unistyle

MENU

更新情報2020/11/12(木)内容を更新しました!

【ケース面接完全攻略】解き方や評価基準、対策に役立つフレームワーク・例題・本を徹底解説

【ケース面接完全攻略】解き方や評価基準、対策に役立つフレームワーク・例題・本を徹底解説

最終更新日:2020年11月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ケース面接・フェルミ推定完全攻略記事一覧
【ケース面接完全攻略】解き方や評価基準、対策に役立つフレームワーク・例題・本を徹底解説
ケース面接とは?フェルミ推定との違いや出題業界について解説 
ケース面接の評価基準と対策まとめ【現役コンサルタントが解説】
ケース面接の解き方と対策方法を徹底解説【外コン過去問付き】
ケース面接対策に役立つフレームワーク、おすすめ本、数値を徹底解説
ケース面接対策に読むべき本6冊
外コンの本選考で課されたケース面接過去問まとめ|レポート付
 └アクセンチュアのケース面接過去問まとめ  
 └BCGのケース面接過去問まとめ(ボストン・コンサルティング・グループ) 
 └デロイト トーマツ コンサルティングのケース面接過去問まとめ 
フェルミ推定とは?解き方や対策方法、よくある例題を紹介 
【業界研究】外資コンサルの仕組み・ランキング・企業別選考対策を一挙大公開

外資系コンサルティングファームなどの選考でよく出題される"ケース面接"

「ケース面接の練習・対策」を行うのは中々難しく、「十分な対策を積むことができずに選考に臨み、うまく対応することができなかった」というパターンに陥ってしまう就活生も少なくありません。

本記事では、ケース面接の概要や対策方法、また実際にコンサルティングファームで出題されたケース問題まで徹底的に解説していきます。ケース面接完全攻略記事を読んでケース面接の理解を深めましょう。

ケース面接とは?

ケース面接は、与えられたお題に対して制限時間内に施策を検討する面接方式です。

出題内容はコンサルティングの業務で取り組むような経営課題が多く、自ら課題の仮説を立て、それに対する解決策を考えることが必要になります。

通常の企業のグループディスカッションで行うことを個人で行うと考えればわかりやすいでしょう。ケース面接では次のようなお題がよく出題されます。

ケース面接例題

<面接時間>
一般的には20分〜40分

<お題>
・地方私立大学の生き残り戦略を立案せよ
・駅前にあるカフェの売上を2倍にする施策
・売上の落ちている水族館の売上を向上させる方法

以下の記事では、ケース面接の概要から選考で出題される業界まで分かりやすく解説しています。

ケース面接とは?フェルミ推定との違いや出題業界について解説

 

●ケース面接とは
└ケース面接とは
└ケース面接が課される理由
●ケース面接とフェルミ推定の違いは?
●ケース面接の出題例
●ケース面接が出題される業界
└コンサルティングファーム
└投資銀行
└総合商社
●関連記事一覧

ケース面接の評価基準

ケース面接は、面接官と1対1で行うものやGDの一貫として扱うこともあります。それぞれ形式は異なりますが、ケース面接では、テーマに対して一人一人の能力を評価しているので面接官が見ている点は等しいと言えるでしょう。

人事がケース面接で見ているポイントをまとめると以下の3点になります。

ケース面接で人事が見ている3つのポイント

・論理的思考力

・コミュニケーション能力

・思考の柔軟性

以下の記事では、ケース面接で人事が見ているポイントを細かく解説しています。さらに現役コンサルタントによるケース面接の傾向と評価点も掲載しています。

【現役コンサルタントが解説】ケース面接の評価基準と対策まとめ

●ケース面接の評価基準は?
└論理的思考力
└コミュニケーション能力
└思考の柔軟性
●現役コンサルタントによるケース面接の評価と対策
●関連記事一覧

ケース面接の解き方

「ケース面接の練習・対策」を行うのは中々難しく、「十分な対策を積むことができずに選考に臨み、うまく対応することができなかった」というパターンに陥ってしまう就活生も少なくありません。

「東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート」を参考にケース問題の解決手法を5つのステップに分けると次のようになります。

ケース面接の解き方

前提確認:抽象的なお題に対し厳密な条件を与え具体化する。

現状分析:現在どのような課題を抱えているのか、構造化を用いて把握する。

ボトルネック特定:実行できる可能性が高く(実行性)、解決すると効果が出やすい(実効性)課題を探す。

打ち手の立案:特定したボトルネックを解決するような施策を考える。

評価:立案した施策に優先順位を付ける。

以下の記事では、図を用いながらケース面接の解き方と問題例を分かりやすく解説していきます。

【外コン過去問付き】ケース面接の解き方と対策方法を徹底解説
 

●ケース面接の解き方
└前提確認
└現状分析
└ボトルネックの特定
└打ち手の立案
└評価
●コンサルティングファームのケース面接過去問と対策
└BCGのケース面接過去問まとめ(ボストン・コンサルティング・グループ)
└デロイトトーマツコンサルティングのケース面接過去問まとめ
└アクセンチュアのケース面接過去問まとめ 
●関連記事一覧

ケース面接の対策方法

ケース面接は、コンサルタントに不可欠な知的好奇心や傾聴力、論理的思考力、さらにそれらを総合した地頭力を評価されるため難易度が高い選考ステップと言えます。そのため早い時期からの入念な対策と、繰り返しの練習が必要です。

ケース面接で問題を考える上ではまずお題を俯瞰し構造化する必要があります。この時「フレームワーク」を使いこなせれば、短時間でMECE(抜け漏れがない)に構造化することができます。

対策の一つとして以下にフレームワークの具体例を紹介します。

フレームワーク例

3C:「市場・顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)」

4P:「製品(Product)、価格(Price)、流通(Place)、販売促進(Promotion)」

AIDMA:「注目(Attention)、興味(Interest)、欲求(Desire)、記憶(Memory)、購買行動(Action)」

SWOT:「強み(Strength)」「弱み(Weakness)」「機会(Opportunity)」「脅威(Threat)」

など

以下の記事では、ケース面接の対策に役立つフレームワーク・おすすめ本・数値などの知識をご紹介していきます。

ケース面接対策に役立つフレームワーク、おすすめ本、数値を解説

●ケース面接対策に役立つフレームワーク
●ケース面接対策に繋がる「おすすめ本」
●ケース面接対策に必要な「数値一覧」
└日本の数値
└世界の数値
└その他・公式
●関連記事一覧

ケース面接のおすすめ対策本

【厳選】すべての就活生が読んでおくべき4冊の必読書」では、(1)キャリアを深く考えるための土台ができることと、(2)思考法や伝え方の原則を学ぶことで選考で評価されやすくなることの2点を本を読む効果としてご紹介しました。

コンサルティングファームを受ける上では、(2)の内容を理解することが大切になります。なぜならコンサルティングファームは、選考の段階でケース面接やフェルミ推定といった就活生の思考力やコミュニケーション力を測る面接が存在するからです。

そのためにも対策本を読み、必要となる思考法や知識を頭に入れておくことが選考を通過するためには重要な要素になります。

以下の記事では、コンサルティングファームの志望者には是非呼んでいただきたい対策本6冊を紹介します。

【コンサル志望必見!】ケース面接対策に読むべき本6冊

●なぜ本を読む必要があるのか
●ケース面接とは
●ケース面接で人事が見ているポイント
●コンサルティングファーム志望者が読むべき本・6選
└『現役東大生が書いた 地頭を鍛えるフェルミ推定ノート』
└『東大生が書いた 問題を解く力を鍛えるケース問題ノート 』
└『過去問で鍛える地頭力 外資系コンサルの面接試験問題』
└『戦略コンサルティング・ファームの面接試験—難関突破のための傾向と対策』
└『ビル・ゲイツの面接試験—富士山をどう動かしますか?』
└『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』
●番外編
└『考える技術・書く技術ー問題解決力を伸ばすピラミッド問題』
└『ざっくり分かるファイナンス 経営センスを磨くための財務』
└『外資系コンサルのスライド作成術ー図解表現23のテクニック』
●最後に

ケース面接の過去問まとめ

ここでは実際にコンサルティングファームの面接で出題されたケース問題を企業ごとにご紹介しています。是非参考にしてみてください。

企業によっても出題されやすい傾向にあるケースの種類があるため、自分が志望している企業ではどんな問題が出題されるのかなども視野に入れ練習すると良いでしょう。

以下の記事では、ケース面接対策の一つとして、「外コンの20卒本選考で課されたケース面接の過去問」を紹介しています。

外コンの本選考で課されたケース面接過去問まとめ|レポート付

●ケース面接とは
●外コンの本選考で課されたケース面接過去問まとめ
●マッキンゼー・アンド・カンパニー
●ベイン・アンド・カンパニー
●A.T.カーニー
●アクセンチュア
●デロイト トーマツ コンサルティング
●PwCコンサルティング合同会社・PwCアドバイザリー合同会社
●EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング
●KPMGコンサルティング
●最後に

BCGのケース面接過去問まとめ(ボストン・コンサルティング・グループ)

BCGのケース面接過去問まとめ(ボストン・コンサルティング・グループ)

・高層ビルの総工費を求めよ
・腕時計の市場規模を増やす施策を検討せよ
・JRが利益を最大化するための戦略を考えよ

など他にも多数掲載

デロイトトーマツコンサルティングのケース面接過去問まとめ

デロイトトーマツコンサルティングのケース面接過去問まとめ

・​​貨客混載の普及に関するケース問題
①用意されているファクトを自分なりにまとめてメリットデメリットを整理
②整理した内容から自分の賛否を意見する
③貨客混載によって影響を被る業界とその業界の維持発展の施策提案

など他にも多数掲載

アクセンチュアのケース面接過去問まとめ 

アクセンチュアのケース面接過去問まとめ

・フィットネスジムの売上を推定して売上向上施策を考えよ
・自動販売機の売上を向上させる施策を考えよ
・コーヒー店のオーナーとして、売上を2倍にする施策を考えよ

など他にも多数掲載

ケース面接の関連記事一覧

ケース面接・コンサル業界の対策

最後にケース面接、そしてコンサル業界に関する記事をまとめて掲載します。

本文中でもいくつかの記事をご紹介していますが、unistyleにはケース面接に関する記事が数多くありますので、それらを参考にし、選考対策に努めていただければと思います。

ケース面接・フェルミ推定完全攻略記事一覧
【ケース面接完全攻略】解き方や評価基準、対策に役立つフレームワーク・例題・本を徹底解説
ケース面接とは?フェルミ推定との違いや出題業界について解説 
ケース面接の評価基準と対策まとめ【現役コンサルタントが解説】
ケース面接の解き方と対策方法を徹底解説【外コン過去問付き】
ケース面接対策に役立つフレームワーク、おすすめ本、数値を徹底解説
ケース面接対策に読むべき本6冊
外コンの本選考で課されたケース面接過去問まとめ|レポート付
 └アクセンチュアのケース面接過去問まとめ  
 └BCGのケース面接過去問まとめ(ボストン・コンサルティング・グループ) 
 └デロイト トーマツ コンサルティングのケース面接過去問まとめ 
フェルミ推定とは?解き方や対策方法、よくある例題を紹介 
【業界研究】外資コンサルの仕組み・ランキング・企業別選考対策を一挙大公開
コンサル:ケース面接記事

フェルミ推定とは?解き方や対策方法、よくある例題を紹介

【ケース】アイフォンケースの売上はいくらか?【ベイン面接過去問】

【ケース】日本のトイレットペーパーの市場規模は?【モニターグループ過去問】

【ケース】BCGインターン参加者によるケース問題面接実況中継

【ケース】日本にある傘の本数を求めよ【BCG面接過去問】

【ケース】メキシコからアメリカへの移民数の減少要因【BCG14卒論述試験過去問】

【ケース】アイドルグループのCMによる売上増加額はいくらか?【BCG14卒論述試験過去問】

【ケース】日本の年間結婚数は何件か?【BCG過去問】

【ケース】地方私立大学の生き残り戦略を立案せよ【アクセンチュア過去問】

【ケース】日本のフットサル人口を求めよ

【ケース】日本にあるセグウェイの台数は?【13卒BCG論述試験過去問】

【ケース】日本の散髪屋の数を求めよ【野村総研過去問】

【ケース】日本に高等学校は何校あるか?【BCG面接過去問】

【ケース】ネットオークションの売上規模推定と2倍にする施策【ドリームインキュベータ面接過去問】

【ケース】日本のサッカーボールの数は?

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
48,932枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録