unistyle

MENU

更新情報2021/04/15(木)内容を更新しました!

【新卒】自己PRとは?意味・強みの種類・自己紹介やガクチカとの違いを解説

【新卒】自己PRとは?意味・強みの種類・自己紹介やガクチカとの違いを解説

最終更新日:2021年04月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRは面接、ESで必ず聞かれるといっても過言ではない質問です。

選考官から高い評価を得れる自己PRを作成するためには、企業が自己PRを聞く意図や自己PRをする際の注意点を知っておく必要があります。

そこで本記事では、企業が自己PRを聞く意図や企業が求めている人材像を知る方法など、自己PRの基本知識について解説していきます。

自己PRの意味とは

自己PRの意味とは

自己PRを簡潔に説明すると、"企業に自分自身をアピールする"ことです。

限られた時間の中で、自分の強みやその強みを活かしてどのように企業に貢献するかをアピールし、企業に必要な人材だと思ってもらえるように自分を売り込むことが自己PRでは求められます。

就活生の中には「ただ単に自分の強みをアピールすれば良い」と思っている人もいるかもしれませんが、現実はそうではなく、企業が求めている人材像に沿った強みをアピールする必要があります。

しかし、就活において自己PRは重要なウェイトを占めている一方、実際には「どのようにアピールすれば良いかわからない…」と悩んでいる人も少なくないと思います。

評価される自己PRを書くには、まずは「企業はなぜ自己PRを聞くのか」について知る必要があります。そこで続いては"企業が自己PRを聞く意図・自己PRの評価基準"について解説していきたいと思います。

企業が自己PRを聞く意図・自己PRの評価基準とは

企業が自己PRを聞く意図・自己PRの評価基準

企業に評価される自己PRを考える際には、まず企業側が自己PRを問う理由からアプローチしてみると分かりやすいでしょう。

企業が自己PRを聞く意図とは

企業が就活生に対して自己PRを聞く理由は以下の2点に大別されると考えられます。

  • 就活生の強み・能力を知るため
  • 就活生の人柄を判断するため

この2点について以下で詳しく説明します。

就活生の強み・能力を知るため

企業は営利組織である以上、当然ながらに利益を生み出す必要があります。利益を生み出すためには、そこで働く社員が企業に利益をもたらす必要があります。

つまり、採用する社員を決める際には「その就活生が入社した際に企業にプラスの利益をもたらすことができる人物かどうか」を企業は見ています。言い換えると、"入社後に活躍してくれる人材かどうか"を見極めているということです。

そのため、自身の強みををアピールするに際は単に強みをを伝えるのではなく、企業が求めている強みを意識してアピールすることが大切と言えます。

就活生の人柄を判断するため

当然ですが、企業は能力だけでなく人柄も含めて採用を行っています。

そのため、自己PRに関する質問を通じ、その就活生の強みに加えて「その強みを培った経験」を聞く場合が多いと言われています。そういった質問を通じ、「この人は〇〇な性質を持っている」などとその人の人柄を導き出します。

つまり、自己PRからその人の物事へ取り組む姿勢を見ることができるということです。そしてその導き出された人柄と自社の社風などがマッチしているかを判断し、採用するか否かを決めていると言えるでしょう。

自己PRの評価基準とは

上記で紹介した「企業が自己PRを聞く意図」を踏まえると、自己PRの評価基準は以下の2つに大別されます。

  • 就活生が企業の求める強み・能力を持っているか
  • 就活生のキャラクターが企業にマッチしているか

上述しましたが、そもそも企業が採用活動を多額のコストをかけて行う理由は、「企業の利益に貢献してくれる人材を獲得する」ためであり、採用基準として自社の求める素養を持ち合わせているかどうかを確認するのは言うまでもありません。

また、会社という組織で働く以上、完全に一人で独立して働くということは考えられず、周囲の仲間と協力して働くこととなります。そのため、自己PRから伺えるその就活生のキャラクターが、自社の社風にマッチするかどうかも重要な評価基準といえるでしょう。

ここまでで、選考において自己PRを聞かれる理由は理解していただけたかと思います。

そこで続いては、自己PRと混合されやすい"自己紹介・ガクチカ(学生時代力を入れたこと)との違い"について説明していきます。

自己PRと自己紹介の違いとは

自己PRと自己紹介の違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

自己PRとガクチカ(学生時代力を入れたこと)の違いとは

自己PRとガクチカ(学生時代力を入れたこと)の違い

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は59787枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

自己PRでアピールすべき強みの種類とは

自己PRでアピールすべき強みの種類

ここまで読んでいただけた就活生であれば、自己PRの大枠は理解してもらえたと思います。

自己PRについての理解が深まったのであれば、続いてやるべきことは「自己PRでアピールすべき強みを見つけること」です。

そこで本記事では、unistyleに掲載されている大手企業内定者のESを基に「過去の就活生が自己PRでアピールしていた強み」を19個ピックアップしてみました。

もちろん、下記に掲載している強みの中から必ず選択しなければならないという訳ではありませんが、どんな強みをアピールしようか悩んでいる方は参考にしてもらえればと思います。

  • 協調性
  • 責任感
  • 継続力
  • 真面目さ
  • コミュニケーション力
  • 行動力
  • 柔軟性
  • 負けず嫌い
  • 積極性
  • 素直さ
  • 信頼関係構築力
  • リーダーシップ
  • 向上心
  • 忍耐力
  • チャレンジ精神
  • 気配り
  • 粘り強さ
  • 好奇心旺盛
  • 計画性

上記に掲載した19個の強みですが、アピールすべき強みが見つかった方の中には「自分と同じ強みをアピールした内定者の例文が見たい!」「より魅力的にアピールする方法が知りたい!」などと思う方もいるのではないでしょうか?

そんな方に向け、以下の記事では各強みに特化したアピール方法・大手企業内定者の例文をまとめて掲載しています。本記事とあわせてご確認ください。

自己PRは企業の求める人材像に沿ってアピールしよう

自己PRは企業の求める人材像に沿ってアピールしよう

上記で「自己PRの際に用いられる19個の強み」を紹介しました。しかし、自己PRをする際に必ず念頭に置いて欲しいのは"志望企業が求めている強みをアピールすること"です。

仮にいくら素晴らしい強み・エピソードを持っていたとしても、その強みを企業が求めていなければ高い評価を得ることは難しいでしょう。反対に、多少ありきたりな強み・エピソードをアピールしたとしても、それが企業の求めている素養であれば自ずと評価はされるはずです。

では、実際にどのようして企業の求める人物像を把握すればいいのでしょうか?

unistyleでは、企業の求める人物像を把握するための方法として以下の2点が挙げられると考えています。

  • 企業の採用HPから把握する
  • ESの設問内容から読み解く

 企業の採用HPから把握する 

多くの企業が自社の採用HPに求める人材像を明記しています。そのため、採用HPを見ることで「その企業がどのような人材を求めているか」を知ることができます。

もっとも単純且つオーソドックスな方法になりますが、各社の採用HPは必ずチェックしておきましょう。

また、求める人物像は年度によって変更される場合が往々にしてあります。採用HPから求める人物像を把握する際には、必ず最新年度の情報を参考にするようにしましょう。

ESの設問内容から読み解く

こちらは少し意外な方法に感じる就活生もいるかもしれませんが、ESの設問内容を見ることでも企業の求める人物像を読み解くことができます。

ESの設問内容が企業によって異なることは皆さんご存知かと思いますが、その理由は"各社のES設問にはそれぞれ出題意図があるため"です。つまり、その意図を読み解くことでその企業がどんな人材を求めているのかを知ることができます。

例えば、A社のES設問に「チームワークを発揮した経験を教えてください」という設問があったとします。この場合、企業はこの設問を通じて「就活生に協調性があるかどうかを見極めたい」という意図があるのではと考えられます。

言い換えれば、A社は「協調性がある人材を求めている」と読み解くことができると言えるでしょう。

上記は一例になりますが、このように一つ一つのES設問を読み解くことで、その企業が求めている人材像を導き出すことができるようになります。ESを作成する際には、こういった設問の意図を意識して回答するように心掛けてみてください。

最後に

本記事では、企業が自己PRを聞く意図・自己PRと自己紹介の違いなど、自己PRにおける基本的な要素について紹介してきました。

これまでに説明してきた通り、自己PRという質問には企業側の様々な意図があり、就活生はそれらを正しく認識した上で適切に自身の強みをアピールする必要があります。

自身の志望企業の求めている人材像を適切に把握し、より魅力的な自己PRを目指していただければと思います。

本記事を通じて自己PRの基本については理解していただけたかと思いますので、続いては自身が自己PRすべき強みを見つけましょう。

以下の記事にて「自己PRすべき強みの見つけ方」を解説していますので、こちらもあわせてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
59,787枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録