unistyle

MENU

更新情報2021/10/04(月)内容を更新しました!

【通信業界完全版】業界研究から選考対策、通信キャリアやNTTグループ各社の特徴までを解説

【通信業界完全版】業界研究から選考対策、通信キャリアやNTTグループ各社の特徴までを解説

最終更新日:2021年10月04日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【通信業界完全版】
【通信業界完全版】業界研究から選考対策、通信キャリアやNTTグループ各社の特徴までを解説
1.【業界研究】通信業界とは?通信インフラやビジネスモデルについて徹底解説
2.通信業界の今後は?5GやIoTといった最新トレンドから動向・将来性まで解説
3.【業界研究】通信業界の職種・仕事内容・向いている人の特徴を徹底解説!
4.【内定者ES例文付き】通信業界の志望動機の書き方を徹底解説
5.NTTグループ主要5社を徹底比較|事業内容・社風・選考プロセスの違い【ドコモ・東日本・西日本・データ・コミュニケーションズ】
6.【最新版】通信キャリア4社の売上高・シェア率・平均年収が高い企業ランキング
7.【通信キャリア4社を徹底比較|ドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天】強み・社風・選考の違いとは

インターネットやスマートフォン、Wi-Fiなど、現代の私達の日常生活に非常に深く根付いている通信業界。

その身近さゆえに就活生からの知名度が高く、就活人気企業ランキング上位でもこの業界から多くの企業が名を連ねるなど、人気業界の一つとなっています。

精度の高い業界研究を行い、周囲の就活生と理解度で差を付けることで、高倍率である通信業界の選考でより優位に進めることができると言えるでしょう。

本記事では、通信業界を志望している就活生に向けて、「そもそも通信業界とは?、通信業界の最新トレンドや将来性、通信業界の職種・仕事内容、志望動機の書き方、NTTグループ主要5社比較、通信キャリア大手4社のランキング・比較」について分かりやすく解説していきます。

通信業界:概要やビジネスモデルを分かりやすく解説

まずは、通信業界の定義を確認してみましょう。

この中分類には,有線,無線,その他の電磁的方式により情報を伝達するための手段の設置、運用を行う事業所が分類される。

引用:総務省|統計基準・統計分類|日本標準産業分類「中分類37-通信業」

ここで言う中分類とは、通信業界を指しています。

つまり、通信業界とは「有線,無線,その他の電磁的方式により情報を伝達するための手段の設置,運用を行う業界」と定義付けることが可能でしょう。

情報を伝達するための手段」とは、私達が普段パソコンやスマートフォンと言った端末を通じてSNSやネットショッピングなどといったインターネットサービスを使う際に、私達とインターネットを繋ぐ「通信回線」のことを指します。

以下の記事では、理解が難しい通信業界の定義や分類、通信インフラ、ビジネスモデル、更には最新の動向まで徹底的に解説しています。

業界理解が難しい分、本選考時に大きなアドバンテージを獲得することが可能だと思いますので、是非参考にしてみてください。

【業界研究】通信業界とは?通信インフラやビジネスモデルについて徹底解説

●通信業界とは
●通信インフラの種類
 ∟固定通信
 ∟無線通信
 ∟衛星通信・海底ケーブル
●通信業界のビジネスモデル
 ∟BtoB事業
 ∟BtoC事業
 ∟BtoBtoX事業
●通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介
●最後に

通信業界:最新トレンドや将来性・課題について解説

通信業界はテクノロジーの発展と隣り合わせの業界であるがゆえに、変化速度が非常に早く、その変化をいかに早くキャッチアップできるかが求められます。

具体例を見てみましょう。通信業界内ではグループ化・寡占化が進展しており、下記グラフのように日本の携帯料金は高止まりしている状況となっています。

携帯料金世界各都市比較グラフ

しかし、2018年当時官房長官時代に「携帯電話料金は4割程度下げる余地がある」と発言した菅首相が誕生したことで、携帯料金が引き下げられる動きが出ており、NTTドコモは2020年12月3日に新料金プランの「ahamo」を発表しました。

以下の記事では、そんな通信業界の市場規模や、通信業界が抱えている課題といった現状から、今後の動向・将来性について解説していきます。業界理解が難しい分、本選考時に大きなアドバンテージを獲得することが可能だと思いますので、是非本記事を参考にしてみてください。

通信業界の今後は?5GやIoTといった最新トレンドから動向・将来性まで解説

●通信業界の市場規模
●通信業界の課題
 ∟公正な環境の確保
 ∟IoT社会への対応
●通信業界の今後の動向・将来性
 ∟経済圏の構築
 ∟5G導入によるビジネスモデルの変化
●通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介
●最後に

通信業界:職種・仕事内容・向いている人について解説

「通信業界になんとなく興味はあるものの、通信業界の仕事内容がいまいちわからない…」

「どんな人が通信業界に向いている人なのだろう…」

目に見えない通信を扱っている通信業界だからこそ、上記のように悩んでいる就活生は多いのではないでしょうか。通信業界の職種は、下図のように大きく事務系と技術系に大別され、数多く存在しています。

通信業界の職種一覧

そこで以下の記事では、通信業界の職種・各職種の仕事内容や通信業界に向いている人について解説していますので、ぜひご覧いただければと思います。

【業界研究】通信業界の職種・仕事内容・向いている人の特徴を徹底解説!

●通信業界の職種一覧
●事務系総合職の仕事内容
 ∟営業職の仕事内容
 ∟企画・マーケティング職の仕事内容
 ∟コーポレート職の仕事内容
●技術系総合職の仕事内容
 ∟研究開発職の仕事内容
 ∟ネットワークエンジニアの仕事内容
 ∟システムエンジニアの仕事内容
 ∟データサイエンティストの仕事内容
●通信業界に向いている人の特徴は?
●通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介
●終わりに

通信業界:志望動機の書き方まとめ

高倍率の通信業界の選考を通過するためには、各社に合致した志望動機を用意する必要があります。

志望動機の書き方として、主に以下の2つの方法が効果的です。

成し遂げたことに基づいて書く方法

(1)成し遂げたいこと
(2)きっかけとなる経験
(3)企業選びのポイント
(4)他に受けている業界とその業界ではダメな理由
(5)具体的に取り組みたい仕事
(6)業界の中でもその企業の理由

参考:エントリーシートの志望動機の書き方6ステップ|ES例文8選付

自身の適性に基づいて書く方法

(1)自分自身が向いてること
(2)向いてることの具体的な経験
(3)向いていることを活かして志望業界で取り組みたい仕事
(4)他に受けている業界と他業界ではダメな理由
(5)業界の中でもなぜ当社か

参考:【就活生必読】志望動機が特になくても書けるフレームワークとは?

以下の記事では、通信業界が求める人物像や上記のように通信業界の志望動機の書き方について解説しています。また、各社別に内定者のエントリーシートを掲載し、解説しています。

以下の記事を参考にして、他の就活生よりも一歩上の志望動機を用意できるようにしましょう。

【内定者ES例文付き】通信業界の志望動機の書き方を徹底解説

●通信業界とは
●通信業界の職種一覧
●通信業界が求める人物像とは?
●通信業界の志望動機の書き方
●通信業界の志望動機に関する内定者エントリーシート(ES)
 ∟NTTドコモ
 ∟KDDI
 ∟ソフトバンク
 ∟楽天グループ
 ∟NTT東日本
 ∟NTT西日本
 ∟NTTコミュニケーションズ
●通信業界の面接想定質問集(志望動機)
●通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介
●終わりに

NTTグループ:主要5社の事業内容・社風・選考プロセスの違いを徹底比較!

以下の記事では、日本を代表する企業の一つであるNTTグループの主要5社と呼ばれる、NTTドコモNTT東日本NTT西日本NTTデータNTTコミュニケーションズの5社に着目し、各社の業績や強み、社風に至るまで、徹底的に比較しています。

NTTグループ主要5社事業内容の違い

通信業界を志望されている就活生は、上記NTTグループ各社の選考を受ける方が多いと思いますので、この際に各社ごとの違いをしっかり理解できるようにしておきましょう。

NTTグループ主要5社を徹底比較|事業内容・社風・選考プロセスの違い【ドコモ・東日本・西日本・データ・コミュニケーションズ】

●NTTグループとは
 ∟NTTグループの生い立ち
 ∟NTTグループの組織構造
●NTTグループ主要5社の売上高ランキング
●NTTグループ主要5社の事業内容の違い
 ∟NTTドコモ
 ∟NTT東日本
 ∟NTT西日本
 ∟NTTデータ
 ∟NTTコミュニケーションズ
●NTTグループ主要5社の社風の違い
 ∟NTTドコモ
 ∟NTT東日本
 ∟NTT西日本
 ∟NTTデータ
 ∟NTTコミュニケーションズ
●NTTグループ主要5社の選考プロセスの違い
 ∟NTTドコモ
 ∟NTT東日本
 ∟NTT西日本
 ∟NTTデータ
 ∟NTTコミュニケーションズ
●通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介
●終わりに

通信キャリア:大手4社の売上高・シェア率・年収ランキング

以下の記事では、学生人気の高い通信業界で特に人気の高い、NTTドコモKDDIソフトバンク楽天グループの4社に着目し、通信キャリア4社の"売上高ランキング"と"シェア率ランキング"、"平均年収ランキング"を紹介しています。

最新の通信キャリア4社の売上高・シェア率・平均年収を紹介するとともに、各社の強みや特徴も解説しています。本記事を通して通信キャリア4社の理解を深めていきましょう。

【最新版】通信キャリア4社の売上高・シェア率・平均年収が高い企業ランキング
 

●通信キャリアの売上高ランキング
●通信ャリアのシェア率ランキング
●通信ャリアの平均年収ランキング
●通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介
●終わりに

通信キャリア:大手4社の強み・社風・選考プロセスを徹底比較!

以下の記事では、就活生人気の高い通信業界でも特に人気の高い、NTTドコモKDDIソフトバンク楽天グループの4社に着目し、各社の業績や強み、社風に至るまで、徹底的に比較しています。

いわゆる通信キャリアと呼ばれる上述した4社は、選考中に他の通信キャリアとの違いについて就活生に問う場合もあります。

上記の【最新版】通信キャリア4社の売上高・シェア率・平均年収が高い企業ランキングよりも、通信キャリア4社について事業・社風・選考プロセスの観点から詳しく解説していますので、ぜひ2つの記事を読み、更に理解を深めていただければと思います。

【通信キャリア4社を徹底比較|ドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天】強み・社風・選考の違いとは

●通信業界が求める人材とは
●通信キャリア4社の事業比較
 ∟NTTドコモ
 ∟KDDI
 ∟ソフトバンク
 ∟楽天グループ
●通信キャリア4社の社風比較
 ∟NTTドコモ
 ∟KDDI
 ∟ソフトバンク
 ∟楽天グループ
●通信キャリア4社の選考プロセス比較
 ∟NTTドコモ
 ∟KDDI
 ∟ソフトバンク
 ∟楽天グループ
●通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介
●終わりに

通信業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別のLINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に通信業界志望者向けグループでも選考や企業に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

終わりに

いかがでしたでしょうか。今回は就活生に高い人気を誇る通信業界について、様々な視点で紹介させて頂きました。

下記にも通信業界の業界・企業研究、選考対策に役立つ記事を掲載していますので、こちらもあわせてご覧ください。

通信業界完全攻略記事一覧
通信業界完全攻略記事まとめ
1.【業界研究】通信業界とは?通信インフラやビジネスモデルについて徹底解説
2.通信業界の今後は?5GやIoTといった最新トレンドから動向・将来性まで解説
3.【業界研究】通信業界の職種・仕事内容・向いている人の特徴を徹底解説!
4.【内定者ES例文付き】通信業界の志望動機の書き方を徹底解説
5.NTTグループ主要5社を徹底比較|事業内容・社風・選考プロセスの違い【ドコモ・東日本・西日本・データ・コミュニケーションズ】
6.【最新版】通信キャリア4社の売上高・シェア率・平均年収が高い企業ランキング
7.【通信キャリア4社を徹底比較|ドコモ・KDDI・ソフトバンク・楽天】強み・社風・選考の違いとは

本記事の関連動画

本記事では通信業界について解説してきました。また、以下の動画ではIT業界について紹介しています。

IT業界について理解することは通信業界の業界研究にも繋がりますので、ぜひご覧ください。

次の動画ではIT業界のビジネスモデルについて紹介しています。

最後に、下記の動画ではIT業界の職種について説明しています。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
60,035枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録