unistyle

MENU

更新情報2021/02/25(木)内容を更新しました!

【3分業界研究】今更聞けない総合商社とは?仕事・歴史・年収をわかりやすく解説

【3分業界研究】今更聞けない総合商社とは?仕事・歴史・年収をわかりやすく解説

最終更新日:2021年02月25日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

総合商社といえば就活生に人気の業界であり、華やかなイメージを持っている方も多いと思います。

しかし、総合商社とは一体どんな価値を社会に与えているのでしょうか。

漠然とは理解できているものの、総合商社の果たす役割について具体的に理解出来ている就活生は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、総合商社業界を「仕事・歴史・年収」の3つの側面から簡単に解説していきたいと思います。

今更聞けない、総合商社って何してるの?

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60170枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

そもそも総合商社っていつからあるの?

商社の起源

日本の商社の起源は、江戸時代末期、坂本龍馬が勝海舟とともに組織した「亀山社中」という海運会社と言われています。

「亀山社中」は物資の運搬や貿易の仲介を主な仕事としており、倒幕運動に必要な軍備を手に入れたい薩摩藩と長州藩に向けて外国の軍備品を販売していました。

総合商社の起源

戦前から複数分野の商品を取り扱っていたのは三井物産と三菱商事の2社のみで、伊藤忠商事、丸紅、日綿、東綿、日商、岩井、など関西系の各社はいずれも単品を扱う専門商社でした。

例えば伊藤忠商事は繊維のみを扱っていました。戦後すぐに、財閥解体が行われましたが、1954年には三菱商事が、1959年には三井物産が誕生しました。

しかし1960年代後半になると戦後の混乱も収まり、販売や仕入れのルートも安定しました。

その結果、もはや商社を介入しないほうがコスト削減になると言われ、商社の存在価値が問われる時代に突入しました。

専門商社は、取り扱い商品が単品であるため、その商品の需要に大きく業績が左右されてしまうという現状がありました。そこで、取扱商品を複数化して安定化を図り、従来の専門商社ではなく、総合商社だということを社の内外に印象付ける必要があるという経緯から、総合商社が生まれました。

また、拡大途上にあった日本経済における輸出入の急拡大には大規模な組織力と信用力が必要とされました。総合商社はそこに目をつけ、自ら牽引役を務め、海外躍進のオーガナイザー役を買って出たのです。

総合商社の年収って本当に高いの?

結論から言うと、総合商社は高給であると言えます。

三菱商事を筆頭に総合商社の年収は1300万円以上です。

これは日本人の平均年収の約3倍であり、総合商社の年収は他の業界に比べて圧倒的に高いと言えるでしょう。

総合商社の業界研究まとめ

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は60170枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

本記事では、「総合商社とは何か?」という問いに対し、仕事・歴史・年収の3つの側面から簡単に説明してきました。

漠然としていた総合商社のイメージが、少しは明確になったでしょうか。

総合商社についてさらに知りたいという方や、選考を受けようと考えている方はより詳しく総合商社について知る必要があるでしょう。

以下の動画でも総合商社の歴史や事業内容を解説しているので、改めて確認したい方は参考にしてみてください。

総合商社業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

商社 オープンチャット

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に総合商社志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

以下に"総合商社志望者向けに厳選したunistyleの記事"を掲載しましたので、こちらも併せてご覧ください。

総合商社業界の「業界研究」に役立つ記事

総合商社業界の「選考対策」に役立つ記事

総合商社業界の「体験談・インタビュー」記事

総合商社業界の「OB訪問」に役立つ記事

総合商社業界の「企業研究」に役立つ記事

「三菱商事」の企業研究を行いたい方はこちらから
「伊藤忠商事」の企業研究を行いたい方はこちらから
「三井物産」の企業研究を行いたい方はこちらから
「住友商事」の企業研究を行いたい方はこちらから
「丸紅」の企業研究を行いたい方はこちらから
「双日」の企業研究を行いたい方はこちらから
「豊田通商」の企業研究を行いたい方はこちらから

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
60,170枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録