「自分を一言で表すと?」への答え方25例!面接でも話せる回答の作り方

16,637 views

最終更新日:2022年12月15日

「自分を一言で表すとどんな人物ですか?」

面接で急にそんな質問をされたら、あなたはすぐに答えられるでしょうか。

回答に困ってしまう人もいるかもしれませんが、事実、毎年多くの企業のESや面接で行われる質問です。

「自分を一言で表すと」と、突然面接で言われると難しく感じるかもしれませんが、この質問は回答次第で、自分の長所を面接官の印象に強く残すことができるチャンスの質問でもあります。

本記事では、面接などで行われる「自分を一言で表すとどんな人物ですか?」という質問に関して、それを聞く理由や回答の作り方、注意点を紹介していきます。

本選考とインターンの締め切り情報

「自分を一言で表すと?」面接での質問意図

自分を一言で表すとへの面接での回答

そもそもなぜ企業は面接で「自分を一言で表すと?」と質問をするのでしょうか。

企業が面接などで就活生に対して「自分を一言で表すと?」と質問する意図は、主に以下の3点が考えられます。

  • (1)自己分析できているかを見るため
  • (2)コミュニケーション能力があるかを見るため
  • (3)あなたの人間性を理解するため

(1)自己分析できているかを見るため

自己分析ができているかとは「自分を客観的に見ることができているか」ということです。自分を客観的に見て、自分がどんな人物かを理解し、それを言語化して表すことができる人物でなければ、入社後のミスマッチが起こりやすくなってしまいます。

また、自分を客観的に見て、言語化し、表すことのできる人物は、入社後、仕事において失敗をしても振り返り、改善・成長していくスピードが速いものです。

企業が面接などで、「自分を一言で表すと?」という質問をする意図背景としては、こうした「自分のことを客観視できているか知りたい」という目的があると考えられます。

参考記事
自己分析は「自分を一言で表すと?」という質問への回答作成に限らず、就活では必ずやるべきことのひとつです。まだ自己分析が不十分だと思う方は以下の記事を参考に自己分析をしてみてください。
簡単にできる自己分析のやり方8選!-やり方別のメリット・デメリットをunistyleが独自調査-

(2)コミュニケーション能力があるかを見るため

ここで指すコミュニケーション能力とは自分の伝えたいことを簡潔に(一言で)正しく伝えられるか、ということです。

ビジネスの場面では、十分な時間がない中で報告を上げることを求められたり、短い時間で自社の商品の魅力を伝えなければならなかったりすることが多くあります。

そうした場面に応用できる力として、面接において自分の長所を簡潔にわかりやすく説明する、つまり「自分を一言で表すと?」という質問が代わりに行われていると考えられます。

(3)あなたの人間性を理解するため

面接官は、新卒採用の期間は短い間にたくさんの学生と面接を行います。

面接官から見て、学生間のスキルには大きな差があるわけではないため、面接官は新卒採用において重要な選考ポイントの一つである「会社に合いそうな人間性かどうか」を限られた時間の中で考えなければなりません。

そこで面接において「自分を一言で表すと?」という質問を行うことで、あなたにどんな長所があり、それはどんなエピソードからわかり、それをどういった表現で回答するのかを聞くことで、あなたの人間性の理解を図ろうとしていると考えらえます

「自分を一言で表すと?」面接での好印象な回答

自分を一言で表すとへの面接での回答続いては具体的な「自分を一言で表すと?」の回答の作り方について紹介します。

「自分を一言で表すと?」への回答は、以下の4つのステップで簡単に作ることができます。

  • (1)自己分析を行い、自分の強みを見つける
  • (2)企業分析を行う
  • (3)強みを具体的な言葉に言い表す
  • (4)印象的な言葉に言い換える

それぞれについて詳しく解説していきます。

(1)自己分析を行い、自分の強みを見つける

冒頭で述べた通り、「自分を一言で表すと?」という質問は、面接で自分の強みをアピールするチャンスです。自己分析を行い、この質問のチャンスで自分の長所をしっかり伝えましょう。

「自己分析ってどうやれば良いの?」という方は簡単にできる自己分析のやり方8選!-やり方別のメリット・デメリットをunistyleが独自調査-の記事を参考にしてください。

サークルやアルバイトといった組織の中で、自分から課題を発見し、課題の解決のために動いた経験は評価されやすいエピソードの一つです。「自分を一言で表すと?」という質問に回答を作成する際は、自分の大学生活を振り返り、具体的なエピソードとともに、自分の強みを探しましょう。

新卒就活の自己PRとは-種類別例文19選と共にNG自己PR例も紹介-でも述べていますが、面接官は自社に貢献してくれる人材を採用したいと思っているため、「自分を一言で表すと?」という質問に対する回答には、仕事で活かすことができる強みをアピールするようにしてください。

(2)企業分析を行う

「自分を一言で表すと?」という質問への回答の準備として、1つ目のステップとして自己分析を行い、仕事に活かせる強みを見つけたら、次は企業研究を行いましょう。

アピールしようとしている強みが志望企業が求めている強みと異なっていたら、アピールとしては弱くなってしまいます。

「自分を一言で表すと?」という質問への回答において大切なことは、自分が「企業に貢献できる人材である」とアピールすることです。自分が志望している企業の企業研究をしっかりと行い、企業がどのような人材を求めているか把握するようにしましょう。

具体的な企業研究の仕方は以下の記事をご覧ください。

(3)強みを具体的な言葉に言い表す

自分の強みを表す際によく用いられる「努力家です」「リーダーシップがあります」などは、抽象度が高すぎるため、選考官は面接で聞いても「その努力をどのように仕事に活かしていくのだろう」と想像しづらい部分があります。

そのため、例えばリーダーシップをアピールするのであれば、「私はチームの中で一番に行動することでチームを引っ張っていける力があります」のように具体的な言葉で表すようにしてみましょう。

(4)印象的な言葉に言い換える

自己分析を行い、志望する企業に対しどのような方向性で自分の強みをアピールしていくか決めたら、自分の強みを表せる言い換え表現を探していきましょう。

「自分を一言で表すと?」という質問は、短く限られた中で自分の強みを訴求しなければならないため、印象的な言葉に置き換えていく必要があります。

一言で表せる言い換え表現がなかなか思いつかない、という方は、類語辞典などを活用しながら、強みを表せる言葉を探し、マインドマップなどで整理をしながら、何かに例えてみたりするのもいいでしょう。

言い換え表現の検索には下記のサイトがおすすめです。

また、unistyleの下記の記事も役に立ちますので、一緒にご覧ください。

「自分を一言で表すと?」ES・面接での回答例一覧

自分を一言で表すとへの面接での回答「自分を一言で表すとどんな人物ですか?」という質問の意図背景や、面接における回答の仕方がわかったところで、実際の回答を見てみましょう。

【素直・ムードメーカー・推進力】豊田通商のES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【注意深さ・挑戦心】凸版印刷のES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【求心力・協調性・根性】ヤクルト本社のES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【根性・努力家】パソナグループのES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【努力家・向上心】ブリヂストンのES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【努力家・向上心・挑戦的】日清オイリオグループのES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【根性・推進力・勇敢さ】亀田製菓のES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【ポジティブ・推進力・柔軟性・継続力】博報堂・博報堂DYメディアパートナーズのES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【根性・推進力・ポジティブ】DICのES回答例

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は79181枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

「自分を一言で表すと?」面接でのNG回答

自分を一言で表すとの回答例

実際に選考を通過しているESをご覧いただいたところで、「自分を一言で表すと?」の面接でのNG回答を解説します。

他の回答と矛盾する回答

自分の長所をアピールできる、面接での「自分を一言で表すと?」という質問。

面接の中で、たくさん自分の良いところを伝えたいのは分かりますが、あれもこれも、と欲張ってしまうのは良くありません。

例えば自己PRやガクチカでは「人に思いつかないような想像力の豊かさ」を自分の強みとしてアピールしていたのに、「自分を一言で表すと?」では「調整力に優れた外交官のような人間」などとアピールをしてしてしまったとしましょう。

面接が終わったあと、面接官としては「結局、この学生はどんな学生なんだろう?」と印象が弱くなってしまい、せっかくの自分の印象を残すチャンスを逃してしまいます。

面接を通して、自分の長所は何で、どんな学生として企業に自分を売り込みたいのかを考え、一貫した印象を残せるような回答を準備しましょう。

求める人物像と一致しない回答

自分の長所をアピールできる「自分を一言で表すと?」という質問への回答を準備できたとしても、その回答が志望企業の求めている人物像と一致しなければ評価のされようがありません。

例えば、燃料などを海外から輸入する企業などでは、調整力が重要視されます。そうした企業に対し、古い慣習を見直し、新しいことにどんどんチャレンジしていく「挑戦心」をアピールしても、あまり評価されにくいでしょう。

もちろん挑戦心自体は長所ではありますが、それを企業の求める人物像に寄せて表現していくことが求められます。

例えば上記の例であれば、その挑戦心が発揮された経験の中で、調整力を活かした部分をクローズアップしていくと、評価されやすい回答に近づくでしょう。

最後に~「自分を一言で表すと?」への答え方とは~

自分を一言で表すとへの面接での回答

本記事では「自分を一言で表すと?」への答え方について解説をしました。

「自分を一言で表すと?」と聞かれると、変わった表現の回答をしなければならないように思う人もいるかもしれませんが、この質問において最も重要なのは、自分の長所を面接官に簡潔に伝えられるようにすることです。

事前に回答を準備し、「自分を一言で表すと?」と聞かれても慌てず自分の長所を回答できるようにしておきましょう。

おすすめの就活テクニック 4 件

現在ES掲載数

79,181

すべて見れる

上に戻る

会員登録・ログインして全てのコンテンツを見る

無料会員登録