unistyle

MENU

更新情報2021/04/07(水)内容を更新しました!

【例文付】なぜその会社なの?志望動機の伝え方・企業選びの軸の定め方を解説

【例文付】なぜその会社なの?志望動機の伝え方・企業選びの軸の定め方を解説

最終更新日:2021年04月07日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「志望動機」ほどどの企業の選考の中でも聞かれる質問はないと言えると思います。その志望動機を形作るのはいくつかの要素ですが、中でも頭を悩ませるのが「なぜその会社なのか」という企業比較の部分でしょう。

また実際の選考の場では、志望動機として明確に問われるのではなく、「なぜ同業他社の中でも当社なのですか?」と直接質問されるケースもあります。

今回は志望動機を構成する要素の中でも、一見答えにくそうなこの企業比較に対して、3つのアプローチをご紹介したいと思います。

なぜ選考官は志望者に企業比較を聞くのか

選考官が志望者に企業比較を聞く理由

まず大前提、unistyleでは志望動機の書き方として以下のものを推奨しています。

こちらの書き方は、自身の夢や軸をスタートに、大きな枠から最後に同業比較という狭い範囲の比較を行うことで、説得力の強い志望動機を語ることが出来ます。

参考:エントリーシートの志望動機の書き方6ステップを解説|ES例文付
→上記図の6項目の解説を通じて、志望動機をどうまとめていけば良いのか解説した記事です。志望動機の書き方取り組み方がよく分からないという方は是非ご覧ください。

基本的な志望動機の書き方については下記の動画を参考にしてください。志望動機の書き方のポイントが端的にまとめられているので、動画でサッと確認したいと思っている方にオススメです。

さて、ではなぜ「その会社なのか」という企業比較が必要なのでしょうか?またなぜ企業は「同業他社の中でも当社を選んだのですか?」と聞くのでしょうか。

それは、そもそも志望動機を聞く理由と同じで、企業は志望者の同業比較を聞くことで、①自社への志望度と②入社の際のモチベーションの二つを知ることが出来るからです。

そもそも志望度の低い就活生では、仮に内定を出しても別の企業の選考結果次第では辞退されてしまうかもしれません。また、入社後のビジョンがない、内定で満足してしまう人材では、入社後の活躍は望めませんし、「思っているのと違った」と早期退職のリスクもあります。

そういった危険性がないかどうかを見極めるために、企業は就活生に企業比較を求めます。そこで企業比較をするために必要となる、企業選びの軸の定め方を以下で紹介します。

企業選びの軸を定めるメリット

企業選びの軸を定めるメリット

そもそも企業選びの軸とは、「あなたがやりがいを持って取り組める仕事や企業の特徴」のことを言います。

そのため、企業選びの軸を定めるメリットは以下の4つになります。

  • 受ける業界、企業が絞り込める
  • 志望動機が書きやすい
  • 入社後のミスマッチが起きる可能性を減らせる
  • 転職の際にも前職を辞める理由を無理なく語れる

軸を明確化しておくことで、選考官に「だからこの業界、その中でも弊社を選んだのか」と納得してもらうことができます。

反対に、軸がないと「なぜこの業界?なぜうちの会社?」と面接官に疑問を覚えさせてしまい、志望度がまったく伝わりません。

そのため、企業選びの軸を定めておくことは重要だと言うことができます。

企業選びの軸の定め方

企業選びの軸の定め方

企業選びの軸を定める方法は以下の3つがあります。

  • 様々な人の軸を知る
  • 自己分析から見つける
  • 業界研究から知る

それぞれについて詳しく説明します。

様々な人の軸を知る

上記で大切なポイントは、友人から社会人まで幅広い年代・立場の人の考えを取り入れることです。特に自身と似た価値観を持っていたり、経験をしてきた人の軸を参考にすると自ずと自分自身の軸も定まってくると思います。

自己分析から見つける

これは自己分析を行うことで分かった「自身が何を成し遂げた際最もやりがいを感じたのか、最も活躍できる分野・フィールドは何なのか」などといった要素を元に軸を企業選びの軸を定める方法です。

その他にも、自分が所属してきた集団で何を重視してきたかなども企業を選ぶ際に重要なポイントとなります。

自己分析の方法については下記の動画を参考にしてください。ポイントが端的にまとめられているので、動画でサッと確認したいと思っている方にオススメです。

業界研究から知る

上記のポイントは視野を狭めずに様々な業界・企業を見るようにすることです。最初は軸に合致しないと思っていた業界が意外と自分にマッチしたり、そこから軸がまた変わる場合もあります。

上記で紹介した3つのうちどれか1つを行うのではなく、3つそれぞれを経験することで軸がはっきりすると考えていただければと思います。

まずはある程度どのような軸があるのか把握し、そして自己分析を通じてどのような軸を持つべきかを見つけ、実際のビジネスの場や業界の違いで軸がどう関わってくるのかを分析しなければ、自身が心から望み、かつ地に足の着いた軸を作るのは難しいでしょう。

企業選びの軸は大きく分けると以下の8つに分類することができます。

上記の画像に加え、以下の記事でも内定者の企業選びの軸などを紹介していますので、どのような軸があるのかチェックしてみてください。

また、業界研究の方法については下記の動画でも解説しています。。ポイントが端的にまとめられているので、動画でサッと確認したいと思っている方にオススメです。

同業他社の中でも志望企業を語る3つのアプローチ

同業他社の中でも志望企業を語る3つのアプローチ

上述したように企業選びの軸は様々なものが存在しますが、以下では代表的な3つの軸を紹介していきます。

「同業他社の中でもなぜうちの会社なのか」という質問に答えられない学生は多く、このために膨大な量の業界研究が必要だと思っている人も多いのではないでしょうか。

確かに、各企業の違いを知るためにはある程度の業界研究が必要になりますが、仕事内容が似ている同業の会社を比較する上では下記3つのアプローチが有効です。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は58792枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

3つのアプローチを踏まえた大手企業内定者のES回答例文

同業他社比較のアプローチを踏まえた内定者回答例文集

ここまで、志望動機の伝え方や企業選びの軸の定め方のポイントについて解説してきました。続いては、大手企業内定者の実際の志望動機をチェックしていきたいと思います。

大手企業内定者がどんな企業選びの軸を定めていたのか、どのように志望企業を語っていたのかを理解し、自身のES作成に役立ててもらえればと思います。

第一生命内定者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は58792枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

シティグループ内定者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は58792枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

電通内定者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は58792枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

三井物産内定者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は58792枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

伊藤忠商事内定者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は58792枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

丸紅内定者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は58792枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

最後に

ここまで、「なぜその会社なの?」という要素を踏まえた志望動機の伝え方・企業選びの軸の定め方を解説してきました。

本記事で紹介した3つのアプローチをするためにはOB訪問が非常に有効な手段となります。

事実、基本的にその会社の社員は同業他社を気にしています。なぜかというと、営業やマーケティングなど仕事をしていれば必ず同業他社の動向は嫌でも気にする必要があるためです。

そういった意味でもOB訪問で「なぜ多数ある同業から今働いている会社を選んだのですか?」といった質問に対する答えは、一番の情報源になります。

ネットや書籍で業界内の特別なポジションであったり、社風・企業理念を知ることには限界があります。ぜひチャンスを自ら作り、積極的に活動していただければ幸いです。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
58,792枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録