unistyle

MENU

更新情報2020/02/05(水)内容を更新しました!

【例文付】自己PRで「真面目」を伝える時のポイント。言い換え表現も紹介

【例文付】自己PRで「真面目」を伝える時のポイント。言い換え表現も紹介

最終更新日:2020年02月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRで"真面目"という強みをアピールしている就活生も少なくないと思います。

真面目に一生懸命働いてくれる人材は企業にとって必要であるため評価されやすいですが、抽象的な言葉であるため正しく伝わらないとマイナスなイメージを持たれてしまう可能性もあります。

ではどのように伝えれば良いのでしょうか。

そこで本記事では自己PRで"真面目"をアピールする際のコツや言い換えの言葉を例をもとに紹介していきます。

自己PRで"真面目"をアピールする書き方のポイント

自己PRで真面目をアピールする書き方のポイント自己PRで真面目さをアピールする際は以下のポイントを意識してください。

  • 具体的な言葉に言い換える
  • 根拠となる具体的なエピソードを伝える
  • 真面目という強みを企業でどう活かすかを伝える

以下でそれぞれについて解説します。

具体的な言葉に言い換える

"真面目"という言葉はやや抽象的な言葉であり、自分が伝えたい意味と相手の受け取りに齟齬が生まれてしまう可能性があります。

真面目という言葉だけでは「何事も真剣に取り組む人」という印象もあれば、「頑固な人」という印象を持つ人もいると思います。

そういった認識のズレをなくすためにも、もっと具体的な言葉に言い換えて伝える必要があります。

例えば、「私は一度自分で決めたことは最後までやり抜くことができます。」などとアピールする方が、企業側にもあなたの人柄や強みをより具体的に伝えることができます。

企業は自己PRを通して「自社の求める強み・能力を持っているか」「キャラクターが自社にマッチしているか」を知りたいと思っているため、より深くあなたの人柄を知ってもらうためにも具体的にアピールするようにしましょう。

自己PRとは何なのかについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。自己PRでアピールすべき強みや企業が聞く意図など、自己PRの基礎を学ぶことができます。

参考:【就活】受かる自己PRとは?書き方・例文・面接などのポイントを伝授!   

根拠となる具体的なエピソードを伝える

先程も述べましたが、"真面目"という言葉は抽象的であるためその言葉だけではいまいちあなたがどんな人なのか伝わりません。

そのため、自己PRで"真面目"をアピールする際はしっかりと具体的なエピソードを伝えるようにしましょう。

具体的なエピソードを書く際は以下の4点を意識して考えると、説得力の自己PRを作成することができます。

  • 強みを発揮した場面
  • 課題
  • 課題を克服するためにとった行動
  • 結果

真面目という強みを企業でどう活かすかを伝える

自己PRで"真面目"をアピールする際はその強みを仕事でどう活かせるかを伝えることが非常に大切です。

どの企業も入社後に自社に貢献してくれる人材を採用したいと考えているため、その強みが会社でも活かせるものかどうかをチェックしています。

そのため、「真面目という強みを活かして貴社でも〇〇に貢献できると思います。」と自分の強みを入社後どのような場面でどう活かせるかについても伝えるようにしましょう。

しかしあなたが持っている強みが志望企業で求められていないものであったら、せっかくの自己PRが台無しになってしまいます。

そうならないためにも、事前に「志望企業が求めている人材はどのような人材なのか、自分の強みの中で志望企業に貢献できる強みは何なのか」を企業研究を通してしっかりと把握しておくようにしましょう。

企業研究について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【企業研究のやり方を徹底解説】就活を効率的に進めるための方法とは?

自己PRで"真面目"をアピールする言い換え例

真面目の言い換え 自己PR物事は表裏一体であり"真面目"という強みを聞いて、「頑固」や「融通がきかない」というイメージを持ってしまう人もいるかもしれません。

そのため"真面目"という強みを他の言葉に置き換えてアピールするのも一つの手であると言えます。

以下のような表現に変えてアピールしてみるのも良いかもしれません。

真面目の言い換え例

●几帳面

●責任感がある

●熱心

●一生懸命

●正直

●手抜きをしない

●信頼できる

上記のように"真面目"さをアピールできる言葉は色々あります。

どの言葉が自分の強みに合うのかを考え、自分を一番良くアピールできる言葉を選んでみてください。

自己PRで"真面目"をアピールする際のNG例

自己PRで真面目をアピールするNG例以下は自己PRで"真面目"をアピールしているNG例です。

私の強みは真面目なところです。「何事にも真面目に取り組む」というモットーのもと様々なことに挑戦してきました。この強みにより、これまで遭遇してきた課題を解決し続けることができました。この強みを活かして、貴社に入社後は任された仕事に対して一生懸命取り組み、貢献していきたいと思います。

この自己PRではどのように真面目なのかが全く伝わってきません。理由としては具体的なエピソードがないからです。

上述していますが、"真面目"とは抽象的な言葉であるため「なぜ真面目と言えるのか」という具体的なエピソードを述べる必要があります。

そのためこの自己PRの場合であれば、「課題に遭遇しても解決することができました。」という部分で、具体的に「どのような課題に遭遇したのか、またそれはどうやって解決したのか」について書けると良いでしょう。

続いては大手企業内定者の"真面目"をアピールしている回答例を紹介します。どのようなエピソードが評価されているのか参考にしてみてください。

大手企業内定者の"真面目"を強みとした自己PRを回答例

大手企業内定者の自己PR回答例 真面目以下で大手企業内定者の自己PRの回答を紹介します。

それぞれ"真面目"をアピールしている回答となっているので、自己PRで"真面目"をアピールしようと思っている方は参考にしてみてください。

ボストン コンサルティング グループ内定者の"真面目"を強みとした自己PR

ボストン コンサルティング グループの内定者の回答例

あなたの一番大事にしていることは何ですか?(200文字以内)

「掲げた目標への努力は惜しまないこと」である。
私はこの信条を体現するため、幾度となく挑戦を重ねてきた。
高校時代、私は明治大学付属高校に入学した。しかし、野球応援でライバルの早稲田大学に憧れを持ち、高校でただ一人、付属推薦を放棄して受験する道を選んだ。大学時代は「早稲田で最も有名になる」という目標を掲げ、早稲田大学三大行事に全力で打ち込む。
結果、社会科学部代表として講堂に登壇させてもらう事ができた。

引用:ボストン コンサルティング グループの内定者ES

双日内定者の"真面目"を強みとした自己PR

双日内定者の回答例 自己PR

人生で最大の困難や挫折は何でしたか。あなたはそれに直面した時何を思いましたか。 また、それをどう乗り越えましたか。(400字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38394枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ベイン・アンド・カンパニー内定者の"真面目"を強みとした自己PR

ベイン・アンド・カンパニー内定者ESの回答例 自己PR

あなたがご自身の強みを生かして問題を解決し、成果を出された経験を説明してください。(200文字以下)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38394枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

自己PRでは他の言葉に言い換えてアピールするのも有りここまでで自己PRで"真面目"をアピールするためのコツや書き方について紹介してきました。

先述の通り、"真面目"という言葉は抽象的であるため、受け取り方によっては短所に聞こえてしまうこともあります。

そうならないためにも具体的なエピソードを交えて話したり、他の言葉に言い換えてアピールするなど、自分をより良くアピールできる言葉は何か考えてみてください。

【関連記事】
ガクチカの書き方について知りたい方はこちら
志望動機の書き方について知りたい方はこちら

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
38,394枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録