unistyle

MENU

更新情報2020/01/28(火)内容を更新しました!

商社とは?商社の仕事内容、魅力は?〜現役商社マンに聞いてみた〜

商社とは?商社の仕事内容、魅力は?〜現役商社マンに聞いてみた〜

最終更新日:2020年01月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就職ランキングでも常に上位を占めている商社。高給や海外勤務でエリートといったイメージを持つ方も多く人気の業界です。

しかし商社が何をしている企業なのかあまり把握していないという就活生も多く見受けられ、「なんでもやっている会社」や「貿易に関わる会社」という漠然とした理解をしている方もいるでしょう。

また、商社が人気であるという理由がイマイチ分からないという人も多いことと思います。

本記事ではそのような方たちのために、現役商社マンへのインタビューを交え、分かりにくい商社の業務内容と商社の魅力を具体的に解説します。

商社とは

商社とはどのような事業を行っているのか解説します。
商社とはなにか。まず字義を調べるべく、広辞苑を調べてみました。

商社ー商事会社。商行為を行う会社。

総合商社ー多様な商品を取り扱い、広範な機能を遂行する、日本特有の形態を備えた巨大卸売商。国内取引・輸出入・三国間貿易において主要な役割を果たす。

【引用】広辞苑

これを見て納得できる人はほとんどいないのではないでしょうか。しかし、このように分かりづらく書くのにもなにか理由があるように思えます。

次にwikipediaを調べてみました。

商社(しょうしゃ)とは、輸出入貿易ならびに国内における物資の販売を業務の中心にした、商業を営む業態の会社である。

幅広い商品・サービスを取り扱う総合商社と特定の分野に特化した専門商社に区分される。広義の卸売業である。

【引用】wikipedia

これでモノの貿易と国内の販売に携わっているということが分かります。しかし、それでもイメージがつきにくいという人が多いことと思います。

ここで皆さんにとって身近な飲料水を例にとって、商社がどのように関わっているのか下の図をご覧ください。

このように商社は原材料・製品・商品の各段階の仲介業務を行っています。

この扱う対象を何かに特化して業務を行う企業を専門商社、扱う分野にとらわれず多様な商品を扱う企業を総合商社と呼びます。

  • 専門商社:メタルワン(鉄鋼)、伊藤忠丸紅鉄鋼(鉄鋼)、東レ(繊維)、兼松(IT)
  • 総合商社:三菱商事、伊藤忠商事、三井物産、住友商事、丸紅、豊田通商、双日

広辞苑に商社は「商行為を行う会社」と書かれていたように、その業務内容は多岐に渡っています。

商社の事業内容とは?

商社の業務内容は主に2つあります。商社の業務内容には主に商取引業務と事業投資業務の2つに分かれています。

ここからは商社の仕事内容をよりイメージしやすくするため、これから実際に商社で働いている人を例に挙げながら業務内容を紹介します。

商取引

先の例でも挙げたような元来商社が行ってきた業務です。

メーカーや小売店の仲介をし、手数料を得ることで利益を上げています。

事業投資

1990年代にインターネットが普及するとメーカーが独自に販売ルートを構築する「商社外し」という流れが生まれるようになります。

この危機に対して各商社はより時流にマッチした「事業投資」ビジネスを主軸に展開することとなりました。

生産から消費までのバリューチェーンに関わるの企業への経営参画や子会社化を行うことにより、商社のグループ収益最大化に繋げます。

例えば三菱商事はローソンに、三井物産はセブンイレブンに、伊藤忠商事はファミリーマートに出資または子会社化しています。

人材・資金・情報・経営ノウハウ等の経営資源を投入できるというところも商社の強みです。

商社マンの業務内容とは

ここで筆者がインタビューで伺った台湾における太陽光発電プロジェクトの例を紹介します。

インタビューした方:S社勤務、20代社員(台湾の太陽光発電プロジェクト)

インタビューでは、「事業投資といってもリスクの検討や費用の算出といった業務が主で、意外と地味な作業が多いよ」とのことでした。

また、フィールドが海外の場合は現地に出張で行くのは2〜3ヶ月に1回ほどで、国内の場合は業務の局面によりますが月に1回ほどだと伺いました。

業務に関する専門的知識は相手の話を理解できる程度には要求され、それは入社後勉強していくようです。

商社マンのやりがいとは?

商社のやりがいを商社マンへのインタビューを通して解説します。ここまで商社の業務内容について解説しましたが、では一体商社で働く上での魅力はなにかというところが気になります。

漠然と「年収がいい」「グローバルに仕事ができる」という面をイメージする方も多いでしょう。

ここでは商社マンへのインタビューをもとに、実際に働いた上での魅力ややりがい、意外だったギャップの面までありのままに語っていただきました。

実際の生の情報を手に入れるにはOB訪問をすることも一つの手段です。ぜひ下のOB訪問の記事も合わせてご覧ください。

総合商社業界の「OB訪問」に役立つ記事

商社マンへのインタビュー(1)

S社勤務の20代男性社員の方にやりがい、魅力的な部分、がっかりした部分、ワークライフバランスなどについて語っていただきました。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は40347枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

商社マンへのインタビュー(2)

M社勤務の30代男性社員の方にやりがい、魅力的な部分、がっかりした部分、ワークライフバランスなどについて語っていただきました。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は40347枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

商社への志望度が上がった就活生へ

商社への志望度が上がった就活生へこちらの記事を推奨します。本記事で商社がどのような会社なのか、商社のビジネスモデルはどのようなものかを解説しました。

実際の商社マンへのインタビューを通して、より近い視点からの理解が深まれば幸いです。

総合商社の内定のためにはさらなる業界の理解と各社の社風についての理解が必要です。

以下に"総合商社志望者向けに厳選したunistyleの記事"を掲載しましたので、こちらも併せてご覧ください。

総合商社業界の「業界研究」に役立つ記事

総合商社業界の「選考対策」に役立つ記事

総合商社業界の「体験談・インタビュー」記事

総合商社業界の「OB訪問」に役立つ記事

総合商社業界の「企業研究」に役立つ記事

「三菱商事」の企業研究を行いたい方はこちらから
「伊藤忠商事」の企業研究を行いたい方はこちらから
「三井物産」の企業研究を行いたい方はこちらから
「住友商事」の企業研究を行いたい方はこちらから
「丸紅」の企業研究を行いたい方はこちらから
「双日」の企業研究を行いたい方はこちらから
「豊田通商」の企業研究を行いたい方はこちらから

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
40,347枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録