unistyle

MENU

更新情報2020/11/18(水)内容を更新しました!

【例文付き】旅行業界の志望動機の書き方を詳しく解説

【例文付き】旅行業界の志望動機の書き方を詳しく解説

最終更新日:2020年11月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行業界を志望している就活生の皆さんの中には「志望動機の書き方が不安だ」という方もいるのではないでしょうか。

その中でも旅行業界でどのような仕事をしたいのかが決まっている方や、まだ企業研究の途中だという方など様々だと思います。

本記事では皆さんが旅行業界の志望動機を書くにあたって何をすべきなのか、どの様な点に気を付ければ良いのかを解説していきます。

記事の最後には選考通過者のエントリーシート(ES)も掲載しているので、ぜひ旅行業界の志望動機を書く際の参考にしてください。

旅行業界で求められる人材像

旅行業界で求められる人材像旅行業界の志望動機を書くにあたり、まずは採用する側の企業がどの様な人材を求めているのかを把握しましょう。

旅行業界で求められる素養には以下の4点が挙げられます。

  • コミュニケーション能力
  • ホスピタリティ精神
  • 企画力
  • 行動力

以下でそれぞれ解説していきます。 

コミュニケーション能力

ここではコミュニケーション能力を(1)聞く力、(2)(空気を)読む力、(3)伝える力の3つの要素に定義します。

旅行業界の仕事は個人や団体、また法人のお客様に向けたサービス業です。よって相手の意見を聞き、場に応じて自分の意見を伝えるコミュニケーション能力は必要不可欠であると言えます。

以下に旅行業界の主な仕事内容を挙げます。

  • カウンター
    →航空券やツアーの販売を店舗で直接行う
  • 企画(ツアープランナー)
    →主要なビジネスである旅行プランの計画
  • 仕入れ
    →宿泊施設や交通機関の手配
  • コンダクター(添乗員)
    →ツアーに同行し管理や引率を行う
  • 法人営業
    →企業の海外出張などの手配
  • 団体営業
    →団体に直接営業しツアーを売り込む
  • ITエンジニア
    →販売サイトの強化、差別化

これらから分かる様に旅行の企画、販売においていかにお客様のニーズを汲み取るかということがポイントになります。

また実際にお客様と関わる機会も多い業種なので、コミュニケーション能力が重視されていると言えます。

ホスピタリティ精神

ホスピタリティ精神とは日本語で「思いやり」「おもてなし」などを表します。

旅行業界の主な仕事内容である旅行の企画、販売をするにあたり重要になるのがホスピタリティ精神です。相手のニーズを読み取ったうえで、お客様を満足させる旅行プランを提供するにはお客様視点に立って考えられることが大切だと言えます。

また日本国内や海外の様々な場所で仕事をしたり、様々な場所でのサービスを提供する職種であるため他国の文化や日本の良さを理解できることが大切になります。

これらの理由から相手の立場に立って物事を考えられ、相手の為に動くことのできる人材が求められていると考えられます。

企画力

企画力とは相手のニーズを引き出し、課題を解決するプランを立てる力のことを言います。

旅行プランを立てるにあたり企画力が必要であるということは想像に難しくないでしょう。旅行業界ではお客様のニーズを引き出し、また課題を解決することのできるプランを立てるための企画力が必要です。

また旅行業界はとても変化の波が大きい業界です。そのため未来を見据えて企画をする発想力も同時に重要だと言えます。

実際にエイチ・アイ・エスの選考では「あなたにしかできない、H.I.S.で挑戦したいオンリーワンの商品を提案してください。」という設問も課されています。

【参考】
【2020】旅行業界の今後は?課題や動向、将来性について解説
エイチ・アイ・エスのエントリーシート(ES)ES、選考レポートはこちら

行動力

行動力とは、自分の意思で積極的に行動を起こせる能力のことを指します。

行動力が求められる理由は2点挙げられます。1点目は広い分野に関わる仕事だということです。企業の中でも同じ作業を続ける様な働き方ではない場合が多いため、能動的に動く姿勢が大切になります。

2点目はサービスの内容にあります。形のない「旅行」というサービスであるからこそ実現するためには粘り強さや実行力が必要です。

旅行業界の志望動機を書くポイント

旅行業界の志望動機を書くポイント旅行業界で求められる人材像を把握したところで、旅行業界の志望動機を実際に書くにあたってのポイントを解説していきたいと思います。まずは企業が志望動機を聞く意図について考察します。

企業が志望動機を聞く意図は下記の2点です。

  • 志望度の高さを知りたい
  • 社風やビジョンとマッチするかを知りたい

そのためには以下の4点を伝えることで効果的に旅行業界の志望動機を書くことができます。

  • 将来の目標
  • 旅行業界の志望理由
  • 旅行業界の中でもその企業を選ぶ理由
  • どのように企業に貢献できるのか

以下でそれぞれについて具体的に解説していきます。

将来の目標

まずは将来の目標や就活の軸など、自分自身の目標を伝えましょう。

自分の目標を達成するためにその企業に入社したいという思いを伝えることができれば、採用担当者に熱意を伝えやすいと言えます。

また入社後にしたい仕事やキャリアプランを書くなどして具体的に落とし込むことでより説得力のある志望動機となります。

旅行業界の志望理由

他の業界ではなくなぜ旅行業界を志望しているのかを書きましょう。

旅行業界の仕事の特徴などを盛り込んで書くとより説得力のある志望動機になります。業界理解をしっかりしているということから熱意が伝えられるためです。

旅行を通じてお客様にどうなってほしいかが含まれていると、前述した「旅行業界で求められる人材像」にも当てはまり、効果的なアピールができると考えられます。

旅行業界の中でもその企業を選ぶ理由

旅行業界を志望している理由が書けたら、次は業界内で数ある企業のうちなぜその企業を志望するのかについて書きましょう。

企業によって強みやと特徴、課題なども様々です。その企業が行っている事業内容に触れることができるとより「志望度の高さ」をアピールすることができます。

そのため企業研究をして自分が企業のどのような部分を良いと思ったのかをしっかりと伝えられるようにしておきましょう。

どのように企業に貢献できるのか

企業に自分が惹かれた部分を伝えるだけではなく、入社後に自分のどのような強みでどんな風に企業に貢献できるかを書きましょう。

企業は会社に貢献することのできる人材を探したいと考えています。自分の強みを活かして貢献できる事について書けると、企業側も入社後の姿をイメージしやすくなると言えるでしょう。

それによって高い評価に繋がる可能性があるため、企業で活かせる強みをアピールするようにしましょう。

旅行業界各社の志望動機エントリーシート(ES)例文

旅行業界の志望動機例文それでは最後に旅行業界の志望動機について書かれたエントリーシート(ES)例文を紹介します。

自分の志望している企業に選考通過した先輩が書いたエントリーシート(ES)を参考にしたり、自分の考えと照らし合わせて志望動機を深める上でエントリーシート(ES)例文を読むことは有効です。

ぜひ旅行業界の志望動機を書く際の参考にしてください。

JTB選考通過者の志望動機

志望動機(30字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

JTBの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

KNT-CTホールディングス内定者の志望動機

弊社を志望する理由を教えてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

KNT-CTホールディングスの企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

旅工房内定者の志望動機

志望理由

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

クラブツーリズム選考通過者の志望動機

志望理由(400字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

JALセールス選考通過者の志望動機

あなたがジャルセールスを志望した理由と、ジャルセールスで何を実現したいかを具体的に記入ください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日本旅行内定者の志望動機

弊社への志望理由を箇条書きで入力してください。(100文字以下)
「弊社への志望理由」について詳細を入力してください。(300文字以下)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は48932枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

日本旅行の企業研究ページ(内定者ES・選考レポート・選考対策記事)はこちら

まとめ

旅行業界の志望動機まとめ本記事では旅行業界の志望動機を書くポイントについて解説してきました。

旅行業界の志望動機を書く際には「なぜ旅行業界なのか」「旅行業界の中でもなぜその企業なのか」「入社後何を成し遂げたいのか」の3点を盛り込むことで納得感のある志望動機を書きましょう。

皆さんが旅行業界の志望動機を書く参考になっていれば幸いです。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
48,932枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録