MENU

Bay 680*80

更新情報2017/02/08(Wed)内容を更新しました!

フレームワークはマニュアルなのか?

掲載開始日:2014年06月13日
最終更新日:2017年02月08日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

採用担当者やキャリアコンサルタントの多くが口にすることが「マニュアル通りに話しても評価されない、あなたらしさを出すべき」ということです。
ここで話をしている「フレームワーク」もマニュアルに当たるのではないか不安になる学生もいると思いますので、そこに対する回答をここでは詳しく話をしたいと思います。

1.「あなたらしさ」とはどこに宿るのか

マニュアルと相対する考え方として「あなたらしさ」というものがありますが、「あなたらしさ」とはどこに宿り、どのように伝えればいいのでしょうか。毎年、多くの学生が「あなたらしさ」というものを「飾らない自分だから面接は過度に準備しないべき」と勘違いして、面接に挑み玉砕するというのを幾度と見てきました。
結論から言えば、「あなたらしさ」とは「面接官との会話のキャッチボールの中」に宿ります。例えばあなたが自己PRで「学生時代はフリーペーパーの編集長として部員をまとめてきました。」という話をすれば、面接官から「なぜフリーペーパーを始めようと思ったのか」、「なぜ編集長になったのか」、「周りからはどのような編集長だと思われているのか」、「人をまとめる際に大切にしていることは何か」、「一番の苦労とそれをどのように乗り越えたのか」など本当に様々な角度から深くあなたの話を聞かれます。この面接官とのやり取りの中から、「あなたらしさ」を伝えるのです。


2.大半の学生は「あなたらしさ」をみせる前の段階でつまずいている

大半の学生が面接になると、そもそもしどろもどろで何を話しているのかわからない、面接官が知りたいことについて話をしてくれないので深堀ができない、深堀しようにもどの方向から話を深堀すればいいのか、面接官にわかりにくいという状態のまま、面接に挑んでいるのが現状です。面接官からすれば、大半の学生に対して「勘弁してくれよ、何を話しているのか全然わからない」と感じています。
「あなたらしさ」を伝えるための面接官とのコミュニケーションを成立させるためにも、わかりやすく相手に自分のことを伝えることは重要です。わかりやすく伝えるという上では、フレームワークとは非常に有効です。もちろんフレームワークに頼り切るのではなく、出発点として深堀することで、「あなたらしさ」が十分に伝わる自己PRとなります。


3.フレームワークに基づいて深堀を徹底するべし

エントリーシートに書き出す前には、フレームワークに基づいて、それぞれに対して質問を繰り返し、深堀を徹底しましょう。自分一人では気づかない視点がありますので、友人や知り合いの社会人、OB訪問で出会った方など様々な人に質問をしてもらい、自分自身の考えをフレームワークに宿すようにしましょう。
次回は自己PRと志望動機の深堀について、どのような形で進めていくのかを具体例を交えながら説明したいと思います。

今回のまとめ

・「あなたらしさ」は面接官とのコミュニケーションの中に宿る
・コミュニケーションを円滑にするためにもフレームワークは有効

photo by Thai Jasmine

    Meetscompany 336*280
    Simplex 336*280
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle