unistyle

MENU

更新情報2018/07/05(木)内容を更新しました!

野村證券の内定者ES解説!選考通過のエントリーシートの共通項

9706 views

    野村證券の内定者ES解説!選考通過のエントリーシートの共通項

    最終更新日:2018年07月05日

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    野村證券では個人としてどこまで努力が出来るのか、切磋琢磨する環境で成長することにどこまでやりがいを感じることが出来るのかといった人材を求めていると感じています。

    なお、今回はこちらの内定者のエントリーシートをもとに解説しています。

    あなたは野村證券でどのような「生き方」を実現したいと考えていますか。(200文字以内)
    私は将来、自分ならではの価値を提供できるような人間になりたいと考えている。部活動やテニスコーチで成果を出し、感謝された経験から、自分の価値向上にとてもやりがいを感じた。
    そのためには、日々の弛みなき努力が求められる。証券営業では、常に前衛的な姿勢が求められる他、同志達と切磋琢磨できる環境が整っている。業界1位である貴社の看板を背負い、プライドを持って企業とお客さまに必要とされる営業マンになりたい。

    最近(3ヶ月以内)関心を持っている出来事、ニュースについて。関心を持っている理由を記入してください。(400文字以内)
    桜宮高校で起きた、顧問の体罰による生徒の自殺問題である。私は厳しい環境下で5年間テニスに尽力してきたため、昨今の体罰の定義に少々懐疑心を抱いているためである。
    今回の事件では顧問が部長に暴力を奮っているため、確かに体罰である。この事件を皮切りに全国の部活動で体罰問題が露呈してきているが、そのほとんどが顧問からの罵詈雑言に留まっており、個人的には至極微温い環境だと考える。
    テニスを通じ、指導者の言葉には必ず意味があることを知った。上手くなってもらいたいという想い故の熱血指導であり、それを体罰として報道するのは検討違いだと考える。近年のゆとり教育が起因してのことか、これでは強い人間が育たないだろう。
    以上の様な考え、経験から、私は貴社に入社してもタフに頑張っていける自信がある。証券営業は厳しいと言われるが、それでこそ自己が磨かれると考えているため、ストイックに努力して高みを目指していきたい。

    参考:【内定】エントリーシート

    一つ目の設問

    あなたは野村證券でどのような「生き方」を実現したいと考えていますか。(200文字以内)

    私は将来、自分ならではの価値を提供できるような人間になりたいと考えている。
    部活動やテニスコーチで成果を出し、感謝された経験から、自分の価値向上にとてもやりがいを感じた。
    そのためには、日々の弛みなき努力が求められる。証券営業では、常に前衛的な姿勢が求められる他、同志達と切磋琢磨できる環境が整っている。
    業界1位である貴社の看板を背負い、プライドを持って企業とお客さまに必要とされる営業マンになりたい。
    これは「野村證券|求める人材と解説付き内定者ES」で説明した通り、自分個人として提供できる価値を高めたいというものにあたると思われます。

    過去に部活動やテニスのコーチとして個人として結果を追求してきた経験と繋げています。野村證券のようにどれだけ個人として努力が出来るかを重視する環境では、文武問わずにどの程度個人として実績をあげてきたかが問われることがあります。

    もちろん最後は実績よりも実績にいたるまでの考え方を評価されますが、自分が語れる実績についてはよく考えておきましょう。

    二つ目の設問

    最近(3ヶ月以内)関心を持っている出来事、ニュースについて。関心を持っている理由を記入してください。(400文字以内)

    桜宮高校で起きた、顧問の体罰による生徒の自殺問題である。
    私は厳しい環境下で5年間テニスに尽力してきたため、昨今の体罰の定義に少々懐疑心を抱いているためである今回の事件では顧問が部長に暴力を奮っているため、確かに体罰である。この事件を皮切りに全国の部活動で体罰問題が露呈してきているが、そのほとんどが顧問からの罵詈雑言に留まっており、個人的には至極微温い環境だと考える。
    テニスを通じ、指導者の言葉には必ず意味があることを知った。上手くなってもらいたいという想い故の熱血指導であり、それを体罰として報道するのは検討違いだと考える。近年のゆとり教育が起因してのことか、これでは強い人間が育たないだろう。
    以上の様な考え、経験から、私は貴社に入社してもタフに頑張っていける自信がある。証券営業は厳しいと言われるが、それでこそ自己が磨かれると考えているため、ストイックに努力して高みを目指していきたい。
    これは現代の価値観、ポリティカルコレクトネス的には正しくない意見と言われてしまうでしょうが、野村證券では歓迎される考え方かもしれません。

    この内定者は野村證券が求める人材を考えた上で、この設問も自己PRの場として利用しています。このように企業側の意図を考えてこういった設問に答えるのもよいですが、一方で自分が最も語れるトピックを選ぶのも一つです。

    どちらを取るのがよいのか自分で考えて選んでほしいと思います。

    最後に

    野村證券は多くの学生からは「キツくて嫌だ」というイメージが強い一方で、徹底的な成果主義のため、学歴関係なく出世や評価されるところを気に入る学生も多い会社です。

    学歴やこれまでの経験、周囲の人の評判など関係なく、仕事の数字のみで評価されるというのは本当の意味でフェアな会社であると言えます。

    こうした企業が自分に合うかどうかを考えた上で受けるかどうか選んでほしいと思います。

    unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
    ・公式Twitterアカウント
    ・公式Facebookアカウント

    unistyle
    新規会員登録
    unistyle
    unistyle
    41,242枚以上の企業ES・選考情報が見放題
    unistyleに無料会員登録