unistyle

MENU

更新情報2019/08/16(金)内容を更新しました!

ガクチカの書き方を徹底解剖|内定者ESから分かるガクチカ作成の秘訣とは

15127 views

    ガクチカの書き方を徹底解剖|内定者ESから分かるガクチカ作成の秘訣とは

    掲載開始日:2018年11月22日
    最終更新日:2019年08月16日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    この記事では、どのような「ガクチカ」が選考において評価されるかについて、内定者の実際のESを基に考えていきたいと思います。

    「ガクチカ」は「学生時代に最も力を入れたこと」、「これまでに意欲を持って取り組んできたこと」等、言い方は違えど選考のあらゆる場面で問われます。評価される「ガクチカ」を作成することが、選考通過、ひいては内定獲得に繋がるといっても過言ではありません。

    前述したように、今回はガクチカの評価基準やフレームワークについて簡単に解説した後、実際のESを基にガクチカの書き方を見ていきます。

    評価されるガクチカを作成するためには、兎にも角にもまず書いてみないと始まりません。なかなかガクチカが書けないという方は、内定者のESを参考にイメージを膨らませて見てください。

    「ガクチカ」の評価基準とは?

    「ガクチカ」を作成するにあたり、意識すべきは”企業の採用担当者の評価基準”といえます。評価基準を知らない限り、いつまで立ってもあなたのガクチカが評価されることはないでしょう。まずは、相手を知ることが重要です。

    unistyleでは、以下に示す3点がガクチカの評価基準であると考えています。

    • ①実績自体のインパクトがどれだけあるか
    • ②書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか
    • ③企業で活かせる学びを得ているか

    ①実績自体のインパクトがどれだけあるか

    どんな経験をしたのか、そのインパクトそのもの評価基準の1つといえます。多くの学生がこのポイントを意識した上でガクチカ作成を行うことができています。

    その一方で、実績の大小に拘泥するあまりガクチカを作成出来ないという学生も散見されます。実績のインパクトはあくまで評価基準の1つに過ぎないため、大した実績がないという方はここにこだわりすぎる必要はありません。自身のこれまでの経験の中で特筆できるものを選び、以下2つの評価基準をより意識しましょう。

    ②書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか

    ここは評価基準の中でも最も重要な部分となります。あなたがどのような経験をしてきたのかその伝え方にも注意を払う必要があります。

    経験を通して、あなたが何を考え、どのように行動したのかをあなた自身の人柄を踏まえた上で伝える必要があります。

    伝え方については以下で示すフレームワークを参考にしてください。

    ③企業で活かせる学びを得ているか

    経験を通して得た学びが入社後も役立つものであるかが見られています。これは”再現性”とも呼ばれます。

    あなたの強みや学びが一過性のものではなく、その後も継続的に活かすことができるということを示す必要があります。

    上記3点の評価基準を踏まえた上で、どのようにガクチカを作ればよいのか、そのフレームワークについて以下で解説します。

    論理的な「ガクチカ」のフレームワーク

    unistyleの提示する「ガクチカ」のフレームワークは以下の通りです。

    このフレームワークは前述した評価基準を意識したものとなっています。それぞれのポイント詳細については以下の記事をご覧ください。

    参考:【完全ガイド】評価されるガクチカ(学生時代頑張ったこと)の書き方|例文付
    →本記事では、評価される学生時代頑張ったことの書き方はもちろん、面接にどう繋げるか・内定者の回答例・エピソードが浮かばないときの対処法など、学生時代頑張ったことを書くうえでの全体像を知ることができます。

    どのようなエピソードを「ガクチカ」に書くべきか?

    unistyleでは、以下の5つを企業にアピールすべき強みと考えており、ガクチカでもこれらを意識したエピソードをチョイスすべきだと考えます。

    • 1.個人として努力し、成果をあげることができる
    • 2.関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる
    • 3.リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる
    • 4.価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる
    • 5.今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる

      【参考】ES・面接で使える自己PRの書き方|大手企業内定者の例文15選付き

    また、上記の強みを踏まえた上で、あなた自身が集団で取り組んだ経験について書くことができると良いでしょう。

    どんな仕事であれ、自分一人で完結する仕事などありません。組織においてあなたがどのような働きをする人物であるのか、またそれは入社後も活きるものであるかについて企業は知りたがっていると言えるでしょう。

    内定者の回答5選

    ここでは、字数制限が200〜600字のESを参考に見ていきます。

    字数制限によって、ガクチカのどこに重きを置いて書くべきかは異なります。内容の濃淡をどのように変えれば良いのかにも注意を払いながら見ていきましょう。

    JT(日本たばこ産業)内定者の回答(200字)

    あなたが学業以外に、最も力を入れたことは何ですか?取り組み内容とその成果について教えてください。(200字以内)

    所属するサークルで、途中で退部する部員の減少を目的に、大学の学園祭模擬店出店を発案・企画した。出店に反対する部員もいたが、相手の懸念事項を理解し、自分の行動によってひとつずつ解決することで説得した。また出店の際に3つの部門を設け、参加者がどれか1つの部門に所属する仕組みを構築することで、全員が「当事者意識」を持ち、継続して活動ができるようにした。結果、出店は成功を収め、退部者も減らすことができた。

    参考:JT(日本たばこ産業)内定者ES

    「所属するサークルで模擬店出店に尽力した経験」について書かれています。言ってしまえば内容自体はありがちなものですが、要点を押さえて書かれており簡潔明快なガクチカとなっています。

    このガクチカからも分かるように、実績のインパクトに関しては必ずしも必要であるという訳ではありません。勿論、インパクトのあるガクチカの方が採用担当者の目には止まりやすいでしょう。しかしながら、インパクトがなければ落とされるというものでもありません。特筆できる経験がないとしても、文章の構成や伝え方で充分に逆転は可能です。

    また、この設問は字数指定が200字と非常にタイトであるため、何を書いて何を書かないかという取捨選択が非常に重要となります。このガクチカを上記のフレームワークに当てはめると以下のようになります。

    • ①結論:大学の学園祭模擬店出店を発案・企画。
    • ②動機:なし
    • ③目標と困難:退部する部員の減少を目的。出店に反対する部員の説得。
    • ④取組みと結果:仕組みを構築し全員に当事者意識。結果出店は成功、退部者も減少。
    • ⑤人柄:なし
    • ⑥学び:なし

    このESでは、エピソードの核となる①結論、③目標と困難、④取組みと結果について重点的に書かれています。これは、出題者の意図をよく汲み取って書くことが出来ているといえるでしょう。

    ここでは、そもそもなぜ200字という非常にタイトな字数制限をしているのかについて考える必要があります。おそらく企業側の意図としては面接に臨むにあたって、その学生のエピソードの大枠を知っておきたいということが考えられます。

    つまり、ESでエピソードの大枠を聞いておいて、面接ではその詳細について深掘りするという意図が企業側にはあるわけです。その意図を踏まえた上で回答していくことが求められます。

    その点において、このESは相手の意図をよく汲み取ったものとなっています。あえて自分の想いや考えといった内面については記述せずにエピソードの概観を伝えることに終始しています。

    もっとも、欲を言うならば⑥学びについては記述しておきたいところです。上記のガクチカの評価基準でも指摘したように、再現性をアピールするためにその経験から何を学び、それを次にどう活かせるかを示しましょう。

    PwCコンサルティング合同会社内定者の回答(300字)

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    三菱商事内定者の回答(400字)

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    キリン内定者の回答(500字)

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    日本銀行内定者の回答(600字)

    このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
    また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
    (無料会員登録はこちら)

    最後に

    本記事ではガクチカの評価ポイントと書き方について見てきました。また、併せて内定者のESを参考に評価されるガクチカとはどのようなものなのかについても考えてきました。

    企業に評価されるガクチカを作成することはそう難しいものではありません。

    まずはご自身でガクチカを作成し、身近な先輩や社会人に添削してもらうのも一つの手です。自分一人で考え込むのではなく、周囲を上手く利用しながら就職活動を乗り切りましょう。

    unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
    ・公式Twitterアカウント
    ・公式Facebookアカウント

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    33,516枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録