【業界別】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文を紹介

61,775 views

最終更新日:2023年10月25日

「○○業界を志望しているけど、どんな強みをアピールすればいいの?」

「△△社に内定した先輩の自己PRを見たい!」

上記のような疑問・考えを持っている就活生は少なくないでしょう。

事実、自己PRと一括りに言ってもアピールすべき要素や書き方は業界によって異なり、自身の志望業界(企業・職種)が求める素養・人物像に沿って強みをアピールする必要があります。

そこで本記事では、"各業界に特化した自己PRの書き方・選考通過者のES例文"を紹介していきます。

本選考とインターンの締め切り情報

エントリーシート(ES)における自己PRの基本的な書き方

エントリーシート(ES)における自己PRの書き方

業界別の自己PRの書き方・ES例文を紹介する前に、まずは自己PR全体の書き方を解説します。

自己PRを書く際は、基本的に以下のフレームワークに沿って書くことで論理的な自己PRにすることができます。

上記の図に記載してあるように、まず最初に"結論(書き出し)"を簡潔に述べ、その結論の根拠となるエピソードを伝えます。

エピソードを述べる際には「どのような努力や工夫をし、どんな結果を出すことができたか」という選考官が最も知りたい部分まで書くようにしましょう。

そして最後には、自分の強みを通して企業にどう貢献できるのかをアピールします。このような流れで自己PRを書き終わったら、必ず添削をするようにしましょう。

文章だけでなく、動画を通じても自己PRの書き方を理解したい就活生は、以下のYou Tube動画もあわせてご覧ください。

【業界別】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

業界別の自己PRの書き方とES例文

自己PRの基本的な書き方については理解していただけたかと思いますので、続いては業界別の自己PRの書き方とES例文を紹介していきます。

本記事では以下に掲載した業界について、各業界に特化した自己PRの書き方・選考通過者のES例文を紹介します。自身の志望業界を選択した上でそれぞれ参考にしてもらえればと思います。

また、業界の中でも企業・職種によって求められる強みが違う可能性もあります。自己PR・強みを選定する際は、「本当に選んだ自己PR・強みが自身の志望企業・志望職種に当てはまるか」も確認しましょう。

【食品メーカー】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

食品メーカーの自己PRの書き方とES例文

普段の生活で口にする馴染みの商品を製造していることから、毎年高い人気を誇る食品メーカー。

企業の規模や食品の種類によって多少違いはあるものの、主に以下のような職種があります。

  • 研究(研究開発・生産技術)
  • 商品開発(マーケティング)
  • 商品生産(工場管理・品質保証)
  • 営業・販売促進

そんな食品メーカーの求める人材像・素養・強みは、以下の3点に大別されると言われています。

  • 食に興味を持つ人
  • 食を人々に届けたいと思える人
  • 責任感、誠実さを持って人と接することができる人

食品メーカーには営業・マーケティング・生産など多くの職種がありますが、全体を通して必要とされるのは上記のような人物像です。

例えば営業職であれば、ユーザーの目線に立った上で商品の美味しさや魅力をアピールする必要があります。そのため、食に興味のある人であれば、より相手の心に響くアピールができるでしょう。

また食品メーカーには安全・安心な商品を消費者に届ける使命があります。そのため、責任感や誠実さも求められると考えられます。

志望者が非常に多く、倍率が高いことも特徴の一つなので、ただの「商品のファン」ではなく自分らしい自己PRが書けると良いでしょう。

上記の求める人材像・素養を踏まえた上で自己PRを作成してもらえればと思います。

食品メーカーに特化した自己PRの書き方・食品業界選考通過者のES例文は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【内定者ES付き】食品メーカーの自己PRの書き方を徹底解説|求める人材も紹介

【記事のコンテンツ】
自己PRを聞く意図とは
基本的な自己PRの書き方
食品メーカーが求める人材とは
食品メーカーのエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文
∟明治のエントリーシート通過者の自己PRの例文
∟マルハニチロのエントリーシート通過者の自己PRの例文
∟森永製菓のエントリーシート通過者の自己PRの例文
∟日本ハムのエントリーシート通過者の自己PRの例文
∟ヤクルト本社のエントリーシート通過者の自己PRの例文
食品メーカーの関連記事一覧

飲料メーカー内定者のES例文を見てみましょう。

あなたならではの強みはなんですか。ひとつだけ教えてください。(10字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【外資メーカー】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

外資メーカーの自己PRの書き方とES例文

外資メーカーは職種別採用が一般的であるため、職種によって求める人材像・素養が異なります。

そんな外資メーカーの募集職種は以下の7つに大別されます。

  • 営業
  • F&A(経営管理)
  • 消費者・市場戦略
  • 人事
  • MR(医療情報担当者)
  • マーケティング
  • R&D(研究開発)

また、職種に関係なく、外資メーカーの求める人材像・素養・強みは、以下の通りです。

  • 英語を話すことが得意
  • コミュニケーション能力がある
  • 柔軟性がある
  • 高い成長意欲を持っている
  • 業務で結果を出すことができる

あらゆるシーンで英語を使うことが想定されるため、語学力のある人・英語を使った仕事がしたい人に向いていると考えられます。

実際、TOEICで「企業が定める点数を満たしていること」が採用の条件になっている企業も見受けられました。しかし、語学力だけが全てではありません。

実力主義かつ成果主義の企業では、高い成長意欲を持ち、成果を出せる人材が求められます。

さらに、組織体制やルールの変更がしばしば行われるため、その都度それに対応できる柔軟性を強みとする人材も求められるようです。

これ以外にも外資メーカーで求められる求められる人材像・素養・強みはあります。職種ごとの選考通過者ES例文(自己PR)は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【例文付き】外資メーカーの職種別志望動機・自己PRの書き方

【記事のコンテンツ】
志望動機の書き方
自己PRの書き方
外資メーカーの志望動機・自己PR(営業)例文
外資メーカーの志望動機・自己PR(F&A)例文
外資メーカーの志望動機・自己PR(消費者・市場戦略)例文
外資メーカーの志望動機・自己PR(人事)例文
外資メーカーの志望動機・自己PR(MR)例文
外資メーカーの志望動機・自己PR(マーケティング)例文
外資メーカーの志望動機・自己PR(R&D)例文

外資メーカー(化粧品)の内定者ESを見てみましょう。

なぜロレアルであるのか、またなぜ今回応募した職種を選んだのか、をお書き下さい。
その理由が自身の強み、または個性や経験とどのように繋がっているのか説明して下さい。
(必須:600文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【自動車メーカー】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

自動車メーカーの自己PRの書き方とES例文

1つの自動車を作り、販売するには、多くの工程があり、その分職種や関係者も多いです。

具体的には以下のような職種があります。

  • 研究開発
  • 企画・販促
  • 生産

 そんな自動車業界の求める人材像・素養・強みは、以下の3点に大別されると言われています。

  • 高い理想を掲げ、実現に向けて愚直に努力するチャレンジ精神がある
  • 様々な価値観や意見を尊重し、チームワークを大切にできる
  • コミュニケーション能力が高い

自動車づくりは多くの社員によって成り立っています。そのため、業務をする上で周囲の人間や他部署との連携が欠かせません。周囲を見渡し、チームワークを大切にできる人材が求められるでしょう。

また、自動車メーカーは経済や貿易に関するニュースやトレンドに左右されやすいため、困難な状況にも立ち向かうチャレンジ精神が必要とされるかもしれません。

これ以外にも自動車メーカーで求められる求められる人材像・素養・強みはあります。詳しくは、後ほど紹介する記事をご覧ください。

自動車メーカーに特化した自己PRの書き方・自動車業界選考通過者のES例文は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【ES例文有】自動車業界での自己PRの書き方|求める人材も紹介

【記事のコンテンツ】
企業が自己PRを聞く意図とは
基本的な自己PRの書き方
自動車業界が求める人材とは
自動車業界での自己PRの書き方
自動車業界のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文
└トヨタ自動車
└日産自動車
└マツダ
└デンソー

大手自動車メーカーの内定者ESを見てみましょう。

入社後にトヨタでやりたい事と、それに繋がるご自身の強み・能力・経験を具体的に記入してください。(300字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【金融】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

金融の自己PRの書き方とES例文

金融業界の中には「銀行・証券・保険」など様々な業態が存在するため、求める人材像・素養に関しても業態によって異なります。

そんな金融業界の業態は以下の9つに大別されます。

  • 銀行
  • 証券
  • 生命保険
  • 損害保険
  • カード
  • リース
  • アセットマネジメント
  • 政府系金融機関
  • 外資系投資銀行

職種には以下のようなものがあります。

  • 為替ディーラー・トレーダー
  • 融資・資産運用マネージャー
  • 証券アナリスト
  • ファイナンシャルアドバイザー
  • アクチュアリー

金融業界というと文系学部出身者が多いイメージがありますが、数字を扱う場面や高度な金融工学が必要とされる場面もあるため、理系学部出身者も活躍しています。

そんな金融業界の求める人材像・素養・強みは、以下の通りです。

  • 真面目で信用できる
  • ストレス耐性がある
  • 対応力がある

 お金を扱う仕事のため、真面目な人が向いているというのは皆さんも容易に想像できるかもしれません。

金融業界では業務上、顧客の個人情報や企業の資産など極めて重要な情報に触れることになります。そのため、「業務で知り得た情報を口外しない」「期日を守る」というような信用できる人材が求められます。

それだけではありません。業務によってはノルマが課せられたり、営業や窓口ではクレームを受けることも想定できます。そのため、ストレス耐性忍耐力がある人が必要とされるのは有名な話のようです。

さらに変化の激しい金融業界では、トラブルが頻繁に発生することも考えられます。それに対し、冷静に対応する力が求められます。

これ以外にも金融業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。金融業界の業態ごとの選考通過者ES例文(自己PR)は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

金融業界の自己PRの書き方|業種別に求められる人物像・内定者ESも紹介

【記事のコンテンツ】
基本的な自己PRの書き方
金融業界で求められる人物像とは
金融業界の分野別・求められる能力
∟銀行で働くうえで求められる能力
∟銀行の内定者ES
∟証券会社で働くうえで求められる能力
∟証券会社の内定者ES
∟生命保険会社で働くうえで求められる能力
∟生命保険会社の内定者ES
∟損害保険会社で働くうえで求められる能力
∟損害保険会社の内定者ES
∟カード会社で働くうえで求められる能力
∟カード会社の内定者ES
∟リース会社で働くうえで求められる能力
∟リース会社の内定者ES
∟アセットマネジメントとして働くうえで求められる能力
∟アセットマネジメントの内定者ES
∟政府系金融機関で働くうえで求められる能力
∟政府系金融機関の内定者ES
∟外資系投資銀行で働くうえで求められる能力
∟外資系投資銀行の内定者ES
金融業界の自己PRの作り方

メガバンク内定者のES例文を見てみましょう。

入行後ご自身の強みを活かし、どのようなことに『挑戦』したいですか。(200文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【コンサルティング】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

コンサルティングの自己PRの書き方とES例文

コンサルティング業界の中にも様々な種類・職種が存在するため、求める人材像・素養・強みに関しても業態によって異なります。主な種類には以下の3つがあります。

  • 戦略系コンサルティング
  • 総合系コンサルティング
  • ITコンサルティング

また、主な職種は「コンサルタント」ですが、企業によってはエンジニアやマーケティングなどそれ以外の職種の募集もあるようです。気になる方は確認してみてください。

 コンサルティング業界で求められる求める人材像・素養・強みは以下の通りです。

  • リーダーシップ
  • 課題解決力
  • 論理的思考力

3つに共通することですが、業界の色がよく出ていると思います。即戦力として活躍できることを企業にアピールすることが重要です。

 顧客と信頼関係を構築し、課題を解決する職業のため、課題解決力論理的思考力が強みである学生は必要とされるでしょう。

またコンサルタントはプロジェクトを主導していくことになるので、リーダーシップが求められる場面もあると考えられます。

いずれの強みも様々な捉え方があるので、自分の発揮してきた強みをより具体的に企業にアピールできるといいでしょう。

これ以外にもコンサルティング業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。コンサルティング業界の選考通過者ES例文(自己PR)は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

「コンサル業界の自己PRで一番多い強みは何か?」を過去ESをもとに調べてみました

【記事のコンテンツ】
コンサル業界の自己PRに多い強みは何か?集計結果発表
コンサル業界の自己PRに多い強みを分析
コンサル業界の自己PRに関する内定者回答例
最後に:この記事を読んだあなたが注意すべきこと 
コンサル業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

24卒の選考通過者ESを見てみましょう。

自己PRを自由にご記入ください
(何かご自身でやり遂げた経験を具体的に記入してください)(400文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【シンクタンク】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

シンクタンクの自己PRの書き方とES例文

シンクタンクとは、社会・政治・経済の調査・分析・研究を行う研究機関のことです。

企業によってはコンサルティングファーム同様、「コンサルタント」という職種もありますが、シンクタンクのメインは「研究員」であり、リサーチ・研究・市場の予測などを行います。

シンクタンク業界にも種類があり、以下のように大別されます。

  • 政府系シンクタンク
  • 金融系
  • 証券会社系
  • 企業系

シンクタンクについてもっと知りたい方は、後ほど紹介する記事をご覧ください。

そんなシンクタンク業界の求める人材像・素養・強みは、以下の3点に大別されると言われています。

  • 専門性
  • 課題発見力
  • 論理的思考力

特定の分野のスペシャリストとなることが多いため、高い専門性が求められます。

そのため、1つのテーマに集中して取り組めることのアピールは必要になるでしょう。

また、シンクタンクでは大きな社会問題の解決に携わることになります。社会(組織)にはどのような課題があるのかを発見できる、課題発見力が求められます。

さらに、発見した課題を調査し、結果を導く際の論理的思考力も求められます。

これ以外にもシンクタンク業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。シンクタンク業界に特化した自己PRの書き方・シンクタンク業界選考通過者のES例文は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【内定者ES付き】シンクタンクの自己PRの書き方を徹底解説|求める人材も紹介]

【記事のコンテンツ】
自己PRを聞く意図とは?
基本的な自己PRの書き方
シンクタンクが求める人材に必要な素養とは?
∟シンクタンクが求める素養(1):課題解決力
∟シンクタンクが求める素養(2):コミュニケーション力
∟シンクタンクが求める素養(3):プロフェッショナル精神
シンクタンクのエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文
∟シンクタンクの自己PRエントリーシート(ES):野村総合研究所(NRI)
∟シンクタンクの自己PRエントリーシート(ES):三菱UFJリサーチ&コンサルティング
∟シンクタンクの自己PRエントリーシート(ES):みずほ情報総研
シンクタンクの関連記事一覧

証券会社系シンクタンク内定者のESを見てみましょう。

当社の事業内容や経営計画を踏まえて、このキャリアフィールドで実現したいことを教えてください。
その実現のために、あなたのどのような強みが活かせるか、どのようなスキルを身に着けていく必要があるかも合わせて教えてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【テレビ】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

テレビの自己PRの書き方とES例文

テレビ離れが進もうとも、変わらない人気を誇るテレビ業界。

職種問わず採用人数が非常に少ない上、志望者が多いので倍率が高いことでも有名です。

テレビ業界というとテレビ局を想像する方が多いかと思いますが、実際は大きく

  • テレビ局(公共放送・キー局・準キー局・地方局)
  • 制作会社

の2つに分かれます。

今回は主にテレビ局を見ていきましょう。

職種は局によって多少の差はあるものの、おおよそ以下の通りです。

  • 番組制作スタッフ(報道・情報・バラエティー・スポーツ・ドラマなど)
  • 技術スタッフ(カメラマン・音響・照明・エンジニアなど)
  • アナウンサー
  • 営業・事務

職種によって業務内容がかなり違い、局によってもキャラクターがあるため、厳密に言うと求められることは微妙に違います。

それでも、全体を通して求められる人材像・素養・強みは存在するので、紹介します。

民放キー局ごとの違いについて知りたい方は後ほど紹介する記事をご覧ください。

  • 好奇心旺盛
  • 行動力
  • 明確なビジョン
  • 高い意欲
  • 体力
  • 精神力

高いクリエイティビティが求められるため、いつもアンテナを張って様々なことに関心をもてる好奇心は必要になりそうです。

またドラマやバラエティーの場合はロケ、記者の場合は取材など、外を動き回る機会が多いと考えられます。そのため行動力も必要になるのでしょう。

テレビは「情報を伝える」ものです。そのため、ESの他の設問や面接でも何を誰にどのように伝えたいか、という明確なビジョンをアピールすることが重要です。 

華やかな裏で激務のイメージが強いテレビ局ですが、働き方改革によりだいぶ改善されたといいます。

それでも24時間動くインフラであるため、早朝・深夜・夜間に勤務する社員がいることは事実です。

そのため、体力精神力はあるに越したことはないでしょう。アピールする場合には、分かりやすいエピソードを添えると効果的です。

先述の通り、非常に多くの学生がエントリーする業界なので、いかに「自分の魅力が伝わるか」「個性的でオリジナリティがあるか」を意識してESを書くよう心掛けましょう。

これ以外にもテレビ業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。詳しくは、後ほど紹介する記事をご覧ください。シンクタンク業界に特化した自己PRの書き方・シンクタンク業界選考通過者のES例文は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

「テレビ業界各社の自己PRで一番多い強みは何か?」内定者の回答を徹底分析]

【記事のコンテンツ】
「テレビ業界各社の自己PRで一番多い強みは何か?」内定者の回答を徹底分析
テレビ業界の自己PRで最も言われている強み
∟個人として努力し成果をあげることができる
このような強みが選ばれた理由
∟関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案~実行まで行うことができる
∟リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる
∟今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる
まとめ

長くなりましたが、地方局の選考通過者ESを見てみましょう。

自己PRとしてキャッチフレーズをつけて教えてください

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【広告】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

広告の自己PRの書き方とES例文

人気業界の1つである広告業界。

様々な種類の企業がある中でも、種類は大きく以下の2つに大別されます。

  • 総合広告代理店
  • 専門広告代理店
  • ハウスエージェンシー

また、企業の規模や扱う広告によって多少の差はありますが、以下のような職種があります。

  • 営業
  • プランナー
  • ディレクター
  • デザイナー
  • コピーライター
  • データサイエンティスト

そんな広告業界の求める人材像・素養・強みは、以下の3点に大別されると言われています。

  • 柔軟性
  • トレンドに敏感
  • 発想力

1つの広告出稿までに多くの人が関わります。その分、トラブルも付き物。それに対し、臨機応変に対応できる柔軟性が求められます。

広告業界では職種問わず、クリエイティビティが求められます。クリエイティブ職だけでなく、営業やエンジニアにおいても同様です。

そのため、トレンドに敏感で、日頃から世の中の様々なことに目を向けられる人が向いていると考えられます。

新しいもの追い求める広告業界において、今までに見たことがないようなものを考え付く発想力がある人も重宝されるのではないでしょうか。

実際、企業によってはエントリーシートで発想力を問う設問もあると聞きます。

これ以外にも広告業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。広告業界に特化した自己PRの書き方・広告業界選考通過者のES例文は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【ES例文有】広告代理店での自己PRの書き方|求める人材も紹介

【記事のコンテンツ】
自己PRを聞く意図とは
基本的な自己PRの書き方
広告代理店が求める人材とは
広告代理店のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文
└電通
└博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ
└ADKホールディングス(ADK)
└サイバーエージェント
└JR東日本企画(jeki)

ハウスエージェンシーの内定者ESを見てみましょう。

「自己PR」をご記入ください。(250字)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【不動産】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

不動産の自己PRの書き方とES例文

仕事が多岐にわたり、複雑でイメージしづらい不動産業界。大別すると、

  • 不動産売買
  • 不動産仲介
  • 不動産管理
  • 不動産賃貸

の4つの分野に分かれています。これらの総称が「不動産業界」なのです。

また、流通のモデルから考えると、以下のように分けることもできます。

  • デベロッパー
  • 仲介業者(売買・賃貸)
  • 管理会社

分野によって仕事はまるで違うため、求められる人材は変わる可能性もあります。

ここでは全体を通して不動産業界の求める人材像・素養・強みを紹介します。

  • コミュニケーション能力
  • 相手の視点に立って考える力
  • 勉強熱心
  • 精神力

不動産は高額な商品です。そのため、買うか否かの判断に迷う法人・お客様もいるでしょう。

営業であれば、そのようなお客様の意思を汲み取り、最適な提案をする必要があります。

そのため、相手の視点に立って考える力コミュニケーション能力が必要になります。

また、商品が高額ゆえに契約を取るまでに時間がかかり、なかなか成果が出ないこともあるでしょう。それでも諦めない精神力粘り強さも必要になりそうです。

さらに、不動産には資格が多く存在します。中には宅建(宅地建物取引士)や不動産鑑定士のように難易度が高く、合格率の低い資格もあります。

これらを取得しなければならない状況になった際、勉強熱心な人の方が資格取得には向いているでしょう。

これ以外にも不動産業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。不動産業界に特化した自己PRの書き方・不動産業界選考通過者のES例文は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【例文有】不動産業界|自己PRの書き方とポイントを紹介

【記事のコンテンツ】
不動産業界の自己PRを書く際のポイント
不動産業界の自己PR例文
∟三井不動産
∟三菱地所
∟住友不動産
∟野村不動産
∟東京建物
∟三井不動産レジデンシャル
∟三菱地所レジデンス
∟森ビル

選考通過者ESを見ていきます。なお、この設問は志望動機に関する設問ではありますが、自身の強みを交えて書いている点に注目して頂きたいです。

本来設問は3つありますが、そのうちの1つを紹介します。

あなたが当社に興味を持ち、働きたいと思っている理由を3 つ教えてください。
ご自身の経験やエピソードを交えて書いていただいても構いませんし、具体的なプロジェクトにフォーカスして書いていただいても構いません。(300文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【人材】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

人材の自己PRの書き方とES例文

就活生の皆さんにも馴染み深いサービスを提供している人材業界。

人材業界の中にも様々な分野が存在します。

  • 人材紹介
  • 人材派遣
  • 求人広告
  • 人材コンサルティング

分野や職種によって多少違うものの、ここでは全体を通して人材業界の求める人材像・素養・強みを紹介します。

  • コミュニケーション能力
  • 好奇心旺盛
  • 精神力
  • マルチタスクが得意

人材業界は無形商材(労働力・知識・技術力など)を扱います。そのため人からの信頼を得ることが重要です。

求人者や企業に商材の魅力を感じてもらうことは簡単なことではありません。よって、労働力や知識をアピールし、相手からの信頼を勝ち取るために高いコミュニケーション能力が求められるのです。

また、多種多様な業界の求人を扱うため馴染みのない業界を担当する可能性もあります。そのような場合でも、業界について学び、理解を深めることができるような好奇心旺盛さを持ち合わせている人が求められます。

どの業界にも言えることですが、全ての営業がうまくいくとは限りません。人材業界においても、全ての会社が積極的に採用を行うわけではありません。

そのため、精神力のある人は必要とされるでしょう。

いくつもの担当企業や求職者を同時進行で受け持つ可能性もあります。そのため、マルチタスクが得意な人材は向いていると考えられます。

これ以外にも人材業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。人材業界の分野ごとの選考通過者ES例文(自己PR)は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【ES例文有】人材業界での自己PRの書き方|求める人材も紹介

【記事のコンテンツ】
企業が自己PRを聞く意図とは
基本的な自己PRの書き方
人材業界が求める人材とは
└人材紹介が求める人材とは
└人材派遣が求める人材とは
└求人広告が求める人材とは
└人材コンサルティングが求める人材とは
人材業界での自己PRの書き方
人材業界のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文
└リクルート(1)
└リクルート(2)
└リクルート(3)
└パソナグループ
└レバレジーズ

大手人材サービス会社の内定者ESを見てみましょう。

あなたの特性をマイナビでどのように活かしたいかを記入してください(200文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【エネルギー】エントリーシートの自己PRの書き方とES例文

エネルギーの自己PRの書き方とES例文

私たちの生活に欠かせないサービスを提供するエネルギー業界。安定した需要があり、海外で働くチャンスがあることも魅力の1つです。

「エネルギー業界」という言葉は以下の主要3分野を指すことが多いようです。

  • 電力
  • ガス
  • 石油

職種は以下のようなものがあります。

  • 生産・製造技術開発
  • 個人・法人向け営業
  • 各種管理

詳細については後ほど紹介する記事をご覧ください。

そんなエネルギー業界の求める人材像・素養・強みは、以下のようなものがあります。

  • チャレンジ精神
  • 勉強熱心
  • 臨機応変に対応できる
  • グローバルな視野を持っている

エネルギー業界には課題が多くあります。燃料価格の高騰、カーボンニュートラルの壁などです。これらの課題に対し、積極的にチャレンジする意欲のある人が求められます。

またそれに付随して、勉強熱心な人も向いていると考えられます。常に社会情勢に関心を持ち、最新の技術知識を学ぶ必要があるからです。

災害時や事故発生時には、臨機応変で素早い対応が求められます。

さらに、海外の国々とやり取りのあるエネルギー業界では、企業によっては海外赴任や海外出張のチャンスもあります。グローバルに目を向けられる人には向いている業界であるといえます。

これ以外にもエネルギー業界で求められる求められる人材像・素養・強みはあります。エネルギー業界に特化した自己PRの書き方・エネルギー業界選考通過者のES例文は下記の記事で詳細に解説していますので、こちらもあわせてご確認ください。

【内定者ES付き】エネルギー業界での自己PRの書き方を徹底解説|求める人材も紹介

【記事のコンテンツ】
自己PRを聞く意図とは
基本的な自己PRの書き方
エネルギー業界が求める人材とは
エネルギー業界のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文
石油会社のエントリーシート通過者の自己PRの例文
電気会社のエントリーシート通過者の自己PRの例文
ガス会社のエントリーシート通過者の自己PRの例文

大手電力会社の選考通過者ESを見てみましょう。

東京電力を志望した理由を教えてください。
また入社後あなたがやってみたい仕事、あなたの強みを活かして実現したいことなどについて具体的に教えてください。(400文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は77622枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

まとめ

自己PRについて理解しよう

本記事では、業界別の自己PRの書き方・選考通過者のES例文をまとめて紹介してきました。

自身の志望業界の自己PRの書き方・ES例文は見つかったでしょうか?

個人的な感想ですが、「コミュニケーション能力」と「精神力」を求める業界が多いように感じました。

本記事以外にも、unistyle上には自己PRに関する記事を多数掲載しています。「面接における自己PR対策・強み別の自己PR例文」などを確認したい就活生は、下記の一覧から閲覧していもらえればと思います。

おすすめの就活テクニック 4 件

現在ES掲載数

77,622

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録