unistyle

MENU

更新情報2021/10/29(金)内容を更新しました!

「あなたにとって仕事とは何ですか?」ES・面接での答え方と回答例7選

「あなたにとって仕事とは何ですか?」ES・面接での答え方と回答例7選

最終更新日:2021年10月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あなたにとっての仕事とは何ですか?」

「働く目的は何だと思いますか?」

エントリーシート(ES)や面接では、上記のような"あなたにとっての仕事"に関する質問を度々問われます。

お金を稼ぐ、自己成長をするなど、様々な回答が考えられるかと思いますが、どのような回答が適切なのか悩んでしまう就活生もいるのではないでしょうか?

そこで本記事では、エントリーシート(ES)や面接であなたにとっての仕事について問われた際の回答対策として、"あなたにとっての仕事の見つけ方・適切な答え方・大手企業内定者の回答例"等を紹介していきます。

ESや面接で「あなたにとっての仕事とは何ですか?」を聞く意図

ESや面接であなたにとっての仕事とは何ですか?を聞く意図

まずは、なぜ企業が「あなたにとっての仕事とは何ですか?」と聞くのかについて解説します。

この質問の出題意図は主に下記の2点に集約されます。

  • 就活生の仕事に対する考え方を知るため
  • 就活生と企業との相性を把握するため

就活生の仕事に対する考え方を知るため

1点目は、就活生の仕事に対する考え方を知るためです。  

例え就活生であっても、アルバイトや長期インターンシップ等の経験がある方、もしくは家族や知人の話を聞く中で仕事について考えた経験のある方は多いでしょう。

また、働くにあたって求めるもの、仕事を通じて成し遂げたい夢や目標を持っている方も少なくないはずです。

そのため、企業側は"就活生の現時点での仕事に対する価値観"を知り、企業との相性やモチベーションの源泉等を把握しようとするのです。

就活生と企業との相性を把握するため

2点目は、就活生と企業との相性を把握するためです。

上述した「就活生の仕事に対する考え方を知るため」にも紐づく内容になりますが、働く上で企業と社員の相性は非常に重要な要素となります。

一例ではありますが、個人としての成果が重要視されやすい証券会社の営業職や製薬会社のMR職の選考にて、仕事の定義を「仲間と協力しながら物事を創り上げること」と述べる就活生がいた場合、どのように感じるでしょうか?

就活生の回答自体が悪いという訳ではありませんが、明らかに企業とはマッチしておらず、「そういった価値観であれば他業界の方がいいのでは…」と感じてしまうでしょう。

このように、「あなたにとっての仕事とは何ですか?」という質問に絶対的な正解はありませんが、少なくとも企業との相性は考慮する必要があるということです。

「あなたにとっての仕事」の見つけ方

就活におけるあなたにとっての仕事の見つけ方

企業側が「あなたにとっての仕事とは何ですか?」を聞く意図については理解していただいたかと思いますが、「回答が全然思い浮かばない…」を頭を抱えている就活生もいることでしょう。

そこで続いては、あなたにとっての仕事の見つけ方について解説していきます。

既に回答が見つかっている就活生は、こちらからESや面接での適切な答え方、もしくはこちらからES例文(回答例)をご確認ください。

「あなたにとっての仕事」の見つけ方は人それぞれですが、unistyleでは下記の3つの方法をオススメしています。

  • 自己分析をする
  • 企業選びの軸(就職活動の軸)から導き出す
  • OB訪問等を通じて社会人に聞く

自己分析をする

1つ目の方法は、自己分析をすることです。

というのも、仕事に対する価値観は過去の自身の行動や体験に紐づく場合があるためです。

過去のアルバイトや長期インターンシップ経験等、「なぜそのアルバイトを始めたのか」や「長期インターンシップ経験のどんな点にやりがいを感じたのか」を振り返ることで、仕事に対する価値観を導くヒントが見つかるはずです。

unistyleでは、自己分析に役立つコンテンツを多数掲載しています。下記に掲載した記事や動画も参考にしながら自己分析を進めてみてください。

企業選びの軸(就職活動の軸)から導き出す

2つ目の方法は、企業選びの軸(就職活動の軸)から導き出すことです。

企業選びの軸(就職活動の軸)とは、多くの企業を見ていく中で、"選考を受ける/入社する企業を決める際の自分なりの基準のこと"です。以下のようなものが例として挙げられます。

企業を選ぶ際の8つの視点

例えば、企業選びの軸(就職活動の軸)が「組織風土」なのであれば、自分にとっての仕事の定義を「自分と似た志向を持った仲間と目標に向かって取り組むこと」と結論付けることができるかもしれません。

下記に掲載している記事も参考にし、企業選びの軸(就職活動の軸)を通じて"自分にとっての仕事とは何か"を見つけるのも良いでしょう。

OB訪問等を通じて社会人に聞く

3つ目の方法は、OB訪問等を通じて社会人に聞くことです。

「自分一人じゃどうしても回答が思い浮かばない…。」、そんな就活生は実際に働いている社会人に聞き、その意見を参考にするのも一つの方法になります。

特にOB訪問であれば、単に社会人の意見を聞けるだけでなく、"自分の志望企業で働いている人が仕事に対してどのような思いを持っているのか"についても知ることができるといったメリットがあります。

ただ、この際に注意していただきたいのが、単に社会人の意見を模倣すれば良い訳ではないということです。

「あなたにとっての仕事とは何ですか?」という質問への回答に絶対的な正解がある訳ではないですし、社会人の意見が100%正しいという訳でもありませんので、必ず自分自身に落とし込んだ上で回答を考えるようにしましょう。

ESや面接における「あなたにとっての仕事とは何ですか?」の答え方

ESや面接でのあなたにとっての仕事とは何ですか?の適切な答え方

続いては、エントリーシート(ES)や面接で実際に「あなたにとっての仕事とは何ですか?」と聞かれた際の適切な答え方を紹介していきます。

エントリーシート(ES)と面接のいずれの場合であれど、下記3点のポイントに留意した上で回答するようにしましょう。

  • その結論に至った背景を述べる
  • 原体験を踏まえて回答する
  • (志望動機などとの)一貫性を担保する

その結論に至った背景を述べる

1点目は、その結論に至った背景を述べることです。

当然のことですが、「あなたにとっての仕事とは何ですか?」という質問において、企業側が知りたいのは仕事の定義そのものだけではありません。

そのように回答した背景や理由を知ることで、上述した"就活生の仕事に対する考え方・就活生と企業との相性"を把握したいという意図があるのです。

結論を明確に述べることはもちろん重要ですが、必ずセットでその背景も伝えるようにしましょう。

原体験を踏まえて回答する

2点目は、原体験を踏まえて回答することです。

「あなたにとっての仕事とは何ですか?」という質問への回答には絶対的な正解がないと再三お伝えしてきましたが、机上の空論では意味がありません。

では、どうすれば机上の空論にならずに企業側に伝わるのか?

ポイントは"その回答が原体験(過去の経験)に紐づいたものであること"、そして"その企業にマッチしたものであること"の2点になります。

上述した自己分析のやり方等も参考にしながら原体験を洗い出し、根拠を持った回答ができるよう意識しましょう。

(志望動機などとの)一貫性を担保する

3点目は、(志望動機などとの)一貫性を担保することです。

エントリーシート(ES)と面接のいずれの場合にしろ、たった一つの質問だけで評価されるということはまずなく、全ての回答を総合的に評価した上で選考の合否を判断するのが一般的でしょう。

そのため、他の質問に対する回答との一貫性を意識することは非常に重要となります。

例えば、「あなたにとっての仕事とは何ですか?」という質問に対して"社会の役に立つこと(他人軸)"と回答したにも関わらず、志望動機にて"自己成長できる環境があること(自分軸)"と回答した就活生がいた場合、皆さんならどのように感じるでしょうか?

おそらくですが、「回答に一貫性がなく、どのような思いを抱いているのかよく分からない。」と感じるはずです。

各質問に対する回答で一貫性を担保し、総合的に選考通過率を向上させることのできるよう心掛けましょう。

「あなたにとっての仕事とは何ですか?」の回答例(ES例文)

あなたにとっての仕事とは何ですか?の回答例(ES例文)

エントリーシート(ES)や面接での答え方のポイントを解説したので、最後に"大手企業の選考を通過した就活生の回答例"を確認してみましょう。

今回は選考通過者のエントリーシート(ES)を7社分ピックアップし、それぞれ紹介していきます。

上記7社では過去に「あなたにとっての仕事とは何ですか?」に関する設問が課されているため、志望者の方はES例文を参考に回答を考えておきましょう。

また、今回はES例文を紹介していますが、面接で質問された際の回答対策にも通ずる点が多々ありますので、上記7社を志望していない就活生も是非確認してもらえればと思います。

【富士フイルム】選考通過者のES例文

あなたにとって、仕事とは何ですか?(400字程度)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【JT(日本たばこ産業)】インターン合格者(総合職)のES例文

リストの中から言葉を一つ選択し、その言葉を主語として、「〇〇とは?」を自分なりに論じてください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【ロッテ】インターン合格者(マーケティング・営業)のES例文

あなたにとって『働く』とは何ですか(200字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【マルハニチロ】選考通過者(総合職)のES例文

あなたにとって「働くこと」や「仕事」とは何ですか。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【永谷園】選考通過者(営業)のES例文

あなたにとって『働く』とは何ですか。永谷園を選んだ理由もふまえて答えてください。(400字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【日本電子】選考通過者(総合職)のES例文

「志望理由」と「あなたにとっての仕事(働く目的)とは何か」(400文字以内)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【オルビス】選考通過者のES例文

あなたにとって『働く』とは何ですか?これまでの経験から得たものや、大切にしてきた価値観などをもとに具体的にお書きください。その際、あなたがどのように働いていきたいかも含め、分かりやすく論述してください。

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は61216枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

まとめ

本記事では、エントリーシート(ES)や面接であなたにとっての仕事について問われた際の回答対策を紹介してきました。

本記事のまとめは以下の通りです。

本記事のまとめ

「あなたにとっての仕事」の見つけ方
自己分析をする
企業選びの軸(就職活動の軸)から導き出す
OB訪問等を通じて社会人に聞く

「あなたにとっての仕事とは何ですか?」の答え方のポイント
その結論に至った背景を述べる
原体験を踏まえて回答する
(志望動機などとの)一貫性を担保する

この質問は過去に様々な企業のエントリーシート(ES)で出題されており、面接においても度々聞かれるでしょう。

本記事を参考に「自分にとって仕事とは何か」を明確にし、適切な回答ができるよう準備してみてください。

【設問別】エントリーシート(ES)対策記事一覧
自己PRに関する設問

自己PR長所(強み)短所(弱み)

志望動機に関する設問
志望動機実現したいこと入社後にやりたいこと将来の夢キャリアプラン10年後の自分

学生時代頑張ったこと(ガクチカ)に関する設問
学生時代頑張ったこと(ガクチカ)挑戦したこと最大の困難挫折経験打ち込んだこと苦労したこと辛かったこと成果を出した経験異なる価値観の人と協力した経験変化や変革をもたらしたエピソード成長した経験チームで成し遂げた経験

大学や学業に関する設問
ゼミ活動研究サークル活動留学専攻分野(テーマ)課外活動得意科目

パーソナルな設問
趣味特技性格(人柄)大切にしている価値観仕事をする上で大切なことあなたを漢字一文字で例えると気になるニュース

経歴に関する設問
運転免許アルバイト資格TOEICインターン経験健康状態

その他
自由記入欄(フリースペース)キャッチコピーイラストあなたらしい写真新規事業提案

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
61,216枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録