unistyle

MENU

更新情報2020/03/30(月)内容を更新しました!

【圧迫面接の質問例・対策・特徴を解説】なぜ企業は圧迫面接をするのか?

【圧迫面接の質問例・対策・特徴を解説】なぜ企業は圧迫面接をするのか?

最終更新日:2020年03月30日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「圧迫面接って本当に存在するの?」

「もし圧迫面接に遭遇してしまった場合、どのように対処すればいいの?」

上記のような疑問・悩みを持っている就活生は少なくないのではないでしょうか。

実際、圧迫面接に不安や心配を感じている就活生が比較的多くいる一方で、その特徴や実態を把握している人は少ないように感じます。

そこで本記事ではそのような就活生に向け、"圧迫面接の種類・質問例・対策、圧迫面接をされやすい人"などを解説していきたいと思います。

圧迫面接の特徴とは

圧迫面接の特徴とは

就活生の皆さんは圧迫面接と聞いて、どのようなものをイメージするでしょうか?

「話した内容にむやみやたらに突っ込まれた」、「一生懸命話しているのにも関わらず無視された」など、個々人によってそのイメージは異なるでしょう。

実際、圧迫面接というものに明確な定義はありませんが、一般的には"面接官が威圧的な態度をとったり、意地悪な質問を繰り返す面接"のことを指します。

そのため、就活生によってイメージや受け取り方は異なれど、面接官が威圧的な態度だと感じたり、こちらの回答を無視されたように思ったのであれば、圧迫面接と受け取ることができるでしょう。

企業が圧迫面接をする意味

企業が圧迫面接をする意味

続いては「なぜ企業は圧迫面接をするのか?」という疑問に答えしていきます。

記事の冒頭で、圧迫面接は個々人によってイメージや受け取り方が異なるという説明をしましたが、一概に圧迫面接と言えど、その種類・意味は大きく以下の2種類に分類することができます。

  • 圧迫面接をしようという意図があった上でそういった態度・言動をする場合
  • 面接官は圧迫面接をするつもりはないが就活生がそう受け取ってしまう場合

それでは、上記の2パターンをそれぞれ解説していきます。

圧迫面接をしようという意図があった上でそういった態度・言動をする場合

この場合は、あえて圧迫面接をすることで就活生のとある部分を把握しようとしていることが多いです。

そして、この「とある部分」に該当するものは大きく以下の2点があります。

圧迫面接で把握しようとしている部分

(1)就活生のストレス耐性
(2)咄嗟の思考力やコミュニケーション能力

(1)就活生のストレス耐性

取引先の人に理不尽な理由で怒られる・営業ノルマを達成することができずに上司に詰められるなど、個人差はあれど働く際にストレスが掛かることは避けることができません。

そこで面接官はストレスのかかる圧迫面接を意図的に課すことで、就活生のストレス耐性を見極めようとする訳です。

よく「証券会社や不動産会社は圧迫面接をされやすい」という話を聞きますが(※特定の企業を指したり、明確な根拠がある訳ではありません)、これは営業ノルマなどの数字的プレッシャーがきついがゆえの事象だと考えられます。

こういった場合は、圧迫面接というストレスのかかる場においてどのように対処・振る舞うことができるかを見極めていると言えるでしょう。

(2)咄嗟の思考力やコミュニケーション能力

ここでいう思考力・コミュニケーション力とは、「予期していない事態(圧迫面接)に遭遇した際に、いかに対処・振る舞うことができるのか?」ということです。

この場合は、就活生の回答に深堀りを続ける・就活生の回答を否定するといった事例が多いでしょう。

このような場合は、就活生もあらかじめ準備してきたもので対処することは難しいですし、いわば素の実力で対処しなければなりません。

予期せぬ事態に遭遇した際の受け答えを見ることで、就活生の思考力・コミュニケーション能力を見極めたいという意図を持ったパターンになります。

面接官は圧迫面接をするつもりはないが就活生がそう受け取ってしまう場合

先ほど、何かしらの意図を持った上で圧迫面接を課しているパターンを紹介しましたが、圧迫面接には「圧迫面接をするつもりはないが、就活生がそのように受け取ってしまうパターン」もあります。

「自分の話した内容に関して何度も深堀りされた…。」

「話を聞いている面接官が何だか不機嫌そうだった…。」

一例ではありますが、上記のような経験をしたことのある就活生もいるのではないでしょうか?

とは言え、これらは面接官が意図的に行っていない場合も往々にしてあります。

就活生の能力や人柄を詳しく知りたければ深堀りをするのは当然ですし、(言い方はあれですが)普段の表情自体が不機嫌に見える人も存在します。それらが、就活生によっては圧迫面接のように受け取ってしまう場合があるという訳です。

こういった場合は明確な対処法などはありませんので、上記の例のように「意図的に圧迫面接をしている訳ではないような気がするけど、何だか印象が悪いな。」と感じた場合は、あまり気にせずに普段どおりに振る舞うのが望ましいでしょう。

圧迫面接の種類と事例

圧迫面接の種類と事例

企業が圧迫面接をする意味は理解していただけたと思いますので、続いては圧迫面接の種類と事例を紹介していきます。

圧迫面接には様々なものがありますが、その種類は"態度面で圧迫するもの・言葉面で圧迫するもの"の2種類に大別されます。

そして、態度面で圧迫するものは2つの事例、言葉面で圧迫するものは3つの事例に大きく分類することができます。分類したものが以下になります。

圧迫面接の種類と事例

【態度面で圧迫するもの】
◆話に対して反応がない・無視される
◆大柄な態度を取られる

 

【言葉面で圧迫するもの】

◆話した内容をことごとく否定される
◆むやみやたらに質問攻めされる
◆無意味に怒られる

一概に圧迫面接と言えど、大きく上記の5つに分類することができます。

それでは上記の5つの事例に関し、各事例の具体例と対策方法を紹介していきたいと思います。

圧迫面接の具体例と対策:(1)話に対して反応がない・無視される

【圧迫面接の具体例と対策】話に対して反応がない・無視される

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38208枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

圧迫面接の具体例と対策:(2)大柄な態度を取られる

【圧迫面接の具体例と対策】大柄な態度を取られる

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38208枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

圧迫面接の質問例と対策:(3)話した内容をことごとく否定される

【圧迫面接の具体例と対策】話した内容をことごとく否定される

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38208枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

圧迫面接の具体例と対策:(4)むやみやたらに質問攻めされる

【圧迫面接の具体例と対策】むやみやたらに質問攻めされる

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38208枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

圧迫面接の質問例と対策:(5)無意味に怒られる

【圧迫面接の具体例と対策】無意味に怒られる

このコンテンツは会員(無料)の方のみご覧になれます。
また、会員(無料)の方は38208枚のエントリーシートを全て閲覧可能になります。
(無料会員登録はこちら)

圧迫面接に遭遇した際にやってはいけないこと

圧迫面接に遭遇した際にやってはいけないこと

圧迫面接の具体例と対策を紹介しましたので、続いては圧迫面接のNG例、つまり「圧迫面接に遭遇した際にやってはいけないこと」を紹介したいと思います。

圧迫面接に遭遇するケースや種類は就活生によって異なりますが、いずれのケース・種類でも以下のような対応はNGと言われています。

  • 感情的になる
  • 面接官に対してあたかも敵のような態度をとる
  • 面接の途中で帰る

いくら圧迫面接を受けたからといっても、上記のような対応はできるだけしないように心がけましょう。

圧迫面接をされやすい人とは

圧迫面接をされやすい人とは

最後に、圧迫面接をされやすい人の特徴を紹介します。

とは言え、これから紹介する特徴に該当していないからといって必ずしも圧迫面接をされないという訳ではありませんので、その点は認識していただければと思います。

圧迫面接をされやすい人の特徴は、一般的に以下の4点が挙げられます。

  • 面接に対するやる気や入社意欲が感じられない就活生
  • 自信なさげな素振りを見せていたり声が小さい就活生
  • ストレス耐性がないように感じられる就活生
  • 嘘をついている就活生

面接に対するやる気や入社意欲が感じられない就活生

練習のつもりで面接を受けに来ました感を露骨に出していたり、明らかに取り繕った志望動機や自己PRを話す就活生は、面接官にもそれがバレてしまいます。

そういった態度の就活生であれば、就活生の本音を聞き出したり嘘を暴くために面接官はより突っ込んだ質問をすることがあります。それが結果的に圧迫面接のようになってしまうという訳です。

仮に本命企業の面接でないとしても、就活生・面接官双方が時間を割いた上で面接に臨んでいることに違いはありません。

就活生は面接に臨む態度には充分気をつけ、意味もなく圧迫面接を受けないように心がけましょう。

【関連記事】
【就活】面接で聞かれる志望動機にどう答える?人事に刺さる志望動機の伝え方とは
→入社意欲をアピールすることに役立つ「面接での志望動機の答え方」を解説しています。

自信なさげな素振りを見せていたり声が小さい就活生

面接の場は誰しもが緊張するとは思いますが、自信なさげな素振りを見せる・声が小さいなどの言動は、それだけで減点対象になる可能性があります。

また、減点対象になる可能性があるのはもちろんですが、声が小さいがゆえに面接官が聞き取ることができず、それが理由で面接官がイライラしてしまい、結果的に圧迫面接のようになってしまう恐れがあるという訳です。

圧迫面接を課されるリスクを少しでも減らすためというのもありますが、自信なさげな素振りや声の小ささはいずれの企業でも好まれるものではありませんので、この観点は常に意識していただければと思います。

ストレス耐性がないように感じられる就活生

ストレス耐性が比較的重視される業界・企業では、「ストレス耐性がなさそうだな」と感じた就活生に意図的に圧迫面接を課す場合があります。

ストレス耐性がないという言葉に明確な定義がある訳ではないですが、これまでの質問に対する回答や受け答えの態度から、ストレス耐性がないという印象を与えてしまった就活生は、圧迫面接を課される可能性が高くなると言えるでしょう。

とは言え、圧迫面接を課された際にスムーズに回答することができれば、圧迫面接を逆手にとって高評価に繋げることができる可能性もありますので、例え圧迫面接を課されたとしても落ち着いて対応することが望ましいでしょう。

嘘をついている就活生

嘘を暴いたり就活生の素の姿を見極めるため、嘘をついている就活生に意図的に圧迫面接を課す場合があります。

理由や意図に関しては『面接に対するやる気や入社意欲が感じられない就活生』の場合とほぼ同様になるため、下手に嘘をつかないことで、無意味に圧迫面接を課されないように気をつけましょう。

【関連記事】
面接で嘘をつくべきでない2つの理由
→就活生の実際の体験談をもとに、面接で嘘をつくべきではない理由を紹介しています。

まとめ

圧迫面接の対策のまとめ

本記事では、""圧迫面接の種類・質問例・対策、圧迫面接をされやすい人""について解説してきました。

事例は年々減少している印象を受けますが、圧迫面接は現在でも少なからず存在するものであり、誰しもが遭遇する可能性があるものです。

とは言え、事前に圧迫面接についての理解を深めておいたり、遭遇した際の対策を準備しておくだけで、慌てずに対応することができるでしょう。

本記事を参考にし、今後圧迫面接に遭遇した際に落ち着いて対応することができるよう、準備を進めていただければと思います。

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
38,208枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録