unistyle

MENU

更新情報2020/11/11(水)内容を更新しました!

【業界研究】広告代理店とは?仕組み・企業一覧・職種・最新のニュースなどを一挙大公開!

【業界研究】広告代理店とは?仕組み・企業一覧・職種・最新のニュースなどを一挙大公開!

最終更新日:2020年11月11日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電通や博報堂を始めとした広告代理店は数多くの就活生にとって憧れの業界です。クリエイティブさや華やかなイメージを持ち、志望している方も多くいるかと思います。

しかし、実際の業務内容は表面的なイメージと異なる点も多く、広告代理店についての正確な知識を理解せずイメージ先行で選考に進んでしまうことは非常に危険と言えるでしょう。

本記事では、広告代理店について「そもそも広告代理店とは?、広告代理店主要企業一覧、職種・仕事内容まとめ、自己PR・志望動機の書き方、最新のニュース」などについてご紹介します。

広告代理店:概要をわかりやすく解説

広告代理店とは「クライアント企業の広告活動」、つまりマーケティングを「代理的に行う」企業のことを指します。

クライアントが抱える課題をヒアリングし、メディアを使ったプロモーションを提案し、商品やサービスの売上につながるようサポートします。

その際、以下の3者間で調整を行っていくことになります。

広告代理店のステークホルダー

(1)広告枠を提供する企業(テレビ局、新聞社など) 
(2)広告代理店 
(3)クライアント企業(=商品やサービスを持ち、その商品やサービスを宣伝したいと考えている企業のこと。)

したがって、広告代理店は「広告を出したい企業」と「広告を掲載するメディア」を繋ぐ「仲介」の役割を担っています。

以下の記事では、広告代理店の概要分類・職種ごとの仕事内容について、簡潔にわかりやすくまとめています。

広告代理店とは?概要・仕事内容・職種についてわかりやすく解説
 

●広告代理店とは

●広告代理店の主な分類

●広告代理店の職種及び仕事内容

広告代理店:主要7社の特徴一覧

広告代理店は、扱う媒体やその業態によって主に3つの種類に分けることが出来ます。

広告代理店の主な種類

(1)総合広告代理店:テレビや新聞・ラジオ・雑誌などの4マス媒体を中心に様々な広告を取り扱う広告代理店
◎企業例:電通博報堂ADKホールディングスなど

(2)専門広告代理店:1つのメディアに特化した広告代理店
◎企業例:(インターネット広告)サイバーエージェントDAC(新聞広告)日経広告社など

(3)ハウスエージェンシー:親会社やグループ会社専属の広告代理店
◎企業例:JR東日本企画東急エージェンシーなど

以下の記事では、主要な広告代理店を紹介しています。それぞれの企業の特徴をしっかり理解して広告業界全体をイメージできるようにしましょう。

【広告業界】徹底比較!大手広告代理店主要7社の特徴一覧と今後の動向
 

●広告代理店の3つの種類

●総合広告代理店
∟電通
∟博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ
∟ADKホールディングス

●専門広告代理店
∟サイバーエージェント
∟オプト

●ハウスエージェンシー
JR東日本企画(jeki)
∟東急エージェンシー

広告代理店:仕事内容や職種ごとの役割を徹底解説

広告代理店の中には様々な職種があり、それぞれの役割を担うことで広告代理店はその機能を果たしています。

プロジェクトによって必要とされる職種や業務は様々なパターンがありますが、業務の流れと各フェーズで業務を担う職種を簡単にまとめると上記の図のような形になります。

営業:クライアントから要望を受け、その要望をもとに他の職種の案件に適した社員を招集し、案件の情報を共有する。※これ以降の案件の進捗管理も行う。

マーケティング:
市場調査などを基にクライアントの要望を叶えるための戦略を立案し、企画の大まかな方向性を決める。

クリエイティブ:マーケティング職が立案した戦略をベースに、伝えたいメッセージをコピーやデザイン、映像などで表現する。

プロモーション:マーケティング職が立案した戦略や、クリエイティブ職が考えた表現をもとに、世の中に拡散させ、商品の購買といった人々の行動を喚起させる施策を考える。

メディア:ここまでの戦略を踏まえて、どのようなメディアでの出稿するかのプランニングを行う。また、メディア媒体の買い付けを行う。

以下の記事では、上記の流れに則って「営業」「マーケティング」「クリエイティブ」「プロモーション」「メディア」について解説しています。

広告代理店の仕事内容や職種ごとの役割を徹底解説
 

●広告代理店の役割
●広告代理店の職種一覧

∟営業
∟マーケティング
∟クリエイティブ
∟プロモーション
∟メディア担当
●広告代理店は本当に激務なのか
∟なぜ激務と言われてしまうのか
∟現在の状況・働き方改革など

広告代理店:志望動機の書き方まとめ

広告代理店志望者の中には、具体的な職種や仕事内容についてよく知らず、志望動機が上手く書けないという方も多いのではないでしょうか。

広告代理店の志望動機を書くにあたって、職種ごとの仕事内容を押さえておくとより具体的で伝わりやすい志望動機となるでしょう。

以下の記事では、広告代理店の仕組み仕事内容を押さえながら志望動機を書く際のポイントを紹介していきます。

【志望動機|広告代理店】広告代理店内定レベルの志望動機の書き方
 

●基本の志望動機の書き方

●広告代理店とは

●広告代理店の志望動機の書き方

●広告代理店のエントリーシート(ES)の志望動機の例文
└電通
└博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ
└サイバーエージェント
└JR東日本企画(jeki)
└東急エージェンシー

広告代理店:自己PRの書き方まとめ

実際の広告代理店の仕事内容を踏まえ、広告代理店で求められる人材像として以下の3つが挙げられるでしょう。

ここにタイトル

広告代理店で求められる人材像

・周りを巻き込める人
・忍耐力がある人
・発想力がある人

以下の記事では、広告代理店にて求められる人物像を考察した上で、広告代理店の選考で評価される自己PRの書き方を解説しています。

【ES例文有】広告代理店での自己PRの書き方|求める人材も紹介

 

●自己PRを聞く意図とは

●基本的な自己PRの書き方

●広告代理店が求める人材とは
└周りを巻き込める人
└忍耐力がある人
└発想力がある人

●広告代理店のエントリーシート(ES)通過者の自己PRの例文
└電通
└博報堂・博報堂DYメディアパートナーズ
└ADKホールディングス(ADK)
└サイバーエージェント
└JR東日本企画(jeki)

広告代理店:最新のニュースや動向・将来性について解説

ここでは、広告業界の現状最新のニュースについて解説していきます。

業界最大手の電通の調査によると、2019年(1~12月)の日本の総広告費は6兆9,381億円で、2012年から8年連続で前年を上回っています。

また、2019年の日本の総広告費の内訳は以下のグラフのようになっています。

日本の広告費は大きく「マスコミ4媒体広告費」「インターネット広告費」「プロモーションメディア広告費」に分類されます。

特に、インターネット広告費の増加が顕著に表れており、6年連続で2桁成長を遂げています。

日本のGDPがかなり減速する中でも、インターネット広告の急速な成長によって変わらず広告費が増加し続けられているといえるでしょう。

日本の広告費の最新状況を踏まえ、広告代理店は現在どのような局面を迎えているのでしょうか。

広告代理店の今後は?最新のニュースや動向・将来性について解説

●広告代理店の最新のニュース・動向
∟ネット広告代理店の台頭
∟マス広告の衰退
∟インハウス化を行う企業の増加
●広告代理店の今後の動向
∟デジタル技術の拡大に伴う業界の変化
∟コンサルティング業界とのバッティング

広告代理店:関連記事一覧 

また、広告代理店各社の情報をより詳しく知りたい方は以下から自身の志望する企業を選択していただき、自身の企業研究に役立てていただければと思います。

 広告代理店大手各社の企業研究ページ
電通の企業研究ページはこちらから
博報堂の企業研究ページはこちらから
ADKホールディングスの企業研究ページはこちらから
サイバーエージェントの企業研究ページはこちらから
東急エージェンシーの企業研究ページはこちらから
JR東日本企画の企業研究ページはこちらから
読売広告社の企業研究ページはこちらから

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
48,932枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録