unistyle

MENU

更新情報2019/06/20(木)内容を更新しました!

【21卒向け】JR東日本(東日本旅客鉄道)のインターン内容とES選考対策|合格者ES付

【21卒向け】JR東日本(東日本旅客鉄道)のインターン内容とES選考対策|合格者ES付

掲載開始日:2014年11月19日
最終更新日:2019年06月20日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JR東日本の本選考ES一覧はこちらから

JR東日本は日本に欠かせないインフラである鉄道ビジネスを支える優良企業の一つです。

運輸事業だけでなく豊富な不動産を保有していることから、駅ナカ事業や不動産開発事業により収益をあげています。

就職活動生の人気も高く、東大、早慶などの上位校を対象としたアンケートにおいても上位にランクインしています。

本記事では、JR東日本について、前半で業務内容と求められる人物像を紹介し、後半では19卒・20卒のES例を元に21卒向けサマーインターンの選考対策について考察していきます。

JR東日本とは


JR東日本(東日本旅客鉄道)とは、日本の鉄道インフラを支えるリーディングカンパニーの一つです。日本最大の路線長を誇り、年間売上は、2兆9501億円(2018年3月決算)と世界規模で見ても有数の陸運企業であります。

JR東日本は首都圏を中心に乗降客や周辺の来街者が多い駅を複数運営しているうえ、国鉄分割民営化時に国鉄が所有していた優良資産や国鉄関連会社株を多く引き継いでいます。

ここで国鉄分割民営化とは、1987年(昭和62年)に中曽根内閣が実施した行政改革で、日本国有鉄道(国鉄)をJRとして、6つの地域別の「旅客鉄道会社」と1つの「貨物鉄道会社」などに分割し、民営化したことです。

会社として多くの資産を保有している強みもあり、JRグループ各社の中ではいち早くから鉄道事業以外の事業に進出する多角化を積極的に行っています。鉄道以外の事業を「生活サービス事業」と分類しており、その内容は駅の構内売店や近接するショッピングセンター、ホテル、広告、住宅など多岐にわたります。

国内鉄道業界にはJR東日本以外にも、東京地下鉄・東京急行電鉄・京王電鉄・西武鉄道など多くの私鉄が存在します。業界の特徴や現状に関する解説は、以下の記事に掲載されているので参考にしてみてください。

参考:【志望動機|鉄道業界】高倍率!鉄道業界内定の志望動機作成書手引き
→本記事ではそんな鉄道業界のビジネスモデルや働き方、今後の動向を踏まえつつ他学生と差別化が図れる志望動機作成のコツを解説していきます。

JR東日本のインターン内容


ここでは19卒のサマーインターン実施内容をご紹介します。ご紹介するのは建築コースのインターンレポートです。

<内容詳細>
開催場所:新宿本社ビル,東京工事事務所,総武線沿線の各駅・各事務所

開催期間:2018年9月 2週間程度

参加学生の在籍大学および雰囲気についてお答えください
東大,京大,旧帝大,MARCH,その他私立大学など幅広い大学から集まっていた.(本採用ではポテンシャル採用,プロフェッショナル採用で別れる学生がインターンでは混ざっていたのかもしれない)参加者はいずれも皆高い意欲を持った人が多かったように思えた。

インターンの内容・課題の概略について教えてください
10日間(2週間)に渡って行われた。平日9:20~18:00の勤務で,各部署毎に異なるテーマが与えられて,最終日のプレゼンテーションに向けて見学や事務,駅舎などの設計などの作業をおこなった。各部署にで担当する駅やエリア,沿線が異なるため,人によって内容は大きく異なっていた。

インターンの内容について詳細をお答えください
初日:オリエンテーション,歓迎会
2日目:千葉駅・総武線開発部門に配属されたため,千葉駅のリニューアル開業のオープニングセレモニー参加.また社員に混ざってプレオープンで格安で買い物させてもらった。
3~8日目:総武線沿線の様々な駅や事務所の見学や業務をこなした。個人テーマとして駅の音環境とITに着目して,関連する施設や研究資料を頂いた。テーマに沿った業務にするために,担当の社員の方と相談し内容を変更していただいた。具体的には,舞浜駅の高架下ホテルや大宮駅の吸音設備の見学,駅構内のサイン音,総武線全駅の発車音の種類調査,事務所の作業や打ち合わせへの参加,千葉駅長との会談などをおこなった。各部署に分かれていたインターン生が集まり,共通して新プロジェクトの見学,建設現場の1日体験,品川新駅の見学などがあった。 
9日目:プレゼンテーション準備が中心
10日目:プレゼンテーション,意見交換会

インターンの雰囲気についてお答えください
各部署によってまちまちな内容をおこなっていた。インターン生の興味によって内容が左右される部分も多かった。最終プレゼンテーションを想定して2週間を過ごした人とそうでない人で,かなりプレゼンテーションの密度や質に差ができていたように思う.雰囲気としては,社員さんは優しく接してくださり,厳しく指導されるような場面はほとんどなかった。

インターン選考のためにした準備についてお答えください
エントリーの際に提出する小論文は重要になると思う。その小論文や取り組みたい内容についてしっかりと自分の考えをもち,提案できるようになっておくことが必須で,そこを汲み取って配属先なども影響がでてくるように思う。

参考:19卒JR東日本インターンレポート

JR東日本が掲げる求める人物像・素養

求める人物像

まず新卒採用ホームページを元に、JR東日本が求める人物像を採用コース別にご紹介します。

【ポテンシャル採用】
・活躍フィールド
入社後の最初の配属では、駅やメンテナンス部門などの現場第一線の業務に従事する。その後、それぞれの専門や第一線での経験を活かして、支社・本社の企画部門やグループ会社などの幅広いフィールド・エリアで活躍していただきます。

・期待される役割

個々人が有するポテンシャルのみならず、駅や輸送ネットワークなどのJR東日本グループが持つ経営資源を最大限に活かし、それらを有機的に組み合わせて新しいものを創り上げていくこと。将来的には、会社全体または各部門の中核となり、マネジメントを担います。

・求められること

①高い専門能力を持ちながらも、変革を恐れることなく、いかなる環境にも対応できる柔軟な思考力。

 

②自ら課題を設定し、社内外のさまざまな関係者と調整を行いながら、プロジェクトをマネジメントし、目標を達成する能力。

 

③新たな領域に自ら進んで挑戦し、JR東日本グループの無限の可能性を率先して追い求める熱い探究心。

【プロフェッショナル採用】

・活躍フィールド
活躍したいエリアを選び、その地域により密着しながら、駅、乗務員(車掌・運転士)、列車制御システム、エネルギー、情報通信、車両、機械、保線、土木、建設、建築といった多彩なフィールドにおいて、鉄道事業を支えるプロとして現場第一線の業務に従事します。

・期待される役割
関東、甲信越から東北までの広範な地域を営業エリアとして、「安全」と「お客さま満足」を徹底的に追求します。自らの使命をしっかり果たしながら、鉄道事業の最前線で地域を支え、地域社会の発展に深く貢献していきます。将来的には、企画部門や現場の管理者などマネジメントを担います。

・求められること
①「究極の安全」の追求や「サービス品質」の向上に向けた不断の努力。

②さまざまな関係者と協力関係を築き、鉄道事業を支える技術を継承するとともに、より良く改善していこうとする行動力。

 

③視野を広げて、新たな領域にも積極的に挑戦する意欲。

引用:JR東日本 新卒採用情報

この新卒採用情報より、JR東日本ではコースによって求める人物像が異なることが分かります。

上記の「ポテンシャル採用」「プロフェッショナル採用」という新卒採用コースは、サマーインターンでいうと、それぞれ「ビジネスマネジメントコース」「テクニカルマネジメントコース」に当たります。

よって、JR東日本が求める人物像をサマーインターンのコース別で考えると、次のようになります。

・求められる人物像のまとめ
【ビジネスマネジメントコース】

①高い専門能力を持ちながらも、変革を恐れることなく、いかなる環境にも対応できる柔軟な思考力。
 

②自ら課題を設定し、社内外のさまざまな関係者と調整を行いながら、プロジェクトをマネジメントし、目標を達成する能力。

 

③新たな領域に自ら進んで挑戦し、JR東日本グループの無限の可能性を率先して追い求める熱い探究心。


【テクニカルマネジメントコース】

①「究極の安全」の追求や「サービス品質」の向上に向けた不断の努力。

②さまざまな関係者と協力関係を築き、鉄道事業を支える技術を継承するとともに、より良く改善していこうとする行動力。

 

③視野を広げて、新たな領域にも積極的に挑戦する意欲。

求める素養

JR東日本が求める素養を考えるにあたってまず鉄道業界の動向を考えます。

前述したように、鉄道業界はJRや私鉄など数多くの企業が存在し、各社の収益源は大きく分けて運輸(鉄道)事業関連事業に分類する事が出来ます。関連事業は、不動産・流通・サービスなど幅広く展開しており、JR東日本でも関連事業の拡大を推進しています。

業界の今後を考えると、人口減少の煽りを受け、本業である運輸事業で大きな収益を挙げる事が難しくなることや、更なる事業の多角化が予想されます。

このため鉄道業界で求められる素養は、今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現する事が出来る力関係者と信頼関係を構築し提案から実行まで行う事が出来る力だと考えられます。

・求められる素養のまとめ
今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現する事が出来る力
関係者と信頼関係を構築し提案から実行まで行う事が出来る力

JR東日本のサマーインターン実施内容・選考フロー・採用数


21卒向けJR東日本のサマーインターン実施内容・選考フロー・採用数をご紹介します。
<2019年度インターンシップ募集要項>

【ビジネスマネジメントコース】
経営企画
グループ経営ビジョンの策定・進捗管理、ベンチャー企業との協業、IR(投資家向け広報活動)、ESG経営、地方路線の運営効率化の推進、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けた当社施策の検討・実施
(テーマ)グループ経営ビジョン「変革2027」実現に向けた施策を提言する。

国際事業
国際事業の戦略策定
(テーマ)JR東日本の海外鉄道プロジェクトの戦略を提言する。

サービス品質改革
サービス品質向上に向けた戦略の策定
(テーマ)お客さまと地域のみなさまから愛され、選ばれる企業グループとなるために、当社へ寄せられているお客さまからのニーズに対して、どのような施策を企画立案・推進すべきかを考え、提言する。

鉄道営業・観光戦略
鉄道の利用促進、観光などの営業戦略の策定
(テーマ)鉄道の利用促進につながる営業戦略を提言する。

事業創造
鉄道会社の経営資源を活かした生活サービス事業における事業戦略の策定
(テーマ)より魅力的なライフスタイルをお客さまに提供するための、街との結節点である駅や駅周りにおける付加価値向上施策を提言する。着眼点:既存の枠にとらわれない新たな機能・サービス提供のあり方/鉄道会社として担う地域貢献の役割など。

IT・Suica戦略
キャッシュレス・チケットレスの推進やポイント戦略、次世代通信技術5Gの活用
(テーマ)上記事業内容のいずれか(複数選択可)について、技術革新や社会の変化を想定し、上記事業の具体的なビジネスプランを提言する。

IT
各種事業におけるICTやビッグデータの活用、最新技術の導入による業務革新の推進。JR東日本が持つ様々なリソースと最新のICTを掛け合わせた、新規サービスやビジネスの企画・実行などの新たな価値の創出など。
(テーマ)ICTやビッグデータを活用した新規サービスやビジネスプランを提言する。

法務
法務相談、契約審査、コンプライアンス、訴訟対応、グローバル法務、知的財産(商標・著作権等)管理など各事業への法的支援
(テーマ)多様なフィールド、複雑化・高度化する事業展開の中で、法務部門としてどのような役割を果たしていくべきか、JR東日本の法務部部門のあり方を提言する。

財務
JR東日本の持続的な成長を目指した財務戦略の策定
(テーマ)経営資源である「カネ」の視点から、鉄道・生活サービス・IT Suicaの各事業におけるリスク管理やファイナンス、資材調達などの取組みを通じて、財務部門がどのような役割を果たしていくべきかを提言する。

実施期間・場所:9月2日〜9月6日 東京都

採用数:コース全体で40名程度

選考フロー
書類選考(7月1日締切。結果は7月中旬頃にご連絡)
 ↓
面接(7月中旬〜7月下旬)
 ↓
インターンシップ開始

引用:JR東日本インターンHP
【テクニカルマネジメントコース】
研究開発:15名程度
以下の(1)~(11)のいずれかの分野で、IoT・ビッグデータ・AIの活用、ロボット化、要素技術や材料・新工法の開発などの研究開発テーマに取り組んでいただきます。
(1)車両、(2)信号・通信、(3)ICTによる情報提供、(4)駅サービス設備、(5)建築・土木設備、(6)線路・設備、(7)電力設備、(8)安全工学、(9)ヒューマンファクター、(10)自然防災、(11)エネルギーマネジメント

車両:20名程度
鉄道車両の点検・整備・修繕作業を実際に体験し、メンテナンス方法や作業工程の改善に関するテーマに取り組んでいただきます。

線路、土木:35名程度
線路、土木構造物の検査、補修計画、工事監理などの業務を通じて、鉄道という特有の環境下で行われるメンテナンス業務を体験し、メンテナンス手法の検討やコスト削減などのテーマに取り組んでいただきます。現行のメンテナンス業務の現場見学なども予定しています。

建設工事:25名程度
建設工事プロジェクト(ターミナル駅改良、立体交差化、橋りょう建設など)における計画・設計・施工監理といった一連の業務サイクルの中で、工事計画策定や施工監理業務などのテーマに取り組んでいただきます。また、進行中の各種プロジェクトの現場見学なども予定しています。

建築:20名程度
駅舎や駅ビルなどの建築工事における設計・監理や工事計画策定・施工監理、また建物修繕計画やメンテナンス手法検討などのテーマに取り組んでいただきます。
進行中の各種プロジェクトや検査業務の現場見学なども予定しています。

列車制御システム、エネルギー、情報通信:70名程度
列車制御システム、エネルギー(発変電・送配電・負荷設備など)、情報通信ネットワークの各分野におけるプロジェクト工事の計画や設計、設備メンテナンス手法の検討などのテーマに取り組んでいただきます。また、進行中の各種プロジェクトや、メンテナンスの現場見学なども予定しています。

実施期間・場所
研究開発、車両コースは、9月9日〜20日 埼玉、東京、宮城など
その他のコースは、9月2日〜9月13日(土日を除く) 当社エリア内

選考フロー
書類選考(7月1日締切。結果は7月中旬頃にご連絡)
 ↓
面接(7月中旬~7月下旬)
 ↓
インターンシップ開始

引用:JR東日本インターンHP

JR東日本サマーインターン選考ES対策

JR東日本のサマーインターン選考では、ESと募集分野別のテーマに基づく小論文(様式自由)の提出が必要です。まず21卒サマーインターンのES設問内容をご紹介します。

<ES設問内容>
設問1:インターンシップで取り組んでみたいこと、期待すること(400文字以内)
設問2:こだわりや強い思いを持って学生時代に取り組んだこと、取り組んでいること(400文字以内)

次に21卒サマーインターンの各分野の小論文テーマをご紹介します。

<小論文内容>
【ビジネスマネジメントコース】
経営企画
あなたが考えるJR東日本グループの経営の向かうべき方向性や、それを実現するための具体的な事業戦略などを、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

国際事業
鉄道事業の海外展開にあたってJR東日本がとるべき戦略について、 A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

サービス品質改革
JR東日本グループがお客さまに選ばれるために必要なサービス向上戦略について、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

鉄道営業・観光戦略
東日本エリアの鉄道の利用を長期的に増やすために、あなたが考える鉄道営業・観光分野の具体的な事業戦略などを、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

事業創造
街との結節点である駅や駅周りにおいて、あなたが実現したいこと(新たな価値観の提示、新たな人の流れの創出、鉄道会社における生活サービス事業からの地域貢献のあり方など)を、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

IT・Suica戦略
技術革新や環境変化を踏まえ、あなたが考えるJR東日本のIT・Suica戦略を、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

IT
あなたが注目している世の中にある最新のICTをJR東日本へ導入を実現するための戦略および期待される効果をA4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

法務
あなたが考える企業の価値向上に貢献する法務部門の役割について、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

財務
あなたが考えるJR東日本の財務部門の役割とそのあり方について、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。

【テクニカルマネジメントコース】
全コース共通
あなたが最も興味を持って注目している世の中の技術について、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。
(大学院在籍者は卒業・修士論文の要約でも可)

設問1:インターンシップで取り組んでみたいこと、期待すること(400文字以内)

回答方針

こちらは、インターンの志望動機とインターンに期待することを問う設問です。そもそもインターンとは企業が学生に自社や業界について知ってもらい、興味をもってもらいたいとの目的から開催されるものです。

実際には広報だけでなく採用を目的とした活動でもあるため、直接的にはJR東日本の志望度の高さは問われていないものの、志望動機に準ずるものを記載するべきだと考えられます。

JR東日本のサマーインターンは、大きく分けるとビジネスマネジメントコースとテクニカルマネジメントコースがあり、それぞれのコースには更に細かい部門が用意されているので、選択した部門の内容に沿った志望動機を書けるように意識しましょう。

評価される志望動機のフレームワークは以下の通りになります。


フレームワークに従って書くことで論理的な文章構成になるので以下の記事も参考にしてみてください。

参考:就活の選考で評価される志望動機の書き方|内定者回答付き
→企業が知りたい6つのチェックポイントで構成されたフレームワークにより、選考官から評価される志望動機の作り方を提示します。

合格者の回答

1「実際の現場」というものを体験したい。 
私は大学院で技術に加えて経営工学や管理工学を学んでおり、将来は技術を活かしたマネジメントや設備管理などの仕事に就きたいと考えている。そこで、インターンに参加して大学では学ぶことのできない実際の現場というものを体験し、その中で自分の強みをどう生かし、将来貴社でどのように貢献できるかをより強くイメージできるようにしたい。 
2 自分の力量を試し、今後につなげたい。 
インターンを通して、今までに培ってきた自分の力量というものを試したい。また、貴社独自のこだわりや技術に触れ、自身のスキルアップにつなげたい。そして、研究の幅を広げると共に、今後の学生生活の中でやるべきことを明確にしたい。 
3 人間的に成長していることを期待する。 
バックグラウンドの異なるインターン生や社員の方と関わることによって、自分の専門の他にも技術を生かすための多様な視点を学び、自己成長につなげたい。

参考:19卒JR東日本インターンES

こちらの回答では、動機の1つ目に「大学院で経営工学や管理工学を学んだ」と選択したインターンコースに沿ってどんな経験を得たいのかが具体的に記述されています。

また「人間的成長」や「スキルアップ」などが成し遂げたいこととして書かれていますが、この記述の際にどのような技術における話なのか、どのような事業における話なのか、具体的な内容にも触れるとさらに良くなるでしょう。

設問2:こだわりや強い思いを持って学生時代に取り組んだこと、取り組んでいること(400文字以内)

回答方針

こちらは、いわゆるガクチカ(学生時代に力を入れたこと)の設問になっています。この設問ではあなたの人物像を知ろうとしており、インターンの選考であるとはいえJR東日本の求める人材と合致しているかどうかを判断しています。

そのため本設問では、前述したJR東日本が求める人物像を把握した上で記述していきましょう。ガクチカのフレームワークは次の通りです。

①結論

②動機

③目標と困難

④取り組みと結果

⑤人柄

⑥学び

学生時代に頑張ったことのさらに詳しい書き方に関しましては、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:【例文あり】評価される「ガクチカ」の書き方と思考法
→学生時代頑張ったことに関する設問についての解説記事です。評価される内容の選び方や論理的な構成にするためのフレームワークなどの実践的なテクニックが載せてありますので、ESを書く際の参考にしてみて下さい。

合格者回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は29601枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

小論文解説

回答方針

<ビジネスマネジメントコース>
分野:経営企画
小論文:あなたが考えるJR東日本グループの経営の向かうべき方向性や、経営企画分野の具体的な事業戦略などを、A4用紙1頁程度(2頁以内、図表や参考資料なども含む)で論述してください。ファイル形式:PDF(5MBまで)

ここでは一例として、20卒ビジネスマネジメントコースの経営企画分野のESを元に回答方針を考えていきます。提出方法はWEB上でPDFファイルのアップロードになります。A4用紙の最大文字数は初期設定で1800文字であり、合格者ESの文字数(1770文字)や図の挿入と1項程度という条件を踏まえると、おおよそ1500〜1700文字程度が適切ではないかと考えます。

小論文のテーマはJR東日本における今後の経営の方向性についてです。ここではJR東日本が今後どのような領域に着目して事業を展開していくべきかを議論する必要があります。今後の事業を考える際は、まず業界の動向を把握しましょう。

上記の求める素養でも触れたように、鉄道業界では従来の運輸事業に加えて関連事業の拡大が推進されています。関連事業は、流通サービス、ホテル、オフィス、広告・出版など多くの事業を含めるので、その中でトピックを決め、その将来性について提案できると良いでしょう。

求める素養にあるように、今までにない仕組みや企画の提案を目標として書き進めましょう。

合格者の回答

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は29601枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

最後に

JR東日本は鉄道事業という安定的な収益源を確保した上で、不動産開発や決済事業など新規事業も行っている多様な会社であると言えます。

企業名やイメージに惹かれるだけでなく、具体的な業務内容に目を向けて併願する企業を考えるとより深い部分で志望動機を話せるようになるでしょう。
また、実際のJR東日本内定者のESについては下記コラムで解説しているので参考にしていただければと思います。
【関連記事】
JR東日本の選考対策(ES・レポート・関連テクニック/コラム記事)はこちらから
JR東日本の内定者ES解説!選考通過のエントリーシートの共通項
JR東日本のES徹底解説!選考通過者の志望動機・ガクチカ分析

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
29,601枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録