unistyle

MENU

更新情報2020/02/20(木)内容を更新しました!

【例文有】継続力をアピールする自己PRの作り方!具体的な方法から注意点まで詳しく解説

【例文有】継続力をアピールする自己PRの作り方!具体的な方法から注意点まで詳しく解説

最終更新日:2020年02月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体育会学生などの何かに長期間取り組み続けてきた就活生は、自己PRにおいて「継続力」をアピールする場合が非常に多いように感じます。

その一方、「継続力」の自己PRの仕方を間違ってしまい、他の学生と差別化できてないイケてない自己PRをしてしまっている学生が多くいるのも現実です。

本記事では、「継続力」を自己PRで使う際の注意点と、「継続力」を使って評価される自己PRを作成する方法について解説していきます。

また、「学業」「部活動」などを題材に「継続力」をアピールした有名企業内定者のESも最後に掲載していますのでぜひ参考にしてみてください。

企業が自己PRを聞く意図

企業が自己PRを聞く意図そもそも企業はどのような意図で学生に自己PRを聞いているのでしょうか。結論から言えば、それは以下の2点を知るためだと考えます。

  • (1)自社の求める強み・能力を持っているか
  • (2)キャラクターが自社にマッチしているか

(1)についてはわかりやすいかと思います。企業が採用活動を行う最たる理由は「入社後自社の利益に貢献してもらうため」であり、自社の求める強みや能力を持っているかどうかは必ず確認すべき事項と言えるでしょう。

一方、(2)についてはその人のキャラクターが会社の価値観にマッチし、組織の一員として上手くやっていけるのかどうかを見る基準です。

すなわち自己PR、特に継続力を使った自己PRでは、継続してきたことといった実績などが重視されるとよく誤解されますが、企業が最も知りたいことは、取組の中におけるその人自身の人柄となります。

自己PRとは何なのかについて知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。自己PRでアピールすべき強みや企業が聞く意図など、自己PRの基礎を学ぶことができます。

参考:【就活】受かる自己PRとは?書き方・例文・面接などのポイントを伝授!

自己PRで"継続力"をアピールするメリット

自己PRで継続力をアピールするメリット一方、この自己PRにおいて自身に継続力があるとアピールすることはどのように面接官の目に映るのでしょうか。

結論から言えば、「継続力があること」自体は評価されるということができます。

その理由として以下の3点が考えられます。

  • 社会人として必須の素養を持っていると思ってもらえる
  • 長く働き続けてくれると思ってもらえる
  • 真面目な人と評価してもらえる

以下でそれぞれについて解説していきます。

社会人として必須の素養を持っていると思ってもらえる

ビジネスの世界は、常に取引先の企業や消費者といった顧客との信頼関係で成り立っているため、一度始めた取引や仕事を途中で投げ出すことは当然許される事ではありません。

そのため「困難や挫折を乗り越え継続していける力」は社会人として必須の素養であり、その素養を持っているということをアピールできれば、好印象を与えることができるでしょう。

長く働き続けてくれると思ってもらえる

「新入社員のうち、31.8%が3年以内に離職している」という事実から、新卒の早期離職が懸念されている現在、面接官の「この学生はウチで働き続けてくれるのか」という疑問を解消する手段として「継続力」のアピールは効果的だと言えます。

真面目な人と評価してもらえる

継続力をアピールすることで「一つのことをコツコツと継続して行うことができる真面目な人間」という人柄を面接官に伝えることができます。

過去に継続して物事に取り組めた経験がある人は、今後の仕事においても真面目に対応してくれるのではないかと思われ、面接官に良い印象を与えることができるでしょう。

"継続力"を使って評価される自己PRを作る方法

継続力をアピールする自己PRの作り方ここからは「継続力」を使って、企業に評価される自己PRを作成する方法を解説していきます。

これから紹介していく内容は他の就活生との差別化をつけやすい内容ですので、一読した上で自己PRに盛り込んでいくと良いでしょう。

なぜ継続できたのか?を述べ、人柄や工夫をアピールする

一つ目のポイントは、継続することができた「動機」や「方法論」を明示することです。

どのような経験でも長期的に継続をしていれば、困難や挫折に直面し、「やめたい」と考えることが一度はあるでしょう。それらを乗り越え、継続することができた「動機」に当たる「想い」や「モチベーション」を明示できれば、自身の人柄をアピールすることが可能です。

その想いやモチベーションが自身の経験に基づき、具体的であればあるほど、実際に仕事をする上でも「困難を乗り越える力」の再現性が担保されていることが面接官にアピールできます。

また、苦労を乗り越え継続するためにとった施策や工夫といった方法論を具体的に述べることができればより、面接官に説得力を持って強みが伝わるでしょう。

継続した経験から得た強みの、仕事への活かし方に触れる

二つ目のポイントは、継続した上で得た強みをPRするということです。

上記で述べたように、「継続力」自体を「企業の利益に貢献できる能力」として仕事への活かし方に結びつけていくことは難しいため、「継続から得た強み」を企業にアピールしていくと良いでしょう。

例えば、「相手への細かい気配りを地道に継続することで関係者と信頼関係を構築していくことが強みであり、その強みを御社の営業職として活かしていきたい。」というように、継続力の先にある強みを業務内容に結びつけていければ、十分評価される自己PRになると考えられます。

また、企業側は学生の強みが本当に入社後に活かされるのかといった再現性を見極めようとしているので、「その場限りではなく、長期的に継続して発揮してきた強み」であることがアピールしやすいという利点もあるといえるでしょう。

これらをまとめると、以下のようなフレームワークに沿って述べることが最も効果的と考える事ができるでしょう。

自己PRの書き方について知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。自己PRの書き方やポイント、文字数ごとの例文を紹介しています。

【就活】自己PRの書き方を解説!7ステップで簡単に書ける|例文有

自己PRで"継続力"をアピールする際のポイント

自己PRで継続力をアピールするポイント自己PRで継続力をアピールする際は以下のポイントを意識してください。

  • 数字を用いて伝える
  • 具体的なエピソードを伝える
  • 継続力を仕事でどう活かすかを伝える
  • なぜ継続することができたのかを伝える

以下でそれぞれについて解説します。

数字を用いて伝える

自己PRで継続力をアピールする際は"定量的"に伝えるようにしましょう。

例えば、「私は目標を達成するために長期間〇〇を継続しました。」という自己PRと「私は目標を達成するために2年間〇〇を継続しました。」という自己PRでは、後者の方が明らかに伝わりやすいです。

具体的な数字を用いずに継続力をアピールしてしまうと、「どのくらい努力したのか」が面接官にもいまいち伝わらず、抽象的な自己PRになってしまいます。

事柄に対しどのくらい努力をしたのかを明確に伝えるためにも、必ずエピソードは定量的に伝えるようにしましょう。

具体的なエピソードを伝える

ここで言う具体的なエピソードとは「具体的にどのような努力をしてきたのかを伝える」ということです。

継続力という言葉は非常に抽象的であり、その言葉だけではあなたがどんな人なのかいまいち伝わりません。

そのため自己PRで継続力をアピールする際は「〇〇を達成するために具体的にどのような努力や工夫を継続してきたのか」を伝えるようにしましょう。

また、努力や工夫を継続するにあたり「どのような苦労があったのか」についても具体的に伝えることができると、継続力の強さをよりアピールすることができるため、意識してみてください。

継続力を仕事でどう活かすかを伝える

自己PRで継続力をアピールする際はその強みを仕事でどう活かせるかを伝えることが非常に大切です。

どの企業も入社後に自社に貢献してくれる人材を採用したいと考えているため、その強みが会社でも活かせるものかどうかをチェックしています。

そのため「継続力をいう強みを活かして貴社でも〇〇に貢献したいと思っています。」と自分の強みを入社後どのような場面でどう活かせるかについても伝えるようにしましょう。

そこで必要となってくるのが「企業研究」です。

入社後自分の強みでどのように会社に貢献できるのかを伝えるためには、志望企業の仕事内容や事業方針などの企業情報を理解していないといけません。

採用HPやOB訪問などを積極的に利用して、十分に企業研究を行っておきましょう。

企業研究のやり方について知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください。やり方や企業研究で用いられるツール・シート・イベントを紹介しています。

参考:【企業研究のやり方を徹底解説】就活を効率的に進めるための方法とは?

なぜ継続することができたのかを伝える

継続力をアピールする際はただ何をどれくらい続けたのかをアピールするだけでなく、「なぜ継続することができたのか」についても話せるようにしましょう。

なぜ継続することができたのか、モチベーションは何だったのかについて伝えることで、あなたの人柄をよりアピールすることができます。

ただなんとなく続けていた人と、目的意識を持って続けていた人では評価は全く異なってしまうため、自分はどのような目的がありその事柄を継続してきたのかをしっかりと話せるようにしましょう。

自己PRで"継続力"をアピールする際の注意点

自己PRで継続力をアピールする際の注意点「継続力」をアピールした自己PRが往往にして「イケてない自己PR」になってしまっている場合が多く見受けられます。

その理由として、「継続力」自体は履歴書の学歴や資格などの情報を見ればある程度わかることであり、わざわざ多くの字数を割いてまで自己PRに書き出す素養としては物足りないということが出来るからです。

上記の例以外に自己PRで伝えてはいけない強みを紹介しています。

参考:就活生が伝えがちな自己PRで伝えてはいけない3つの強み

企業側は決して「学生が物事を継続するにあたって努力できるか」などといったことには興味がなく、先程も述べたように「この学生は当社の利益に貢献できる力があるのか」という点を自己PRで見極めようとしています。

unistyleでは以下の5つを「企業の利益に貢献できると評価される素養」と考えています。

企業の利益に貢献できると評価される素養

(1)個人として努力し、成果を上げることができる


(2)関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる


(3)リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる


(4)価値観や立場の異なる人と協力して成果を上げることができる


(5)今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる

参考:ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?

これらの素養は全て「物事を継続したその結果、得ることのできるもの」であり、継続力自体はその前段階であり評価されづらいことがよくわかります。

そのため、「継続した事実やその結果」のみにフォーカスするのではなく、その過程や入社後にどう活かすかについても書くようにしましょう。

上記に挙げた以外の自己PRのNG例やその改善法を紹介していますので、ぜひ参考にして見てください。

参考:
イケてない自己PRの改善法|パターン①:マイナスからゼロにしただけ
イケてない自己PRの改善法|パターン②:努力・苦労自慢

大手企業内定者の継続力を強みとした自己PR回答例

自己PR 大手企業内定者回答例以下で大手企業内定者の自己PRの回答を紹介します。

それぞれ継続力をアピールしている回答となっているので、自己PRで継続力をアピールしようと思っている方は参考にしてみてください。

三菱商事内定者の継続力を強みとした自己PR

三菱商事内定者の自己PR回答例

大学3年次に15人の選手全員から主将に推薦された時は、周囲の信頼を実感することができた。

「世界一の舞台でバスケットがしたい」という想いから留学をしたが、当初日本人というだけでチームメイトに全く相手にされなかった。

しかし、身長2mを超す選手達の中で、体格で劣る私の存在価値を確立するために「皆がやりたがらないこと」を率先して行った。

試合の出場機会がない状況でも、毎朝6時からの練習では大声でチームを盛り上げ、授業の合間に対戦相手をビデオで研究し、試合前にレギュラーの選手達にその特徴を詳しく伝えるなど、私なりの努力を2年間以上積み重ねた。

主将選出は、そうした地道な貢献が信頼を生んだ結果だと自負している。

参考:三菱商事内定者ES

こちらの内定者は「継続力」のエピソードでよく多用される部活動を取り上げています。

「皆のやりたがらないこと」を2年間継続し、その上での「国籍の異なる周囲への信頼関係の構築力」をアピールすることが出来ており、単なる「継続力」のみではない自己PRを作ることが出来ていると言えるでしょう。

また、「世界一の舞台でバスケットをしたい」「主将選抜のため」「存在価値の確立のため」といった継続することが出来た動機にあたる「想い」「モチベーション」にまで言及することができているため、読み手としても納得感を持てる点も好印象です。

「継続力」を強みにした自己PRは往々にして「個人の実績」にのみ目が行きがちであり、この場合でしたら「主将に選出された」という結論で筆を置いてしまいそうですが、この内定者のようにそこから得られた強みまで言及することが重要です。

実際、企業側はその個人の実績に関して、極めて分かりやすいものでない限り、あまり比較基準にならず、評価対象にしていないのが現実です。実績ばかりをアピールするのではなくそこから得た強みが企業の求める強みと一致させることを意識してください。

三菱UFJ銀行内定者の継続力を強みとした自己PR

三菱UFJ銀行内定者の自己PRの回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38394枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日揮内定者の継続力を強みとした自己PR

日揮内定者の自己PR回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38394枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

自己PR 継続力のまとめ関連ここまで、「継続力」をアピールした自己PRの作り方を紹介してきましたが、多くの学生が「今まで継続してきたことを自己PRのネタ」として使う一方で、「継続力」自体が評価されないため、知らず知らずイケてない自己PRをしているパターンが多いです。

そのため、継続力とともに他の評価される素養を押し出すなど「見せ方」を工夫する必要があるでしょう。

また、自身の継続してきたものをネタにするなら、確実に「何故継続できたのか?」「継続することで何を得たのか?」といった形で常に主体的に内省することが重要です。主体性を持たず、ただ周りに言われるがまま継続していることになんの価値もありません。

この記事を評価される自己PR作成の参考にした上で、自身の継続してきたことを見直していただけると幸いです。

【関連記事】
「自己PR 責任感」の書き方について理解できたら、次は志望動機やガクチカの書き方について理解していきましょう。   
エントリーシート(ES)の書き方対策記事まとめ|自己PR・志望動機・ガクチカ

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
38,394枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録