unistyle

MENU

更新情報2018/12/20(木)内容を更新しました!

【例文あり】IT業界志望者のための、志望動機の書き方

5654 views

【例文あり】IT業界志望者のための、志望動機の書き方

掲載開始日:2018年12月20日
最終更新日:2018年12月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT業界はインターネットなどの技術を利用して様々なビジネスを展開できる点で多くの学生から人気のある業界だと思います。私自身もそこに魅力を感じ内定先の企業への就職を決めました。

近年ではEC(インターネット通販)やFinTech(ITを活用した金融サービス)など、IT技術を利用したビジネスが多く生まれています。それに加え今後は人工知能が普及し、更なる発展の可能性が見込まれています。

今回はIT業界の選考で伝えるべき志望動機の回答方針について解説していきたいと思います。本記事の最後にはESでの志望動機回答例も載せていますので、ESを書く際の参考にもしていただけたらと思います。

基本的な志望動機の書き方

IT業界の志望動機について考える前に、まずは基本的な志望動機の書き方を知っておくべきだと思います。ここでは「就活における志望動機の書き方と6つのチェックポイント|内定者ES例文付」と「【就活生必読】志望動機が特になくても書けるフレームワークとは?」の2つの記事を参考に解説していきます。

上記2つの記事から、志望動機について書く際の基本的なフレームワークとしては、「成し遂げたいことに基づいて書く」「自身の適性に基づいて書く」の2つがあると思います。上記記事に倣いこの2つの回答方針を一部紹介すると、

「成し遂げたいことに基づいて書く」場合は、

①成し遂げたいこと
②きっかけとなる経験
③企業選びのポイント
④他に受けている業界とその業界ではダメな理由
⑤具体的に取り組みたい仕事
⑥業界の中でもその企業の理由

「自身の適性に基づいて書く場合は、

①自分自身が向いてること
②向いてることの具体的な経験
③向いていることを活かして志望業界で取り組みたい仕事
④他に受けている業界と他業界ではダメな理由
⑤業界の中でもなぜ当社か

といった流れで書くと論理的に筋の通った回答が作れると思います。

今回はこの2つの回答方針を踏まえ、IT業界における志望動機の書き方を考えていきたいと思います。

それではまず、IT業界における業界の特徴と、どのような素養が求められるのかについて考えていきましょう。

IT業界の特徴と求められる素養

IT業界の特徴① 変化が激しい

ここ数年の内に、SNSによって場所を問わず連絡を取り合えたり、ネット上で物の売り買いができたり、仮想通貨というものもできました。このようなことを考えればITという分野が急速に発展してきたことは容易にイメージできると思います。

このようにIT業界では技術の進歩に伴って新しいサービスが次々と生まれているため、変化の激しい業界であるということが言えます。

実際、現在IT業界大手である楽天やDeNAなどといった企業は創業から数十年ほどでここまで大きく成長しています。楽天はインターネット上でのショッピングモールを目指してECで売り上げを伸ばし、DeNAは携帯電話でできるmobageというゲームを作り大ヒットさせました。

これらはあくまで一例であり、他にも多くの企業が新しいビジネスを創出しています。インターネットを利用したサービスは優れた発想によりいくつも生み出され、多くの人々に利用されてきています。

既存のサービスだけでなく新しいサービスが今後も更に作られる事が予想され、数十年後には会社のビジネスモデルも大きく変化しているかもしれません

IT業界の特徴② 様々な領域でのビジネスが作れる

上でも述べたように、IT業界では次々と新しいサービスが生み出されています。

楽天を例に見てみましょう。

楽天は「楽天市場」というインターネット通販の事業から創業しました。その後は銀行やカードといったFinTech事業、トラベル事業、テレビなどのメディア事業など様々なインターネットを利用した事業を展開してきました。

現在まで創業から約20数年ですが、70ほどのサービスを作り出しています。

楽天に限らず他の大手IT企業ではいくつも新規事業が作り出されており、その点からも新しいビジネスを生み出すことに積極的であることは伺えると思います。

では、主要なIT企業のビジネスをまとめてみたいと思います。

・楽天…EC、銀行、カード、旅行、モバイル、スポーツチーム経営、等

・サイバーエージェント…WEB広告、ゲーム、AbemaTVなどのメディア事業

・DeNA…ゲーム、スポーツチーム経営、ヘルスケア事業、SHOWROOMなそのメディア事業

・ヤフー…EC、旅行、WEB広告、カードやウォレットなどの決済事業、等

上記を見れば、IT業界ではインターネットの力を利用して様々な事業を展開していることがわかるかと思います。これらの企業は他業界の大手企業に比べてかなり歴史が浅く、創業からの年月があまり経っていないにも関わらずここまで幅広く事業を展開してきました。

このことから、IT業界ではインターネットの力を駆使して様々な領域でのビジネスが作られると言えるでしょう。

IT業界で求められる素養

業界の特徴を踏まえると、IT業界で求められる素養としては、

・今までにない仕組みや企画を提案し、実行できる

・ゼロから新しいものを生み出すために、個人として努力できる

といった力が求められるかと思います。

またさらに、IT業界で実現できることの観点からは、インターネットの力によって国や地域などの場所を問わず多くの人を繋げることができ、それを利用してサービスや事業を展開できるといえます。このことから多くの人に貢献する仕事ができるといえます。

また、上記でも述べたように、次々と新しいものが生まれる業界であるため、新しいものに積極的に挑戦していくスタンスのある会社が多い業界でもあります。

これらのことを踏まえると、

・多くの人に貢献できる仕事がしたい

・新しいものに関わる仕事がしたい

といった考えを持っている方はIT業界に向いていると思います。

IT業界における志望動機の回答方針

上記の業界の特徴や求められる素養を踏まえ、ここからは志望動機の回答方針を解説していきたいと思います。

成し遂げたいこと・目標を述べる

IT業界に限らず、どの業界・企業でも自分が入社後に実現したいことについて述べることは必須ですが、IT業界では特に重視される点だと思います。

この業界で評価される、または適性があると判断されるような「成し遂げたいこと・目標」に対する回答としては、

・自分が主導となって新しいビジネスを創出したい

・国内外、地域問わず多くの人に関われる仕事がしたい

などといった回答が評価されると思います。

また、このような回答でなくとも、「現在その会社で主流となっているビジネスに関わりたい」といったことを成し遂げたいこと・目標として語っても良いと思います。

例えば、サイバーエージェントはWEB広告においてトップシェアを誇っており、広告業界の中でも電通、博報堂に次いで業界3位の売り上げを誇っています。そのためIT業界だからという理由でなく、WEB広告の仕事がしたいからという理由を述べて内定を勝ち取る方もいます。

自分の適性を述べる

【就活生必読】志望動機が特になくても書けるフレームワークとは?」の記事のように、成し遂げたいことの観点からではなく自身の適正から志望動機を述べていく場合の回答方針について考えます。

先ほど述べたIT業界で求められる素養である、

・今までにない仕組みや企画を提案し、実行できる

・ゼロから新しいものを生み出すために、個人として努力できる

・多くの人に貢献できる仕事がしたい

・新しいものに関わる仕事がしたい

などから自分に当てはまるものを選んで回答できるとよいと思います。

またその回答を作るにあたって、その素養があるということを論理的に説明できなければいけません。「なぜ適性があると言えるのか」という理由を述べる際には自らの過去の経験を伝えるようにしましょう。自分が過去に好んでやってきたこと、実行できたことを説明できれば、適性を述べる際の証明になります。

例えば、「今までにない仕組みや企画を提案し、実行できる」という適性があることを伝える場合、サークルを立ち上げた経験などを過去の経験として語ると適性を伝えられると思います。

自身の過去の経験を振り返り、どんな適性があるのかを考えることから始めると良いと思います。

他社ではダメな理由

業界の中でも、なぜその会社でなければいけないのかという点に関してはどの会社でも聞かれる点であると思います。これに関しては、企業ごとの企業研究をしていることが大前提です。

同業他社の中でなぜ当社かを説明するアプローチとしては、業界内のポジション社風・企業理念実際に会った人の3点から述べることができます。その中でもIT業界においては、社風・企業理念について語るのが最も効果的だと思います。

先ほどまでの業界の特徴で述べたことからも、IT業界においては他の業界に比べて会社ごとの違いが大きいと言えます。それは事業展開の仕方だけでなく、企業理念や社風に関しても同様です。

企業ごとの社風や理念を一度研究し、他と差別化できるようにしておきましょう。

IT業界のES通過者の志望動機回答例

楽天のES通過者の志望動機

◆あなたが楽天を志望する理由を教えてください。(300文字以内)

世界一を目指す集団の中で加速度的に成長し、幅広い事業に携わることで自身の視野を広げたいからだ。

私は現段階では必ずしも注力したい分野を特定していない。だからこそ、特定できた時にそれを実現できるだけの力をなるべく早く身に着けたいと考えている。

貴社はやる気があれば若くとも責任ある仕事を任せてもらえる環境があり、失敗と成功を多く経験できるため自分に早く実力をつけられる。また、幅広い事業展開を行っており、これからも領域は広がっていくと考えるため、自身の視野を最大限広げていける。

さらには、私の学生時代の学びである「顧客のニーズを追求する姿勢」を最大限活かすことができると考えるため、貴社を強く志望する。

参考:エントリーシート(総合職)

こちらの方は自身の成し遂げたいことを基に語っています。こちらの方のように、注力したいビジネスや事業などについて書かなくても志望動機を述べることは可能です。

また、企業の社風や事業展開の仕方についても書くことによって、他の企業との差別化もできている良い例となっています。

サイバーエージェントのES通過者の志望動機

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は32935枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

ヤフーのES通過者の志望動機

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は32935枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
32,935枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録