MENU

Unistyle registration 680*80

更新情報2016/12/09(Fri)内容を更新しました!

イケてない自己PRの実例と対処方法 〜パターン①マイナスからゼロ〜

78678view

イケてない自己PRの実例と対処方法 〜パターン①マイナスからゼロ〜

掲載開始日:2014年06月13日
最終更新日:2016年12月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

unistyleでは現在1300枚超の通過・内定者のESを掲載していますが、その多くはレベルの高い自己PRをしており、基本的には高い評価をしています。というのも通過したESしか掲載していないこと、また実際に大手企業に内定した方からESの提供を受けているため、企業に評価されやすい高いレベルの自己PRばかりが集まっているのが現状です。一方で、世の中には内定者の高いレベルの自己PRとは対照的な「イケてない自己PR」が氾濫しています。実際に企業に送られてくるESのほとんどはイケてない自己PRが書かれたイケてないESが多く、採用人数に対してES提出人数の多い食品メーカーなどにおいてはESの通過率が10%程度ということもざらにあります。

 
こうしたイケてない自己PRが多数あるにも関わらず、イケてない自己PRの実例に触れる機会は中々少ないと思います。今回からは数回に渡り、unistyle事業の中で過去に出会ったイケてない自己PRをパターン化し、実例とともにお伝えするとともに、改善方法も伝えることで、レベルの高い自己PRを書く助けとしてもらえればと思います。第一回目はイケてない自己PR①マイナスからゼロパターンについてお伝えしたいと思います。
 
 

1.イケてない自己PRの実例:マイナスからゼロパターン

【イケてない自己PR実例】

私の強みは継続力です。2年間続けている居酒屋のアルバイトにおいては、最初の頃は初めてのアルバイトで慣れないことばかりであり、実際に注文ミスを繰り返し、店長に怒られるばかりでした。しかしここで辞めては逃げたことになると、一念発起し、家に帰ってからもメニューを暗記し、実際に他店舗の接客を体験しいい所と悪い所を分析するなど、自分なりの努力を重ねました。結果としてアルバイトの先輩たちにも認めていただき、現在はホールリーダーとして後輩の育成を任せてもらえるまでになりました。諦めずに努力を続ければ成果が出ることを学びました。

 
こういった自己PRを書いてみた経験がある学生はかなり多いのではないでしょうか?実際に上記の自己PRを読んで、イケてないと感じない学生も多いのではないでしょうか?それでは今から、上記の自己PRの「イケてない点」を順に説明したいと思います。
 
①マイナスからゼロの経験に過ぎない
身も蓋もないことを言ってしまえば、上記の自己PRがメインに話していることは、「出来なかったことが人並みに出来るようになった」というマイナスからゼロになったという経験に過ぎません。どんなに優秀な人でも、初めてのことには戸惑いますし、どんなに優秀ではなくても、長く続けることができれば人並みのレベルには到達することができるのは当り前のことであり、上記の自己PRはそんな当り前のことをアピールしているだけなので、評価ができません。
 
 
②企業で求められている能力ではない
上記①で理由のほとんどは説明してしまっていますが、評価出来ない理由としては、「継続力があり、慣れないことも時間をかけて人並みにできるようになる」という力は企業で必要とされる能力としては少し物足りないということが挙げられます。企業が求めているのは、現在の企業が用意した既存のレールにのって人並みの成果が挙げられる人材ではなく、自分の頭で考え、主体的に行動し、他人を巻き込み、既存のあるものを更にいいものに変える、もしくはまったく新しいモノを生み出していくことのできる可能性を持った人材です。時間をかけてある程度人並みのことができる人材でしかないなら、アルバイトで十分です。企業がどのような人材をなぜ求めているのかを少しでも考えることができれば上記のような自己PRが減るのではないでしょうか。
 
 
③継続力があるかどうかは履歴書の情報である程度わかる
また基本的なこととして、上記の自己PRでは継続力を強みとして話していますが、基本的に①努力ができるかどうか、②継続力があるかどうかについては、履歴書の学歴、資格などの項目を見れば十分にわかることです。そのため単純に「継続力があること」を自己PRで伝えるのは字数を割いてまでする必要のあることではありません。ここではもっとあなたの価値観や考え方に字数を割いて、企業でも活躍することのできる人材であることを伝えましょう。
 

 

2.マイナスからゼロ経験の対処方法

【イケてない自己PR改善例】

私の強みは当り前のことを地道に継続することで人と信頼関係を築けることです。大学時代に始めた居酒屋のアルバイトでは当初満足に接客ができずに迷惑をかけていましたが、①報告・連絡・相談の徹底、②アルバイト後のメニュー暗記、③自発的に他店舗に出向き接客を研究することで、自身の接客を向上させる努力を続けました。現在では努力を認められ、ホールリーダーとして後輩の育成を任されており、当り前の継続により、店長からの信頼を得ることができたと実感しています。貴社においても挨拶、メール対応など社会人として、当り前のことを継続することで社内外の人の信頼関係を構築し、大きな成果に繋げていきたいと考えています。

 
さて上記のイケてない自己PRを少し改善してみましたが如何でしょうか?上記イケてない自己PRとの差を感じることはできるでしょうか?同じ様なアルバイト経験をアピールしても受かる人と落ちる人がいるのは、上記二つの差を見てもらえると少しは実感できると思います。尚、改善したポイントは下記の通りです。
 
①強みを継続力から「当り前のことを地道に継続することで人と信頼関係を築けること」に変更
信頼関係構築力はどのビジネスでも求められる能力の一つです。信頼関係がなければ、上司は部下に仕事を任せることもできないし、取引先であれば一緒にビジネスをやろうとも思えません。上記のイケてない自己PRでは「継続力」にばかり焦点が当てられてしまっていたので、ここでは「継続力」の結果としての「信頼関係構築力」に焦点を当てる形に変更しています。
 
 
②強みの企業でのいかし方を追加
多くのイケてない自己PRでは、アピールしている強みを企業でどのように活かすかが書かれていません。自己PRは本来、企業の利益に貢献できる能力があると伝えるものであるにも関わらずです。ここでは「当り前のことを地道に継続することで人と信頼関係を築けること」がどのように企業でいかせるのかを簡単にではありますが追記しています。このように企業での働き方をある程度理解し、自分がアピールする能力がどのように仕事で活かされるのかわかった上で自己PRを書くようにするだけで、成果は大きく変わるでしょう。
 
 
今回のESの改善では上記の方の自己PRを参考にしています。人の自己PRを参考にする時にその人が何をしてきたのかという実績部分にばかり目がいきがちですが、どのような強みをアピールしているかも重要です。上記のESも「当り前の継続が信頼関係に繋がる」ことを強みとしてアピールしています。是非、このような観点からも他者のESを見て欲しいと思います。
 
 

3.イケてない自己PRからの脱出はあくまでスタートライン

上記のイケてない自己PRをしないために、大事なことは企業側の視点にたつことであると言えます。企業は何のために採用活動をしており、企業ではどんな働き方をして、企業で活躍できる人材とはどのような人物であり、企業はどのような人材が欲しいのかということを少しだけ考えてから自己PRを考えるだけで、評価されない自己PRを書くのを避けることができるでしょう。
 
もちろんイケてない自己PRから脱却すれば内定に繋がるかというと、物事はそう単純ではないでしょう。内定するまでには、他にも、そもそものスペック、筆記試験の出来、あなたの持つ雰囲気、志望動機、企業・面接官との相性など様々な要素が影響してきます。とは言え、イケてない自己PRから脱却することで、ESや面接の早い段階で落とされてしまうということは減り、内定する可能性が飛躍的に高まることは確かです。選考が本格化するこの機会に、自分自身の自己PRをもう一度見直してみましょう。
 
次回はイケてない自己PR第二弾「苦労自慢パターン」について詳しく話をしたいと思います。

photo credit: snaps via FindCC

    Obogkyoto uni
    Unistyle registration 300*250
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle