unistyle

MENU

更新情報2021/05/10(月)内容を更新しました!

デベロッパーとは?仕事内容や魅力、やりがいについて徹底解説

デベロッパーとは?仕事内容や魅力、やりがいについて徹底解説

最終更新日:2021年05月10日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

大規模な不動産開発を行い、「地図に残る仕事」ができるということから、デベロッパーという仕事に魅力を感じている就活生が多いようです。

ここでは就活生に人気の業種であるデベロッパーとはそもそもどのような職業なのかということについてご紹介します。

デベロッパーとは

デベロッパーとは

デベロッパー(developer)とは直訳すると「開発者」という意味で、この単語から具体的な仕事内容を想像するのは難しいと思います。

ここでは、デベロッパーとはそもそもどのような仕事なのかということと、不動産業界での立ち位置について詳しく解説します。

デベロッパーとは

街作りや不動産建設の開発・企画から販売まで一手に引き受けているのが不動産デベロッパーです。デベロッパーは開発した不動産(住宅や施設)を販売・賃貸することで主な収益を上げています。

ゼネコンとの違い

不動産業界の中で、デベロッパーと混同されやすいのがで「ゼネコン」と呼ばれる業界です。

ゼネコンとは、英語で「General Contractor」の略で、直訳すると「総合請負業者」を意味します。不動産デベロッパーなどの発注者の発注を受けて実際に建設工事を請け負い、完成させる建築会社のことをゼネコンと言います。

「スーパーゼネコン」と呼ばれる一部の大手建設会社になると、企画・開発から建設まで一手に引き受けることもあります。例を挙げると、鹿島建設は「ゼネコンデベロッパー」として、事業企画から設計・施工、完成後の運用までを請け負っています。

スーパーゼネコン各社では、このようなデベロッパー化が進んでいるようです。

総合デベロッパーと専門デベロッパーの違い

専門デベロッパーは、不動産のなかでも特定の分野を専門とするデベロッパーです。例をあげると、マンションの開発・販売に特化しているマンションデベロッパーなどが存在します。一方、総合デベロッパーは不動産を幅広く取り扱うため、様々な建物を開発し、街づくりを行うようなイメージで業務を行います。

一口にデベロッパーといっても、企業ごとに携わることができる不動産の種類が変わってくるため、自分がどのような仕事を行いたいかということとすり合わせながら企業選びをしましょう。

デベロッパーの仕事内容

デベロッパーの仕事内容

デベロッパーが何かということがわかったところで、詳細な仕事内容について見ていきましょう。事業内容に関しては、不動産業界とは?業種ごとの仕組みをわかりやすく解説でも紹介しています。

今回は、就活生に特に人気の高い総合デベロッパーに焦点を当て、その仕事内容を紹介します。

事業用地取得

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

事業企画

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

営業

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61273枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

デベロッパーのやりがい

デベロッパーのやりがい

ここまでデベロッパーの業務を紹介してきましたが、仕事をするうえで、デベロッパーはどのようなところにやりがいを感じているのでしょうか。デベロッパーの仕事の中のやりがいについて紹介します。

地図に残る仕事

総合デベロッパーは住宅に限らずショッピングモールやリゾート地などの大規模な開発を行なっており、「街づくり」を担っていると言えます。

具体的には、ららぽーとや東京ミッドタウンなどは三井不動産が開発したものです。さらに、土地の再開発もデベロッパーの業務であり、三菱地所の丸の内再開発事業などが挙げられます。

不動産という大規模な商材を扱うことから、「地図に残る仕事」ができるという部分にデベロッパーという職業の魅力を感じる学生が多いようです。【デベロッパー業界内での志望動機対策】内定者ESから見る3つの視点とはの記事でも、街づくりに魅力を感じた学生の志望同機の例が紹介されています。

デベロッパーで求められる人物像

デベロッパーに求められる人物像

ここまで具体的な仕事内容を紹介してきました。デベロッパーの仕事イメージを掴むことができたでしょうか。

そこで、実際にデベロッパーとしてどのような人物が活躍しているのか、興味を持った方もいると思います。ここでは、デベロッパーとして働いていくうえで適性のある人物像を2点挙げていきます。

チーム意識がある人

チーム意識がある人とは、協調性があり、周囲の人間と連携して仕事を行うことができる人のことです。土地開発という大きなプロジェクトを行っていくうえで、社内の人間だけではなく、社外の人間とも協力しなければなりません。このようなことから、デベロッパーになるにはチーム意識が必須と言えます。

統率力のある人

統率力がある人とは、周りの人を束ねて牽引する人のことです。多様な業務の総合的な管理を行わなければならないので、周囲へ気配りをしながら率いていく能力が必要になります。

デベロッパー業界:22卒就活生向けのLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

「そもそもオープンチャットって何?」という疑問が浮かんでいる方は、まずは下記の記事をご確認ください。

【就活生の利用者数No.1】LINEオープンチャットを紹介|23卒・24卒向け

実際に【22卒】デベロッパー業界志望者向けグループでは、現時点(2020年12月中旬)で約3,800名もの就活生が参加し、選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

【22卒】不動産業界(デベロッパー)志望者向けグループ

まとめ

デベロッパーは街づくりができる仕事

ここまで、デベロッパーとは何かということについて紹介してきました。

本記事を読んで、デベロッパーという職業に魅力を感じた方もいるかもしれません。

「大きな仕事がしたい」「仕事に誇りを持ちたい」という方には、デベロッパーという職業は魅力的です。デベロッパーを志望することで、理想の働き方を実現することができるのではないでしょうか。

本記事ではデベロッパー業界の仕事内容や魅力、やりがいについて解説してきました。こちらの動画では不動産業界の全体像について紹介していますので、あわせてご覧ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,273枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録