unistyle

MENU

更新情報2020/06/02(火)内容を更新しました!

【22卒向け】IBMのインターン選考(ES・Webテスト)対策|合格者ES付き

【22卒向け】IBMのインターン選考(ES・Webテスト)対策|合格者ES付き

最終更新日:2020年06月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IBMのインターン選考通過者ES一覧はこちらから

東大や京大、早慶などの就活生から現在最も人気のある業界と言われているコンサルティング業界。そのコンサル業界の中でもITに特化しているのが今回紹介するIBMとなります。

IBMは最先端のテクノロジー技術と培ってきたノウハウによって、コンサルティング業を行っている世界最大級のコンピューターメーカーです。

そんなIBMのインターンは、実施されるコースが豊富なことと選考難易度が高いことが特徴とされています。

きちんと対策をせずに選考突破をすることは困難を極めるでしょう。

そこで本記事では、IBMのインターン内容からインターン選考を突破する方法までをご紹介します。

※本年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴い、企業の採用・選考活動に大きな影響が出ております。そのため、今後の状況が新型コロナウイルス感染拡大の状況次第で変更する可能性があることを念頭に置かれますようお願い致します。

コンサルティング業界とは

コンサルティング業界とはコンサルティングとは、「企業や各種団体が経営上抱える様々な課題に対して解決策を提示し、その実現を支援する業務」です。

コンサルティングファームはクライアントの様々な情報を分析し、社内システムから経営方向、今後の展開や人事戦略など、多角的な視点に基づき解決策を提示します。

コンサルティングは、企業の課題解決を担うという性格から、病気を診察し、投薬や治療を行う医者に似ていると言われることがあります。しかし、コンサルティングの業務は、企業の課題解決に留まりません。

例えば、新規事業の立ち上げを成功させるなど、企業が目指す姿を共に実現する役割があります。

ユーロモニター、IDC Japan、電通、日本交通公社の調査結果によると、2020年現在、国内のコンサルティング業界の市場規模は約1800億円から3000億円であり、一方アメリカのコンサルティング業界の市場規模は約6兆円から10兆円といわれます。(アビームコンサルティングHP参照)

国内のコンサルティング業界は現在発展を続けており、今後大きな成長が期待される業界といえます。

コンサルティングの対象はサービスにより分類され、業界は以下の5つに大別されます。

コンサルティング業界の分類
■総合系コンサルティングファーム
→デロイト・トーマツ・コンサルティング、KPMGコンサルティング、など
■戦略系コンサルティングファーム
→マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)、ベイン・アンド・カンパニーなど
■ITコンサルティングファーム
→アクセンチュア、IBM、など
■シンクタンク系コンサルティングファーム
→野村総合研究所、三菱総合研究所、など
■業界・業務特化型コンサルティングファーム
→マーサー・ジャパン、リンクアンドモチベーション、など

参考:【業界研究|コンサルティング】コンサルティングとは?から選考対策までを解説

今回紹介するIBMはITコンサルティングファームに分類されています。ITコンサルティングファームでは、他の戦略コンサルティングファームと異なり、企業戦略の策定・立案にとどまらず、企業戦略の実行・保守まで手がけていることが特徴です。

そのため、ITコンサルティングファームは採用の段階でコンサルタントだけではなくSEも採用しています。

近年では企業の戦略策定にはITが必要不可欠であることから、ITコンサルと戦略コンサルの事業が被りつつあります。

また、コンサルでは「Up or Out(昇進か退職か)」や激務と言われる環境であるため、転職が多いことでも有名です。「Up or Out」は以前よりはましになりましたが、それでも厳しい世界だと言えます。

コンサルの詳しい分類や働き方については、以下の記事も参考にしてみてください。

IBMとは


1937年設立のIBMは、全国に68の拠点(2020年5月28日時点)を展開しています。

IBMは事業内容の観点からITコンサルと位置づけられることも多いですが、あくまでも事業会社であり、世界最大級のコンピューターメーカーです。最先端のテクノロジー技術と培ってきたノウハウによって、コンサルティング業を行っているといった認識をしておくといいでしょう。

特に近年は、クラウド化やビッグデータ・AIの活用が著しくなり、IBMもそのような最先端テクノロジーを活用したビジネスを行っています。特にIBMが生み出したAI技術である「Watson」は国内でもユーザーが増え続けています。

また、世界最大級のコンピューターメーカーであるため、グローバルに安定した地盤を持ちます。創業してから100年以上経ち、世界175カ国以上で展開しているため、グローバルプレゼンスが大きく、海外との交流も活発であることが特徴として挙げられます。

IBMのインターン内容


IBMのインターンには4つのコースがあります。下記はIBM採用HPからの引用です。

コンサルタント・コース

■プログラム概要
IBMのコンサルタントが参画しているプロジェクトを想定したグループワークを行います。ある企業が抱えるビジネス上の課題を整理し、その課題に対してIT技術を用いた解決策を提案していただきます。

プロジェクトで経験を積んだ社員との交流、最新テクノロジーのレクチャー等、みなさんの視野を広げ、視座を高めるための機会を用意しています。

IBMが、世界175ヶ国以上で活用している最先端のデジタル&ビジュアル・コラボレーションツールを活用した「新しい働き方」を体験できます。

リモート開催の限界を越える “リアルな体験を追求” した「IBMオリジナル・オンライン手法」で開催予定です。

■プログラム内容
・コンサルタント基本トレーニング
・最新テクノロジーの動向・活用事例
・実際のケースを用いたグループワーク
・オンラインでもリアルな体験を追求

・個別アドバイス
・社員との交流


■4日間で得られること
(1)IBMのコンサルタント業務体験
IBMのコンサルタントがお客様から「be essential-最も必要とされる存在」であり続けるために、何を考え、何を行なっているのかを理解いただけます。

(2)IBMの最新テクノロジーの知見
AIや量子コンピューティング、ブロックチェーン等、テクノロジーがどのようにお客様の課題解決に活用されているのかを理解いただけます。

(3)IBM社員・社風の理解
様々な社員とのコミュニケーションを通じて、社員の価値観や仕事への向き合い方、多様性を尊重する社風を理解することができます。

■実施期間
・2020年8月03日(月)– 8月06日(木)
・2020年8月17日(月)– 8月20日(木)
・2020年8月24日(月)– 8月27日(木)
・2020年8月31日(月)– 9月04日(木)
・2020年9月07日(月)– 9月10日(木)
・2020年9月14日(月)– 9月17日(木)
・2020年9月22日(火)– 9月25日(金)

■エントリー締切
2020年6月2日(火)正午 エントリーシート締切

■実施場所
オンラインでの実施


■準備物

<必須>

PC(MacもしくはWindows)
インターネットに常時接続できるネットワーク環境
スマートフォン(PCから接続不良時の代替手段として)
ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン
<推奨>

作業に集中できる静かな環境


引用:IBMインターン【コンサルタント・コース】

ITスペシャリスト・コース

■プログラム概要
意欲に満ちた仲間とともに、お客様が求めるシステムを短期間で作り上げます。実際に動くソフトウェアを作る工程を通じて、周囲と共創するために必要なスキル・知識・考え方を学ぶことが可能です。プログラミング経験の有無に関わらず、参加いただける内容です。

・価値を重視し、適切に判断する。
・プロダクトを開発する。
・システムをデザインする。
・投資対効果を最大化するための提言を行う。
5-6名のチームメンバーと様々な役割を分担し、新たな価値の創出に挑戦する1週間になります。

IBMが、世界175ヶ国以上で活用している最先端のデジタル&ビジュアル・コラボレーションツールを活用した「新しい働き方」を体験できます。

リモート開催の限界を越える “リアルな体験を追求” した「IBMオリジナル・オンライン手法」で開催予定です。

■プログラム内容
・革新的なアイデアを出す
デザイン思考を用いて、顧客調査やソリューション検討を行います。

・最新のTechnologyに触れる
IBM Cloudを利用して、Watsonの画像認識や音声認識の機能に触れるハンズオンを行います。


・アイデアをカタチにする
役割分担や開発ルールを決めた上で、チームで自律的にアジャイル開発を行います。


・プレゼンテーション
カタチにしたソリューションの魅力を伝えるプレゼンテーションを行い、社員のフィードバックを得ます。

・社員との交流(任意参加プログラム)

若手やエグゼクティブなど様々な社員とのリモートセッションにより、社員のマインドや社風を体感します。


■5日間で得られること
(1)IBMのアジャイル開発体験
講師やメンターによるファシリテートのもと、システム開発の一連の流れをリモートワークで体験できます。お客様の要望を形にする難しさや醍醐味を味わっていただけます。

(2)IBMの最新テクノロジー/方法論の知見
Watsonなど業界を先導するテクノロジーや、アジャイル開発に関する知見が得られます。

(3)IBM社員・社風の理解
経験豊富な社員からのフィードバックや、様々な社員とのリモートでのコミュニケーションを通じて、社員の視点・マインド、多様性を尊重する社風を理解することができます。

■実施期間
・2020年8月03日(月)– 8月07日(金)
・2020年8月17日(月)– 8月21日(金)
・2020年8月24日(月)– 8月28日(金)
・2020年9月07日(月)– 9月11日(金)

■エントリー締切
2020年6月2日(火)正午 エントリーシート締切

■実施場所
オンラインによる実施
 

■準備物
<必須>

PC(MacもしくはWindows)
インターネットに常時接続できるネットワーク環境
スマートフォン(PCから接続不良時の代替手段として)
ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン
<推奨>

作業に集中できる静かな環境


引用:IBMインターン【ITスペシャリスト・コース】

データサイエンティスト・コース

■プログラム概要

IBMでのデータサイエンティストの業務を、ぎゅっとコンパクトに詰め込んだ、仮想プロジェクトを体験していただきます。

業務課題の理解、データによる現状の把握と改善策の提示、分析結果をお客様に使っていただくためのシステム提案、という一連のプロジェクト体験をしていただきます。また、並行して先輩社員との交流会や面談も予定しています。
 

IBMが、世界175ヶ国以上で活用している最先端のデジタル&ビジュアル・コラボレーションツールを活用した「新しい働き方」を体験できます。

リモート開催の限界を越える “リアルな体験を追求” した「IBMオリジナル・オンライン手法」で開催予定です。


■プログラム内容
Day1:諸手続き、9日間の過ごし方説明、コースに関する座学
Day2-5:仮想分析プロジェクト実施、5日目に中間発表

Day6-9:中間発表の結果を受け、最終プレゼンに向けた分析・プレゼン資料ブラッシュアップ、9日目に最終発表
 

■9日間で得られること
(1)「IBMでデータサイエンティストとして働くこと」に対する理解

(2)分析プロジェクトの大きな流れの理解
仮想プロジェクトのプロジェクトメンバーとしてインターンに参加することによって、IBMでデータサイエンティストとして働くことへのイメージが明確になります。

(3)プロジェクトメンバとしての働き方
「チームによる共同作業」「個人に割り振られた個別タスクの遂行」の両方を実践することよって、実プロジェクトでのプロジェクトメンバとしての働き方を理解することができます。

■応募資格
・2022年3月末、9月末に卒業・修了予定の大学3年生、大学院1年生、高等専門学校4年生の方
・全日程参加できる方
・プログラミング経験のある方(言語、レベル不問)
・データサイエンティスト職を自身の社会人キャリアに検討されている方

■実施期間

・2020年8月03日(月)– 8月14日(金)

・2020年8月17日(月)– 8月27日(木)

・2020年8月31日(月)– 9月10日(木)
 

■エントリー締切
2020年6月2日(火)正午 エントリーシート締切

■実施場所
オンラインによる実施
 

■準備物
<必須>

PC(MacもしくはWindows)
インターネットに常時接続できるネットワーク環境
スマートフォン(PCから接続不良時の代替手段として)
ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン
<推奨>

作業に集中できる静かな環境


引用:IBMインターン【データサイエンティスト・コース】

デザイナー・コース

■プログラム概要
デザイナー・コースでは、IBM のデザインを知っていただくとともに、IBM のデザイナーおよびエンジニアと協力しながら、思わず ”Wow!!” と言ってしまうような顧客体験をデザインいただきます。
 

IBMが、世界175ヶ国以上で活用している最先端のデジタル&ビジュアル・コラボレーションツールを活用した「新しい働き方」を体験できます。

リモート開催の限界を越える “リアルな体験を追求” した「IBMオリジナル・オンライン手法」で開催予定です。

 

■プログラム内容

・具体的なテーマに基づき、新しいサービスやアプリケーションのデザインを検討
・IBM のデザイナーやリサーチャーと一緒に業務を体験
・IBM のデザインについての知見を深めていただくセッション

■5日間で得られること
(1)デザイナーに必要なスキルセット
「どんな機能が必要か?何をどう作るのか?」ではなく、「誰のためにどんな体験を提供するのか?」という徹底したユーザー視点でのアプローチ、それを実際に見えるカタチにするプロジェクトやデザイン思考の考え方を身につけることができます。

(2)最新テクノロジーとデザインの融合の知見
Watsonなどのテクノロジーとアプリケーションデザインをどう結びつけるか、といったIBMならではの理想的なデザインの探求や顧客体験を間近で体感できます。

(3)IBM社員のマインド・社風の理解
若手やエグゼクティブなど、様々な社員とのコミュニケーションを通じ、IBM社員のマインドやIBMの多様性を尊重する社風を体感していただきます。

■応募資格
・2022年3月末、9月末に卒業・修了予定の大学3年生、大学院1年生、高等専門学校4年生の方 
・全日程参加できる方
・(学科、スキルなど)デザイン学科に在籍しているなど、デザイン教育を受けた経験がある方

■実施期間
2020年8月3日(月)– 8月7日(金)

■エントリー締切
2020年6月2日(火)正午 エントリーシート締切

 

■実施場所
オンラインによる実施
 

■準備物
<必須>

PC(MacもしくはWindows)
インターネットに常時接続できるネットワーク環境
スマートフォン(PCから接続不良時の代替手段として)
ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン
<推奨>

作業に集中できる静かな環境
 

引用:IBMインターン【デザイナー・コース】

IBMの求める人材

IBMの求める人材
IBMの求める人物像について、IBMのHPの採用情報を元に考察していきます。

IBMでは「教育に飽和点はない」という言葉があり、常に自ら学び続け自分自身を向上させていく文化があります。絶えず変革を起こし続けるIBMでは、年次や役職に関わらず全ての社員が常に最先端の知識とノウハウを持つことが求められます。向上心と好奇心を持って、新しい知識やスキルを身につけようとする人材が活躍しています。

(IBMのHP「社員インタビュー」より一部抜粋)

上記の内容から「新しい知識やスキルを身につけようとする向上心と好奇心がある」人材が求められていることがわかります。

また、IBMはクライアントの経営課題をIT・システムの側面から解決するプロジェクトを提案しています。

そのためにはロジカルシンキングなどの能力はもちろん、「クライアント先の関係者と信頼関係を構築する」「クライアントの課題やニーズを引き出す」「社内の関係者だけではなく、クライアント先の関係者をも含めたチームでプロジェクトを進める」といった、周囲の関係者との良好な関係を保ちながら仕事を進めていく能力が求められます。

さらに、顧客の経営課題を解決するシステムを提案することが求められるため「新しい仕組みや企画を提案する」ことも必要となるでしょう。

上記を踏まえ、ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?に照らし合わせると、「関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる」「リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる」「今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」の3つが当てはまると考えられます。

まとめると、以下の4つの特徴を持つ人材がIBMの求める人材として言えるでしょう。

  • 新しい知識やスキルを身につけようとする向上心と好奇心がある
  • 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる
  • リーダーシップを発揮し、周囲の人と目標を共有し達成することができる
  • 今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる

IBMのインターン選考フロー

IBMのインターン選考フロー
22卒向けのインターン選考フローです。コースは複数ありますが、選考フローについては下記に統一されています。

IBMのインターン選考フロー エントリーシート
⬇︎
Webテスト
⬇︎
書類審査(エントリーシートおよびWebテスト結果を元に実施)
⬇︎
電話面談(予定)

以下では、各段階の選考対策について詳しく紹介していきます。

IBMのインターン選考:エントリーシート対策

IBMのインターン選考:エントリーシート対策
下記の内容は22卒対象のものになります。

設問
■あなたがIBMのインターンシップに応募した理由を具体的に教えてください。(500文字以下)
■あなたの強みを根拠となる経験とともに教えてください。その強みを活用して、組織や社会にどのような変化を起こせると考えていますか?(600文字以下)

ここから、IBMの求める人物像や仕事内容を踏まえつつ、回答方法を考えていきましょう。

あなたがIBMのインターンシップに応募した理由を具体的に教えてください。(500文字以下)

この設問では志望動機を問われています。企業は志望動機から(1)自社へのインターンへの志望度と(2)インターンへのモチベーションを知ろうとしています。

そのため、上記2つの理由を網羅する論理的な志望動機を伝え、「だから弊社のインターンを希望しているのか」と思ってもらう必要があります。

志望動機を書く際に気をつけるべきポイントは次の6つです。

​​

また、この設問の対する実際にエントリーシートを通過したESでの回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は42756枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

あなたの強みを根拠となる経験とともに教えてください。その強みを活用して、組織や社会にどのような変化を起こせると考えていますか?(600文字以下)

この設問では自己PRを答えます。就活生が企業に自己PRすべきことは「企業にとって採用しなかったら損する人材である」ということです。

ここで重要なのは、IBMの求める人物像にある内容と自分の強みを照らし合わせながら書くことです。

自己PRを書く際は下記のフレームワークを参考にしてみてください。

また、この設問の対する実際にエントリーシートを通過したESでの回答は以下の通りとなっております。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は42756枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

IBMのインターン選考:Webテスト対策

IBMのインターン選考:Webテスト対策
現時点 (2020年5月28日)で22卒のインターン選考のWebテストの内容が不明だったため、下記には21卒対象に行われた内容を載せておりますので参考程度にご覧ください。※22卒では同様の問題が出題されるかは分かりませんので、あらかじめご了承ください。

■実施場所:自宅
■所要時間:1-2時間
■形式:企業オリジナル(数列予測と適性検査のようです。)

数列と普通の数学の問題が出題される形になります。

数列の問題に関しては、いかに数列の法則を見つけるかが大切になります。数学の能力はもちろんですが、頭の柔らかさやひらめき力が必要になるようです。普通の数学の問題に関しては、そこまで難しい問題は出ないようなので事前に市販の書籍で対策し慣れておきましょう。

また、以下にWebテストについての完全攻略記事一覧を載せておりますので、併せてご覧ください。

最後に

最後に
本記事ではIBMのインターン内容からインターン選考対策までをご紹介してきました。これからは、どの業界においてもITの力が必要になってくるので、ITコンサルは今後需要が高まる業界と言っても過言ではないでしょう。

IBMに興味のある方は、本記事で企業について理解を深め、選考対策をしっかりと行いインターンにチャレンジしていただければと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
42,756枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録