unistyle

MENU

更新情報2020/07/08(水)内容を更新しました!

【22卒向け】PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考(ES・Webテスト・面接)対策

【22卒向け】PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考(ES・Webテスト・面接)対策

最終更新日:2020年07月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターンエントリーシート(ES)一覧はこちらから

プライスウォーターハウスクーパース(以下、PwC)は、ロンドンを本拠地とし、世界158カ国に約236,000人のスタッフを擁する世界最大級のプロフェッショナルサービスファームです。

デロイト トウシュ トーマツ、KPMG、アーンスト・アンド・ヤング(EY)と並び、世界4大会計事務所・コンサルティングファーム(Big4)の一角を占めています。

世界中にネットワークを持っているPwCグループの中でも、今回はPwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考を突破するための攻略法についてご紹介します。

※本年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、企業の採用・選考活動に大きな影響が出ております。そのため、今後の状況が新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で変更する可能性があることを念頭に置かれますようお願い致します。

コンサルティング業界とは

コンサルティングとはコンサルティングとは、「企業や各種団体が経営上抱える様々な課題に対して解決策を提示し、その実現を支援する業務」です。

コンサルティングファームはクライアントの様々な情報を分析し、社内システムから経営方向、今後の展開や人事戦略など、多角的な視点に基づき解決策を提示します。

コンサルティングは、企業の課題解決を担うという性格から、病気を診察し、投薬や治療を行う医者に似ていると言われることがあります。しかし、コンサルティングの業務は、企業の課題解決に留まりません。

例えば、新規事業の立ち上げを成功させるなど、企業が目指す姿を共に実現する役割があります。

ユーロモニター、IDC Japan、電通、日本交通公社の調査結果によると、2020年現在、国内のコンサルティング業界の市場規模は約1800億円から3000億円であり、一方アメリカのコンサルティング業界の市場規模は約6兆円から10兆円といわれます。(アビームコンサルティングHP参照)

国内のコンサルティング業界は現在発展を続けており、今後大きな成長が期待される業界といえます。

コンサルティングの対象はサービスにより分類され、業界は以下の5つに大別されます。

コンサルティング業界の分類
■総合系コンサルティングファーム
→デロイト・トーマツ・コンサルティング、KPMGコンサルティング、PwCなど
■戦略系コンサルティングファーム
→マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、ベイン・アンド・カンパニーなど
■ITコンサルティングファーム
→アクセンチュア、IBM、など
■シンクタンク系コンサルティングファーム
→野村総合研究所、三菱総合研究所、など
■業界・業務特化型コンサルティングファーム
→マーサー・ジャパン、リンクアンドモチベーション、など

【参考】【業界研究|コンサルティング】コンサルティングとは?から選考対策までを解説

今回ご紹介するPwCは、総合系コンサルティングファームに該当します。

総合系コンサルティングファームとは、金融・製造業界などの産業界から、中央官公庁を筆頭とした、パブリックセクターに至る幅広い業界をビジネスパートナーとしています。また、上流〜下流のオペレーションまでの様々なサービス提供を行います。

一つ一つのプロジェクトに対して半年から1年ほどの期間で企業にアサインし、様々な案件に関わりながらコンサルタントとしてのキャリアを歩みます。そのため最初の数年間は様々な業界、分野のコンサルティングに関わりながら、徐々に自分の強み・専門性を磨きたい分野を突き詰めていくことになるようです。

コンサルの詳しい分類や働き方については、以下の記事も参考にしてみてください。

PwCとは

PwCとはPwCはデロイト トウシュ トーマツ、KPMG、アーンスト・アンド・ヤング(EY)と並び、世界4大会計事務所・コンサルティングファーム(Big4)の一角であり、世界158カ国に約236,000人を擁するプロフェッショナルファームです。

グローバルネットワークを活用し、コンサルティング、ディールアドバイザリーに加え、監査、税務などの様々な領域にまたがった総合的な提案が可能であることがPwCの最大の強みとなっております。

また、全米上位500位社をランキングした『Fortune500』の企業の約90%がPwCのパートナーになっており、PwCは、日々そのクライアントの課題解決に挑んでいます。

PwC Japanとは

PwC Japanは、日本におけるPwCグローバルネットワークのメンバーファームおよびそれらの関連会社の総称です。

各法人はそれぞれ独立した別法人として事業を行っています。複雑化・多様化する企業の経営課題に対し、PwC Japanでは、監査およびアシュアランス、ディールアドバイザリー、コンサルティング、税務、そして法務における卓越した専門性を結集し、それらを有機的に協働させる体制を整えています。

PwC Japanに含まれる各法人は以下の通りとなっております。

●PwCあらた有限責任監査法人
●京都監査法人
●PwCアドバイザリー合同会社
●PwC税理士法人
●PwC弁護士法人
●PwC総合研究所合同会社
●PwCサステナビリティ合同会社
●PwCサイバーサービス合同会社
●PwCビジネスアシュアランス合同会社

また、公認会計士、税理士、弁護士、そのほか専門スタッフ6,300人以上を擁するプロフェッショナルサービスネットワークとして、クライアントニーズにより的確に対応したサービスの提供に努めています。

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&とは

現在ではPwCコンサルティング合同会社の一員となっていますが、Strategy&は元々、1914年に設立された歴史ある戦略系コンサルティングファームです。

元々の社名は「ブーズ・アンド・カンパニー」というものでした。ブーズ・アンド・カンパニーは、2014年にPwCに買収されたタイミングに合わせ、ブランド名も「Strategy&」に変更しています。

Strategy&について、Strategy Consulting Leaderの矢吹氏は同社採用HPにて以下のように述べています。

Strategy&は、世界最大級の戦略コンサルティング・チームとして、約100年にわたる活動の歴史から得られた経験や示唆をもとに、ビジネスリーダーの目線に立った実践的なコンサルティング・サービスの提供を目指しています。

多様な経験とバックグラウンドを備えた世界各国のプロフェッショナル・チームとともに、日本企業が、その活動領域はもとより、パフォーマンスやカルチャーといった観点からも、本当の意味でのグローバル化を実現し、さらなる成長を実現していくためのお手伝いをしていきたいと考えています。

また、社会における企業の役割があらためて問われつつあるなか、短期的な利益の実現のみにとらわれず、クライアント企業の長期的かつ本質的な成功につながる提言のあり方をつねに追求してまいります。

引用:Strategy& Japan HP

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の主要サービスは以下の通りとなっております。

●全社・事業戦略
●カスタマー戦略
●オペレーション戦略
●組織戦略
●イノベーション戦略
●テクノロジー戦略
●グローバル戦略

2016年3月のPwC Japanの組織再編により、PwCのコンサルティング部門とStrategy&は同法人となりましたが、リクルーティングプロセスはそれぞれ独立しているので注意しましょう。

今回は、そんなPwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン内容や選考について解説していきたいと思います。

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン内容

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン内容ここでは、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の22卒向けインターン内容について紹介していきます。

サマーインターンシップ 戦略コンサルタント職

日程
8月23日(日)~25日(火)
9月6日(日)~9月8日(火)

実施場所
PwCコンサルティング合同会社 東京丸の内オフィス
〒100-6921 東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内パークビルディング21階
※オンライン または 途中でオフィスにお越しいただく可能性がございます。


概要
・PwC Strategy&では、プロフェッショナルな戦略コンサルティングのダイナミズムと面白さ、そして本質に触れて頂くため、インターンシップを実施致します。
・本インターンシップは、実際の経営課題に関連したテーマを元に、具体的な市場・競争環境の分析からその示唆の抽出等を行って頂くプログラムです。
・プログラム参加者のうち優秀者は本選考へ優先案内されます。

その他
首都圏以外等遠方からご参加の方は、規定に応じて実費交通費・期間中の実費滞在費が支給されます。

エントリー締切
7月12日(日)

参考:Strategy& Japan 新卒採用HP

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の求める人物像

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の求める人物像ここでは、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の求める人物像について考察していきます。

同社採用HPでは、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の求める人物像について以下のように述べています。

グローバル化やIT化などが進む中、経営課題はより複雑化しており、経営者にとって重要でかつ難解な問題を解決していくため には、市場・競合環境の変化への洞察、幅広い機能分野の理解、組織を動かす力などが総合的に求められます。

組織を船に喩えると、海図を読み気象状況を分析 して船の進むべき指針を考えることはもちろん重要ですが、船がどのようにして動くのか、最も効率的に進めるにはどうすべきか、その仕組みを理解・設計し、 船員の方々の役割をきちんと定義し、適材適所・士気向上に努めてこそ、船は目的地に間違いなく早く辿り着けるのです。

経営者の問題解決を支援するコンサル タントにとっても同様で、船長の有能な右腕として機能するには、海図・気象状況、船の仕組み、船員の方々、すべてを理解しておく必要があります。

戦略コンサルティングを担うチームに求められる要素

上記のような困難な課題に対峙し、クライアントと共に問題解決をしていくために、戦略コンサルティングを担うチームに必要なこと、それは以下の3つだとは確信しています。

多様性:様々な分野における最高の人材

チームワーク:専門性を統合し、付加価値を最大化

共通の価値観:顧客サービスとプロフェッショナルとしての自負

(中略) 

コンサルタントに求められる3つのタフネス

コンサルタントとして成功するためには、どのような資質が求められるのでしょうか。それは、3つのタフネスです。

知的タフネス
知識豊富で論理的かつ客観的であることは、コア・コンサルティング・スキルと呼ばれる必須科目です。ただし、全ての必要なデータがすぐに入手できることは稀で、仮説を基に枠組みを考え、「当たらずとも遠からず」の答えを出す創造力も求められます。加えて重要なのは、コミュニケーション力です。クライントに納得し実行してもらうためには、相手の話を聴き、効果的なプレゼンテーションを考え、メッセージの一言一句や分かり易いチャート作成などに心を砕き、時には組織の政治的ダイナミクスを読み必要な根回しができるタフネスが必要です。

体力的タフネス
我々が扱う経営課題は多くの場合、定型的な解決案があるわけではありませんし、顧客毎に組織能力が異なり実効性のある解決策はまちまちです。クライアントへの付加価値を最大化するにはどうしても長時間労働になりがちです。それをやり抜く体力はやはり必要です。

精神的タフネス
現代社会はストレスなしでは生きて行けません。特にコンサルタントの仕事は、時間との戦いで、またチーム戦ですから、様々なストレスに囲まれています。チャレンジを前向きに考えられる、何事も楽しんでやれる、多忙を極める中でライフバランスを取れる、常に安定していられるようなタフネスが必要です。

このようなタフネスを身に付けて、クライアントや世界のビジネスシーンの変革に関わる仕事ができる仲間を私たちはお待ちしています。

引用:Strategy& Japan 新卒採用HP:求める人物像

上記の内容を踏まえて、ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?に即して考えると、以下の3つの特徴を持つ人材がPwCコンサルティング合同会社 Strategy&の求める人物像に当てはまります。

  • 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる
  • リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる
  • 価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考フロー

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考フローここでは、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の22卒向けインターン選考フローについて紹介していきます。

22卒向けインターン選考フローは以下の通りとなっております。

インターン選考フロー

エントリーシート(ES)提出

提出締切:7月12日(日)
⬇︎
適性検査(Webテスト)

⬇︎

面接
⬇︎

インターン参加

※上記選考日程及び内容は変更になる場合がございます。

以下では、各選考対策についてそれぞれ詳しく解説していきます。

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考:エントリーシート(ES)対策

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考:エントリーシート(ES)対策ここでは、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の22卒向けインターン選考のエントリーシート(ES)対策について紹介していきます。

22卒向けインターン選考のエントリーシート(ES)の設問は以下の内容となっております。

  • あなたが戦略コンサルティングのインターンシップに興味を持った理由は何ですか(400字以内)

この設問では、いわゆる「志望動機」を聞かれています。

企業が志望動機を質問する目的としては、(1)自社への志望度を知りたい(2)入社の際のモチベーションを知りたいという2つが主に挙げられます。

そのため上記2つの目的を網羅する論理的な志望動機を伝え、志望している理由を、企業の採用担当者に納得してもらう必要があります。

また、今回の設問は「インターン参加への志望動機」となります。

そのため、"このインターンで何を学びたいのか・このインターンに参加することによってどのような姿になりたいのか"などを書けると、高い評価を得ることができます。

志望動機の大まかな構成については以下のフレームワークを参考にしてみてください。

また、実際に通過したエントリーシート(ES)のこの設問に対する回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は46180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考:Webテスト対策

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考:Webテスト対策ここでは、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の22卒向けインターン選考のWebテスト対策について紹介していきます。

現時点(7月6日)では、22卒向けインターン選考のWebテストの詳細が不明となっております。したがって、以下ではunistyleのインターンレポートや独自調査で得た情報を参考に、例年のWebテストの内容について紹介します。

本年度と内容が異なる場合がございますので、参考程度にご覧ください。

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のunistyleインターンレポートはこちらから

例年、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考のWebテストでは、以下のような形式で行われています。

内容:TG-WEB[言語・計数・性格検査]
形式:テストセンター

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のWebテストのボーダーは非常に高いと言われています。TG-WEBに慣れていない人は問題集を買って一通り問題に慣れておく必要があるでしょう。

TG-WEBとは

「TG-WEB」とは、SPIや玉手箱と並ぶWebテスト(適性検査)の一種です。ヒューマネージ社の作成する自宅受験型の適性検査で、他の適性検査と問題形式が異なり「従来型」と「新型」があることから、問題の傾向が異なるのでそれぞれに対する対策が必要になります。

「従来型」

「従来型」では他の適性検査とは異なる、馴染みのない比較的難しい問題が課されます。

言語では、長文読解や空欄補充、並べ替えなどが出題されます。特に長文では専門的な内容や抽象的な内容が多いことが特徴とされています。計数では、暗号や展開図などSPIでは見ないような問題が課されます。また、推論の問題も出題されますが、他社のテストよりも難しいことが特徴です。

科目

【言語】
■問題数と時間
12問/12分

■内容
空欄補充(熟語・接続詞)/空欄補充(二語補充)/文字の並べ替え/長文読解・趣旨把握)

■ポイント
文章読解の問題が出題されます。1問あたりに1分で解かなければ完答できないので、あまり読み込み過ぎず手際よく解いていくことがポイントになります。

【計数】
■問題数と時間
9問/18分

■内容
積木問題/立体の切り口/積木の切断個数/経路問題/一筆書き/折り紙/タイル敷詰め/サイコロ/サイクロイド/暗号/場合の数/平行四辺形・立体・直方体の数/多面体の辺・頂点の数/数列(郡順列・表型)/論理・待遇と三段論法/推論(順位付け・嘘つき・じゃんけん・表で整理)/集合(SPIレベル・3つの質問・集合)

■ポイント

・基本的に9問のうち4問が図形・パズル形式、5問が推論形式の問題となっています。


推論形式の問題については、文章から推測して解くタイプの問題であり、SPIの非言語分野で出題される推論の問題と似ています。

 

図形・パズル形式の問題は複雑な図形の展開図を問う問題など、比較的難しい問題が出題されます。SPIなどで出題されない問題であるため注意が必要です。

【英語】
■問題数と時間
10問/15分

 

■ポイント

全体で2つの長文が用意され、1つの長文につき5つの設問が課されます。それぞれの設問では、空所補充、語句の言い換え、内容一致などの問題がランダムに出題されます。

 

大学受験などで課されるような一般的な長文読解の問題としてイメージして良いと思います。

 

また、Webテストであるため辞書を引くことも可能ですが、制限時間を考えるとそう何度も辞書を引く余裕は無いと思います。辞書を使わないのがベストですが、もし使うとしても回答する上で重要となる単語だけにした方が良いでしょう。

「新型」

一方新型では、比較的難しくない問題を短時間で数多く課されます。

言語では、従来型では出題されない同義語や対義語と言った単発的な問題が出題されます。計数では、SPIで課されるような方程式を使う問題や四則演算、図表を使った問題が課されるようです。

科目

【言語】

■問題数と時間
34問/7分

■内容
空欄補充(熟語・接続詞)/空欄補充(二語補充)/文字の並べ替え/長文読解・趣旨把握)

■ポイント

文章読解の問題が数問と、単語の同義語・対義語・意味などを問う語彙問題が課されます。割合としては語彙問題の方が多く、従来型の問題よりもスピードを意識して解くことが重要です。

 

語彙問題のレベルとしてはそこまで難しくはありません。難問というよりは、社会人として必要となるレベルの問題だと言えるでしょう。ただ、語彙問題においては予め知識が必要です。

 

【計数】
■問題数と時間
36問/8分
 

■内容
積木問題/立体の切り口/積木の切断個数/経路問題/一筆書き/折り紙/タイル敷詰め/サイコロ/サイクロイド/暗号/場合の数/平行四辺形・立体・直方体の数/多面体の辺・頂点の数/数列(郡順列・表型)/論理・待遇と三段論法/推論(順位付け・嘘つき・じゃんけん・表で整理)/集合(SPIレベル・3つの質問・集合)
 

■ポイント

基本的に36問のうち6問が図表の読み取り問題、30問が四則逆算の問題という構成となっています。

 

問題自体の難易度はそこまで高くありませんが、8分という短時間で解く必要があるという点で正確に素早く解くことが求められます。

 

【英語】

■問題数と時間

10問/15分

 

■ポイント

英語は「従来型」同様、全体で2つの長文が用意され、1つの長文につき5つの設問が課されます。それぞれの設問では、空所補充、語句の言い換え、内容一致などの問題がランダムに出題されます

大学受験などで課されるような一般的な長文読解の問題としてイメージして良いと思います。

また、Webテストであるため辞書を引くことも可能ですが、制限時間を考えるとそう何度も辞書を引く余裕は無いと思います。辞書を使わないのがベストですが、もし使うとしても回答する上で重要となる単語だけにした方が良いでしょう。

「従来型」「新型」で問題形式が大きく異なります。例えば、一度ある企業でTG-WEBを受験していた場合、次に受ける企業で「TG-WEB」を受けても「従来型」「新型」で異なる場合もあります。

一度受験した形式が他の企業でも同じ形式であるという保証はないので注意が必要です。それぞれの問題形式についてもしっかりと把握しておきましょう。

下記で出題される科目のごとの問題数と所要時間をまとめているので参考にしてみてください。

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考:面接対策

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考:面接対策ここでは、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の22卒向けインターン選考のWebテスト対策について紹介していきます。

Webテスト対策と同様に、現時点(7月6日)では、22卒向けインターン選考の面接の詳細が不明となっております。したがって、以下ではunistyleのインターンレポートや独自調査で得た情報を参考に、例年の面接の内容について紹介します。

本年度と内容が異なる場合がございますので、参考程度にご覧ください。

例年、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のインターン選考の面接では、ケース筆記とケース面接が行われています。

それぞれの対策について詳しく紹介していきます。

ケース筆記

ケース筆記とは、ケースで出されたお題の回答を紙面にまとめる試験のことです。制限時間は30分程度で、フェルミ推定やケース問題が出題されます。回答用紙に思考に至った過程や具体的な計算結果を記入していきます。

ケース面接と異なり、コミュニケーションを通じて新たな情報を聞き出すことができません。また、回答用紙に記載した内容のみで面接官に論理的思考能力をアピールすることが求められます。わかりやすい回答作りのために次のことに留意しましょう。

  • 定義づけした内容を明確に記載する
  • 仮定や結論を最初に記載することで、全体像を意識する
  • 具体的な数値は根拠を記載する
  • フェルミ推定での結果がどうケースで活用できるのか意識する

基本的に思考プロセスはケース面接対策と変わりませんが、制限時間を設けて紙にまとめる練習をすると良いでしょう。

以下の記事では、上記のケース筆記テスト対策に有用だと思われる参考書を紹介したものです。同社のインターン選考に参加する前に、是非参考にしてみてください。

参考:【コンサル志望必見!】ケース面接対策に読むべき本6冊

ケース面接

PwCコンサルティング合同会社 Strategy&のケース面接では、フェルミ推定の概算をもとに課題に対する施策を考えることが求められます。

フェルミ推定とは、一見出せそうもない数字をいくつかの手がかりを元に導き出していくものです。
 
有名な問題ですと、「シカゴにいるピアノ調律師の人数」や「日本にある電柱の数」などがあります。
 
コンサルティングファームの面接では、どちらかだけが出題されるというよりは、フェルミ推定の概算をもとにケース面接を行うといった流れが多いです。

フェルミ推定に関しては、『フェルミ推定とは?解き方や対策方法、よくある例題を紹介』の記事を参考にしてみて下さい。

また、「ケース面接の練習・対策」を行うのは中々難しく、「十分な対策を積むことができずに選考に臨み、うまく対応することができなかった」というパターンに陥ってしまう就活生も少なくありません。

「東大生が書いた問題を解く力を鍛えるケース問題ノート」を参考にケース問題の解決手法を5つのステップに分けると次のようになります。

ケース面接の解き方

前提確認:抽象的なお題に対し厳密な条件を与え具体化する。

現状分析:現在どのような課題を抱えているのか、構造化を用いて把握する。

ボトルネック特定:実行できる可能性が高く(実行性)、解決すると効果が出やすい(実効性)課題を探す。

打ち手の立案:特定したボトルネックを解決するような施策を考える。

評価:立案した施策に優先順位を付ける。

以下にケース面接・フェルミ推定の完全攻略記事一覧を載せておりますので、ケース面接やフェルミ推定の対策を行う際は是非参考にしてみてください。

ケース面接・フェルミ推定完全攻略記事一覧
【ケース面接完全攻略】解き方や評価基準、対策に役立つフレームワーク・例題・本を徹底解説
ケース面接とは?フェルミ推定との違いや出題業界について解説 
ケース面接の評価基準と対策まとめ【現役コンサルタントが解説】
ケース面接の解き方と対策方法を徹底解説【外コン過去問付き】
ケース面接対策に役立つフレームワーク、おすすめ本、数値を徹底解説
ケース面接対策に読むべき本6冊
外コンの本選考で課されたケース面接過去問まとめ|レポート付
 └アクセンチュアのケース面接過去問まとめ  
 └BCGのケース面接過去問まとめ(ボストン・コンサルティング・グループ) 
 └デロイト トーマツ コンサルティングのケース面接過去問まとめ 
フェルミ推定とは?解き方や対策方法、よくある例題を紹介 
【業界研究】大手外資コンサルの仕組み・ランキング・企業別選考対策を一挙大公開

最後に

最後に本記事では、PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の22卒向けインターンについて紹介してきました。

PwCはPwCコンサルティング合同会社 Strategy&以外にも、ITソリューションコンサルタント職やビジネスリスクコンサルタント職などもインターンを募集しています。

沢山のインターン選考を経験することで、企業理解だけでなく、本選考に向けたエントリーシート(ES)やWebテスト、面接対策にもなるので応募してみたらどうでしょうか。

関連記事
PwCの選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから
PwCコンサルティング合同会社 Strategy&の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

Strategy&のES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機へ
【業界研究|コンサルティング】コンサルティングとは?から選考対策までを解説
【業界研究】大手外資コンサルの仕組み・ランキング・企業別選考対策を一挙大公開

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
46,180枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録