三菱UFJ信託銀行の説明会・選考 2 件

三菱UFJ信託銀行 1day業務体感プログラム「センタクシンタク」【9月】 対象:26卒 開催場所:オンライン 情報の精度には最大限注意しておりますが、新型コロナウイルスの感染予防対策等による社会情勢の変化の影響で、募集内容に随時変更があるかもしれないため、本記事に記載の情報は最新ではない可能性があります。締切情報収集の際には本記事の記載情報だけでなく、必ず、当該企業の採用HP/マイページなどでご確認いただき、そこで発表されている"最新の一次情報"を優先して下さいますよう、お願い申し上げます。 信託銀行のビジネスを体感できる入門編 信託のソリューションで企業の課題を解決しよう ■資格・対象 大学生および大学院生 ※学部・学科不問 ■コースの特徴 実際の事例に基づいたワークを通して、三菱UFJ信託銀行のビジネスの幅広さや「信託型コンサルティング&ソリューション」をコンパクトに体感することができます。 ■コンテンツ ・イントロダクション ・信託ビジネス基礎講座  「人生100年時代を支える年金制度と受託財産(年金)業務を知る」 ・グループワーク  「年金制度設計を通して企業を再生させる総合コンサルティング」 ・社員からのフィードバック ※事前に『企業研究動画「信託を知る」「MUTBを知る」』を視聴します ※コースの内容は事前の告知なく追加・変更になることがあります。 ※本コースは学生に就業体験をしもらうもので三菱UFJ信託銀行の採用活動とは関係ありません。 ■開催日程(予定) 9月5日(木)、6日(金)、9日(月) 10日(火)、12日(木)、13日(金)、18日(水) ※参加は上記実施期間からいずれか半日(午前もしくは午後)選択します。 ■実施場所:オンライン ■応募方法 1.エントリーシート登録   ▼ 2.履修履歴登録   ▼ エントリー手続き完了です。 上記1~2全てを締切り日時までに完了してください。 ■受付締切:2024年8月4日(日)23:59 ■その他 ・本コースへの参加に対する報酬は支給されません。 ・オンライン開催のため、交通費・宿泊費の支給はありません。 インターン情報 【ES設問内容】 ◆最も力を入れて取り組んできたことを教えてください ・取り組んできたカテゴリーを選択してください。 ・上記の内容を簡単に入力ください。(200文字まで)
三菱UFJ信託銀行 アクチュアリー夏ワークショップ 対象:26卒 開催場所:オンライン・対面 情報の精度には最大限注意しておりますが、新型コロナウイルスの感染予防対策等による社会情勢の変化の影響で、募集内容に随時変更があるかもしれないため、本記事に記載の情報は最新ではない可能性があります。締切情報収集の際には本記事の記載情報だけでなく、必ず、当該企業の採用HP/マイページなどでご確認いただき、そこで発表されている"最新の一次情報"を優先して下さいますよう、お願い申し上げます。 「生損保のアクチュアリーにはない、信託銀行のアクチュアリーの魅力を実感したい!」 「年金アクチュアリーは知っているけど、三菱UFJ信託銀行では具体的にどう活躍しているの?」 といった要望や疑問に、当ワークショップを通じて、先輩社員のアクチュアリーから回答予定。人柄や社風も体感できる機会となります。  ■応募資格 大学生および大学院生 ※学部・学科不問 ■日程 DAY1:2024年9月17日(火)午後(オンライン) DAY2:2024年9月19日(木)午後(対面)       2024年9月20日(金)午後(オンライン) ※DAY2は上記の内いずれか1日 ※DAY1は講義(3時間程度)、DAY2はワークと座談会(4時間程度)を予定。 ※9月19日は対面実施につき、座談会終了後に懇親会(1時間半)を予定。 ■内容(予定) ・信託銀行におけるアクチュアリーの活躍領域 ・年金コンサルティング業務に関するワーク ・アクチュアリー社員との座談会 ※アクチュアリー社員との懇親会(9月19日のみ) ■場所 DAY1:オンライン DAY2(9月19日):対面 三菱UFJ信託銀行 本店ビル(東京都千代田区丸の内1-4-5) DAY2(9月20日):オンライン ■その他 本ワークショップへの参加に対する報酬は支給されません。 9月19日(木)に遠方から参加の方には、交通費が支給される予定です。 ■応募方法 1.エントリーシート登録  「次へ」ボタンをクリックし、画面に表示される項目を登録してください。  なお、一度登録すると変更することができません。(一次保存は可能です)  内容をよくご確認の上選択、登録してください。  ▼ 2.履修履歴登録  画面の指示に従って、学校の成績を登録してください。  ▼ エントリー手続き完了です。 上記1~2全てを締切り日時までに完了してください。 ※応募者多数の場合は、エントリーシートにて選考が実施される予定です。 ■受付期間 2024年7月12日(金)〜8月18日(日)23:59 インターン情報 【ES設問内容】 ◆社会人のスタートとなる会社選びのポイント、想いを教えてください。 ◆現時点のアクチュアリー志望理由 ※年金アクチュアリーに限定する必要はありません

三菱UFJ信託銀行の本選考ES 186 件

エントリーシート 三菱UFJ信託銀行 卒 Q ♦ 1. 学生時代に力を入れたこと(800)
A 私はインターンシップで「クレジット端末を店舗に設置して頂く」営業プロジェクトの学生営業マネージャーをやりました。この営業プロジェクトチームは学生30名で構成されていました。私はこのプロジェクトが始まる前から絶対に達成したい課題がありました。それは「短期間にチームとして結果を残す」ということでした。そしてこれが最も苦労し、工夫しなければならなかった点でした。チームで成績を残す為には、メンバー全員が成長しメンバー全員が結果を出せる様にすることが必要だと私は考えました。その様なメンバーを一人でも増やすことで、最も効率的な営業活動が展開できると考えたからです。その為に行った工夫は「マニュアル化とテスト」です。これまで私が行ってきたテレマーケティング、訪問営業、これらのフロー、コツ等を全て明文化して、マニュアルに落とし込みメンバー全員に共有しました。更に月に一度テストを行い、マニュアルの共有を徹底しました。マニュアル化とテストは営業知識の共有に非常に役立ちましたが、これだけではチームとして結果を出すには不十分でした。営業チームとして結果を出す為には、もう一つ、メンバー一人一人に自発的に発言、行動してもらう必要がありました。私はその為に「メンバーと1対1で会話をする時間を必ず週1で30分ずつ持つ」事にしました。これを実行することで、1対1でしか話ができない事や現状の不満、今更聞けない営業知識、今後の営業戦略に対する意見、プライベートの話を重ねていきました。最初は私が一方的に意見を発するだけだった営業現場が次第に議論が活発になり、メンバーが自発的に営業活動に勤しんでくれる様になりました。この様に、メンバーが成長しやすい環境をツール等を用いて手助けするだけではなく、メンバーとの1対1の会話を通して信頼関係を醸成する事で営業現場が活性化し、結果を残す事ができました。
8

三菱UFJ信託銀行のインターンES 114 件

三菱UFJ信託銀行の本選考レポート 22 件

三菱UFJ信託銀行のインターンレポート 24 件

三菱UFJ信託銀行の就活テクニック 3件

現在ES掲載数

78,744

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録