unistyle

MENU

更新情報2021/11/16(火)内容を更新しました!

テレビ業界の今後はどうなる?最新動向、ニュースや課題を踏まえて解説

1762 views

テレビ業界の今後はどうなる?最新動向、ニュースや課題を踏まえて解説

最終更新日:2021年11月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【テレビ業界完全版】
1.【テレビ業界研究完全版】ビジネスモデルやランキング、キー局4社の違い等を解説
2.テレビ業界とは?ビジネスモデルや業務内容、やりがいについて紹介!
3. 【テレビ業界の職種と仕事内容とは】働く人の声をもとに解説
4.テレビ業界の今後はどうなる?最新動向、ニュースや課題を踏まえて解説
5.「テレビ業界各社の自己PRで一番多い強みは何か?」内定者の回答を徹底分析
6.テレビ業界年収ランキング|キー局・ローカル局・衛星放送局など
7.2021年最新版テレビ業界の売上高ランキング【解説付き】
8.【厳選6選】テレビ業界志望者におすすめの本・サイト
9.テレビ業界民放キー局4社(フジテレビ・日本テレビ・TBS・テレビ朝日)を比較|各社の業績・特徴・強みの違い

テレビ業界は華やかな印象が強いですが、同時に時代の変化の影響を非常に受けやすい、激動の業界とも言うことができます。

そのため、テレビ業界への就職を目指す上では日ごろから業界の最新動向を確認しておく必要があります。

本記事では、そんなテレビ業界の現状や課題、今後についてニュースを交えて紹介していきます。

テレビ業界の動向

テレビ業界の広告費

※単位は「億円」です。
※テレビは「地上波テレビ」と「衛星メディア関連」の合計です。

まずは現在のテレビ業界の動向から見ていきます。

テレビ広告費の推移から見る業界の現状

2020年度の地上波テレビ広告費は1兆5,386億円(前年比88.7%)でした。前年に比べて減少しており、新型コロナウイルス拡大に伴う広告費削減などの影響を受けたことが主な理由です。

番組(タイム)広告費は、「東京2020オリンピック・パラリンピック」、「FIFAワールドカップカタール2022・アジア二次予選」などの開催延期、プロ野球開幕延期、プロゴルフトーナメント中止・無観客での開催など、大型スポーツイベントの延期・中止と広告主の業績不調による固定費削減の影響によって減少する結果となりました。

スポット広告費は、緊急事態宣言の影響から経済活動が減少してしまったため、「官公庁・団体」を除くほぼすべての業種で大幅に減少しました。

対するインターネット広告費は2兆2,290億円(前年比105.9%)と成長を続けており、テレビ業界の低迷が伺えます。

【参考引用文献】
電通「日本の広告費2020」

テレビ広告費が減少している背景

広告費からも、インターネットの普及によってテレビの広告費が減少していることがわかりました。

その背景には、インターネットで動画を楽しむ人が増え、その分テレビを見る人が減少してしまった結果、各スポンサーがテレビからネット広告に出資するようになったという理由が大きいとされています。

ネット動画は、テレビにはまだ追いつかないが、男女とも10代、20代はテレビに迫る勢いだ。5年後の2025年調査では、おそらく逆転しているだろう。動画を除く趣味・娯楽・教養のネット利用では男性20代、30代、女性20代ですでにテレビより多くの人がネットを利用している。

この調査結果から明らかになったのは、「10代から30代の若い人たちはテレビを見なくなりネット動画を見るようになっている。地上波テレビ放送に執着しているのは60代以上の老人ばかり」という現実だ。その60代以上の高齢者でさえ、ネットを使い始めている。

【引用】東洋経済オンライン『テレビを見ないが過半数「男20代と女10代」の衝撃』

テレビ業界では現在、若者のテレビ離れが深刻です。

特にスマートフォンでのインターネットを楽しむことが多い10代から30代の若い人々はテレビを見なくなり、代わりにインターネットで動画を楽しむようになっているようです。

テレビ業界の課題

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61921枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

テレビ業界の今後

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61921枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

まとめ

テレビ業界動向まとめ

本記事では、テレビ業界とは最新動向や今後、課題について紹介しました。

インターネットの普及に伴い、テレビは映像コンテンツの覇権をインターネットと競い合うようになりました。これからも変化が多いことが予想されるので、今後も注目し続けましょう。

テレビ業界の現状や動向を把握しておくことで、業界研究に役立ててください。

【テレビ業界完全版】
1.【テレビ業界研究完全版】ビジネスモデルやランキング、キー局4社の違い等を解説
2.テレビ業界とは?ビジネスモデルや業務内容、やりがいについて紹介!
3. 【テレビ業界の職種と仕事内容とは】働く人の声をもとに解説
4.テレビ業界の今後はどうなる?最新動向、ニュースや課題を踏まえて解説
5.「テレビ業界各社の自己PRで一番多い強みは何か?」内定者の回答を徹底分析
6.テレビ業界年収ランキング|キー局・ローカル局・衛星放送局など
7.2021年最新版テレビ業界の売上高ランキング【解説付き】
8.【厳選6選】テレビ業界志望者におすすめの本・サイト
9.テレビ業界民放キー局4社(フジテレビ・日本テレビ・TBS・テレビ朝日)を比較|各社の業績・特徴・強みの違い

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,921枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録