unistyle

MENU

更新情報2020/01/14(火)内容を更新しました!

【ノート例有】業界研究ノートとは?作り方や必須項目をわかりやすく解説

【ノート例有】業界研究ノートとは?作り方や必須項目をわかりやすく解説

最終更新日:2020年01月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

業界研究を行う際、「業界研究ノート」というものを作成する就活生の方は少なくありません。

ただ、業界研究ノートといっても具体的に何を書けば良いのかわからない方もいるのではないでしょうか。

そんな方に向け、本記事では業界研究ノートに書くべき項目や、そもそもなぜノートを作る必要があるのかをわかりやすく解説していきます。

業界研究ノートとは

業界研究ノートとは業界研究ノートとは、業界について調べて得た情報をまとめたノートを指します。

情報をノートにまとめておくことで後から見返すこともでき、就職活動に大きく役立てることができます。

業界研究ノートには様々なタイプのものがありますが、就活生にオススメなのは業界を細分化してノートを作成することです。

例えば、自動車業界であれば「自動車業界」という広い括りではなく、「自動車部品メーカー」「完成車メーカー」「自動車販売会社」などと、業界の中でも細かく分類してノートを作成するというものが挙げられます。このようにノートを作成することで業界の全体的な構図を知ることができ、よりわかりやすい業界研究ノートを作成することができます。

業界研究ノートを作る目的

業界研究ノートを作る目的

【最新版】業界研究のやり方やポイントをわかりやすく徹底解説!でも述べていますが、業界研究ノートを作る目的は下記の3点になります。

  • 業界や企業の理解を深め、自分の言葉でアウトプットできるようにするため
  • 評価される志望動機を作るため
  • 評価される自己PRを作るため

以下でそれぞれについて解説します。

業界や企業の理解を深め、自分の言葉でアウトプットできるようにするため

ES・面接にて志望動機などを語る際は自分の言葉でアウトプットする必要があります。

つまりネットなどで得た情報をそのまま覚えるだけではなく、一旦自分の中に落とし込むことが大切となります。

その際に活用できるのが業界研究ノートになります。

各業界の仕事内容や特徴などをノートにまとめ、それを自分の言葉で説明できるようにします。そうすることで質の高い業界研究を行えているという印象をつけることができます。

評価される志望動機を作るため

評価される志望動機を作るためには業界研究は必須となります。

志望動機は志望度をアピールするものであるため、理解が浅いと「この就活生は本当にうちを志望しているのかな?」と採用担当に不信感を持たれてしまう可能性があります。

そうならないためにも業界研究ノートを活用しましょう。

業界研究ノートにその業界や関連業界についてまとめておくことによって、他の業界や企業と比較しながら志望理由を述べることができるため、信憑性の高い志望動機を作ることができます。

志望動機の書き方

評価される自己PRを作るため

業界研究では、業界や企業などの情報を得た上で自分に合っているかを確認することが大切です。

「自分に合っている=その企業で求められている素養が自分にある」ということになります。

自己PRとは端的に言うとあなたの強みを伝える質問形態であり、裏付けとして自身の生い立ちや具体的なエピソードを用いて説得力を高めていく必要があります。

つまりこの「業界で求められる素養」と「あなたの強み」の合致を伝えることが、効果的な自己PRを作る上で重要となります。

自己PRの書き方

業界研究ノートの作り方

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48821枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

業界研究ノートの必須項目

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48821枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

業界研究ノートを作る際のポイント

業界研究ノートを作る際のポイント業界研究ノートを作成する際のポイントは「情報を常に更新する」ということです。

業界や企業は常に変化していくものであるため、古い情報だとせっかく収集しても無意味になってしまいます。

そのためニュースや新聞などを定期的にチェックし、常に業界や企業の動向にアンテナを張っておくようにしましょう。

最後に

業界研究ノートのまとめ本記事では業界研究ノートについて解説してきました。

ノートを作成することでいつでも見返すことができ、面接やESでの志望動機や自己PRに活用することもできます。

そのため、本記事で紹介した図のようなノートを作成し、効率的な業界研究を行ってみてください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
48,821枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録