unistyle

MENU

更新情報2019/11/27(水)内容を更新しました!

【就活】志望動機とは?受かるために抑えておきたいポイントを基礎から解説

566 views

【就活】志望動機とは?受かるために抑えておきたいポイントを基礎から解説

最終更新日:2019年11月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ESや面接でよく聞かれる「志望動機」ですが、「どう書けば良いのか分からない」「上手く伝えられない」という悩みをよく聞きます。

そこで本記事では、志望動機とは・企業が志望動機をなぜ聞くのかなど、志望動機に関する基本的な情報をお伝えします。

志望動機とは

志望動機とはなぜその企業を志望するのか、その理由
志望動機とは「なぜその企業を志望しているのか」、その理由を指します。そのため志望動機では、応募した企業でなぜ働きたいのかを伝える必要があります。

企業の人事は応募者から志望動機を聞き確認することによって、自社への理解度や入社意欲の高さを見極めたいと思っています。

人事がこの応募者と一緒に働きたいと思うような志望動機を伝えられるように準備をしましょう。

志望動機を企業が聞く意図

企業が志望動機を聞く意図
企業が志望動機を聞く理由として大きく2つが挙げられます。

  • 志望度の高さを知りたい
  • 社風やビジョンとマッチするかを知りたい

志望度を知りたい

1つ目の理由は、学生の志望度の高さを把握するためです。

どんなに優秀な人材であったとしても、実際に入社してくれなければ意味がありません。企業側からすると、採用活動にかけた時間と労力が無駄になってしまいます。そこで企業は就活生が「内定を出したら本当に来てくれるのか」を知るために、志望動機を聞いてきます。

時には「この企業でなければならない理由」を話させるために、他の業界・企業との比較をさせることもあります。また時には、「キャリアに対するミスマッチがないか」を確認するために、入社後にやってみたい仕事について聞いてくることもあります。

同じスキルを持つ就活生が2人いたら面接官は、自然と熱意や意欲のある人に「一緒に働きたい」と感じるでしょう。また熱意や意欲のある人であれば、入社後も仕事に前向きに取り組んでくれそう、長く働いてくれそうという印象を与えることが出来ると考えられます。

社風やビジョンとマッチするかを知りたい

2つ目の理由は、自社の業務に対する学生の適性を知るためです。

就活生の志望度がいくら高くとも、会社が目指すビジョンと就活生が目指すところが異なっていた場合、入社後にミスマッチを感じてしまい、早期退職になってしまう可能性があります。

それを防ぐために人事は、企業に興味を持つきっかけとなった経験や志望動機の背景にある企業選びの軸が、自社の働き方に合ったものであるのかを確認して学生が「長く会社で働いてくれるか・入社後に活躍することができるのか」を見極めています。

例えば「個人成績が明確に出るスポーツの世界で切磋琢磨してきたので個人に成果が紐づく働き方をしたい」という志望動機からは、個人として成果を挙げることが強く求められる証券会社の営業職への適性が感じられます。

志望動機で企業にアピールすべきポイント

志望動機で企業にアピールすべきポイント
志望動機で企業にアピールすべきポイントをここから解説していきます。解説していくにあたり、皆さんに理解していただきたいのが、ここからの解説は「企業選びの軸があって成り立つ」ということです。

企業選びの軸について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

unistyleが提唱している就活の流れとして、”自己分析を行い企業選びの軸を見つけた後に選考を受ける業界・企業を選んでいく”というものがあります。

そして理想の志望動機というのは具体的に言うと、「価値観や考え方が企業と合っていること」や「将来のビジョンが企業のビジョンに合っていること」が含まれていることがあります。

上記を踏まえた上で、志望動機を伝える際企業にアピールすべきポイントは以下の4つです。

  • 将来の目標を伝える
  • なぜその業界なのか
  • 業界内でもなぜその企業なのか
  • どのようなことで企業に貢献できるのか

将来の目標を伝える

企業が志望動機を聞く意図をお伝えした際「社風やビジョンとマッチするかを知りたい」と述べたように、社風はもちろん企業のビジョンと就活生の目指す将来像が一致していることは働いていく上で、大切な要素になります。

将来どんな目標を持っているかを伝えることで、企業は長く頑張ってくれそうだなという印象を持つでしょう。その中で目標に向かってこのように努力していきたいと話すことができれば、きちんと計画性のある学生だと評価されるとも考えられます。立てた目標が会社のビジョンや方針とマッチしているとより良いでしょう。

なぜその業界なのか

まず始めに、なぜその業界かを選んだのかをアピールすることが重要になります。数多くある業界の中からなぜこの業界を選んだのか、なぜこの業界でなければいけなかったのかを伝えましょう。

実際に伝える際には、将来の目標から逆算した理由や過去の経験から繋がる理由を述べましょう。

しかし、この理由を述べる際に、注意しなければならない場合がります。それは面接等で「その理由は他の業界でも当てはまるんじゃない?」と聞かれる場合です。

実際にこの質問をされて答えに詰まってしまった経験がある就活生もいるのではないでしょうか。また、就活生の中には、どの業界にも同じ理由が当てはまるように感じる人もいると思います。

それは間違いではありません。なぜなら企業選びの軸を決めてから業界や企業を選んでいるため、同じになるようになっています。

そしてその質問をしている人事も、就活生が述べているこの業界を選んだ理由が、他の業界に当てはまることも理解しています。そのためこのような質問をされた場合には軸に沿って選んでいるとしっかりと伝えましょう。

もちろん業界が異なれば仕事内容は全く異なるものになります。そのため業界特有の職種や仕事内容などに焦点を当てて志望動機を伝えることや、業界の特徴を踏まえて志望度を語ることで、業界研究がきちんとできているということが伝えられ、志望度の高さやしっかり研究していることを人事に評価してもらえるでしょう。

業界内でもなぜその企業なのか

業界を志望しているアピールができたらそこから掘り下げて、業界内でもなぜその企業を志望するのかを伝えていきましょう。

業界内に企業が数多くある中で、なぜ別の企業ではなくその企業を志望するのか、他の企業だとなぜダメなのかを伝える必要があります。

同じ業界であれば仕事内容が類似している場合も多くあります。そのため差別化がしっかりとできていなければ、他の企業でも良いのではないかと人事から思われてしまうこともあるでしょう。また良い評価につながらないことも考えられます。

「この企業だから志望している」ということが伝わるように、その企業ならではの特徴や強み踏まえて志望動機を伝えましょう。企業HPや採用サイト、求人情報などを見れば、企業が大事にしている理念・社風が記載されています。

理念・社風はその企業ならではのポイントになるので、それらを軸に志望動機を考えるのも良いかもしれません。

どのようなことで貢献できるのか

業界を志望している理由、その業界の中でもその企業を志望している理由を明確に伝えられれば説得力は増します。同時に熱意や志望度の高さも評価されると考えられます。

しかしそれだけでは志望動機としては不十分です。仕事に対する熱意ややる気があることは大切なことですが、気持ちだけで仕事を進められるほどビジネスは簡単なものではありません。今後更に成長していきたい、事業を発展させていきたいと考える企業の気持ちを考えると、入社後企業に貢献する働きができるかどうかも評価の大事なポイントになるでしょう。

そのため入社後に企業でいかに活躍できるか、企業に貢献できるかをアピールすることも重要なので、自分にはどんな能力があり、それが仕事でどのように活かすことが出来るのかを具体的に述べ、「自分は企業に必要な人間である」ということをアピールしましょう。

最後に

志望動機とはのまとめ
志望動機の基本から企業が志望動機を聞く意図等基本的な部分を本記事ではまとめてきました。

どんなことを企業が望んでいるのかを知るだけでも、志望動機をイメージしやすく、書きやすくなったのではないでしょうか。

次の記事ではこれらを踏まえた上で、選考に通過するためのESの志望動機の書き方を紹介していきます。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
37,187枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録