unistyle

MENU

更新情報2021/11/24(水)内容を更新しました!

製薬業界5社(武田薬品工業、大塚HD、アステラス製薬、第一三共、エーザイ)を比較!業務内容から業績、最新ニュースまで解説

製薬業界5社(武田薬品工業、大塚HD、アステラス製薬、第一三共、エーザイ)を比較!業務内容から業績、最新ニュースまで解説

最終更新日:2021年11月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
製薬業界完全版
【製薬業界完全版】業界研究から選考対策、製薬業界大手5社比較や業界の最新動向を紹介
1.【業界研究】製薬業界とは?ビジネスモデル、業種、やりがいについて紹介
2.【業界研究】製薬業界の職種とその仕事内容について徹底解説|研究・開発・MRなど
3.【製薬業界の企業一覧】国内売上高TOP10・新卒採用のある外資系・隠れ優良企業を紹介
4.製薬業界の志望動機の書き方を内定者ES例文付きで職種別に紹介
5.今後の製薬業界はDX化とAI製薬がカギ⁉最新動向・課題を踏まえて解説
6.【2021年版】製薬業界で年収の高い企業ランキング|各社の事業内容や特徴も解説
7.製薬業界に資格は必要?職種ごとに必要な資格を解説
8.製薬業界5社(武田薬品工業、大塚HD、アステラス製薬、第一三共、エーザイ)を比較!業務内容から業績、最新ニュースまで解説

高齢化が進む日本において、ますますその存在感が強くなると予測される製薬業界。

今回はそんな製薬会社の中でも、国内売上の上位5社「武田薬品工業」「大塚HD」「アステラス製薬」「第一三共」「エーザイ」に焦点を当て、各社の業績や強み、社風を紹介したいと思います。

また、製薬業界全体のビジネスモデルや職種、最新動向も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

製薬業界とは?

世界一の長寿国日本の健康な暮らしを支えているのが製薬業界です。

製薬会社は医薬品の製造・販売が主な収益源となります。自社で製造した医薬品を、病院やドラッグストアを通じて患者に販売するというのが大枠のビジネスモデルです。

上に示した通り、製薬会社は大きく分けて、医療用医薬品一般用医薬品(OTC・大衆薬・市販薬とも呼ばれる)を製造しています。

医療用医薬品とは、医師の処方に基づいて患者が薬局などで購入する薬のことです。それに対して、一般用医薬品とは、医師の処方箋が無くても、ドラッグストアなどで個人が自由に買うことのできる医薬品を指します。

医療用医薬品は、更に新薬後発医薬品(ジェネリック)に分けることができます。

それぞれの製薬会社がいずれか一つの分野を担っている訳ではなく、会社の戦略によって幅広い分野の医薬品を製造したり、強みを生かし注力する分野を決めて製造したりしています。

以下では、製薬業界の具体的なビジネスモデルや職種について解説にしているのでしっかり理解しておきましょう。

製薬業界のビジネスモデル

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

製薬業界の職種と業務内容

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

業績比較による製薬業界大手5社の企業分析

ここからは製薬業界5社(武田薬品工業・大塚ホールディングス・アステラス製薬・第一三共・エーザイ)のホームページで公開されている「決算資料」を用いながら業績比較を行い、それぞれの特徴を分析していきたいと思います。

比較する際に必要な語句やIRの読み方については、「【企業研究に役立つIR情報の見方を解説】絶対に見るべき3つの資料とは」を参考にしてください。

売上・営業利益に関して、2019年度実績を【表】【グラフ】に示します。

【表】製薬業界5社の業績(2019年度)

【グラフ】製薬業界5社の業績比較(2019年度)

※2019年度各社決算資料よりunistyleが独自に作成(単位:億円)

まず売上でみると、アイルランド製薬大手・シャイアー買収が通年で寄与した武田薬品工業が「売上約3.3兆」と大きく伸ばし、他社の追随を許さない事業規模となっています。この業績は世界的にも高い方で、日本の製薬会社としては初めて世界の売上高TOP10入りを果たしました。

2位の大塚HDは1兆3962億円で前年の3位から1つ順位を上げた結果となっています。3位に後退したアステラス製薬は、一部薬品の特許切れや国内の売り上げ減少で0.4%の減収となっています。

一方で営業利益では、アステラス製薬が「営業利益2439億円」を計上し、2年連続で首位となっています。武田薬品工業は、アイルランド製薬大手・シャイアー買収に伴う無形資産の償却費がかさんで57.8%の減益となっています。

決算資料の業績比較に加え、製薬業界5社の企業研究をそれぞれ以下で紹介していきます。

製薬業界大手企業:武田薬品工業

武田薬品工業の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

武田薬品工業は、業績比較で述べたように国内製薬企業のリーディングカンパニーです。また世界の医薬品企業の売上順位(2019年度)は9位で、グローバル製薬企業としてのリーダーシップも発揮しています。

経営の基本精神であるタケダイズム(誠実=公正・正直・不屈)を事業運営の根幹に据え、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」ことを目指した事業活動を行っています。

武田薬品工業がグローバル展開を進めていく上での強みとして、70カ国以上に及ぶグローバルな事業基盤、有望な研究開発パイプライン、多様な製品構成、豊富な知識と情熱を有する人材などが挙げられます。

このような特徴を持つ武田薬品工業は、以下のカルチャーを大切にしているようです。

グローバル志向と日本ローカル志向2種類の人材市場が交わるスイートスポット

タケダではダイバーシティ&インクルージョン(D&I)を、イノベーション(革新)を生み出すための「経営戦略の重要な柱」に掲げています。異なる背景を持つ多様な従業員から生まれるより良いアイデアが、製薬業界に欠かせないイノベーションの原動力となるからです。また、従業員の高いモチベーションを保つためには、多様な従業員のインクルージョンも重要です。阻害感を抱いた従業員は会社に貢献できず、結果としてその会社がリーディング・カンパニーになることは無いと考えています。

現在のタケダは、グローバル志向と日本ローカル志向2種類の人材市場が交わるスイートスポットにあり、日本にいながらにしてグローバルな環境で経験とスキルを磨くことができる『先進的な日本企業』です。このような職場で働き、成長することに意欲のある方は、ぜひタケダの採用に応募をご検討ください。

武田薬品工業:CEOからのメッセージ

製薬業界大手企業:大塚ホールディングス

大塚ホールディングスの企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

大塚ホールディングスは、大塚製薬や大塚製薬工場、大鵬薬品工業を主要事業会社とする持株会社で、グループ各社で密に連携しながら事業を推進しています。

中でも中核企業の大塚製薬は、家庭用医薬品「オロナイン軟膏」の発売元でその名を知られ、以後、ビタミン入り炭酸飲料「オロナミンCドリンク」やスポーツドリンク「ポカリスエット」、栄養食品「カロリーメイト」「SOYJOY」などの企画・開発・発売で、製薬会社の域を越えた事業を展開しています。

また家庭薬だけでなく、創薬や再生医療など高度な研究開発にも力を入れているようです。

このような特徴を持つ大塚製薬は、以下の企業文化を大切にしているようです。

企業文化の「実証と創造性」

大塚製薬は、人々の健康を身体全体で考え、疾病の診断から治療までを担う「医療関連事業」と、日々の健康維持・増進を目指す「ニュートラシューティカルズ関連事業」の両輪で、トータルヘルスケアカンパニーとして事業展開を行っています。

1964年に設立した徳島の小さな会社だった大塚製薬ですが、現在は5000名以上の社員が在籍し、世界80カ国以上の人々に大塚の製品をお届けできるような会社に成長しています。これは、企業文化の「実証と創造性」を社員1人1人が大切にし、実行しているからだと考えています。

社内には、「WHY?」と書かれたポスターが貼られています。研究開発部門から現場にいたるまで、常識を疑い、「大塚にしかできないこと」「大塚だからできること」を日々考えて行動しています。その結果が、「ポカリスエット」「カロリーメイト」や抗精神病薬「ABILIFY」「REXULTI」に代表される大塚製薬の独創的な製品群です。今までになかった新しいカテゴリーの製品をこれからも創出していきます。

大塚製薬|採用メッセージ

製薬業界大手企業:アステラス製薬

アステラス製薬の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

アステラス製薬は、先端・信頼の医薬で世界の人々の健康に貢献する「日本発のグローバル製薬企業」になるという志のもと、2005年に、山之内製薬と藤沢薬品工業が合併して誕生した会社です。

主要製品は前立腺がん治療剤や急性骨髄性白血病剤、膀胱治療剤などで、国内だけでなく世界約70カ国で事業展開しています。2020年3月時点で、日本以外の地域の売上比率は73%となっています。

このような特徴を持つアステラス製薬は、以下の企業文化を大切にしているようです。

トップメッセージ:私たちの思い

私たちが社会的な責任を果たしながらビジネスを行っていくうえで、その土台となるのは健全な企業風土・文化です。

アステラスには、「患者志向」、「主体性」、「結果」、「多様性」、「誠実」という5つのMessageに集約されるアステラスグループ共通の価値観 ― Astellas Wayがあります。世界中のアステラスの社員がこのAstellas Wayを共有し、自らの能力を最大限に発揮することで、新たな価値を創造し続ける組織・風土を築いていきます。

TOP MESSAGE | 私たちの思い

製薬業界大手企業:第一三共

第一三共の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

第一三共は、それぞれ100年の歴史をもつ三共と第一製薬が統合して生まれた会社です。両社は、薬になる物質を新たに発見・開発し、医薬品として実用化する創薬型企業として、日本の創薬をリードしてきました。

また、第一三共は国内だけでなく世界各地に拠点を有し、積極的にグローバル展開を行っています。全世界のグループ会社は49社で、24カ国に拠点を展開しています。研究開発は、8カ国14拠点で行っており、製造は、6カ国13拠点で行っています。(2020年3月末時点)

このような特徴を持つ第一三共は、以下の企業文化を大切にしているようです。

採用メッセージ

第一三共は、「革新的医薬品を継続的に創出し、多様な医療ニーズに応える医薬品を提供することで、世界中の人々の健康で豊かな生活に貢献する」という企業理念のもとに患者さんが待ち望む新薬を創出して、一日も早くお届けすることで社会に貢献します。

創業以来これまで多くの新薬やワクチンを開発し、世界中の人々の健康に貢献してまいりましたが、未だ治療法が確立せず医療ニーズが満たされていない病は多く、ひとつでも多くのニーズに応えるべく挑戦を続けています。

新たな技術の進歩に伴い医薬品業界を取り巻く環境は激しく変化しています。そのような中、私たちは既存の枠組みに捉われず複雑な課題に果敢にぶつかっていく好奇心と冒険心にあふれる仲間を求めています。グローバルな事業展開やイノベーションの創出には、性別、年齢などを超えて、すべての社員が高い参画意欲を持って最大限に能力を発揮することが欠かせません。

第一三共について

製薬業界大手企業:エーザイ

エーザイの企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから

1941年に設立されたエーザイは、医師の指示で処方される医療用医薬品を中心に研究・開発、生産・物流・販売などの事業をグローバルに進めている製薬会社です。

特に、今なお十分な治療法が確立していない疾病が多くある「神経領域」と「がん領域」を重点領域としており、新薬の開発に力を注いでいます。

またエーザイは1970年代から積極的に海外進出に取り組んでおり、バリューチェーンのすべての機能を自社で持つ、グローバルカンパニーとしています。在籍する社員数は1万人を超え、その半数以上は日本以外の拠点で活躍しています。

このような特徴を持つエーザイは、以下の考え方を大切にしているようです。

「hhc」と「立地」を中心的コンセプトとする中期経営計画「EWAY 2025」

「EWAY 2025」において、エーザイは以下の3つの戦略意思の実現をめざしています。

①「病気になりたくない、罹っていれば早く知りたい、そして治りたい」に応える。
②「住み慣れた場所、地域やコミュニティで自分の病気を管理し、予後や老後を安心して過ごしたい」に応える。
③「hhc(ヒューマン・ヘルスケア)ニーズにもとづく立地(機会)が見出せ、それを満たすイノベーションが可能な事業分野」に集中する。

これらの戦略意思の根本は、患者様に貢献したいというエーザイの企業理念hhc(ヒューマン・ヘルスケア)です。

エーザイ中期経営計画「EWAY 2025」

製薬業界大手5社の年収ランキング

ここでは、製薬業界大手5社(武田薬品工業・大塚ホールディングス・アステラス製薬・第一三共・エーザイ)の平均年収について2020年3月の有価証券報告書を参考に比較していきます。

1位 第一三共    1126万円(平均42.9歳)
2位 武田工業薬品  1091万円(平均42.2歳)
3位 アステラス製薬 1088万円(平均42.9歳)
4位 エーザイ    1037万円(平均44.4歳)
5位 大塚HD       991万円(平均44.1歳)

参考:各社の有価証券報告書(2020年3月時点)

製薬業界の最新動向と将来性

製薬業界への理解を深める上で、最新動向の確認は必要不可欠です。以下では図を用いながら業界研究に役立つニュースを3つ紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

新型コロナウイルスによる製薬業界への影響

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

薬価引き下げによる国内市場の縮小

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

製薬業界における再編・統合・買収の動向

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

本記事では、国内の製薬業界大手5社(武田薬品工業・大塚HD・アステラス製薬・第一三共・エーザイ)の業務内容、社風、年収比較、業績比較、最新動向、選考対策などを紹介してきました。

また、以下の記事では外資系の製薬・医療機器メーカーに焦点を当てて業界研究を行っています。製薬業界への理解を深めるため、こちらの記事も読んでいただければと思います。

製薬企業各社の選考を突破するには、まず業界全体への理解を深めることが大切です。その上で、業界全体で求められる人物像と自分の強みをマッチさせるようにしましょう。

また、unistyleではYoutubeチャンネルを開設しています。動画を通じて、業界研究を進めたい方はぜひご覧ください。本記事では、製薬業界に関する3つの動画を紹介します。

こちらの動画は、製薬業界のビジネスモデルと仕事内容が約4分で理解できる内容となっています。

続いての動画では、5分間で国内製薬会社の売上上位5社の企業分析ができます。

最後に紹介する動画では、4分間で、製薬業界の最新動向と将来性についての理解を深めることができます。

製薬業界大手5社の企業研究ページ
武田薬品工業の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちら
大塚HDの企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちら
アステラス製薬の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちら
第一三共の企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちら
エーザイの企業研究(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちら
製薬業界完全版
【製薬業界完全版】業界研究から選考対策、製薬業界大手5社比較や業界の最新動向を紹介
1.【業界研究】製薬業界とは?ビジネスモデル、業種、やりがいについて紹介
2.【業界研究】製薬業界の職種とその仕事内容について徹底解説|研究・開発・MRなど
3.【製薬業界の企業一覧】国内売上高TOP10・新卒採用のある外資系・隠れ優良企業を紹介
4.製薬業界の志望動機の書き方を内定者ES例文付きで職種別に紹介
5.今後の製薬業界はDX化とAI製薬がカギ⁉最新動向・課題を踏まえて解説
6.【2021年版】製薬業界で年収の高い企業ランキング|各社の事業内容や特徴も解説
7.製薬業界に資格は必要?職種ごとに必要な資格を解説
8.製薬業界5社(武田薬品工業、大塚HD、アステラス製薬、第一三共、エーザイ)を比較!業務内容から業績、最新ニュースまで解説

製薬業界の情報収集に役立つ!就活生向けLINEオープンチャットを紹介

unistyleでは業界別の就活用LINEオープンチャットを運営しており、数多くの就活生が匿名で就活に関する情報交換をしています。

実際に製薬業界志望者向けのグループでも、各社の選考に関するトークが活発に交わされています。

下記の画像をクリックすることで参加用ページに飛び、ニックネームとプロフィール画像を登録するだけで参加することができますので、興味のある方はぜひご参加ください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,216枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録