unistyle

MENU

更新情報2019/06/26(水)内容を更新しました!

【21卒向け】SMBC日興証券のインターン選考(ES・Webテスト・面接)対策|合格者ES付き

【21卒向け】SMBC日興証券のインターン選考(ES・Webテスト・面接)対策|合格者ES付き

掲載開始日:2016年10月17日
最終更新日:2019年06月26日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SMBC日興証券のインターンES一覧はこちら

日本の三大証券会社の一つであるSMBC日興証券。

三井住友フィナンシャルグループの一員であり、例年就活生からの人気も高い企業です。

同社は総合金融グループとして、シームレスで最適なソリューションを提供するため、グループの中核会社の1つである三井住友銀行とともに「銀証連携」のビジネスモデルを推進しています。

本記事ではSMBC日興証券のインターン内容から具体的な選考対策まで紹介します。

SMBC日興証券とは

就活生にとって「証券」という言葉は馴染みが薄いかもしれません。

そこで、ここではまず証券会社について説明していきます。

証券会社とは

証券会社とは、"株式や公社債などの有価証券の発行・流通市場で中心的な役割を担う、証券業を営む株式会社"のことです。

つまり証券会社は、有価証券のやり取りを通じて、資金を運用したい個人や企業と資金を調達したい国や企業をつなぎ、両者のニーズに応える企業と言えます。

基本的な仕事内容としては、"ブローカー業務・ディーラー業務・アンダーライティング業務・セリング業務"があります。

ブローカー業務は、"株式を売買したい人々の注文を広く受け付け、それを証券取引所に伝える業務"です。この仲介役が証券会社の本業と言われています。 

ディーラー業務は"証券会社自身のお金で株式を売買する業務"です。これにより収益を得たり、証券会社自身が取引に介入することで、売買を成立しやすくしています。

アンダーライティング業務とセリング業務は株式を売りたい企業の手助けをする業務です。具体的に説明すると、アンダーライティング業務は"株式を発行した企業から株式を買い取って、それを広く投資家に売る"仕事、セリング業務は"新たに発行された株式を一時的に預かって、投資家を探して売る"仕事を指します。

これらの4つを全て行っている証券会社を「総合証券会社」と言います。そして、SMBC日興証券もこの総合証券会社に該当されます。

証券会社について詳しく解説した記事がありますので、より詳細に知りたい方はこちらを参考にしてみてください。

SMBC日興証券とは

上記で、証券会社の業務について簡単に紹介しました。ここでは「SMBC日興証券がどのような企業なのか」を、「顧客規模・社内風土」という観点から紹介していきます。

証券業界を志望する上で理解しておくことは、"証券会社の仕事内容には企業間で違いがほとんどない"ということです。

そのため、「数ある証券会社のうち、なぜSMBC日興証券を志望したか」という問いに答えるためには、SMBC日興証券の特徴を抑える必要があります。

顧客規模

証券会社の顧客規模を表す「顧客預かり資産」は野村ホールディングス、大和証券グループに次いで3位となっています。

これは、1918年に川島屋商店として創業以来100年以上に渡り、「お客様本位」の経営理念のもと、顧客に寄り添った営業活動を実践してきたことや、何度も合併を行うことで世の中の変化に対応できる環境を整備してきた結果だと考えらます。

また、SMBCフレンド証券との合併により拡大したSMBC日興証券の預かり資産57.8兆円という額は、国内トップの野村ホールディングスの115.2兆円には遠く及びませんが、大和証券グループの57.9兆円に肉薄する規模となりました。

社内風土

ここでは、SMBC日興証券新卒採用サイトの社員インタビューから社内風土について見ていきます。

・牧野 芽子(リテールFC課:2015年入社)

SMBC日興証券への入社を志望したのは、学生時代、カナダ留学中に米国で開催された就職イベントに参加したことがきっかけです。当時、金融業界に興味がなく何の予備知識もない私に、SMBC日興証券の担当者の方は、証券会社の仕事について丁寧に説明をしてくれました。きっと普段から面倒見のいい方なのだろうと感じると同時に、この方が勤める会社も、きっと素敵な会社だろうなと思いました。

入社後、当時受けた印象は正しく、やはり魅力的な方が多い会社だと感じています。新人の時にお世話になった先輩から、私の活躍を知って「おめでとう」と電話やメールをもらったことも、一度や二度ではありません。いつも誰かが温かく見守ってくれている。それが嬉しくて、周りの方やお客さまのためにもっと頑張りたいという想いが仕事への原動力になっています。

(中略)

これまで上司や先輩が私に教えてくれたことを、後輩たちに伝えていきたいと思っています。新人の時は、先輩が毎朝、新聞の読み合わせに付き合ってくれました。そのおかげでマーケットを知り、お客さまに有益な情報が提供でき、資産運用の提案に生かすことができるようになりました。今ではあの時の先輩のように、私が後輩と一緒に新聞の読み合わせをする立場となりました。私自身も的確なアドバイスができる頼りになる先輩になりたいと思っています。

また、将来的には、結婚や出産をしても、ずっとこの会社で働き続けたいと思っています。現在私が所属する支店は、支店長や課長も女性ですし、産休・育休を取得しながらも働き続ける先輩が大勢います。女性にとって充実した制度と働きやすい環境が整っていると感じています。

引用:SMBC日興証券 新卒採用HP 社員紹介
上本 拓郎(リスク管理部:2008年入社)
家族の影響で証券投資には元々関心があり、大学時代に自ら投資をしていました。大学では情報科学部でシステムを専攻していたので、当初はシステム関連の企業に就職しようと考えていました。しかし、就職活動を続ける中で、システムに関する知識はいかなる企業でも生かせるのではないかと気付き、そうであれば元々興味のあった証券投資の世界に飛び込もうと志望企業を証券会社一本に絞りました。

SMBC日興証券に入社した理由は、一緒に働きたいと感じるような、個性的かつ魅力的な社員の方が多かったからです。また、「本邦No.1を目指す」という当社のフレーズも、私のチャレンジ精神に火をつけました。入社後は金融知識を深めようと意気込んでリテール業務を希望し、営業活動に従事しましたが、リーマンショックの影響もあって非常に厳しいマーケット環境が続きました。けれども、そんな大変な時期だったからこそ、お客さまとしっかりとコミュニケーションを取り続け、より深い信頼関係を築くことができ、生きた金融知識を身に付けることができたと思います。

(中略)

一緒に働く同僚や上司の存在が、成長に欠かせないと感じています。リスク管理部に異動して1年が経過した頃、組織内で大きなトラブルが発生しました。過去のデータを全て確認し、影響度や、他のトラブルの確認など、連日対応に追われました。

しかし、同僚や上司とチーム一丸となって対応したことで、事態は無事収束し、再発防止策を練り上げることができました。大変苦労した経験でしたが、全員でひとつの目標に向かって仕事を行うことで、仲間の存在の大きさを実感しました。

チームのメンバーは様々なバックグラウンドを持ち、知識も経験も豊富で人間的にも魅力的な先輩ばかりです。そんな姿を見て、私も自分自身の価値を高め、後輩から頼られる人間になりたいと思っています。1人の力で達成できる仕事は多くありません。これからも、人と人との繋がりを大切にしながら、会社に貢献していきたいと思います。

引用:SMBC日興証券 新卒採用HP 社員紹介

今回は2名のインタビュー記事を一部紹介しましたが、二人とも共通して「先輩社員の魅力」に触れていました。

証券会社の営業は「ノルマが厳しい」というイメージを持っている就活生も少なくないと思います。確かに営業にはノルマが課され、達成することが大変なときもあると思いますが、今回のインタビューの内容から、「社内には充実したサポート環境があること」を読み取ることができました。

また、SMBC日興証券は、総合証券会社として業務が多様化する中で、どのような部署においても力を発揮できる人材を育成するための新たな方針を2014年より導入し、「証券のプロフェッショナル」ではなく、「金融のプロフェッショナル」を育てる人材育成制度を整えています。

加えて、数々の合併や提携を行ってきたことや、外資系企業との合弁会社であることから、「人材のバックグラウンドの多様さ」も大きな特徴です。

同じ証券会社でも、企業によって社内風土は異なります。そのため、就活生は自分の価値観や性格が社内風土と合っているかどうかを、企業選択の重要な判断基準にしましょう。

参考:SMBC日興証券の企業研究

→SMBC日興証券の本選考ES・レポート、インターンES・レポートなどを掲載しています。ESを書く際や、面接の準備をする際に参考としてご活用ください。

SMBC日興証券が求める人物像

前述しましたが、証券業務では業務内容が企業毎に大きく異なることはありません。

では、証券会社全般ではどのような人物像が求められるのでしょうか。ES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?に即して考えると、unistyleでは以下のような人物が求められると結論づけました。

1.個人として努力し、成果を上げることができる
2.関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行までを行うことができる


参考:【21卒向け】大和証券インターンシップES選考対策|合格者ES&選考体験談付

証券会社は基本的に「個人の成績」が評価に大きく左右されるため、"成果を上げ続ける"ことは必須となります。

また、証券会社の属する「金融業界」は、"顧客に対する信頼"が非常に重要となります。そのため、信頼関係を構築し、"顧客のニーズに沿った提案"を行うスキルは必要となるでしょう。

では、証券会社の中でもSMBC日興証券どのような人物を求めているのでしょうか。

新卒採用HP内で、SMBC日興証券代表取締役社長は以下のように述べていたため、この内容から「求める人物像」を探っていきます。

「想像し創造する場所」
一人ひとりが個性を際立たせ、
色鮮やかな人材であってほしい
 

Research、Imagine、Create。
お客さまに信頼され選んでいただける総合証券会社となるために、どのような人材が必要か。

私は、お客さまのことを徹底的に調べて(リサーチ)、お客さまとの会話を通じて、お客さまに何が必要かを想像(イマジン)できる人だと考えています。

なぜなら、ソリューションとはお客さまの本質的なニーズを見つけて初めて提供することができますが、お客さまが簡単にそれを話してくださることはありません。本質的なニーズとは、お客さまの悩みや弱みであるケースが多いためです。

そして、想像して終わりではありません。私たちのビジネスは、そこからサービスを創り出す(クリエイト)必要があります。私は常々、「想像が創造をつくる」と言っていますが、お客さまのために「リサーチ、イマジン、クリエイト」ができる人を、私たちは求めています。

「任せてみたい」と思うのは、鮮やかで個性が際立った人。
SMBC日興証券は、社員の多様性を大切にしています。多様性とは、単にいろいろな社員が在籍しているということではなく、それぞれの社員の個性が際立っていることだと私は考えています。

「お客さまに選んでいただける証券会社を目指す」という目標は同じであっても、「私はこうなりたい」という夢や野心の方向性は、人それぞれでいいと思っています。

「色鮮やかな人材であってほしい」と、私はよく社員に話します。赤でも黄色でもいい、色鮮やかであれば、「あの仕事を任せてみたい」と周囲にイメージしてもらえるものです。

皆さんには、自分が好きなこと、興味があることを、できるだけ早く見つけてほしいと思います。当社は、リテール、ホールセール、グローバル、すべてが揃った総合証券会社ですから、興味があることをいち早く見つけられた人ほど、能動的にキャリアを切り拓いて行くことができます。

私たちと共に、お客さまから最高のパートナーとして選ばれる証券会社を目指す、夢や野心に満ちあふれた、個性豊かな皆さんの挑戦を心よりお待ちしております。

引用:SMBC日興証券 新卒採用HP トップインタビュー

このことからunistyleが考えるSMBC日興証券の求める人物像は以下の通りです。

●顧客(お客様)視点で業務に取り組むことのできる人物
●個性があり、自分だけのカラーを持っている人物
●能動的に業務に取り組み、目標を持って業務に取り組むことができる人物

エントリーシート(以下、ESと明記)を書く際には、このSMBC日興証券が求める人物像に当てはまるように書くことをおすすめします。 

SMBC日興証券のインターン内容について

ここでは、21卒向け夏期インターンの内容について紹介します。

SMBC日興証券の仕事には「リテール、インベストメントバンキング、グローバル・マーケッツ、システム、コーポレート」の5つの部門があります。

その中で、21卒向け夏期インターンでは「リテールコースとグローバル・マーケッツコース」が2日間に渡り開催され、「インベストメントバンキングコース」が5日間に渡って開催されます。

開催日程は開催地によって異なり、また21卒向け夏期インターンの締切は全部門共通で"ESが7月1日正午まで・Webテストが7月1日午後1時までとなっていますのでお気をつけ下さい。

目的と開催日程は以下のようになっています。

リテールコース

■目的

SMBC日興証券のリテール業務の魅力を2日間を通して体験する。
グループワークや現場社員との交流により実際の仕事のイメージやリテール業務のやりがいを是非体感する。


■開催日程

【東京】
・2019年8月13日(火)〜8月14日(水)
・2019年8月22日(木)~8月23日(金)
・2019年8月26日(月)~8月27日(火)
・2019年8月29日(木)~8月30日(金)

・2019年9月2日(月)~9月3日(火)
・2019年9月5日(木)~9月6日(金)
・2019年9月9日(月)~9月10日(火)
・2019年9月12日(木)~9月13日(金)
【大阪】
・2019年8月5日(月)~8月6日(火)
・2019年8月15日(木)~8月16日(金)
・2019年8月29日(木)~8月30日(金)
・2019年9月2日(月)~9月3日(火)
・2019年9月9日(月)~9月10日(火)

参照:SMBC NIKKO Summer Job 2019

 グローバル・マーケッツコース

■目的
証券市場の担い手として高い専門性を有し、マーケット情報の的確な分析と高度なトレーディングスキルを駆使しながら、国内外の様々な投資家に金融商品を提供することがグローバル・マーケッツの業務。
セールス、トレーディング、リサーチの各プログラムを通じて、グローバル・マーケッツ業務の醍醐味を体感する。

■開催日程
【東京】
・ 2019年8月22日(木)~8月23日(金)
・ 2019年8月26日(月)~8月27日(火)

参照:SMBC NIKKO Summer Job 2019

インベストメントバンキングコース

■目的
M&Aまたはファイナンスを題材とした、企業の戦略・財務分析等の実践的な課題に、少人数のチームに分かれて取り組む。
その中で当社バンカーによるレクチャー、フィードバック及び交流を通じて、投資銀行ビジネスの魅力や当社のカルチャーを肌で感じて理解を深めていく。

■開催日程
【東京】
 ・2019年8月19日(月)~8月23日(金)

参照:SMBC NIKKO SUMMER JOB 2019

SMBC日興証券のインターン選考内容

SMBC日興証券の21卒向け夏期インターン選考フローは以下のようになっています。

リテールコース

ES▶Webテスト▶Job参加

グローバル・マーケッツコース

ES▶Webテスト▶面接▶Job参加

インベストメントバンキングコース

ES▶Webテスト▶面接▶Job参加

続いて、それぞれの選考フローごとに対策を紹介します。

SMBC日興証券のインターン選考:ES対策

ここでは、SMBC日興証券の21卒向け夏期インターンのES対策について紹介します。

ESの設問は部門により異なりますが、「そのコースを志望した理由」という設問は共通して問われるようです。

それぞれのコースで問われる設問は以下のようになっています。

リテールコース

●Summer Job 2019 リテールコースへの参加を志望する理由を記載してください。(200字以内)

●10年後の自分がどのような社会人になっていたいか、またその理由を記載してください。(200字以内)

グローバル・マーケッツコース

●Summer Job 2019 グローバル・マーケッツコースへの参加を志望する理由を記載してください。(200字以内)
 

●ご自身が所属する大学(大学院)においてどのような勉強(研究)をしていたのか、記述してください。(200字以内)

インベストメントバンキングコース

●「SMBC Nikko Summer Job 2019」投資銀行部門コースへ参加を志望する理由について述べてください。(200字以内)

●これまでの人生で最もあなたに影響を与えた出来事と、その理由を述べてください。(200字以内)

●最近気になったM&A / 資金調達等の案件を1つ挙げ、その理由について述べてください。(300字以内)

それでは、それぞれの設問の回答方針を紹介していきます。 

設問

●Summer Job 2019 リテールコースへの参加を志望する理由を記載してください。(200字以内)

●Summer Job 2019 グローバル・マーケッツコースへの参加を志望する理由を記載してください。(200字以内)

●「SMBC Nikko Summer Job 2019」投資銀行部門コースへ参加を志望する理由について述べてください。(200字以内)

回答方針

この設問ではインターンシップへの「志望理由」が問われています。

上限文字数が200字と非常に短いため、就活の選考で高く評価される志望動機の書き方|大手企業内定者回答付で述べられているようにきっちり書くのではなく、"SMBC日興証券のインターンシップに興味を持ったきっかけ・このインターンシップに参加する目的”を答えるのが良いと考えられます。

また、企業が志望動機を質問する目的としては、"①自社への志望度を知りたい・②入社の際のモチベーションを知りたい"という2つが主に挙げられます。

そのため上記2つの目的を網羅する論理的な志望動機を伝え、志望している理由を、選考官に納得してもらう必要があります。

以下に「志望動機に関するES作成」に役立つ記事を載せておきますので、こちらも併せてご覧ください。

以下、20卒向け夏季インターン合格者の回答になります。

合格者の回答

私は現在、不動産投資の電話営業の長期インターンをしており、決して安くはない不動産というものを紹介し、お客様の資産運用に対してアドバイスを行っております。不動産に限らず、資産運用全般の知識を身につけるために、FPの資格も持っています。また、証券業界にも興味があるため、証券外務員の資格も取りました。そこで、このような知識がリテール業務において実際にどう活用出来るのかを知りたく、貴社のインターンシップに応募します。

 

参考:SMBC日興証券 【合格】インターンエントリーシート(2020)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は33516枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

設問 

10年後の自分がどのような社会人になっていたいか、またその理由を記載してください。(200字以内)

回答方針

この設問では、「キャリア観・将来のビジョン」について問われています。

「10年後になっていたい姿」を"その理由・背景"を踏まえて書くようにしましょう。

また、「10年後にこういう社会人になっていたい。だから10年後までに◯◯のように働きたい。」という流れで書けると、"なっていたい姿から逆算して目標を立てている"ことをアピールすることができるのではないでしょうか。

以下に「キャリアビジョン」に関する記事を載せておきますので、こちらも併せてご覧ください。

設問

ご自身が所属する大学(大学院)においてどのような勉強(研究)をしていたのか、記述してください。(200字以内)

回答方針 

この設問では学生時代に頑張ったこと(勉強/研究)、つまり「ガクチカ」を問われています。

企業がガクチカを質問する意図としては、"経験自体のレベル・スペックの把握”と"自社に合う・マッチする人材か知るため”という2つが挙げられます。

また、その上で評価基準として以下の3つが主に用いられます。

①実績自体のインパクトがどれだけあるか
②書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか
③企業で活かせる学びを得ているか

つまり、上記の2つの意図に沿い、その上で3つの評価基準を満たすことが「高く評価されるガクチカ」となります。

以下、20卒向け夏季インターン合格者の回答になります。

合格者の回答

「地域資源の活用による中小企業の発展戦略」というテーマの下、浅草製靴業の衰退に対応する方法を研究しています。近年、発注元であった問屋の衰退に伴い、下請けメーカーも経営が悪化しています。これを脱却するためには、メーカー自らが販売を行う必要があります。そこで、浅草の職人の高い技術力を活かした高価格帯の靴を販売できると考えました。現在、その具体的な方法について各社にヒアリングを行いながら研究しています。

参考:【合格】インターンエントリーシート(2020)

設問

これまでの人生で最もあなたに影響を与えた出来事と、その理由を述べてください。(200字以内)

回答方針

この設問では、「これまでの人生の中で頑張ったこと×人生のターニングポイント」を問われています。

そのため、「出来事のインパクト・具体性」ももちろん評価ポイントにはなりますが、それよりも「その理由」が重要となります。

"なぜこの出来事が影響を与えたのか・この出来事を通じてどのように変化したのか"という内容を、しっかりと書くようにしましょう。

設問 

最近気になったM&A / 資金調達等の案件を1つ挙げ、その理由について述べてください。(300字以内)

回答方針 

この設問では、「証券(M&A/資金調達等)に対する関心と知識」を問われています。

取り上げる案件が必ずしもSMBC日興証券に関係するものでなくても良いですが、「ただの案件の説明・紹介」にならないよう、"自分なりの理由"を盛り込んで書くようにしましょう。

また、ここで記載した内容をその後の面接でさらに深く質問される可能性もあるため、面接前には念のため振り返りをしておきましょう。

SMBC日興証券のインターン選考:webテスト対策

ここではwebテストの対策を紹介します。

21卒向けサマーインターンで同様の形式かは分かりませんが、20卒向けサマーインターンのwebテスト形式は以下の通りでした。

●時間:1時間半程度
●形式:玉手箱
●科目:言語・計数・性格検査

玉手箱とは

玉手箱は日本SHL社が作成している適性検査の一つです。SHL社は他にも「GAB・CAB」という適性検査も利用しており、玉手箱の問題の一部はGABと同じ形式となっています。

受験形式はwebテスト形式となっており、自宅等のPCで受験する形となっています。

科目は「言語・計数・英語・性格検査」で構成されています。

性格検査以外の3科目に関しては、「言語3種類・計数3種類・英語2種類」の計8種類のパターンがあり、以下の通りとなっています。

【言語】
●論理的読解/GAB形式 (32問/15分または52問/25分)
●趣旨判定/IMAGES形式 (32問/10分)
●趣旨把握 (10問/12分)
【計数】
●四則逆算 (50問/9分)
●図表読取 (29問/15分または40問/35分)
●表推測 (20問/20分または35問/35分)
【英語】
●論理的読解/GAB形式 (24問/10分)
●長文読解/IMAGES形式 (24問/10分)

この中から企業ごとに「各科目1形式ずつ」選択され、出題される形式となっています。(英語は課されない場合もあります。)

そのため、各科目ごとに1つの形式の問題が最後まで続いて出題されることになります。

例えば、計数で最初に表推測の問題が出題されたのであれば、最後まで表推測の問題しか出題されないということになります。

また、対策に関して最も重要となることは"素早く正確に解く"ことです。選考前に問題集を1冊買っておき、しっかりと練習をしておきましょう。

SMBC日興証券のインターン選考:面接対策

最後に面接の対策を紹介します。

SMBC日興証券の21卒向けサマーインターンでは、「グローバル・マーケッツコースとインベストメントバンキングコース」の選考で、面接が課されます。

20卒向けサマーインターンの面接選考参加者によると、以下のような面接形式だったようです。

●面接時間
1時間程度(30分×2回)
●面接官と学生の人数
1人:1人の個人面接

また、以下のような質問がされたようです。 (一部抜粋) 

●インターンへの志望動機
●学生時代に頑張ったこと
●将来はどのような人になりたいのか
●研究(授業)で学んでいること
●逆質問

「インターンへの志望動機・将来はどのような人になりたいのか・研究(授業)で学んでいること」 に関しては、ESの設問でも同様の内容が課されるため、"ESの内容を元に深掘りされること"が予想されます。

面接前にしっかりと振り返りをしておき、対策をしておきましょう。

学生時代に頑張ったこと

この質問では、「研究(授業)以外で学生時代に頑張ったこと」を問われています。

つまり、多くの就活生は"アルバイト・サークル・部活動"などの活動が該当すると考えられます。

ただ、単純に「学生時代に頑張ったことの活動内容と成果」を述べるだけでは高い評価を得ることはできません。

しっかりと"その行動を取った背景・成果を上げることができた要因"を自分の中に落とし込むことで、面接に臨んでいただければと思います。

逆質問

企業が逆質問を行うのは、"①企業への「志望度」・②基礎的な「コミュニケーション力」を知る”ことが目的です。

面接の場では、基本的に面接官から学生に対して質問する時間が多く、一方的なコミュニケーションになりがちです。そのため、逆質問という「面接官と学生の双方向のやりとり」を通して、"学生のコミュニケーション力"を見ています。

また、逆質問の場における「コミュニケーション力」は、"場の流れを読み、短時間で相手の意図を汲み取る力"があるかで判断されます。

その上で逆質問の際に気をつけるべきポイントは、"①その場でその人にしか聞けないことを聞くこと・②ESなどの内容に沿った質問をする"ことの2点です。

逆質問の意図をしっかりと把握し、適切な質問をするようにしましょう。

以下に「逆質問」に関する記事、そして「面接対策」に関する記事を載せておきますので、こちらも併せてご覧ください。

最後に

今回は国内の証券業界を代表する企業、"SMBC日興証券"のインターン内容と選考対策を紹介しました。

冒頭で述べたように、証券会社は企業によって業務内容が大きく異なるということはあまり見られません。そのため、「他社と比較をした上でなぜSMBC日興証券を志望するのか」という理由が必要となります。

21卒向け夏期インターンに参加することで、業界・企業理解を深め、就職活動に活かしていけるのではないでしょうか。

同じ証券業界でも企業によって社内風土が異なるため、以下の記事も参考にしてみてください。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
33,516枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録