unistyle

MENU

更新情報2019/06/26(水)内容を更新しました!

【21卒向け】三井不動産サマーインターンのES選考対策|合格者ES付き

【21卒向け】三井不動産サマーインターンのES選考対策|合格者ES付き

最終更新日:2019年06月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三井不動産のインターンES一覧はこちら

就活生からの人気の高い業界である不動産ディベロッパー業界。三井不動産はその中でも三菱地所と双璧を成し最上位に位置しています。

本記事では、ディベロッパー業界のトップを走る三井不動産について、前半で業務内容と求められる人物像を紹介し、後半では20卒のES例を元に、21卒向けサマーインターンの対策について考察していきます。

三井不動産とは


三井不動産とは、総合ディベロッパーとして日本の不動産業界を牽引する会社です。不動産会社とは、街づくりの企画、土地開発、物件の売買、テナント業、仲介、管理など幅広い業務を扱うのが特徴的です。

その中でも企画・開発を中心的に行う開発事業者のことを「ディベロッパー」と呼び、特にオフィスビルやマンションだけでなく、商業施設、レジャー施設なども総合的に事業対象とするものを「総合ディベロッパー」としています。

業界二番の三菱地所では売上高の多くをオフィスビルの賃貸で賄っている一方で、三井不動産は事業ポートフォリオのバランスがよく、オフィス賃貸、商業施設、住宅分譲など多くのセグメントで収益をあげています。

三井不動産は、オフィス・商業施設・住宅等を絡めた街の複合開発を強みとしていて、具体的に有名な商業施設では、郊外型の「ららぽーと」、地域密着の近隣型「ララガーデン」、ブランドアイテムのショッピングが楽しめる「三井アウトレットパーク」などがあります。

そして事業内容は、国内にとどまらず海外にも展開しています。1972年以来、欧米の主要都市におけるビル事業やハワイでのホテル事業を手がけ、今後は欧米における優良なポートフォリオの構築や成長性の高いアジアでの開発事業を推進し、三井不動産グループの活動エリアを世界中へ広げようとしています。

三井不動産が掲げる求める人物像・素養

三井不動産の求める人物像

三井不動産が求める人物像を考えるにあたってホームページに掲載されている三井不動産のステートメント・ビジョン・ミッションを見ていきたいと思います。

・GROUP STATEMENT(声明)
「都市に豊かさと潤いを」

・GROUP VISION(私たちはどうありたいか)
①「&」マークの理念
「&」マークに象徴される「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、社会・経済の発展と地球環境の保全に貢献する。

②進化と価値創造
多様な「知」を取り入れ融合させることにより、国内外で新たな価値を創造する。
社会環境・市場環境などの変化とそのグローバルな潮流を積極的にとらえる。

③成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ
三井不動産グループ総体の力を公正にいかんなく発揮することによって、「成長性と収益性に富んだ三井不動産グループ」を実現する。

・GROUP MISSION(私たちに今求められていること)
①ビジネスとくらしに関するソリューションとサービスの提供
豊かさと潤いをもたらし、安全・安心で魅力にあふれる空間とソフト、サービスを提供して、街の価値を最大化する。多彩で革新的なソリューションを提供して、不動産投資市場の成長に貢献する。

②グローバルな視野で顧客のパートナーへ
顧客をビジネスの創造ならびに進化・発展の基盤と考える。顧客が真に求めているものを多面的に把握し、グループの総力で提案・実現する。顧客のパートナーとして、高い評価を獲得し続け、ブランド価値を高める。

③企業価値の向上
持続的な利益成長を図るとともに、不断のイノベーションを行うことにより企業価値を向上させる。経営資源の最適活用ならびに効率経営を追求する。常にリスクに対して適正なマネジメントを行う。

④個の力を高め結集してグループの力へ
多彩な人材、多様な価値観を融合し、パイオニア精神に満ちた独創性を育む。個々人がプロフェッショナルな知識・能力を磨き、互いに共有して、付加価値創造力を高める。企業倫理と規律、コンプライアンスについて、常に高い意識を持って行動する。

引用:三井不動産ホームページ

まずGROUP VISIONは、「私たちは現代の社会環境に適応しながら新しい価値を生み出し、多様な人々が共生・共存できる都市を作るべきである」と書かれています。

ここからは、不動産業界における時代に沿った新しい価値を見出す力が必要であることが分かります。そのためGROUP VISIONを達成するためには、「常にチャレンジ精神がある人」「環境変化に対する適応力のある人」が求められます。

そしてGROUP MISSIONは、「私たちは個の力を結集し、顧客に寄り添いながら事業を推進することで、グループ全体として成長し続け、都市に豊かさと潤いを与えるべきである」と書かれています。

そのためGROUP MISSIONを達成するためには、「個の能力を共有しグループとして向上していく力がある人」が求められます。

【三井不動産が求める人物像のまとめ】
三井不動産に求められる人物像は、不動産事業を通して都市に豊かさや潤いを与えるために、「環境変化に対する適応力」「持続的なチャレンジ精神」「個の能力を共有しグループ全体として向上する力」を持つ人物である。

三井不動産の求める素養

不動産業界は事業内容が多岐に渡っており、特に不動産ディベロッパーはゼネコンや各種テナントなど、様々な関係者を取りまとめプロジェクト全体をオーガナイズする役割を担います。このことを踏まえて求められる素養を以下にまとめます。

①〈多様な関係者をまとめて計画を実現するリーダーシップ〉
1つ目に、多様な関係者を取りまとめ大規模なプロジェクトを成功に導くリーダーシップが挙げられます。前述したように、不動産業界では企画・開発(ディベロッパー)、流通、管理と多くの場面で他業者と協力することになり、プロジェクトの全体像を把握する能力が求められます。

つまりこうした業務の中では、社内・社外の関係者と上手く信頼関係を構築し、彼らと密に協力しながらプロジェクト全体を牽引するリーダーシップが求められると考えられます。

②〈魅力的な企画を自ら作り出す創造力・構想力〉
2つ目は、価値ある不動産プロジェクトを生み出す企画力・創造力です。事業者は、プロジェクトで扱う土地や建物に対しその効用を高め、顧客満足度を上げることが求められます。

そのため不動産ディベロッパーは、顧客のニーズを細部まで再現できるように汲み取った上で、それに応えられるような魅力的なコンセプトやプランを作り上げる能力が求められます。

【三井不動産が求める素養のまとめ】
多様な関係者をまとめて計画を実現するリーダーシップ
魅力的な企画を自ら作り出す創造力・構想力

以上を踏まえると、ES、面接などの自己PRや志望動機では、あなた自身が行った計画や提案により何かを作り上げ、結果としてどこに価値を見出だせたのかを述べると良いでしょう。

三井不動産のサマーインターン内容

サマーインターン選考フロー

ここでは、三井不動産のサマーインターンの選考フローを紹介します。20卒のサマーインターン選考フローは以下のようになります。

サマーインターン選考フロー
エントリーシート
 ▼
説明会兼選考会
筆記試験、WEBテスト・適性検査(8月中旬)
 ▼
インターン参加

インターンの実施内容

ここでは、20卒向け三井不動産のサマーインターンの実施内容を紹介します。

開催時期
9月中旬

実施日数・勤務時間
2日間 9:00~18:00

ワーク内容
参加者6人で1グループとし、「日本橋三井タワー」の仮想再開発案を立てる。ビルの営業・企画・事業の視点から各要素を考え、区画にどんなコンセプトのビルを建てるのかを立案する。ビルの企画立案に必要な手法を学びながらディベロッパーという仕事を考え、最終的には、資料をもとに費用まで計算しプレゼンテーションを行う。

社員交流
インターン時間内に軽食が出され、社員の方と話す機会がある。社員の数が限られているためあまり多くは話せない。

雰囲気
参加学生が非常に優秀であり、どのグループも建設的な議論が活発に行われる。2日間と短い時間なので、各役割が要求に合わせて適切に効率良く進めていく。社員の方のフィードバックもレベルが高いので、常に頭をフル回転させて積極的に議論や学びに望む必要がある。
 

三井不動産のサマーインターン選考ES対策

三井不動産のサマーインターンES設問

◆設問1:これまでにあなた自身が一番力を入れて取り組んできた事に関して、ご自由にお書きください。(300字以内)

◆設問2:本インターンシップを志望する理由と、期待することをお書きください。(300字以内)

◆設問3:あなたの身近な「場」のうち、好きなものを1つ挙げて、そのアピールをしてください。(例)自宅、学校、公園、路地、施設など(何を選んでいただいても構いません)。(200字以内)

設問1:これまでにあなた自身が一番力を入れて取り組んできた事に関して、ご自由にお書きください。(300字以内)

意図を踏まえた回答方針

本文はいわゆるガクチカ(学生時代に力を入れたこと)の設問になっています。この設問ではあなたの人物像を知ろうとしており、インターンの選考であるとはいえ三井不動産の求める人材と合致しているかどうかを判断しています。

そのため本設問では、前述した三井不動産が求める人物像を把握した上で記述していきましょう。ガクチカのフレームワークは次の通りです。

①結論

②動機

③目標と困難

④取り組みと結果

⑤人柄

⑥学び

学生時代に頑張ったことのさらに詳しい書き方に関しましては、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【ガクチカの書き方を解説】6つのポイントで魅力的なES作成を
→学生時代頑張ったことに関する設問についての解説記事です。評価される内容の選び方や論理的な構成にするためのフレームワークなどの実践的なテクニックが載せてありますので、ESを書く際の参考にしてみて下さい。

合格者の回答

インターン生の交流会のイベントの責任者をしたことだ。私はこのイベントで「インターン生がイベントを通じて、今までの経験を自分の糧とし一皮むける」という願いを込めて「脱皮」というVISIONを掲げた。

最初はチーム員があまり理解を示してくれなかったが、自分がVISIONに込めた想いを話していくことでだんだんと理解を得ることができた。そしてこのVISIONを達成するために何をするべきなのかとチームが同じ方向を向かせることができた。

その結果、歴代最高の満足度を出すことができた。その経験からチームで成し遂げるためにはVISIONという目指すべきものを明確に提示し、全員が理解し、目指すようにするということ、つまりVISIONの浸透が最も大切な要素だと感じた。

 

参考:三井不動産 インターンエントリーシート

こちらは20卒インターンの合格者の回答です。おおよそガクチカのフレームワークに沿って記述してあり、動機や人柄については触れられていませんが、文字数制限が300文字と少ないため伝わりやすい文章に内容の取捨選択を心掛けましょう。

回答内容は、チームをまとめて一つの物事を達成させた経験が述べられており、求める人物像・素養にあるような「個の能力を共有しグループ全体として向上する力」「多様な関係者をまとめて計画を実現するリーダーシップ」が読み取れます。

これに加えて、企画のどのような点で歴代最高の満足度を得たのかを記述することによって、「魅力的な企画を自ら作り出す創造力・構想力」をアピールすることができるでしょう。

設問2:本インターンシップを志望する理由と、期待することをお書きください。(300字以内)

意図を踏まえた回答方針

こちらは、インターンの志望動機と期待することを問う設問です。そもそもインターンとは企業が学生に自社や業界について知ってもらい、興味をもってもらいたいとの目的から開催されるものです。

実際には広報だけでなく採用を目的とした活動でもあるため、直接的には三井不動産の志望度の高さは問われていないものの、志望動機に準ずるものを記載するべきだと考えられます。今回はインターンシップ志望動機であるため、コース内容などに触れたものであることを意識しましょう。

【例文有!なぜその会社なの?】志望動機の伝え方、企業選びの軸の定め方を徹底解説のフレームワークを参考にして記述するとよいでしょう。

①成し遂げたいこと

②きっかけとなる経験

③企業選びのポイント

④他に受けている業界とその業界ではダメな理由

⑤具体的に取り組みたい仕事

⑥業界の中でもその企業の理由

③企業選びのポイントや⑥業界の中でもその企業の理由について重点的に述べると意図に沿った回答になると思います。そのために不動産業界の特徴や三井不動産の強みなど業界・企業に対する理解が重要です。

一方、インターンの志望動機であるため、④他に受けている業界とその業界ではダメな理由、⑤具体的に取り組みたい仕事について詳細に記述する必要はないでしょう。

また、①成し遂げたいことや⑥業界の中でもその企業の理由をもとに期待することを記述することで、一貫性があり論理的に記述することができます。何に関心があって、何を知りたいのか端的に述べましょう。

参考:【例文有!なぜその会社なの?】志望動機の伝え方、企業選びの軸の定め方を徹底解説
→多くの学生を悩ませる志望動機の作り方について、企業の意図を踏まえながら解説していきます。上記のフレームワークの活用法についても紹介しているのえ、参考にしてみてください。

合格者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は37186枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

設問3:あなたの身近な「場」のうち、好きなものを1つ挙げて、そのアピールをしてください。 (例)自宅、学校、公園、路地、施設など(何を選んでいただいても構いません。)(200字以内)

意図を踏まえた回答方針

あなたという人物について知ろうとしている設問です。好きな「場」をあげさせることで、どのような施設・街を作りたいのかということを見ようとしていると考えられます。

三井不動産のESだからと言って、無理に三井不動産が手掛けた施設・街を選択する必要はないでしょう。自分自身が好きな場所を記述してください。

また好きな理由として「その建物のデザインが好きだから」ということを述べるより、「その建物があることで人の交流が盛んになった」というようなハード面よりソフト面に焦点を当てた回答をすべきでしょう。

三井不動産は建物を建てているのではなく、その先の「都市に豊かさと潤いを」与えるモノを創っています。そのことを念頭に置いた上で回答することで、評価されやすくなると思います。

合格者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は37186枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

三井不動産のインターンシップは人気があり、かなりの倍率となることが予想されます。そのため業界研究・企業研究を行った上でESに臨みましょう。是非、この機会に他のunistyleの記事もご参照下さい。

本記事が皆様の就職活動の一助となれば幸いです。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
37,186枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録