MENU

Unistyle registration 680*80

更新情報2017/05/31(Wed)内容を更新しました!

JR東日本のESと採用HPから考えるJR東日本の求める人材

JR東日本のESと採用HPから考えるJR東日本の求める人材

掲載開始日:2014年11月19日
最終更新日:2017年05月31日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東日本は日本に欠かせないインフラである鉄道ビジネスを支える優良企業の一つです。運輸事業だけでなく豊富な不動産を保有していることから、駅ナカ事業や不動産開発事業により収益をあげています。就職活動生の人気も高く、東大、早慶などの上位校を対象としたアンケートにおいても15位にランクインしています。(2015卒 東大・早慶など上位校の就活生が選ぶ 就職人気企業ランキング

今回も働き方のケースおよびエントリーシートから求められる人材について考えたいと思います。
近年、乗車マナーについて、お客さまから多くのご意見をいただきます。お客さまに、より快適に、安心してご利用いただくため、お客さまのマナー向上を促す企画を実施することも私たちの重要な任務です。最近、効果を上げた施策のひとつに、宮城県の高校生と協力したマナーアップキャンペーンの実施があります。私は運転士時代、お客さまのマナー向上について地元の高校生と意見交換をしたことがあります。そのとき、「車内ポスターは見ないし、記憶に残らない」という高校生の言葉を聞き、お客さまの心に届く取組みをしなければならないと痛感したことがあります。そのときの経験を活かしながら、私たちが本当に訴えたいものは何なのか、それをお客さまの心に届けるにはどうすればいいのか、ということを社内の関係セクションや広告会社と何度も話し合い、ポスターやティッシュなどのグッズを作成しました。こうして完成したグッズを活用し、宮城県教育委員会とのタイアップのもと、高校生と一緒にマナー向上の呼びかけを行うことにしました。
JR東日本の業務は、社内の多くの部署が密接に繋がっていると言えます。上記のように働き方のマナー改善という施策を行う場合においても、社内の車両を扱う部署の協力や広報の協力など様々な部署との連携が必要になります。特に大企業で仕事が密接に関わるほど、一つの施策に関わる部署が多くなり、調整に時間がかかるケースが多いと言えます。

このような仕事においては下記のような人材が求められていると考えられます。

①他部署や関係会社など価値観や考え方の異なる人と協力し成果をあげることのできる人材
②周囲の人と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決策を提案、実行できる人材
③今までにない仕組みを考え、提案し周囲の人と協力して達成できる人材

③については、不動産開発やモバイル決済の導入範囲拡大など、業務が多岐に渡るJR東日本だからこそと言える人材かもしれませんが、こういった人材も求められていると考えられます。
 

JR東日本設問

1.自己PR
2.鉄道事務のテーマ:鉄道事務フィールドで実現したい夢はなんですか。 (400文字以内)
 

一つ目の設問

1.自己PR
JR東日本の設問内容はきわめてオーソドックスな内容になっています。自己PRについては、自分の生い立ちや過去の経験も含めて話ができるとより説得力があると言えます。下記の自己PRのフレームワークに沿って一度書いてみることをおすすめします。
①強み
②強みが培われた過去の経験や生い立ち
③強みをあらわす具体的エピソード(複数)
④強みを発揮する上で意識していること、方法論
⑤強みを企業でどのように活かすか

強みを企業でどのように活かすかについてはイメージできないまま、面接に突っ込んでしまう人が多いのですが、上記のように働き方の具体例から導くとイメージしやすいと思います。JR東日本の仕事であれば、例えば、サークルなどにおいて出席率の改善施策を考えて、周囲の人の協力を得て達成した経験などがあてまると思われます。
 

二つ目の設問

2.鉄道事務のテーマ:鉄道事務フィールドで実現したい夢はなんですか。 (400文字以内)
いわゆる志望動機になりますが、志望動機については自分自身の経験を抽象化して仕事内容に結びつけると自分の魅力を伝えることもできます。基本的なフレームワークは下記の通りです。

①仕事を通じて成し遂げたいこと
②きっかけとなる経験
③企業選びの軸
④企業選びの軸に合致する他に受けている業界と他業界ではダメな理由
⑤具体的にどのような仕事や部門に興味があるか
⑥業界の中でも志望企業の理由

今回の設問では、⑤の回答も求められていますので、文字数も考えると①、②、⑤を話すことができればよいのではないかと思います。自分自身の経験と結びつける方法について悩んでいる方は下記のコラムも参考になるでしょう。
 

最後に

JR東日本は鉄道事業という安定的な収益源を確保した上で、不動産開発や決済事業など新規事業も行っている面白い会社であると言えます。不動産開発に興味のある学生がJR東日本を併願するケースもあり、様々な学生に興味をもってもらいたい企業だと感じています。企業名やイメージに惹かれるだけでなく、具体的な業務内容に目を向けて併願する企業を考えるとより深い部分で志望動機を話せるようになるでしょう。
また、実際のJR東日本内定者のESについては下記コラムで解説しているので、良い面悪い面ともに参考にしていただければと思います。
 

photo by tokyoform

【参考】JR東日本の内定者の回答(頑張ったこと)

 

今までで最も打ち込んできたことは何ですか?また誇る成果のようなものがあれば、それも書いてください。 (200 字) 

 大学2年の1年間、4人のIT企業でWebサイトの企画・営業を行いました。しかし当初は事業部で売上が目標の4割にしか及ばない状況でした。そこで質と量の面から問題解決が必要だと考え、質の面ではメンバー全員を集め、日々の成功事例と失敗事例を共有する場を作りました。量の面では毎日テレアポを200件行う等の取り組みを行いました。結果事業部の目標を達成、目標比130%の157万円の個人月間売上を記録しました。                                                                             

【参考】JR東日本の内定者の回答(志望理由)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は16987枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

【参考】JR東日本の内定者の回答(当社で実現したいこと)

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は16987枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

    Obogkyoto uni
    %e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc
unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
unistyle