばこ産業)内定者の回答

    あなたが学業以外に、最も力を入れたことは何ですか?取り組み内容とその成果について教えてください。(200字以内)

    所属するサークルで、途中で退部する部員の減少を目的に、大学の学園祭模擬店出店を発案・企画した。出店に反対する部員もいたが、相手の懸念事項を理解し、自分の行動によってひとつずつ解決することで説得した。また出店の際に3つの部門を設け、参加者がどれか1つの部門に所属する仕組みを構築することで、全員が「当事者意識」を持ち、継続して活動ができるようにした。結果、出店は成功を収め、退部者も減らすことができた。

    参考:【内定】エントリーシート(総合職)

    「所属するサークルで模擬店出店に尽力した経験」について書かれています。言ってしまえば内容自体はありがちなものですが、要点を押さえて書かれており簡潔明快なガクチカとなっています。

    このガクチカからも分かるように、実績のインパクトに関しては必ずしも必要であるという訳ではありません。勿論、インパクトのあるガクチカの方が採用担当者の目には止まりやすいでしょう。しかしながら、インパクトがなければ落とされるというものでもありません。特筆できる経験がないとしても、文章の構成や伝え方で充分に逆転は可能です。

    また、この設問は字数指定が200字と非常にタイトであるため、何を書いて何を書かないかという取捨選択が非常に重要となります。このガクチカを上記のフレームワークに当てはめると以下のようになります。

    • ①結論:大学の学園祭模擬店出店を発案・企画。
    • ②動機:なし
    • ③目標と困難:退部する部員の減少を目的。出店に反対する部員の説得。
    • ④取組みと結果:仕組みを構築し全員に当事者意識。結果出店は成功、退部者も減少。
    • ⑤人柄:なし
    • ⑥学び:なし

    このESでは、エピソードの核となる①結論、③目標と困難、④取組みと結果について重点的に書かれています。これは、出題者の意図をよく汲み取って書くことが出来ているといえるでしょう。

    ここでは、そもそもなぜ200字という非常にタイトな字数制限をしているのかについて考える必要があります。おそらく企業側の意図としては面接に臨むにあたって、その学生のエピソードの大枠を知っておきたいということが考えられます。

    つまり、ESでエピソードの大枠を聞いておいて、面接ではその詳細について深掘りするという意図が企業側にはあるわけです。その意図を踏まえた上で回答していくことが求められます。

    その点において、このESは相手の意図をよく汲み取ったものとなっています。あえて自分の想いや考えといった内面については記述せずにエピソードの概観を伝えることに終始しています。

    もっとも、欲を言うならば⑥学びについては記述しておきたいところです。上記のガクチカの評価基準でも指摘したように、再現性をアピールするためにその経験から何を学び、それを次にどう活かせるかを示しましょう。

    【300字】PwCコンサルティング合同会社内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【300字】旭化成内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【400字】東急(旧東京急行電鉄)内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【400字】三菱商事内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【400字】トヨタ自動車内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【400字】野村総合研究所内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【500字】キリンホールディングス内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【600字】日本銀行内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    【500~700字】P&G内定者の回答

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は36217枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    最後に

    本記事ではガクチカの評価ポイントと書き方について見てきました。また、併せて内定者のESを参考に評価されるガクチカとはどのようなものなのかについても考えてきました。

    企業に評価されるガクチカを作成することはそう難しいものではありません。

    まずはご自身でガクチカを作成し、身近な先輩や社会人に添削してもらうのも一つの手です。自分一人で考え込むのではなく、周囲を上手く利用しながら就職活動を乗り切りましょう。

    最後に「ガクチカ作成に関するunistyleの記事」も載せておきますので、こちらも併せてご覧ください。

    unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
    ・公式Twitterアカウント
    ・公式Facebookアカウント

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    36,217枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録