unistyle

MENU

更新情報2019/06/14(金)内容を更新しました!

 【21卒向け】ソフトバンクのインターン内容とES突破方法|合格者ES付

【21卒向け】ソフトバンクのインターン内容とES突破方法|合格者ES付

掲載開始日:2018年06月14日
最終更新日:2019年06月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソフトバンクのインターンES一覧はこちら

今や我々の日常生活とは切っても切り離せない存在となったスマートフォン。

そんな国内移動通信事業の中心的存在となっているのが、NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクのいわゆる通信キャリア三社になります。

今回扱うソフトバンクは通信キャリア三社の中でも、安定的なストック型のビジネスに拘泥しない積極的な事業姿勢を他社と比べて特徴に感じている人も多いと思われます。

本記事では、ソフトバンクについて、前半で業務内容と求められる人物像を紹介し、後半では20卒のES例を元に、21卒向けサマーインターンの対策について考察していきます。

ソフトバンクとは

ソフトバンクとはソフトバンクグループにおいて、その携帯電話事業、回線事業などを集めて国内通信事業を全て担う中核会社である。

本記事冒頭でも述べたようにソフトバンクは、NTTドコモ、KDDIと共に国内通信業界の中心となっています。

事業内容としては、移動通信サービスの携帯電話・Yhoo!モバイルインターネット接続サービスのソフトバンク光、また固定回線サービスであるおとくラインなどがあります。

通信業界は、価格競争が益々激しくなっています。このことから携帯電話の加入者自体は微増しているものの、携帯電話事業での売上は減少している状況です。

さらに、大手3社だけでなく、楽天モバイルやMVNO事業者など多くの競合企業が登場しています。改正電気通信事業法といった行き過ぎた顧客囲い込みを規制する法律が2019年秋頃に施行されることもあり、ますます国内通信事業の競争が激しくなるでしょう。

通信キャリア業界の各企業の比較に関しては以下の記事にまとめられているので参考にしてみて下さい。

参考:通信キャリア業界大手3社の違いとは⁈【強み・社風・選考比較】
→学生人気の高い通信キャリア業界について、NTTドコモKDDIソフトバンクの3社について着目し、各社の業績や強み、社風に至るまで、徹底的に比較していきます。

ソフトバンクが掲げる求める人物像・素養

求める人物像

ソフトバンクの求める人物像を考えるに当たって、まず新卒採用HPに掲載している次の内容をご紹介します。

<求める人物像>

「ソフトバンクの変化を楽しみ、
何事もチャンスと捉え挑戦する人」

<ソフトバンクバリュー>
「No.1」...No.1を狙うからこそNo.1になれる。2番では、見えない景色がある。出来ないことがある。

「挑戦」...成功より失敗で人は成長する。失敗を恐れて挑戦しないしないのは損。

「逆算」...ゴールを設定すれば、引き算で今の行動が決まる。

「スピード」...スピードはかち。早い行動は早い成果を生む。

「執念」...諦めない限り可能性は消えない。

引用:ソフトバンク新卒採用HP

こちらの解釈としては、新規事業など、常に進化し続ける環境を楽しみながら、いかなる仕事もチャンスと捉えてやり遂げること、さらに様々な機会へ自ら意欲的に手を挙げることが大事であるということです。

つまりソフトバンクが求める人物としては、「ソフトバンクバリューを軸に、今までにない事業やビジネスを手探りながら形にしていける人材」であることが言えそうです。

求める素養

ソフトバンクにとっての他社との大きな違いは、Yahooを始めとするインターネット事業もモバイル通信と同様に「収益の柱」として抱えている点でしょう。ディスプレイ広告による収入だけではなく、イーコマース事業である「Yahooショッピング」の成長率も著しいです。

今後通信キャリア業界は競争が激しくなることが予想されており、このような点で他社と差別化を図ることがソフトバンクの課題だと考えられます。そのため業界の動向に敏感であり、創造性を持って仕事に取り組めることが重視されるのではないかと考察します。

ソフトバンクのサマーインターン実施内容・選考フロー・採用数

「オレンジの背景とムスカリ(ブドウヒアシンス)」

21卒向けソフトバンクサマーインターンの実施内容・選考フロー・採用数を以下にご紹介します。

<ソフトバンクサマーインターン「TURE-TECH」>

【サマーインターン「TURE-TECH」とは】
TURE-TECHとは次の時代を創る"変革リーダー"を目指す学生のためのインターンシッププログラムです。地域のリアルな課題に触れ、ICTを用いた課題解決の提案を市や自治体に行い、社会課題を解決します。情報革命で人々を幸せにすることをミッションにしているソフトバンクが、革命を必要とする現場に学生の皆さんを連れていきます。

【実施内容】
①課題を知る
・実際に八幡浜市や東松島市が抱える複数の課題とその背景を知る
・各課題が発生している背景と現状をリアルな声とデータから読み解く
②武器を知る
・ICTの現状とこれからを知る
・課題解決の立案、実行方法を社員から学ぶ
③解決しに行く
・各課題ごとに少数のチームに分かれ、リアルな現場に触れる
・同行するメンター社員の助言を求めつつ、課題解決の方法を「脳がちぎ れるほど考える」
・各チーム提案を市に本気で提案しに行く

【開催場所・日程・採用数】

・Project① 八幡浜市
事前研修 : 東京都(ソフトバンク本社を予定)
課題への取り組み+事後研修:愛媛県八幡浜市

事前研修 : 2019年8月4日(日)~ 8月5日(月)
課題への取り組み : 2019年8月6日(火)~ 8月9日(金)
事後研修:2019年8月10日(土)

採用数:30名程度

・Project② 東松島市
事前研修 : 東京都(ソフトバンク本社を予定)
課題への取り組み + 事後研修:宮城県東松島市

事前研修 : 2019年9月15日(日)~ 9月16日(月)
課題への取り組み : 2019年9月17日(火)~ 9月20日(金)
事後研修:2019年9月21日(土)

採用数:30名程度

【選考フロー】
ES提出(6月18日(火) 10:00)
   ↓
面接(6月下旬〜7月上旬)
   ↓
参加者決定(7月中旬)

引用:ソフトバンクインターンシップ

下記に20卒のレポートを掲載します。ご参考下さい。

〈内容詳細〉

【開催時期・場所】
8月中に2週間程度
東京汐留ビルディング(本社)

【参加学生の在籍大学および雰囲気についてお答えください】
早慶国立が多い中、学歴フィルターはなく、どんな大学でも優秀生は合格させていく。 学生の雰囲気としてはそれぞれがやりたい事をやりながらも就職活動をしている学生が多く、各々の人生経験がすごい人ばかり。 特にお互いが学歴でも判断するわけではなく、個々の能力をそれぞれ生かそうという感じがとてもした。

【インターンの内容・課題の概略について教えてください】
初日:仕事で使うPC、携帯の初期設定とインターンにおける注意事項で1日が終わる。 
2-4日:この3日間で商材についてや、営業方法、携帯の法人売り出し価格などびっちり教わる。それぞれの担当部長がきて、教えられていく。
5-13日:ここで始めて現場配属されていく。エルダー社員と上司がそれぞれ付き2名で与えられた課題を行なっていく。 新規事業開発部の課題は「新しい新規事業を立ち上げよ」というもので、学生のユニークな意見を求めていた。6人配属されたが、3:3に分かれ、それぞれがグループで1週間ずっと課題を解決するために話し合っていたため、あまり営業同行は行かなかった。

【インターンの雰囲気についてお答えください】
チーム内のメンバーは自分の意見をしっかり言える人が多かった。最初はみんな遠慮していたが、課題が進んでいくにつれて衝突することもあった。しかしながらみんな仕事が終わるとメンバー内で飲みに行ったりすることもあったので、非常に仲良く仕事ができた。 考え方が全く逆の人とも出会うことができて、いい経験だった。

【メンターや社員のサポートについてお答えください】
1人に対してエルダー社員と管理職の社員が1名ずつ着く。主に日頃接するのはエルダー社員で、業務日報を毎日提出し、それに対してのフィードバックを必ず日報に記入してくる。

【インターン中の社員との交流についてお答えください】
数多くの社員と触れ合うことができる。エルダー社員が部署内の社員を紹介してくれたり、昼食は基本社員と食べる。 飲み会にも誘ってくれたりして、暖かい社員が多い。最終日には部署内の多くの人を招き、プレゼンをするため、本部長レベルの社員とも話す機会がある。

【インターンを通して内定が出るかどうかお答えください】
インターン後、1ヶ月半後にフィードバック評価書が送られてくる。 
そこでの評価が採用選考に大きく影響する。 Bなら2次選考、Aなら3次選考と大きく変わってくるため、インターンの参加は必須。 内定への影響も大きい。

【インターンを通じて得たこと、成長した点についてお答えください】
考え方が全く逆の学生と同じチームになったことで、大きく成長した。自分は答えをまず見つけ、そこから逆算していくことで今どう動くかを考える人だが、その相手は一つ一つstep upするごとにロジックを考えて、答えを出す人だった。 最初は意見もぶつかり、険悪なムードだったが、最終日に近づくにつれ、同じ方向を向かないと話が進まないことをお互い察するようになった。私自身どちらも仕事のやり方としては間違ってないのだと気付かされ、大きな成長を感じた。

参考:ソフトバンク 20卒|インターンレポート

ソフトバンクのサマーインターン選考ES対策

21卒向けソフトバンクのサマーインターン選考ESの設問を以下にご紹介します。

設問1:本インターンへの志望理由を教えてください。(600文字以内)

設問2:あなたが行った(もしくは行っている)最も大きな課題解決について、 背景も交えて教えてください。(600文字以内)

設問3:地方が抱える下記5つの課題から1つ、あなたが解決したいものを選択し、 その理由を教えてください。(600文字以内)
・シニア人材の活用
・過疎化対策
・土地や施設の有効活用
・地域経済の活性
・地域コミュニティの活性

設問1:本インターンへの志望理由を教えてください。(600文字以内)

「手書きのワイヤーフレーム」

回答方針

上記の設問は志望動機について問われています。企業が志望動機を聞く理由としては、「自社のインターンへの志望度を知りたい」「インターンに参加する際のモチベーションを知りたい」の2つがあります。

そのため、上記2つの理由を網羅する論理的な志望動機を伝え、選考官に「だからこの人は弊社の選考を希望しているのか」と思ってもらう必要があります。また、志望動機に関しては、ただ単純に「参加したい」だけでなく、「どうして参加したいのか」まで答えられるようにしましょう。

考える際は以下のフレームワークを参考にしてみてください。

①成し遂げたいこと
 ▼
②きっかけとなる経験
 ▼
③企業選びのポイント
 ▼
④他に受けている業界とその業界ではダメな理由
 ▼
⑤具体的に取り組みたい仕事
 ▼
⑥業界の中でもその企業の理由

参考:就活の選考で評価される希望動機の書き方|内定者回答付き
→多くの学生を悩ませる志望動機の作り方について解説していきます。上記のフレームワークの活用方法についても説明しているので、ぜひ参考にしてください。  

また、今回は指定字数が600と多いため、インターンで取り組みたい業務内容についても理由を明確化して述べることで、参加意欲を伝える一因になるでしょう。

合格者の回答

貴社は、Yahoo! JAPANの情報検索サービスの提供、最安最速のブロードバンドの提供、携帯電話サービスへの参入など、情報によって常に時代の最先端を走り、且つ、情報によって社会の障害を取り除くことに貢献してきた。最近では、米ARMの買収や、サウジアラビアなどとの共同出資による10兆円ファンドの設立が話題である。これらも今後、社会の障害を情報によって解決していくための布石なのであろうと推測できた。しかし、貴社のこの度のインターンを知った時、時代の最先端を走っている貴社のイメージと「地方」という時代の最先端から遅れをとっているイメージを抱いてしまうものとのギャップに疑問をもった。そこで、自分なりに考えてみた。人口が絶対的に足りていない地方には、現在のところ、労働力がないので、生産力もない。そんな地方にこそ、情報技術やAIなどの活用により、人の代わりを為す力が必要なのではないかと考えた。そうすると上記の疑問にも納得がいった。ぜひ、自分も現場へ赴き、この考えが合っているのか、さらに合っているならば具体的な策としてはどうすればいいのかと知恵を絞って考えたい。そのために、貴社のインターンシップを志望する。

参考:19卒ソフトバンクインターンES

回答では、ソフトバンクのイメージと地方という議題に対し疑問を抱き、それらをインターンを通して理解したいこととしています。これが成し遂げたいことであり、冒頭に述べられている事業内容は企業選びのポイントとして魅力的であるとしている。

志望動機を書く際のフレームワークに従って書くだけでなく、近年の情勢や企業環境を付け加えて述べることで、企業に対して志望度・関心度の高さをアピールすることが出来ています。

設問2:あなたが行った(もしくは行っている)最も大きな課題解決について、 背景も交えて教えてください。(600文字以内)

「修正指示に苦戦するディレクター」

回答方針

こちらはいわゆる「ガクチカ」と呼ばれる学生時代に頑張ったことが問われる設問です。学生時代に頑張ったことはインターンでも本選考でもよく聞かれる設問です。経験自体のインパクトも見られるポイントではありますが、主に見ているのはその学生の人間性であると思います。

過去の経験を通して、どのような考え方をしているのか、どんな価値観を持っているかを見極め、またその上で人間性が企業とマッチしているかを判断しているものだと考えています。そのため、結果に重きを置くのではなく、その過程を伝え、人柄が伝わるような書き方を心がけましょう。

ガクチカのフレームワークについては、次のようになります。その他、ガクチカに関しては以下の記事を参考にしてみてください。

①結論:何に取り組んだのか?
 ▼
②動機:なぜ取り組んだのか?
 ▼
③目標と困難:どんな目標を掲げたのか?目標を達成する上での困難は何か?
 ▼
④取り組みと結果:どのように取り組んだのか?取り組みの結果はどうだったのか?
 ▼
⑤人柄:活動の中であなたのどのような性格が活かされたのか?
 ▼
⑥学び:取り組みを通じて何を学んだのか?学びを社会にどのように活かすのか?

参考:【例文あり】評価される「ガクチカ 」の書き方と思考法
→評価される学生時代頑張ったことの書き方はもちろん、面接にどう繋げるか・内定者の回答例・エピソードが浮かばないときの対処法など、学生時代頑張ったことを書く上での全体像を解説しています。

今回は「背景も交えて教えてください」という設問の要求と指定文字数が600字と多いことから、それぞれのエピソードに対し細かに説明する必要があります。

合格者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

設問3:地方が抱える下記5つの課題から1つ、あなたが解決したいものを選択し、 その理由を教えてください。(600文字以内)

「テーブルに置かれたガジェット製品と白メガネ」

<選択肢>
・シニア人材の活用
・過疎化対策
・土地や施設の有効活用
・地域経済の活性
・地域コミュニティの活性

回答方針

この設問は21卒向けに実施されるインターンの内容に直結しています。

企業理念にも「情報革命で人々を幸せに」とあるようにソフトバンクは通信の力を使い多くの社会課題を解決している会社です。この設問は仕事に直結する社会への問題意識やそれらを解決させる思考力を見ていると考えられます。

選択肢からは自身が一番身近に感じていることを選べば良いでしょう。自身の体験談などを交えて述べることが出来ればより説得力を増すことができるのではないでしょうか。一度基礎知識をインターネットや新聞などで入れた上で執筆に臨むのも手だと思います。

また、実施内容の①課題を知る ②武器を知る ③解決しに行くというのも思考方法としてヒントにしてみても良いのではないでしょうか。

あとは、脳がちぎれる程考えましょう。

合格者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

ソフトバンクは本選考の実施時期が早いことで知られ、「インターン参加者には、選考において参加実績を加味いたします。」と採用HPで明記しています。そのため、本選考を優位に進めるという目的では参加価値のあるインターンと言うことができるでしょう。

面接へ進む前のエントリーシート通過、そしてその面接の場でも武器となるエントリーシートの作成へ向けて、本記事をお役立ていただければと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
33,516枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録