unistyle

MENU

更新情報2018/07/12(木)内容を更新しました!

石油資源開発(JAPEX)のES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機へ

石油資源開発(JAPEX)のES対策!求める人材を理解して採用レベルの志望動機へ

掲載開始日:2017年11月14日
最終更新日:2018年07月12日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

石油資源開発(JAPEX)は資源開発の大手企業です。石油・天然ガスの採掘から販売まで一貫して行うE&P(Exploration & Production)事業が中心となっています。

事業内容自体は総合商社のエネルギー部門と大きな違いはありませんが、総合商社とは異なり、エネルギー部署以外に配属される可能性もなく、エネルギーに関わる仕事が出来る点は興味がある人にとっては大きな魅力ではないでしょうか。

今回は採用HPとESからJAPEXの求める人材について考えたいと思います。

JAPEXの求める人材

強い意志を持ち、変化へ積極的に取り組む姿勢
社内外の情報に対し、常にアンテナを張る姿勢
自分の役割を主体的に考え、実行へ移す姿勢
自分からコミュニケーションをとり、周囲に働きかけていく姿勢
互いの個性や専門性を尊重し、活かし合う姿勢


参考:求める人材像

インターナショナルな環境に順応し、心を許せる仲間が増えていくと、特有の刺激に溢れた日々が楽しくなってきます。仕事で関わっている調達先とも、相手の立場を考えながらじっくりと交渉を重ねていけば、いずれお互いに納得できるポイントを見つけ出すことができると考えています。最終的には、相手との間にwin-winの関係を築くことが理想です。 


また、昨年は100日ほどイラクの現場に足を運びました。自分が調達した資機材や契約した工事の進捗を直接確認するためです。しかし、それでも機会としては十分ではありません。そんな時は、足りない分を日本で培った知識と経験で補います。

 

こうして振り返ると、新人からの数年間、国内で学んだことはとても大きかったのだと実感します。


参考:挑む社員たち

上記は採用HPに記載されているJAPEXの求める人物像と社員の声です。
求める人材像はこのままではあまりに抽象的なので、事業内容等からもう少し落とし込んでみたいと思います。

JAPEXの事業ではオペレーターと呼ばれるプロジェクトリーダーのような立場で石油開発を引っ張っていくことが多くなります。そのため開発に関わる沢山の利害企業者の中でリーダシップを発揮し、プロジェクトを成功に導いていくことが求められます。

これを、「人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み」に落とし込んで考えてみると「3.リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」人材を導くことができます。

求めている人材像の「自分の役割を主体的に考え、実行へ移す姿勢」、「強い意志を持ち、変化へ積極的に取り組む姿勢」というところからも同じことを読み取ることができます。

また社員の声から「相手の立場を考えながら交渉を重ねることで、相手との間にwin-winの関係を築くことができる」と書いてあります。

こちらの社員の声や海外プロジェクトに積極的に参画していることから同じように「人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み」から「4.価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる」人材ということが求められていると考えることができます。

こちらに関しても採用HPの求める人材の「自分からコミュニケーションをとり、周囲に働きかけていく姿勢」、「互いの個性や専門性を尊重し、活かし合う姿勢」からも読み取ることができます。

JAPEXのES設問

(1) 積極的に取り組んだことなど、現在に至るまでのご自分を自由に説明してください(手書き10行)

 

(2) 志望動機(手書き10行)

 

(3) どのような仕事をしたいか、抱負(手書き10行)

参考:石油資源開発(JAPEX )のES・選考レポート一覧
→石油資源開発(JAPEX)の本選考ES・レポート及びインターンES・レポートを掲載しています。

設問(1)「積極的に取り組んだことなど、現在に至るまでのご自分を自由に説明してください」について

これまでの経験を述べる設問のため学生時代頑張ったことと見ることもできますが、あなた自身について「自分の生い立ちを語ることで自己PRに説得力を持たせる方法」のように語ることから自己PRに分類される設問であると考えられます。

また、「積極的に」という指定があることから高い志のもと自ら行動した経験について知りたいという意図も考えられます。プロジェクトリーダーとしてメンバーをまとめていくうえでも、このような積極性は重要になってくるでしょう。

設問(2)「志望動機」について

この設問では志望動機に関して問われています。
【志望動機攻略】就活生必見!内定レベルの志望動機の書き方(例文有)」を参考にしてください。

しばしば比較される企業としてINPEXがありますが、なぜJAPEXなのか特徴を捉えた上で述べられると良いでしょう。

次の設問にはフレームワークの⑤具体的に取り組みたい仕事について書く必要があるため、こちらの設問で書く成し遂げたいことや企業選びの軸から導かれた内容になるよう意識しておく必要があるでしょう。

参考:石油開発業界大手2社の違いとは⁈【強み・社風・選考比較】
→石油開発業界はそこまで学生の認知度は高くないものの、グローバルに働くことのできる会社であり、また資源の乏しい日本になくてはならない業界といえます。参考記事では、石油資源開発(JAPEX)の事業内容、ビジネスモデル含めてご紹介します。

設問(3)「どのような仕事をしたいか、抱負。」について

こちらの設問でも志望動機に関して問われています。

実際の業務に沿って具体的に書かなければなりません。また、何を将来成し遂げたいかを踏まえた上で具体的に記述できると良いでしょう。こちらの「志望動機で書く「夢・実現したいこと」に出会うための方法」の記事も参考にしてみてください。

最後に

JAPEXは海外にも進出しており、世界を股にかけて活躍したい方にはピッタリの企業ではないでしょうか。商社とも似た部分は多くあり、商社志望の方も是非一度しらべてみるといいと思います。

photo by Mines CERSE

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
20,706枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録