unistyle

MENU

更新情報2020/07/14(火)内容を更新しました!

【22卒向け】野村證券のインターン内容と選考(エントリーシート)対策|合格者ES付

【22卒向け】野村證券のインターン内容と選考(エントリーシート)対策|合格者ES付

最終更新日:2020年07月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
野村證券のインターンエントリーシート(ES)一覧はこちら

証券業界で40%以上のシェアを持ち業界のトップを走る野村證券。

就活生の人気ランキングでも毎年上位にランクインしており、特に営業を通して自分の実力を養いたい就活生や、競争環境に身を置いて仕事をしたいと考える就活生からの人気が高い企業です。

本記事では、野村證券の22卒向けインターンについてコース内容や選考対策を解説しています。

※本年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、企業の採用・選考活動に大きな影響が出ております。そのため、今後の状況が新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で変更する可能性があることを念頭に置かれますようお願い致します。

証券業界とは

証券業界とは証券会社とは、株式や債権(国債や社債など)、投資信託、不動産投資信託の個人・法人への売買を手がける会社のことを言います。

銀行・信託銀行がプレイヤーとなる間接金融とは異なり、証券会社が携わるのは、企業や国が発行する株式や債券を投資家が購入し、その購入資金が企業や国に直接供給される仕組みである直接金融になります。

以下では下記の図を用いて証券業界の仕組みについて説明します。

上記の図が示す通り、証券会社の役割とは、「資金を運用したい投資家などの人達の資産運用ニーズ」と「資金を必要としている企業や国の資産調達ニーズ」のマッチングと言えます。具体的には株式や社債を含む有価証券を売買し、配当・利息をやり取りするという形になります。

具体的な業務内容は、以下の4つ部門で分けられます。

  • 営業部門
  • アセット・マネジメント部門
  • グローバル・マーケット部門
  • インベストメント・バンキング部門(IBD)

ここからは各業務について詳細に説明していきます。

営業部門

この部門では、営業を通じて株式や債券など、さまざまな金融商品を個人や中小企業に提供することで販売手数料を得るという形の業務です。

一般的な証券会社のイメージはほぼこの部門の業務から来ているのではないでしょうか。実際に新卒採用で証券会社に入ると大半の新入社員がこの部門に回され、日本各地の支店に配属になり営業に打ち込むことになります。

アセット・マネジメント部門

アセットマネジメント部門では、個人投資家や機関投資家などのクライアントに対し、投資信託や投資顧問などの資産運用サービスを提供し、そこからフィーを獲得するという形式になっています。

単純な株式の売買ではその売買の時という短期的な手数料利益しか生じないのに対し、投資信託などを提供し、顧客と長期的な関係性を維持できれば利益は長期的に獲得することができます。

それゆえに、現在各証券会社では、「顧客の資産運用に関するコンサルティングや、資産管理に力を入れている」と会社説明会などでよく述べられるように、この部門を重視する傾向があるそうです。

グローバル・マーケット部門

グローバル・マーケット部門では株式や債券、為替、各種デリバティブの販売・トレーディングを行なっています。よくドラマなどで証券会社が題材にされる場合この業務にスポットライトを当てている場合が多いと思います。

このグローバル・マーケット部門と後述するインベストメント・バンキングを合わせてホールセール部門と呼んでいます。営業部門の顧客が日本に無数に存在する個人投資家や中小企業なのに対し、ホールセール部門の顧客は金融機関や機関投資家、大手企業などといった日本でも有数の法人となります。

主な業務はセールス・トレーディング・商品組成(ストラクチャリング)・クオンツなどが挙げられます。

インベストメント・バンキング部門(IBD)

インベストメント・バンキング部門(IBD)は別名投資銀行部門と呼ばれ、株式引き受けやM&Aアドバイザリーといった企業の多様なニーズやマーケット環境に合わせた最適なソリューションを提供する投資銀行業務を行う部門です。

IPO(新規株式公開)やM&Aなど、新聞の一面に大きく掲載されるような非常に影響力の高い業務であるとともに証券会社の大きな収益源ともなっており、花形部門と言えるでしょう。

主な業務としては、M&Aアドバイザリー、ソリューション・ビジネス、資金引き受け業務、カバレッジが挙げられます。

また、日本には250を超える数多くの証券会社がありますが、「野村證券」大和証券」「SMBC日興証券」みずほ証券」三菱UFJモルガン・スタンレー証券」が主に日系大手証券会社とされています。

そんな日系大手証券会社の中でもトップに位置している野村證券について本記事ではご紹介していきます。

野村證券とは

野村證券とは野村證券は2001年に設立し、現在では国内証券業界トップのリーディングカンパニーとしてその名を馳せています。

証券業界のトップとされている理由として以下の4つが挙げられます。

  • 収益は1兆2878億円(2020年3月期)で国内No.1
  • お客様満足度8年連続No.1
  • お預かり口座数No.1
  • 100兆円を超える国内最大の顧客資産残高

また、野村證券の特徴としては圧倒的な「営業力」が有名です。営業では社員一人一人のノルマが重視され、完全な成果主義の会社であることから「ノルマ證券」と称されることもあるそうです。

この点は、他社との差別化が厳しい金融商品を扱う証券業界でトップに居続けられることに繋がっているでしょう。

野村證券のインターン内容

野村證券のインターン内容ここでは、野村證券の22卒向けインターン内容について紹介します。

野村證券の22卒向けインターンには5つの種類があります。それぞれのインターン内容について詳しく説明していきます。

リサーチ インターンシップ 金融経済研究所 経済調査部 エコノミストコース

■実施日程
8月3日(月)~8月7日(金)[5日間]
9月14日(月)~9月18日(金)[5日間]

■実施場所
東京大手町本社
※新型コロナウイルスの感染状況、国、当社としての感染予防ガイドライン次第では、オンラインでの開催となる可能性がある点をお含みおきください。

■募集人数
若干名

■概要
日本経済分析を担当するエコノミスト業務を行っています。経済や金融政策の見通し作成や、各種経済トピックに関するテーマ分析などを行い、それらの成果をまとめたレポートの発行、投資家向けのセミナーなどを行っています。また、経済分析を目的とした機械学習モデルの開発や、オルタナティブデータを用いた経済分析も積極的に行っています。

■内容

【社員による実践的な講話】
第一線のエコノミストやストラテジストが経済分析や金融市場分析について解説・講話を行います。更に、若手社員からマネージャーまで様々な社員との対話を通して、野村グループがグローバルに展開する業務等についての知識も深めていただきます。
 

【経済分析体験】
現役エコノミストの指導のもと、日本経済の実際のテーマを扱った経済分析を体験していただきます。最終日には、講話で得られた知見や経済分析の結果を踏まえて、発表を行っていただきます。なお、経済分析の手法につきましては、参加者のバックグラウンドや特性を踏まえて、個々に指導いたします(機械学習等の計量分析アプローチを用いて経済分析を行いたい理工系学生の参加も歓迎します)。

■応募締切
7月1日(水)午前9時

■その他
交通費:新幹線、特急、飛行機部分のみ交通費実費を支給(当社規定による)
宿泊費:宿泊が必要な参加者のみ宿泊先を手配(当社規定による)
 

引用:野村證券採用HP:リサーチ インターンシップ 金融経済研究所 経済調査部 エコノミストコース

リサーチ インターンシップ アナリストコース

■実施日程
8月24日(月)~ 8月26日(水)の3日間

■実施場所
オンライン形式

■募集人数
若干名

■概要
【エクイティ・リサーチ部】 12セクターのチーム(金融、建設・不動産、通信、電機・・・など)で構成されていて、主としてGM部門の顧客である内外機関投資家向けに個別銘柄の投資情報を発信しています。アナリストは業界を代表する10~15銘柄を担当し、企業取材、レポート発行、外交(機関投資家との勉強会)を通じて、機関投資家のファンド・マネジャーによる投資パフォーマンスに貢献する情報提供を行っています。

■内容

【社員による業務紹介】
現場で活躍するアナリストが業務内容について説明いたします。若手社員からマネージャーまで様々な社員との対話を通して、野村グループがグローバルに展開する業務等について知識を深めていただきます。
 

【業務体験】
オンライン形式での講義、演習およびプレゼン発表を通じてアナリストの実際の業務の一端を体験していただきます。若手社員のメンターが丁寧にサポートします。


■応募締切
7月6日(月)午前9時

引用:野村證券採用HP:リサーチ インターンシップ アナリストコース

営業部門 夏 インターンシップ

■実施日程
8月25日(火)〜8月28日(金)[4日間]
9月1日(火)~9月4日(金)[4日間]

■実施場所
【東京大手町本社(予定)】8月25日(火)〜8月28日(金)[4日間]
【東京 野村證券高輪研修センター(予定)】9月1日(火)~9月4日(金)[4日間]

■募集人数
非公表

■概要
営業部門の現場で実践しているビジネスを、深く学んでいただく4日間集中プログラムです。金融ビジネスの醍醐味を体感していただくと共に、最前線で活躍する社員からのレクチャーを通じ、高度な専門知識を吸収していただきます。「圧倒的な」成長を実現できる4日間です。

■内容
・ビジネス紹介
・金融資本市場についての専門知識インプット
・グループワーク(金融コンサルティング実践ワーク)
・社員との懇親会 等

■応募締切
7月13日(月) 午前11時

■その他
交通費:新幹線、特急、飛行機部分のみ交通費実費を支給(当社規定による)
宿泊費:宿泊が必要な参加者のみ宿泊先を手配(当社規定による)

引用:野村證券採用HP:営業部門 夏 インターンシップ

グローバル・マーケット インターンシップ

■実施日程
8月25日(火)~8月28日(金)[4日間]

■実施場所
東京大手町本社

■募集人数
セールス&トレーディングコース:20名程度
クオンツコース:20名程度

■概要
グローバル・マーケットは海外拠点および国内のリテール・ビジネス網と連携し、国内外の機関投資家や事業法人などのお客様を対象に、金融商品の売買及び投資戦略を提案し、市場に流動性をもたらすことを専門としています。セールス、トレーディング、ストラクチャリング、クオンツ業務を通じ、グローバルなビジネスモデルを日本、アジア、欧米のお客様に提供しています。

■募集ポジション
【セールス&トレーディングコース】

グローバル・マーケットで取引する商品を学び、トレーディングシミュレーションを通してセールス/トレーディング業務に触れていただきます。

・金利 商品(国債・外国債、先物、オプション、スワップ)
・クレジット商品(社債、公社債、事業債、CDS)
・FX(G10、新興国通貨のスポット、フォワード、スワップ・オプション)
・株式(日本株、外国株)
・ストラクチャリング
 

【クオンツコース】
学問としての数学が定量分析以外に実際の市場でどう活用できるか実務を通して経験していただきます。金融工学、数理ファイナンス専攻の方に限りません。

・デリバティブ・トレーディング(債券や株式の自己ポジショントレード、ストラクチャリングの商品調達やリスクヘッジ)
・ストラクチャリング(投資家の期待リターンと許容リスクに応じた商品をオーダーメイドで開発、組成)
・クオンツ(デリバティブ評価モデルの開発やそのモデルのシステムへの実装)

■内容
【社員による業務紹介】
グローバル・マーケッツの社員より世界で取引されている商品や日々取り組んでいる業務について説明を受けながら、野村證券が展開するグローバルビジネスについての知識を深めていただきます。
 

【業務体験】
トレーディングフロア席で実際の仕事をしている社員と日常業務や金融マーケットの現場を体験していただきます。
 

【社員との交流】
業務体験や懇親会などを通して、社員との交流を深めていただきます。

■応募締切

6月28日(日)午前9時

■その他
交通費:新幹線、特急、飛行機部分のみ交通費実費を支給(当社規定による)
宿泊費:宿泊が必要な参加者のみ宿泊先を手配(当社規定による)

引用:野村證券採用HP:グローバル・マーケット インターンシップ

インベストメント・バンキング インターンシップ

■実施日程
8月18日(火)~8月21日(金)[4日間]

■実施場所
東京大手町本社

■募集人数
30〜40名程度

■概要
国内外の企業、金融機関、政府・公共機関など幅広いお客さまを対象に、債券や株式などの引受業務やM&A(企業の合併・買収)アドバイザリー、テーラー・メイド型のソリューションビジネスなど、さまざまな投資銀行サービスをグローバルに展開しています。独立系投資銀行としての経験と実績に裏打ちされた高い案件組成能力と執行力、そして国内外に張り巡らされた強固なネットワークを最大限に活かすことで、付加価値の高いソリューションを日本、アジア、欧米のお客さまに提供しています。


■内容

【社員による業務紹介】
現場で活躍している社員が直接、業務について説明します。引受業務やM&A業務を含め、野村證券の展開する幅広い投資銀行ビジネスについても知識を深めていただきます。
 

【業務体験】
投資銀行ビジネスの業務体験として、若手社員の指導のもと、チームごとに提案書を作成し、最後にプレゼンテーションを行っていただきます。
 

【社員との交流】
業務体験や懇親会を通じて、社員との交流を深めていただきます。
 

■応募締切

6月29日(月)午前9時

■その他
交通費:新幹線、特急、飛行機部分のみ交通費実費を支給(当社規定による)
宿泊費:宿泊が必要な参加者のみ宿泊先を手配(当社規定による)

引用:野村證券採用HP:インベストメント・バンキング インターンシップ

 野村證券の求める人物像

野村證券の求める人物像ここでは、野村證券の求める人物像について紹介します。

まず初めに人物像を考えるにあたって、野村證券の採用HPより野村證券代表取締役社長の森田氏のメッセージから一部抜粋した内容をご紹介します。

野村證券の中で活躍するために、皆さんに心掛けておいていただきたい点が三点あります。一つ目は「向上心」。日々変化する金融環境や経済情勢の中、自ら成長しようという意欲を持ち、自ら進んで努力していくことが大切です。二つ目は「主体性」。上からの指示を待つのではなく、自分の頭で考え、判断して、チャレンジング・スピリッツを持って行動すること。そして三つ目は「誠実」であること。常に社会やお客様にとって何が一番大切なのかを考え、高い倫理観を持って行動することです。この三点を理解して実践できる方は、野村證券でも必ず活躍する人材となるでしょう。

いま、野村證券は時代の流れという大きな追い風を受けています。若い皆さんに、自分自身の力を思いっきりぶつけてもらいたい。刻々と変化するマーケットに向き合い、経済のダイナミズムを肌で感じてもらいたい。若い皆さんの力を、この野村證券というフィールドで存分に発揮していただきたい。心からそう願っています。

引用:野村證券採用HP:トップメッセージ

上記のメッセージを参考に、ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?に当てはめて考えると、下記の2つが野村證券の求める人物像と合致していると考えられます。

  • 個人として努力し、成果をあげることができる
  • 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる

個人として努力し、成果をあげることができる

野村證券では「数字は人格」という熾烈な競争環境のもと、個人としての営業成績が徹底して要求されます。

個人としての成果を数値というエビデンスによって示さなければならないため、成果を上げるために努力して成長する「向上心」と自ら考え行動する「主体性」が重要になるでしょう。

関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる

営業活動のなかで高いバリューを発揮するためには、関係者(顧客)と信頼関係を築き、ニーズに応えるような提案を行うことが重要になります。

「営業」と聞くと泥臭いイメージばかりが思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、そもそも顧客は信頼できない人から不要なモノを買ったりはしないでしょう。

上記のメッセージで森田氏も述べているように、関係者(顧客)から信頼関係を構築するためには、関係者(顧客)にとって何が一番大切なのか考えることができる「誠実さ」が野村證券では重要とされています。

野村證券のインターン選考フロー

野村證券のインターン選考フローここでは、野村證券の22卒向けインターン選考フローについて紹介します。

各インターンによって選考方式や締切日程が異なっています。

以下では、それぞれのインターン選考フローについて詳しく載せているのでぜひ参考にしてみてください。

リサーチ インターンシップ 金融経済研究所 経済調査部 エコノミストコース

エコノミストコースの選考フロー エントリーシート(ES)
締切:7月1日(水)午前9時
 ▼
適性検査(Webテスト)
締切:7月2日(木)午前9時
 ▼
面接(オンライン)
日程(予定):7月13日(月)~7月15日(水)のいずれか一日
時間帯:午前9時00分~午後5時10分の間

リサーチ インターンシップ アナリストコース

アナリストコースの選考フロー エントリーシート(ES)
締切:7月6日(月)午前9時
 ▼
適性検査(Webテスト)
締切:7月7日(火)午前9時
 ▼
面接(オンライン)
日程(予定):7月20日(月)~7月22日(水)のいずれか一日
時間帯:午前9時00分~午後5時10分の間

営業部門 夏 インターンシップ

営業部門の選考フロー エントリーシート(ES)
締切:7月13日(月)午前11時
 ▼
適性検査(Webテスト)
締切:7月13日(月)午前11時
 ▼
面接

面接日時・会場
※それぞれ午前9時~午後6時までの間、いずれか一日
<東京会場>
野村證券 大手町本社
日程(予定):8月5日(水)~7日(金) 

<大阪会場>
野村證券 大阪支店
日程(予定):8月3日(月)~4日(火)

グローバル・マーケット インターンシップ

グローバル・マーケットの選考フロー エントリーシート(ES)
締切:6月28日(日)午前9時
 ▼
適性検査(Webテスト)
締切:6月29日(月)午前9時
 ▼
面接

<大手町本社>
日程(予定):7月20日(月)~7月22日(水)のいずれか一日
時間帯:午後3時半 ~午後5時の間

<大阪支店>
日程(予定):7月17日(金)
時間帯:午前10時~午前11時半、午後1時~午後2時半、午後3時~午後4時半の間、いずれか1.5時間

インベストメント・バンキング インターンシップ

インベストメント・バンキングの選考フロー エントリーシート(ES)
締切:6月29日(月) 午前9時
 ▼
適性検査(Webテスト)
締切:6月30日(火) 午前9時
 ▼
面接

<大手町本社>
日程(予定):7月20日(月)~7月28日(火)のいずれか一日
時間帯:午前9時~午後7時の間

<京都支店>
日程(予定):7月30日(木)~7月31日(金)のいずれか一日
時間帯:午前9時~午後7時の間

野村證券のインターン選考:エントリーシート(ES)対策

野村證券のインターン選考:エントリーシート(ES)対策ここでは、野村證券の22卒向けインターン選考のエントリーシート(ES)対策について紹介します。

各コースによってエントリーシート(ES)の設問が異なりますのでそれぞれ紹介します。

リサーチ インターンシップ 金融経済研究所 経済調査部エコノミストコース

◆応募する部門のインターンシップに参加したい理由と、それを通じて習得したいことを教えてください。(400文字以下)
◆大学(院)時代に粘り強く努力し、成果をあげた経験を教えてください。(学業、課外活動、アルバイト等を問いません)(400文字以下)
◆以下の質問のいずれかに回答してください。(400文字以下)
① 経済・ファイナンスについて興味があるテーマを選び、その理由について論じてください。
② プログラミングの経験がある場合、過去に書いた思い入れがあるプログラムについて教えてください。

リサーチ インターンシップ アナリストコース

◆応募する部門のインターンシップに参加したい理由と、それを通じて習得したいことを教えてください。(400文字以下)
◆大学(院)時代に粘り強く努力し、成果をあげた経験を教えてください。(学業、課外活動、アルバイト等を問いません)(400文字以下)
◆以下の設問より、回答する設問を選択してください。(400文字以下)

(1) 新型コロナの影響を受け、外出制限やリモートワークの普及など、行動様式が大きく変化しています。この行動様式の変化を受けて、コロナ後も引き続き市場が拡大すると考えるモノやサービスを一つ取り上げ、その理由を述べてください。

(2) 「モノの所有からサービスの利用へ」と流れが進む中で、サブスクリプション型のサービスが拡大しています。あなたが今後成功する/失敗すると考えるサブスクリプション・サービスを一つ取り上げ、その理由と合わせて述べてください。

(3) オフラインからオンラインへ様々な業務、事業が切り替わりつつありますが、証券会社はどのような方向性・戦略で進むと良いと思いますか?また、その中で、リサーチの役割はどう変わっていくか具体的かつ大胆な意見を述べてください。

営業部門インターンシップ

◆営業部門インターンシップを志望する動機や期待していることをご入力してください。(200文字以下)
◆今まで人生で最も力を入れてきたことは何ですか?(200文字以下)
◆野村グループで働く社員の価値観「挑戦、協働、誠実」を体現したと思うエピソードを教えてください。(200文字以下)

グローバル・マーケットインターンシップ

◆応募する部門のインターンシップに参加したい理由と、それを通じて習得したいことを教えてください。(400文字以下)
◆大学(院)時代に粘り強く努力し、成果をあげた経験を教えてください。(学業、課外活動、アルバイト等を問いません)(400文字以下)
◆あなたの専攻もしくは研究内容を専門家以外にも分かるように教えてください。(400文字以下)
◆あなたの趣味や特技(語学、学業、スポーツ、問いません)を教えてください。(400文字以下)
◆今まで参加したインターンシップで印象に残ったことを教えてください。(業界は問いません。講義・人・プログラムなど自由に選んでください)(400文字以下)

インベストメント・バンキングインターンシップ

◆応募する部門のインターンシップに参加したい理由と、それを通じて習得したいことを教えてください。(400文字以下)
◆大学(院)時代に粘り強く努力し、成果をあげた経験を教えてください。(学業、課外活動、アルバイト等を問いません)(400文字以下)
◆今まで参加したインターンシップで印象に残ったことを教えてください。(今回が初めてのご参加であればその旨ご回答ください。)(400文字以下)

以下では設問をいくつか抜粋し、それぞれ詳しく解説していきます。

応募する部門のインターンシップに参加したい理由と、それを通じて習得したいことを教えてください。(400文字以下)

この設問では、いわゆる「志望動機」を聞かれています。

企業が志望動機を質問する目的としては、(1)自社への志望度を知りたい(2)入社の際のモチベーションを知りたいという2つが主に挙げられます。

そのため上記2つの目的を網羅する論理的な志望動機を伝え、志望している理由を、企業の採用担当者に納得してもらう必要があります。

また、今回の設問は「インターン参加への志望動機」となります。

そのため、"このインターンで何を学びたいのかこのインターンに参加することによってどのような姿になりたいのか"などを書けると、高い評価を得ることができます。

志望動機の大まかな構成については以下のフレームワークを参考にしてみてください。

また、実際に通過したエントリーシート(ES)のこの設問に対する回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は46180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

大学(院)時代に粘り強く努力し、成果をあげた経験を教えてください。(学業、課外活動、アルバイト等を問いません)(400文字以下)

こちらの設問ではいわゆるガクチカについて問われています。

ガクチカを聞かれる意図としては(1)経験自体のレベル・スペックの把握(2)自社に合う・マッチする人材か知るための2つがあります。

ガクチカを書く際は、「実績自体のインパクトがどれだけあるか」「書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか」に注意して書くようにしましょう。また、その際は野村證券の求める人物像を意識して書くと良いと思います。

詳しい書き方は以下のフレームワークを参考にしてください。

また、実際に通過したエントリーシート(ES)のこの設問に対する回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は46180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

あなたの専攻もしくは研究内容を専門家以外にも分かるように教えてください。(400文字以下)

この設問では、専攻・研究内容についてわかりやすく伝える文章力があるかどうかを判断していると考えられます。

専攻・研究内容の書き方は以下のフレームワークを参考にしてみてください。

専攻・研究内容の書き方 専攻分野(専攻テーマ)・研究内容
 ▼
動機
 ▼
目標と困難

取り組みと結果

学び

また、専攻・研究内容を書く際は、専門家以外にも分かるようにするために、なるべく専門用語を使いすぎないように意識しましょう。

分かりやすいかどうかを客観的に判断するために、エントリーシート(ES)を提出する前に家族や他学部の友人等に理解できる内容かどうか見てもらうことがおすすめです。

実際に通過したエントリーシート(ES)のこの設問に対する回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は46180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

あなたの趣味や特技(語学、学業、スポーツ、問いません)を教えてください。(400文字以下)

この設問では、趣味や特技を聞くことであなた自身の人柄や価値観を知ろうとしていると考えられます。

そのため、自分自身の人柄や価値観がよく表れる趣味や特技を書くことが重要です。

趣味や特技の書き方については以下のフレームワークを参考にしてみてください。

特技・趣味の書き方

1.結論
→例)私の特技・趣味は◯◯です。
 ▼
2.理由・エピソード

→例)理由は~だからです。/△歳から△歳まで、△年間続けています。/この特技・趣味を活かし、~のような成果を挙げました。
 ▼
(3.特技・趣味を通じて得た学び・企業でどのよう活かせるか)
→例)この特技・趣味を通じて~や~を学ぶことができました。/この特技・趣味を通じて得た◯◯を活かし、企業で~のように活かしていきたいです。

趣味や特技の書き方について詳しく知りたい方は以下の記事を併せてご覧ください。

【エントリーシートの趣味の書き方を解説】ES例文13選付
【エントリーシートの特技の書き方を解説】ES例文6選付

実際に通過したエントリーシート(ES)のこの設問に対する回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は46180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

今まで参加したインターンシップで印象に残ったことを教えてください。(業界は問いません。講義・人・プログラムなど自由に選んでください)(400文字以下)

この設問では、今までどんなインターンシップに参加したのかを聞くことで、「どのような軸で就活しているのか」や「どれくらい意欲的に就活(インターンシップ)に取り組んでいるのか」を知ろうとしていると考えられます。

そのため、「インターンシップに参加した動機」と「インターンシップで学んだことや企業で活かせること」を書くことが重要です。

インターンシップに参加した動機を書く際は、「興味があったから・成長したかったから」といった簡略な動機ではなく、"具体的・明確な動機"を述べることで自分自身をアピールしましょう。

また、インターシップで学んだことや企業で活かせることを書く際は、インターンシップ内容から”どのようなことを学び、これから先の企業・仕事にどう活かせることができるのか”を成果・実績を添えて具体的に述べることが大切です。

インターンシップ経験の書き方について詳しく知りたい方は以下の記事を併せてご覧ください。

エントリーシートでインターンシップ経験を聞かれたら?ESの書き方を解説

実際に通過したエントリーシート(ES)のこの設問に対する回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は46180枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

最後に本記事では、野村證券の22卒向けインターンについてコース内容や選考対策を解説してきました。

野村證券のインターンでは5つのインターンが用意されており、各コースによって学べる知識や得られる経験は大きく異なります。自分にとって何が一番適切なコースなのかきちんと考えてからコースを選択することがおすすめです。

また、どのコースでも就活生から人気が高いため、インターン選考倍率が高いことが予想されます。

本記事を参考にし、対策が万全の状態でインターン選考に挑んでください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
46,180枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録