unistyle

MENU

更新情報2020/02/05(水)内容を更新しました!

【就活】受かる自己PRとは?書き方・例文・面接などのポイントを伝授!

【就活】受かる自己PRとは?書き方・例文・面接などのポイントを伝授!

最終更新日:2020年02月05日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自己PRは面接、ESで必ず聞かれる質問です。

良い評価を得ることができる自己PRを作成するためには、企業が自己PRを聞く意図や自己PRをする際の注意点を知っておく必要があります。

そこで本記事では企業が自己PRを聞く意図や、企業が求めている人材像を知る方法などについて解説していきます。

自己PRとは

自己PRとは企業に自分をアピールすること自己PRとは、企業に自分をアピールすることです。

短い時間で自分の長所や、その長所を活かしどのように企業に貢献するかをアピールし、企業に必要な人材だと思ってもらえるように自分を売り込むことが自己PRでは求められます。

就活生の中にはただ自分の長所をアピールすれば良いと思っている人もいるかもしれませんが、そうではなく、企業が求めている人材像に沿った長所をアピールしなければいけません。

就活において自己PRは非常に重要なウェイトを占めていますが、実際就活生の中には「どのように書けば良いかわからない」と思っている人も少なく無いと思います。

評価される自己PRを書くためにも、まずは企業はなぜ自己PRを聞くのかについて知る必要があります。そこで以下では、企業が自己PRを聞く意図について解説していきたいと思います。

自己PRを聞く意図とは

企業が自己PRを聞く意図上述したように企業に評価される自己PRを考える際には、まず企業側が自己PRを問う理由からアプローチしてみると分かりやすいでしょう。

企業が学生に対して自己PRを尋ねる理由は以下の2点と考えられます。

  • 自社の求める長所・能力があるかを知るため
  • 人柄を判断するため

この2点について以下で詳しく説明します。

自社の求める長所・能力があるかを知るため

当然ながら、企業は利益を生み出さなければなりません。そのためには、そこで働く社員が企業に利益をもたらす必要があります。

つまり、あなた自身が入社した際にその企業にプラスをもたらすことができる人物かどうかを企業は見ています。言い換えると、企業は入社後に活躍してくれる人材かどうかを見極めているということです。

そのため、自分の長所をアピールする際はただ長所を伝えるのではなく、企業が求めている長所を意識してアピールすることが大切です。

人柄を判断するため

企業は能力だけでなく、人柄も含めて採用を行っています。

そのため自己PRを通してその人の長所だけでなく、その長所を培った経験を聞きます。その経験から、企業は「この人は〇〇な性質を持っている」などとその人の人柄を導き出します。

つまり、自己PRからその人の物事へ取り組む姿勢を見ることができるということです。

そしてその導き出された人柄と自社がマッチしているかを判断し、採用するかしないかを決めていると言えます。

ここまでで自己PRがどんなものかについては理解できたと思います。

面接では自己PRとは別に自己紹介を求められる場合があります。その際に自己PRと自己紹介の違いについて理解できていないと企業の求めている回答をすることができません。

自己PRと自己紹介の違いとは

自己PRと自己紹介の違い自己PRと自己紹介の違いについて、なんとなくはわかるけどはっきりとはわからないというような就活生も中にはいると思います。

自己PRと自己紹介は全くの別物となるため、企業はそれぞれに別の内容を求めています。

面接官から良い評価を得るためにもそれぞれの違いについて理解しておく必要があるため、以下で詳しく解説していきます。

自己PR

自己PRの目的は企業に自分をアピールすることです。

冒頭でも述べましたが、ただ長所をアピールするのではなく、企業の求める人材像に沿った長所をアピールすることが大切です。

自己紹介

自己紹介の目的は自分という人間に興味を持ってもらうことです。

つまり自己PRのように自分を売り込むのではなく、「自分のことを知ってもらう」というスタンスになるため自分の基本的な情報を答えるようにしましょう。

ここで言う基本的な情報とは「氏名」「学校名・学部・学科」「学年」「趣味」「特技」などのことを指します。

自己紹介をする際は、初対面の人との最初のコミュニケーションになるため、笑顔でハキハキ話すよう心がけましょう。

自己PRで企業にアピールすべき長所とは

企業にアピールすべき長所

ここまででなぜ企業は就活生に自己PRを聞くのかについては理解してもらえたと思います。

続いては、自分の長所をどのようにアピールすれば良いかを解説します。

過去のunistyleの内定者ESをみると自己PRで述べている長所は以下の11個に大別されます。

  • 忍耐力
  • 計画性
  • 主体性
  • 責任感
  • コミュニケーション力
  • リーダーシップ
  • 調整力
  • 協調性
  • 柔軟性
  • 行動力
  • 積極性

下記でそれぞれの長所のアピールの仕方を紹介していきます。

自己PRすべき長所・強み(1):忍耐力・計画性・主体性・責任感

忍耐力・計画性・主体性・責任感という長所のアピールの仕方忍耐力・計画性・主体性・責任感という長所や強みは、「計画を立て個人として努力し、成果を上げることができる」とアピールすることができます。

この能力は仕事において非常に重要な能力です。

特に、証券会社・銀行、食品メーカーの営業、製薬会社のMRなど実績が個人に紐づく業界や企業においてはこの力が強く求められることが多いと言えます。

しかし人気企業の多くでは、個人で成果を出すのは当たり前であり、それに加えチームにどう貢献することができるかといった対人関係を築く能力を重視している場合もあります。

そのため個人で努力した経験だけではなく、人との関わりの中で自分が何をしたかについてアピールするように書きましょう。

自己PRすべき長所・強み(2):コミュニケーション力

コミュニケーション力という長所のアピールの仕方コミュニケーション力という長所は「関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」とアピールすることができます。

この能力も仕事において重要な能力の一つであり、多くの企業で求められています。

例えばコンサルティング業界では、企業の課題や経営者の悩みに向き合う中で難しい壁にぶつかることは予想されます。そういった際に企業が抱えている課題を解決するためにはクライアントとのコミュニケーションが非常に大切になります。

そのため、コンサルティング業界ではこのような長所が求められているということがわかります。

「関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」とは一見難しく聞こえるかもしれませんが、例えば「サークル活動に来るメンバーが減ってしまったが、幹部のメンバーと課題を考え〇〇したところほぼ全員のメンバーが活動に参加してくれた。」

このような経験談でも十分に上記の長所をアピールすることができます。

上記のようなサークルの内部で課題に対し、OB、先輩、同期などとの信頼関係をもとに課題や解決を行った経験などは多くの学生にとって書きやすいのではないでしょうか。

自己PRすべき長所・強み(3):リーダーシップ

リーダーシップという長所のアピールの仕方リーダーシップがあるという長所は「リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」とアピールすることができます。

仕事をする上では、自ら考え主体的に行動するということが非常に重要です。

例えば、外資系投資銀行は「能力主義」という環境であるため若手のうちから主要な業務を任されることが多くあり、どんな企業や人が相手でもリーダーシップを発揮し仕事を進めていかなければなりません。

そのため、自ら主体的に行動して、リーダーとして存在感を発揮するということは仕事をする上で必要な能力であると言えます。

ここで言うリーダーシップとは、必ずしも役職がなければいけないわけではありません。組織やチームのために主体的に行動した経験を語ることによって、役職がなくても十分にリーダーシップをアピールすることは可能です。

例えば、リーダーシップとは決断力や行動力、主体性のことを指します。

一言でリーダーシップと言っても様々な定義があるため、人事からしてもその学生にどのような能力があるかわかりません。

そのため、「リーダーシップの中でも特に〇〇する力があります」のように、具体的な長所をアピールするようにしましょう。

このことから企業は実績そのものよりも「リーダーとしての考え方」が備わっているかを重視しているということがわかります。

自己PRすべき長所・強み(4):調整力・協調性・柔軟性

調整力・協調性・柔軟性という長所のアピールの仕方

調整力・協調性・柔軟性という長所は「価値観や立場の異なる人と協力して成果を上げることができる」とアピールすることができます。

企業とは年齢も立場も価値観もバラバラな人が集まっている組織です。

また、自分1人だけで最後までやり遂げる仕事はあまり多くなく、ほとんどの仕事が他者と協力して進めていかなければなりません。

例えば、出版業界では編集者として企画・構想段階から作家と打ち合わせを重ねアイデア出しを行ったりなど、作家のパートナーとして一緒に作品を作り上げなければいけません。

こういったことから価値観や立場の異なる人と協力して成果を上げるということも仕事をする上では非常に重要です。

自己PRすべき長所・強み(5):行動力

行動力という長所のアピールの仕方

行動力という長所は「今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」とアピールすることができます。

つまり、マニュアル通りに仕事をこなすのではなく、自分自身で新しい仕組みや施策を考えることが必要であるということです。

例えば、広告業界の仕事では作品を作成する際に、既存の発想にとらわれるのではなく、今までにない新しい企画を提案することが多く求められます。

このことから今までにない仕組みや企画を提案し、実現する力は仕事をする上で必要だと言えます。

こちらも一見難しく聞こえるかもしれませんが、「部活動の新入部員を増やすために以前から行っていた〇〇ではなく、新しく〇〇という施策を考えて実際に行った」このようなアピールで十分です。

つまりチームのために自分自身が新しい施策や企画を考え、それを実現できたエピソードを伝えれば良いということです。

エピソードは部活やサークルなどの身近なもので良いので、就活生のみなさんも書きやすい長所なのではないでしょうか。

自己PRすべき長所・強み(6):積極性

積極性という長所のアピールの仕方積極性という長所は「失敗を恐れず常に挑戦できる」とアピールすることができます。

ただ指示を待っているだけの人よりも、積極的に自ら行動できる人の方が企業にとって利益をもたらすことができる人材であるという印象を持ちやすいのも事実です。

仕事をする上でなぜ挑戦できる人材が求められているのか。それは世の中のニーズは変わり続けており、競合の中で勝ち残っていくためには利益をさらにあげる必要があるからです。

そのためには既存の枠にとらわれるのではなく、新しい事業やサービスを考えることが求められます。

こういった企業の在り方から、仕事において挑戦できる人材は求められているということが言えます。

積極性という長所を持っている人は、何か自分から挑戦したエピソードを交えて長所をアピールするようにしましょう。

企業の求める人材像を知る方法とは

企業の求める人材像を知る方法上記で11個の長所について紹介しましたが、ここで1番大事なことは「志望企業が求めている長所をアピールする」ことです。

いくら良いエピソードを持っていたとしても、その長所を企業が求めていなければ内定をもらうことは難しいでしょう。そのため、企業の求める人材像をしっかりと把握しておく必要があります。

求める人材像を把握すると言っても「どうやって?」と思う就活生もいると思います。以下で企業の求める人材像を知る方法について紹介します。

企業が求めている人材を一言で表すと「企業の利益に貢献できる人」のことを指します。

「企業にアピールすべき長所」でも述べましたが、志望企業に採用してもらうためには企業の求めている人材像を理解することが必要です。

求める人材像を理解するためには、以下の2つの方法があります。

  • 企業の採用HPを見る
  • ESから読み取る

"企業の採用HPを見る"に関しては、多くの企業が採用HPに求める人材像を明記しています。そのため、採用HPを見ればどのような人材を求めているか知ることができると思います。

2つ目の"ESから読み取る"に関しては、ESの設問を見れば企業がどんな人材を求めているかがわかるということです。企業が聞いている設問には全て意図があります。つまりその意図を読み取れば、どんな人材がほしいのか知ることができます。

例えば、「チームワークを発揮した経験を教えてください」という設問があったとします。企業はこの設問を通してその人に「協調性があるかどうか」を知ろうとしています。

つまりこの企業は協調性がある人材を求めているということがわかります。

このように一つ一つの設問を読み解いていけば、企業が求めている人材像を簡単に導き出すことができるようになるので、ESを作成する際は設問の意図を意識して回答するようにしてみてください。

最後に

自己PRとはのまとめ本記事では企業が自己PRを聞く意図、長所のアピールの仕方、自己PRと自己紹介の違いについて紹介しました。

アピールする長所は企業が求めている人材像に即している必要があるので、自己PRを考える際はしっかりと企業研究を行ってください。

企業が自己PRを聞く意図や長所のアピールの仕方など、自己PRの基本について理解できたら、次は"自己PRすべき長所の見つけ方"について理解しましょう。

以下の記事から自己PRすべき長所の見つけ方について学ぶことができます。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
42,756枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録