unistyle

MENU

更新情報2018/12/12(水)内容を更新しました!

「企業選びの軸」例文解説|内定者43人の例

「企業選びの軸」例文解説|内定者43人の例

掲載開始日:2014年06月13日
最終更新日:2018年12月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業選びの軸を問う理由は、「何を成し遂げようとしているのか」ということを知るためです。

では、軸を定めるためにはどうしたら良いでしょうか。

今回は、その「企業選びの軸」を定めるための判断材料となるものを提示し、解説したいと思います。

1 「企業選びの軸」とは


 

企業選びの軸とは、「あなたが企業に求めるもの」のことです。

 

そして、企業がそれを問う理由は、あなたが何を成し遂げたいと思っているのか、きっかけとなる経験はどういったもので、企業で体現できるものか、ということを認知するためです。

 

以上で述べた、企業が問う理由を満たすフレームワークは以下です。

 

上記のフレームワークを知った上で、次は企業選びの軸の定め方となるポイントを見ていきましょう。

 

企業選びの軸の重要性やどのようにその軸を確立していくかということについてお伝えしています。軸に悩んでいる学生にも既に確立している学生にも参考になると思います。

 

参考:7つの「企業選びの軸」|軸に合った業界を知る
unistyleでは企業を選ぶ軸は大きく分けて7つに分類されると考えています。7つの軸についての紹介と、各軸ごとにどのような業界を受けるとよいのかを簡単にまとめています。
参考:企業選びの軸の定め方と注意すべき3つのポイント
企業選びの軸を確立する上で気をつけるべき3つのポイントを解説しています。本記事と合わせて読むことで、企業選びの軸の確立がやりやすくなるでしょう。

2 内定者から学ぶ企業選びのポイント

きっかけとなる経験とは下記、下線部の部分を指します。
 

健康という価値を多くの人に届けたいと考え、貴社を志望しています。障害を抱えた両親の元で育ったことから健康に対して人一倍関心が強く、大学時代も健康雑誌の編集アルバイト、スポーツジムのインストラクターとして健康を届けてきたことからこのような思いを抱いています。

 

上記の様な思いから、

多くの人の健康に貢献できる仕事

②その中でも食品を通した健康に人一倍気を使ってきたため食品に関われる仕事

を志望しています。

志望動機のフレームワークで利用している食品メーカー内定のSさんの志望動機を利用していますが、幼い頃の経験及び大学時代のアルバイト経験から、「多くの人の健康に関わる仕事、その中でも食品を通して人の健康に関われる仕事」というのが最も大事な企業選びのポイントになっています。

企業選びの軸についてはどの企業でも面接もしくはESにて聞かれます。是非就職活動の早い段階から意識して欲しいと思います。
 

商船三井のESのでは企業選びの軸について触れられています。たくさんの軸に触れることは自らの軸を確立する最短ルートの一つです。是非ご一読下さい。

参考:商船三井ES「あなたの企業選びのポイント」

3 複数の企業選びの軸から受ける企業を絞り込む


上記の内定者の例でも最も重要な企業選びの軸が、①多くの人の健康に貢献する仕事であることです。

この条件であれば、食品に関わる仕事だけでなく、健康器具メーカーや美容に関わる仕事やスポーツのインストラクターなど様々な仕事が対象となります。

そこで第二の企業選びの軸として、②食品を通して人々の健康に貢献できる仕事を設定し、対象となる企業を絞っています。

このように企業選びの軸については何も一つだけである必要はありません。

複数の条件を設定した上で、その条件をクリアした企業の中から、更に優先順位をつけていくという作業が志望動機を語ることにつながります。

逆に考えれば、健康器具メーカーなどを受ける際には①の軸に別の軸を加えることで、志望動機を語ることができます。

このように複数の企業選びの軸を考え、それぞれ優先順位を考えておくことで、柔軟に様々な業界の志望動機を考えることが可能になります。

「なぜうちの会社を志望するのか」という質問に困ってしまう就活生は多数いると思います。その質問に対して簡単に答えるアプローチ方法をご紹介します。

参考:「同業他社の中でもなぜうちなのか?」の3つのアプローチと内定者回答

4 内定者・社会人の「企業選びのポイント」に触れることが大事


こちらも成し遂げたいこと同様に、多くの内定者・社会人の企業選びのポイントに触れながら、自分なりの考えを深めていくことが大事です。

内定者訪問やOB訪問する際には、「成し遂げたいこと」・「きっかけとなる経験」・「企業選びのポイント」をセットで聞くようにしましょう。

「個性とは様々な情報を収集した上でどのように取捨選択するのか」という部分に宿るとも言われています。

誰の考えにも触れずに一人で考えていても個性的なオリジナルな考えは生まれてきません。多くの人の考えに触れながら、あなたオリジナルの考えに到達して欲しいと思います。

「企業選びの軸は」という設問に対しての回答方針をお伝えします。納得感のある回答をするための方法から実際の内定者の回答事例をも提示します。

参考:「企業選びの軸」の書き方|8つの内定者例文から学ぶ 

内定者の「軸」43例

1.IT技術を用いて世の中の課題を解決
2.挑戦し続けること
3.仕事を通じて成長できる
4.自分の五感で判断すること
5.仕事に社会的重要性とスケールの大きさがある
6.自己表現
7.経済発展への貢献
8.お客様目線をどれだけ大切にしているか
9.影響力の大きさと街づくりに携われるか
10.常に挑戦できる環境

11.最先端の技術や知見を提供する企業
12.新しいことに取り組める環境がある
13.日本のプレゼンスを向上
14.モノを通じて人と人の繋がりを深めることができる
15.ものづくりにこだわる環境に身を置くこと
16.自身の強みを伸ばして成長できる
17.挑戦が許容される
18.自身が追いつきたいと思う仲間がいる
19.規模の大きい仕事
20.その企業の第一人者として活躍したい

21.35歳までに自身で事業を展開できるスキルを
22.誰かのためになる仕事
23.個人の価値を高められ、成長を感じられる
24.視野を広げられる
25.責任感の大きい仕事ができる
26.高い向上心をもち、お互いを高め合える
27.ITで社会を支え、世の中をより豊かにする仕事
28.自ら成長しようとする同僚
29.挑戦することが評価される風土
30.社会変化と密接に関連する

31.様々な業種と関わりのある仕事
32.相互の助け合いが強固な会社であるか
33.幅広い人々の生活や人生を支えることが出来る
34.信頼関係を構築していくことが求められる業務
35.人の笑顔を直接見ることができる
36.幅広い業務を提供できる環境
37.変革の時代を最前線で感じる
38.ビジネスを通じての社会貢献性の高さ
39.社風、あるいは環境
40.関わった全ての人を笑顔にしたい

41.世界中に影響を与えられる企業かどうか
42.ニーズに応え、生活をより豊かにしたい
43.自己成長しながら長く働く

内定者の回答例 3選

挑戦と学び(国際石油開発帝石(INPEX))

あなたが日ごろ大切にしている軸(モットー)は何ですか?また、それに従って行動した具体的事例もご記入ください。(300 文字以内)

「挑戦と学び」だ。

大学一年次には、友人たちと通信添削会社の設立に挑み、私は渉外とまとめ役を担った。

しかし、商品に関する意見対立を放置した結果、失敗に終わった。働く上でのコミュニケーションには、曖昧さは許されなかったのだと反省した。

この学びを、アルバイト先の飲食店で店舗責任者として生かした。店の改革を進めるために、意見を出し合える環境を整え、抽象的な目標ではなく具体的な結論を出すよう会議を行った。

その結果、他店に先駆けて深夜二人制を導入するなど、成功を収めた。

また、サークルでは10時間駅伝に挑戦した。夜通し走り、肉体以上に精神面での限界に挑戦したことでタフさが身につき、タイムが飛躍的に伸びた。

「企業選びの軸」ではなく「日ごろ大切にしている軸」についての質問ですが、答え方は概ね同じであると考えています。

この内定者の回答は、自分のモットーが活かされたエピソードを複数紹介することで、自らの強みに「再現性」をもたせることが出来ている点が良いです。

また、過去の反省を次に生かす能力・困難にも挑み続ける粘り強さは、どんな企業においても求められる能力であるため、自己PRに使いやすいです。

この回答では述べられていませんが、この軸を意識する「きっかけとなる経験」についても言語化しておくべきでしょう。きっかけとなる経験の中には、その人なりの考え方や価値観が詰まっているため、面接の場面で聞かれる可能性が高いです。

やりたいことが実現出来る(野村不動産)

就職する会社を決める上での軸を教えて下さい。(300文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は24027枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

開発途上国の貧困や飢餓等の解決(総合商社)

あなたが、人生の中で成し遂げたい夢は何ですか?その夢をどのように実現させるか、また、その時にどのような”人”でありたいかについて、自由に記述してください。(日本語記述/500字以上600字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は24027枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

「企業選びの軸」を作ることによって、志望動機に深みをもたせることが出来ます。

面接ではほぼ聞かれると思う質問なので、自分が納得できる軸を作成しておきましょう。

そのためにも、自分のやりたいことやどのような考えを大切にしているかなどを知る必要があるため、しっかりと自己分析もやる必要があります。

少しでもこの記事がみなさんの参考になれば幸いです。

参考:戦略的自己分析のやり方|内定に近づく効果的な自己分析の方法
こちらの記事では、自己分析の目的からやり方まで徹底網羅しています。企業選びの軸を作る上で大切になるので、是非ご覧ください。

photo by manuel holgado

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
24,027枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録