unistyle

MENU

更新情報2018/10/09(火)内容を更新しました!

就活とは学生と企業の化かし合い?自己PRで話を盛るのはアリか?

506 views

就活とは学生と企業の化かし合い?自己PRで話を盛るのはアリか?

掲載開始日:2018年10月01日
最終更新日:2018年10月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「就活とは企業と学生の化かし合いである」という言葉を耳にしたことのある方はいらっしゃるでしょうか?

インターンと採用活動の関係性を否定しながらも、選考解禁前から水面下での採用活動を実施する企業。「御社が第一志望です」と最終面接で伝えておきながら、内定獲得後も就職活動を続ける学生。こうした現実を踏まえると、「化かし合い」とは実に言い得て妙な表現だなと思えます。

もしかすると、読者の中にも自己PRで "話を盛った" 経験のある方がいらっしゃるかもしれません。

正直になところ、面接官は学生の「盛った話」にどこまで気がついているのでしょうか?そもそも、自己PRで話を盛る行為はどこまで許されるのでしょうか?

この記事では、自己PRの場で話を盛ることの是非について考察していきます。

就職活動で嘘をつく学生たち

自己PRに限らず、就職活動において話を盛ったり、嘘をついたりする学生は意外と少なくないようです。

少し情報が古いですが、就活支援サイト「キャリタス」を運営するディスコが2017卒の学生を対象としたモニター調査によると、就職活動で「嘘」をついた経験のある学生は回答者全体の74.1%を占めています。

最も多かった嘘は「第一志望ではないのに『第一志望です』と言ったこと」であり、全体の7割を超える学生が経験があると答えていました。

自己PRなどの学生時代のエピソードに嘘を混ぜたことのある学生も、全体の3割ほど存在していました。

学生が自己PRに嘘を混ぜる背景には、多くの学生の話を聞くことになる面接官に自分がどれだけ優秀な人材であるかをアピールするために、少しでも優れた実績を語りたいという思いがあると考えられます。

第一志望ではない企業の面接で『第一志望です』と偽ることは、少しでも選考通過率を上げるため、受けてない企業・落ちた企業の選考状況を偽るのも面接で優遇される可能性があるためです。とにかく学生は必死です。その気持は非常に理解できます。

"自己PRを盛る" 3つの方法

自己PRにおける学生の話の盛り方は、大きく以下の3つの方法に分けられます。

【1】「数字」を盛る
【2】「役職・肩書き」を盛る
【3】「経験」を盛る

【1】「数字」を盛る

1つ目は具体的な「数字」を持ることで、自分の実績を現実以上に大きく見せる方法です。

その中には、企画したイベントの参加者数といった「人数」を盛る方法や、アルバイトに取り組んだ期間といった「期間」を盛る方法、部活動での実績といった「成果」を盛る方法などがあります。

【自己PRの例】
・「大学では100名規模の学生団体を運営していました」
(会員数は100名だが、実際に活動に参加している会員は10名しかいなかった)

・「1年生の秋から長期インターンシップに取り組みました」
(実際に長期インターンシップを始めたのは大学3年生の秋からだった)

・「アメフト部ではキャプテンとしてチームをリーグ優勝に導きました」
(リーグ優勝は先輩が運営代の実績であり、当時はキャプテンではなかった)

【2】「役職・肩書き」を盛る

2つ目の方法は、自分が所属している組織内における「役職・肩書き」を盛る方法です。

特に「就活の時期になるとサークルの幹事長、副幹事長が大量発生する」と言われるくらい、リーダーシップ経験をアピールするために役職を盛る学生は多いです。

もっとも、リーダーシップを伝える上で大切なものは肩書きではなく、集団においてどのように考え、どのように行動したかといった経験の中身であると思われます。

【自己PRの例】
・「ゼミでは副幹事長として、幹事長とメンバーの架け橋を務めていました」
(実際のゼミには副幹事長の役職は存在していなかった)

・「サークルで企画係として、メンバーが打ち解けやすい環境作りに努めていました」
(実際にはサークル内の飲み会で幹事を担当することが多かっただけだった)

【3】「経験」を盛る

3つ目の方法は、自らの「経験」を盛る方法です。

実際に経験を盛る方法は、経験の中に新たなストーリーを付け加える方法から、学生時代に経験した出来事そのものを作り上げる方法まで様々です。

【自己PRの例】
・「サークルの改革に取り組んだ当初は、他のメンバーからの強い反対を受けました」
(実際には他のメンバーからの反対は無く、改革はスムーズに進んだ)

・「留学中ではインターンとして現地のNGOで働いていました」
(1日だけ見学に行っただけであり、実際には働いていなかった)

企業は学生の嘘に気づかないのか?

実際に企業は学生のこうした嘘に気が付かないものなのでしょうか?

巷では全く嘘の自己PRで大手企業から内定を勝ち取ったという学生の武勇伝を聞くこともありますが、結論から言うと、面接官は就活生の自己PRの嘘に気づくことも多いようです。

企業側が学生の嘘を見抜く際には、大きく以下の3つの手段を用います。

【1】経験に対する深掘り
【2】仕草や表情の確認
【3】適正検査の結果とのギャップ

【1】経験に対する深掘り

企業が学生の嘘を見抜く最も一般的な手段は、質問による深掘りです。

一般的な自己PRでは学生時代に頑張った経験を伝えると、「なんでそれをやったの?」「その中でどんな工夫をしたの?」といった風に、面接官から学生の人間性を図るための質問が様々な角度から飛んできます。

【深掘り質問の例】
学生の回答:

「大学では野球サークルのキャプテンとして学生の意識改革に取り組みました。その結果、チームをリーグ3位に導くことができました。」

面接官の質問例:

「普段の練習はどんな場所で行ってるの?」
「練習は週に何回くらい行ってるの?」
「リーグにはどのくらいのチームが所属しているの?」

「学生の間にはどんな意識の差があったの?
「その差はどうして生まれてしまったと思う?」
「意識改革では具体的にどんなことに取り組んだの?」
「意識改革をする中で、何か困難なことはあった?」

「そもそもなぜ野球サークルに入ろうと思ったの?」
「キャプテンになったきっかけは?」
「リーダーに必要なものって何だと思う?」

「野球サークルの活動を通じてどんなことを学んだの?
「それはうちの仕事でどんな風に活かせる?」

深掘り質問は面接で普段から行われているものですが、嘘をついている学生は頭の中で考えながら回答しなければなりません。一つ嘘をついたら、それを誤魔化すために更に嘘を重ねなければなりません。

そのため、たとえどんなに聞かれそうな詳細な事実を徹底的に練り上げていたとしても、話の中に矛盾が生じてしまう場合が多いようです。

【2】仕草や表情の確認

普段とは違う学生の仕草や表情から、学生の嘘がバレることもあります。

嘘を隠すことが苦手な学生の中には、以下のような仕草や表情を無意識で見せてしまい、面接官から怪しまれてしまう者も多いようです。

【嘘をつく仕草の例】
・瞬きが多い
・視線が泳いでいる
・目や鼻をよく触る
・不自然なほど強調する
・声が普段より小さい

 など他にも多数。

【3】適正検査の結果とのギャップ

場合によっては、WEBテストにおける性格検査の結果と自己PRの内容のギャップから学生の嘘がバレることもあるようです。

例えば、性格検査によって内向的と診断された学生が「サークルの代表として周囲に積極的に働きかけた」といった趣旨のエピソードを話したとします。

その場合、適正検査から分かる学生の性格と自己PRから推し量れる学生の性格の間のギャップが大きすぎるために、面接官に疑われる可能性が高いです。

このような矛盾を生じさせずに企業を騙し通すためには、性格検査の段階から性格を一貫させなければなりません。

結局、自己PRは盛って良いのか?

以上のような方法で企業は学生の自己PRの嘘を見抜こうとしています。

それでは結局、学生が自己PRを盛ることは許されるのでしょうか?

unistyleでは主に以下の3つの理由から、自己PRを盛ることを基本的にはおすすめしていません。

【1】嘘をつき続けるには相応の覚悟が必要
【2】自己PRを盛るメリットはあまりない
【3】内定獲得後に苦労するかもしれない

【1】嘘をつき続けるには相応の覚悟が必要

事前にエピソードを徹底的に練り上げていても面接官を誤魔化せない方から、何も準備せずとも上手に嘘を話して面接を問題なく通過できる方まで様々だとは思いますが、嘘を突き通すにはそれなりの覚悟と準備が求められます。

性格検査から面接の段階まで一貫性のある回答ができるように、自分自身のエピソードの詳細を作り込む必要があります。

また、面接官から想定外の質問が飛んできた場合にも、矛盾を生じさせないように臨機応変に対応しなければなりません。

また、面接官に嘘がバレてしまった場合には、素直さや誠実さに欠ける人物と思われ、選考に不利に働くかもしれないリスクも考えなければなりません。(ひょっとしたら、企業によっては自信を持って嘘を話す度胸が認められることもあるかもしれませんが可能性としては皆無に等しいでしょう。)

【2】実は自己PRを盛るメリットはあまりない

実は学生が思っているほど自己PRを盛るメリットはありません。

多くの学生は、面接の場で自分がどれだけ優秀であるかを伝えることが合否につながると考え、少しでも輝かしい実績をアピールしようとしています。

就活支援サイト「リクナビ」を運営するリクルートが発行した「就活白書2018」によると、企業は「人柄」「企業への熱意」「今後の可能性」を採用の際に重視しているようです。

面接の場面で「人柄」や「熱意」を伝える際には、実績の大きさがあまり重要ではありません。自分自身の人間性を面接官に伝えるためには、何をやったかよりも、なぜ取り組んだのかを説明する方が大切だと思われます。

以下の記事は、どちらもアルバイト経験のみで大手企業からの内定を獲得した学生のコラムです。これらの記事を読んでいただけば、特別な実績がなくても人気企業からの内定獲得が十分可能であることがお分かりいただけると思います。

【3】内定獲得後に苦労するかもしれない

もしも嘘の自己PRで志望企業から内定を獲得することができたとしても、その企業へ入社した後に苦労するかもしれません。

エントリーシートなどの採用活動の際に利用された資料は入社後も企業に保管され、配属や異動を決める際の参考資料に用いられます。

例えば、あなたが面接で「フランスへ留学していました。フランス語の日常会話も余裕です」と嘘をついて内定を獲得した場合には、入社早々にフランスへの出張を命じられて困ることになるかもしれません。

また、社員間の距離が近い企業の場合はあなたが面接で話した内容が社員間で既に共有されている可能性もあります。

例えば、あなたが運動が苦手なのに身体的なタフさをアピールするために「学生時代にテニス部で部長をやっていました」といった嘘をついて内定を獲得した場合には、会社のテニス部への勧誘をしつこく受けることになってしまうかもしれません。

そもそも本人の性格と会社のカルチャーがフィットしていない可能性も考えられます。

例えば、部活動の経験からチームで働くことが好きな学生が、個人の成果が重視される企業で働いたとしても居心地の悪さを感じて、社内でも活躍できない可能性があると思われます。

それでも自分に自信が持てない学生へ

ここまでの記事を読んで、自己PRを盛ることがあまり得策ではないことがお分かりいただけたでしょうか?

とはいえ、企業が学生時代に取り組んだ経験の「結果」もある程度は評価に組み込んでおり、結果が伴った学生の方が人気企業の内定を勝ち取る可能性が高いことも事実ではあります。

ここでは「面接は、ありのままを話した方が良いことは分かったけど、今の自分のエピソードに自信が持てない」といった学生に向けて、今からでもできることを紹介しておきます。(もっとも一握りの特別な学生を除いた残りの多くは横並びの状態なので、それほど気にする必要はないと思います。)

【1】今からでも「経験」を作りに行こう
【2】「経験」自体は盛らずに、少しだけ「数字」を盛ろう

【1】今からでも「経験」を作りに行こう

一番のおすすめは、自己PRとして胸を張って語ることのできる経験をこれから作りに行くことです。

自己PRというと、サークル・ゼミ・アルバイトなどでの長期間・継続的に取り組んだ経験をアピールする学生が多いですし、そうでなければならないと思っている学生が多いように思います。

しかし、就職活動では何も「すごい」経験ばかりで固める必要はありません。それよりも、一つの物事に対してどれだけ本気で向かい合ったかのかを伝えることの方が大切です。

短期インターン・短期留学・ボランティア・イベント企画など、アピールする内容自体はなんでもいいので、今からでも何かに本気で取り組んだ経験を作りに行きましょう。

【2】「経験」自体は盛らずに、少しだけ「数字」を盛ろう

面接まで時間が残されておらず、今から新しいエピソードを作ることが難しい方は仕方がありません。少しだけ結果の「数字」を盛りましょう。

運営する団体の会員数・大会での成績といった数字を少し盛るだけであれば、経験の内容自体が大きく変化する訳ではないので、ごまかしが効きやすいと思います。

ただし、これは学生に自己PRの内容に対する自信を持たせるため行為であって、面接官の評価はあまり変わらないであろうことには注意してください。先述の通り、企業は学生の「生み出した成果」よりも「物事に対する取り組み方」を重視しています。

エピソードに新しいストーリー付け加える・エピソード自体をでっちあげるといった「経験」を盛ることだけは絶対にやめましょう。

これは、企業が学生を評価する際に重要視している「物事に対する取り組み方」をでっち上げることになります。上手く語れず、嘘がバレる可能性が高い上に、もしも内定を獲得できたとしても入社後に苦労するでしょう。

最後に:企業だって "自己PRを盛っている"

繰り返しになりますが、面接は「自分がいかに優秀な人物であるか」を伝える場ではなく「学生と企業の相性を確かめる場」です。

どれほど輝かしい実績を持っていたとしても、どれほど面接の受け答えに自信があったとしても、落ちるときは落ちます。

綺麗事のようでもありますが、学生の皆さんには実績の大きさばかりに気を取られないで欲しいと思っています。

また余談にはなりますが、企業も学生と同様に自己PRを盛っていることに注意する必要があります。

企業説明会では、会社の本当に悪い部分を聞けることはまずない上、座談会に参加する社員は選ばれた一部のエースだけです。こちらの最近の傾向としては、とにかくグローバルを強調をする企業が多いように感じられます。

企業選びの際には会社の説明を真に受けるのではなく、OB訪問などの自分なりの情報収集を踏まえた上で判断するようにしていただければと思います。

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
23,580枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録