MENU

%e3%83%99%e3%82%a4%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%83%88

更新情報2017/01/19(Thu)内容を更新しました!

TBSのESと採用HPから考えるTBSの求める人材

TBSのESと採用HPから考えるTBSの求める人材

掲載開始日:2017年01月19日
最終更新日:2017年01月19日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TBSテレビ(TOKYO BROADCASTING SYSTEM TELEVISION)(以下、TBS)は、東京・赤坂に拠点を構える民法テレビ局であり、2015年度の単体売上高は、業界4位の約2100億円となっています。

「半沢直樹」や「下町ロケット」、「逃げるは恥だが役に立つ」など定期的にヒットドラマを制作する同社が求める人物像を、採用HPを基に考察していきましょう。

スポットCM(主に番組と番組の間に流れるCM)を扱っています。《中略》

2年目になり、渉外担当としてスポンサーや広告会社の皆様に向き合う仕事をさせてもらえるようになりました。社外の方にも1人で話に行くので緊張感は大きいですが、TBSでCMを出したいと思ってもらえるように、打ち合わせや提案の内容を日々試行錯誤しています。


引用:TBS RECRUIT「People」

テレビ局の収入の柱は、番組でCMを流す代わりに依頼主から得る広告収入です。
そのため各社の営業担当者は、スポンサーや広告代理店等の社外関係者への訪問を通じて、信頼関係を構築し、TBSでCMを放送してもらえるような提案を行います。

また制作部は、ドラマやバラエティ番組など、魅力的なコンテンツを作り出すことが求められており、例えばドラマ番組一つ制作する際にも、台本を執筆する脚本家、責任者であるディレクター、編集を行うエディターから出演者に至るまで、様々な関係者を巻き込みながら、チームで仕事を行うことが必要になります。

さらに時代の流れに対応し、視聴率を獲得し続けていくためには、他社が放送していない形式やジャンルの番組を新しく作り出していくことも必要になるでしょう。

以上のことを踏まえ、「人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み」に照らし合わせて考えると、TBSでは「2.関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行までを行える」や「5.今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」といった素質を備えている人材が求められていると考えられます。

TBS設問

①あなたが学生時代に、一番力を入れて取り組んだことは何ですか?その結果、何を得たか具体的に書いて下さい。(全角300文字以内) 
②あなたがTBSでやりたいことは何ですか? 具体的に書いてください。(全角300文字以内) 
③一番影響を受けたテレビ番組は何ですか?(他局を含む)その番組からどんな影響を受けましたか?(全角200文字以内) 
④今後のテレビメディアはどのようになると思いますか?また、今より魅力的にする新しいアイディアを書いて下さい。(全角300文字以内) 
⑤仕事で一番大切なものは何だと思いますか?なぜそう思いますか? (全角100文字以内) 
⑥あなたが今、最も魅力を感じていて世の中に伝えたいと思う「人」や「モノ」について、その理由も含めて書いて下さい。(全角150文字以内) 
⑦あなたを表現する単語を5つ書いて下さい。(全角30文字以内)


参考:TBS 本選考情報(総合職)

以下では、各設問で書くべき内容を考えていきましょう。

一つ目の設問

①あなたが学生時代に、一番力を入れて取り組んだことは何ですか?その結果、何を得たか具体的に書いて下さい。(全角300文字以内) 

これは就活において一番オーソドックスな質問ですが、設問にもあるように「自身が得たもの」、すなわち「方法論」を記述することに留意しましょう。
この方法論を伝えることで、自らが「学生時代だけでなく、社会人になってからも活躍できる人材である」という印象を面接官に与えることができます。

実際に、同社を受けた就活生のESを見てみましょう。

【高校時代、レギュラーを目指して毎日素振りをしたこと】
悲願の全国大会を目前に敗退した野球部の先輩達の前で誓いました。「レギュラーメンバーになって、勝利に貢献する」と。それから素振り300回を欠かしませんでした。素振りの甲斐あって、秋の大会目前のレギュラーを決める試合でホームランを打つことが出来ました。自分の努力が認められ、「野球の神様はいるんだ」と心から喜びました。しかし、そのホームランに満足した私は、その日だけ素振りを怠りました。次の日、案の定私は凡打に終わり、レギュラー争いに負けました。「野球の神様はいるんだ」と心の底から泣きました。そしてチームが敗れるのをベンチで見ていることしかできませんでした。あの日驕った自分を今でも情けなく、悔しく思います。高校3年の夏レギュラーを獲得しましたが、以来、私は準備の大事さを知りました。一つの準備が次の日の結果や人生そのものを決めると感じたからです。


引用:TBS エントリーシート(6)

この方は、「高校野球部の試合で、凡退に終わった→その経験から、準備の大切さを学んだ→仕事でも、準備を大事にしていきたい」という流れが明確であり、入社後も、驕らずにしっかりと準備をし、会社に貢献できる人材であることをアピールできています。

二つ目の設問

②あなたがTBSでやりたいことは何ですか? 具体的に書いてください。(全角300文字以内) 

ここでは、TBSにおける「夢」が問われています。就活生の中には、テレビが好きでこの業界を志望する方もいれば、ビジネスモデルに惹かれた方、先輩に憧れて志望する方など、様々なタイプいるのではないでしょうか。
ですが企業側は、知名度や年収など短期的な目線で物事を考える学生ではなく、少しでもやる気やビジョンを持った学生を採用したいと考えています。
学生としても、少しでも夢やモチベーションが無ければ、企業側に熱意を伝え、内定を得ることはできないでしょう。

しかし、企業で実際に働いたことがない学生にとって、いきなり「夢」を語ることが難しいのもまた事実です。
こうした悩みを持った方には、実際に社員の方や内定者に会って、彼らの話を聞くことが極めて大切になるでしょう。自分の足を使い積極的な就活を積み重ねることで、自分のビジョンが見えてくるように思われます。

三つ目の設問

③一番影響を受けたテレビ番組は何ですか?(他局を含む)その番組からどんな影響を受けましたか?(全角200文字以内) 

ここでは影響を受けた番組名を述べることが求められており、テレビ局らしい設問であるといえるでしょう。
その番組に受けた影響を述べることも忘れないでください。

実際のESを参照してみましょう。

世界ふしぎ発見!から、好奇心を突き詰める思考を養いました。以前放送された企画を見て、私も留学中に大好きなハリー・ポッターの撮影地を訪れようと決意し実行しました。現地では、テレビ画面を通して感じた想いが2倍に膨らみました。私にとって、世界ふしぎ発見!は、常に「実践する好奇心」を提供する学習と成長の場です。新鮮な情報を毎週取り込み、ネットや観光ブック等から知見を派生させる努力を今もなお継続中です。


引用:TBS エントリーシート(5)

この就活生は、「世界ふしぎ発見!」から「好奇心を突き詰める思考」を身に付けたようです。
番組から得た知識や刺激が、実際に生きた経験を述べることで、ストーリーに説得力を持たせている点にも留意しましょう。

四つ目の設問

④今後のテレビメディアはどのようになると思いますか?また、今より魅力的にする新しいアイディアを書いて下さい。(全角300文字以内) 

テレビ業界の今後に関しては、以前unistyleが主催したイベントで日本テレビの採用担当者が語った内容が以下記事にまとめてありますので、参考にしてみてください。業界を取り巻く環境として、主に「インターネットやスマホの普及に伴う視聴スタイルの変化」や「積極的な海外展開」に関して述べられています。

先ほど紹介した採用HP上でも「新しい時代を共に歩む仲間を求めます」という文言があった通り、テレビ局各社は、今後の会社を変革していけるような人材を求めており、この設問では、そのためのアイディアを自分なりに持っているかどうかを問うています。

この設問の流れとして、
「今後のテレビ業界は〜という課題を抱えるだろう」→「その解決策として私は、〜というアイディアを実行したい」
という組み立てにすると、読み手にとってわかりやすい文面になるのではないでしょうか。

自身の問題意識が企業側の問題意識と大きく相違がないようにするため、積極的に社員の方に自身の考えを述べ、フィードバックをもらうようにしましょう。

五つ目の設問

⑤仕事で一番大切なものは何だと思いますか?なぜそう思いますか? (全角100文字以内) 

仕事で大切なことは何かを問う設問です。
この問に正解はありませんが、「他者との信頼関係」や「めげない向上心」を述べる方は多いのではないでしょうか。

この設問では字数の関係上厳しいかもしれませんが、「信頼関係」にせよ「向上心」にせよ、そうした能力が生きた経験や、必要だと感じた経験を話せるようにすることで、自己PRにもつなげることができます。

六つ目の設問

⑥あなたが今、最も魅力を感じていて世の中に伝えたいと思う「人」や「モノ」について、その理由も含めて書いて下さい。(全角150文字以内) 

この設問で記述する内容は、「TBSでやりたいこと」を述べる二つ目の設問に近いかもしれません。
自身がテレビを通じて「伝えたいこと」を、その理由も含めてしっかりと述べることができるようにしましょう。

いきなりESに書くことに自信が持てない方は、社員の方を中心に添削をしてもらうことも必要になるでしょう。

七つ目の設問

⑦あなたを表現する単語を5つ書いて下さい。(全角30文字以内)

ここでは就活生のパーソナリティを簡潔に表現することが求められていますが、必要以上に自身のキャラクターをでっち上げることのないように意識しましょう。

面接官は実際にあなたを見て、「あなたの自己評価」と「周囲からの評価」、そして「あなたの外見や話し方から得る印象」の3つにずれが無いか、ある場合はなぜなのかを知ろうとしています。
その際、「この3つに乖離があり、またその理由を伝えることができなかった」場合は、相手に違和感を覚えさせる結果に終わってしまいます。

以上を踏まえると、正直かつ入念な自己分析を行うのは当然のことですが、他者から見た自分はどう映っているのか、自身の評価と他者からの評価にズレがある場合はなぜなのか、という点を把握しておくことも必要でしょう。
両親や友人など、自分のことをよく知っている他者に自己分析を手伝ってもらうことも、この設問に回答する上で非常に大切になります。

最後に

今回は、民放テレビ放送局の中でも大きな存在感を誇っているTBSを紹介させていただきました。ESの項目が多く、仕上げるまでに多くの時間を費やすかもしれませんが、しっかりと予定を立てて丁寧に書き、社員さんや家族などに添削してもらうことで、クオリティの高いESを仕上げるよう意識しましょう。

photo by Stefanus Ming

    %e5%9b%b32
    %e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle