unistyle

MENU

更新情報2019/06/18(火)内容を更新しました!

【21卒向け】ドリームインキュベータ(DI)のインターン選考(ES・Webテスト・グループディスカッション)対策|合格者ES付き

【21卒向け】ドリームインキュベータ(DI)のインターン選考(ES・Webテスト・グループディスカッション)対策|合格者ES付き

最終更新日:2019年06月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドリームインキュベータ(DI)のインターン選考通過者ESはこちらから

高学歴層からの人気が高いコンサルティング業界。その中でもあらゆる企業の成長フェーズを一気通貫で支援しているドリームインキュベータ(DI)。

本記事では、ドリームインキュベータ(DI)のインターン内容から、インターン選考を突破する対策までをご紹介します。

コンサルティング業界とは


そもそもコンサルティングとは、”お客様の抱える課題に対して解決策を提示し、その発展を助ける業務”のことを言います。簡単に言うと「お客様の困りごとを解決する仕事」のことです。

解決策を考えることがコンサルタントの仕事のため、「人」こそが商品とも言えます。

コンサルティングのビジネスモデルは一般的に言う「労働集約型」と呼ばれるものであるため、人間の労働力に依存する傾向があります。その結果として「勤務時間が長く激務」と言われるようになっているのでしょう。

日本でのコンサルティング業界の市場規模はまだまだ小さいですが、アメリカの市場規模は6兆~10兆円とかなり大きく、世界全体を見てもこれから伸びていく業界とも言われています。

コンサルティングの仕事は様々な企業との関わりによって成り立っているため、コンサルティング業界自体も大きく5つに分類されます。

コンサルティング業界の分類
■戦略系コンサルティングファーム
→マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループなど
■総合系コンサルティングファーム
→デロイト・トーマツ・コンサルティング、アビームコンサルティングなど
■ITコンサルティングファーム
→アクセンチュア、IBMなど
■シンクタンク系コンサルティングファーム
→野村総合研究所、三菱総合研究所など
■業界・業務特化型コンサルティングファーム
→マーサー・ジャパン、リンクアンドモチベーションなど

参考:【業界研究|コンサルティング】コンサルティングとは?から選考対策までを徹底解説

ドリームインキュベータ(DI)とは


2000年設立のドリームインキュベータ(DI)は、633名(2019年3月末現在)のスタッフを擁しています。

ドリームインキュベータ(DI)は、「戦略コンサルティング」と「インキュベーション」を、事業の2本柱とし、大企業や政府向けに、戦略コンサルティング、プロデュース支援、M&A支援、経営幹部育成支援を提供しています。

特に”事業創造””成長”にフォーカスしており、企業の課題の短期的な改善ではなく、将来の成長を牽引する新規事業創出や、既存事業を大きく成長させる成長戦略に注力しています。

上記を行うに当たり、”業界横断的なアプローチ”を行っています。コンサルティング業界はある一定の分野に特化しようと専門領域をある程度固定しますが、ドリームインキュベータ(DI)は担当領域を限定せず意図的に幅広い業界でのコンサルティングを実践できる環境を取り入れています。

また、社員がより効果的で実現性の高い提案を行うために、実際に現場で失敗と成功を身をもって学び経験を積みます。

ドリームインキュベータ(DI)のインターン内容


下記の内容は21卒対象のインターンになります。なお以下は採用HPの引用です。

詳細
■内容:
DIでは、学生の皆さんに、戦略コンサルティングおよび当社に対するご理解を深めていただく共に、「考えることの楽しさ」を実感していただくため、 「DI Autumn Study 2019」 を実施致します。

Autumn Study では、実際の企業・テーマを題材に、情報収集・分析・戦略策定までの一連のコンサルティング業務を体験いただきます。

第一線で活躍するビジネスプロデューサー(BP)たちの助言を受けながら、3日間にわたってプロジェクトに携わり、最後には当社幹部に向けたチーム毎の報告会(プレゼンテーション)を行っていただきます。
コンサルティングという仕事への適正を試すと共に、学生の皆さんにとって、大きな成長を実感できる絶好の機会ですので、是非ご応募下さい。

■開催日程:2019年10月12日(土)~14日(月)の3日間

■開催場所:DI本社(東京都千代田区霞が関)周辺

■応募締め切り:2019年8月30日(金)13:00

引用:ドリームインキュベータ(DI)採用HP

ドリームインキュベータ(DI)の求める人物像


ドリームインキュベータ(DI)は求める人物像を採用HPで下記のように述べています。

DIのBPのミッションは、世の中に大きなインパクトを与えるような事業を創造していくこと。
従って、優れた構想を紡ぎ出すだけでなく、実現のためにリソースを集め、先頭に立って周りをドライブしていくことが必要です。

①ベースとなる人間力
志 × オーナーシップ・コミットメント × 柔軟性
②構想・戦略策定力
インテレクチュアルスキル × ビジネスセンス × 創意工夫
③社内外ドライブ力
エンジン × 知的リーダーシップ × コミュニケーション能力
④他人にない”何か”
何かしらの軸での専門性 × 人とは違う経験


加えて、”明日の日本を創る” ことを他人事と思わないマインドセットを持った社員が多いこともDIのBPの特徴と言えます。

引用:ドリームインキュベータ(DI)採用HP:求める人物像

ドリームインキュベータ(DI)のクライアントの多くは業界をリードする大手企業です。関わる業界は多岐にわたり、そこで価値観の異なる人と課題解決に向けて話し合っていかなければなりません。

その価値観の異なる人と円滑にコミュニケーションを取りながら、ドリームインキュベータ(DI)で働いているからこそできる、様々な分野の知見を活かした提案力も求められるでしょう。

上記をES・面接で人気企業内定者が企業に伝えていた5つの強みとは?に当てはめて考えると下記の3つに当てはめられると考えられます。

■関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる
■価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる
■今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる

ドリームインキュベータ(DI)のインターン選考フロー


ドリームインキュベータ(DI)の、21卒向けインターンの選考フローは下記の通りです。下記もHPからの引用です。

■選考フロー
書類選考 → 適性検査 → 選考(複数回) →  Autumn Study(インターン)

■選考開催日程:
<東京会場>
・1次選考:9月21日(土)22日(日)
・2次選考:9月28日(土)29日(日)
・3次選考:10月2日(水)~ 10月4日(金)
※ 1次選考は1時間半程度、2次選考は1時間程度、3次選考は30分程度で
希望の日時をご指定いただきます。

<京都会場>
1~2次選考:9月29日(日)
※ 1~2時間半程度で希望の時間帯をご指定いただきます
※ 京都受験の方は選考は29日のみになります
(3次選考を東京で受けていただく必要はございません)

引用:ドリームインキュベータ(DI)採用HP

ドリームインキュベータ(DI)のインターン選考エントリーシート対策


下記の設問は21対象の設問内容です。

(問1)人生で“もっとも本気で”取り組んだ活動とその詳細を教えてください(学業以外)/100文字以内
(問2)問1の内容について、なぜ本気で取り組もうと思ったのですか。その原動力や当時の想いを説明してください/200文字以内
(問3)その活動を成し遂げる上で、何を障害と感じましたか。またその障害をどのように乗り越えましたか/200文字以内 (その中で周囲を巻き込む必要があった場合、その工夫を教えてください)

以下で回答の作成方法も踏まえ解説していきます。

この設問は、(問1)~(問3)を通してガクチカを問われています。企業がガクチカを質問する意図としては、"経験自体のレベル・スペックの把握”"自社に合う・マッチする人材か知るため”という2つが挙げられます。

また、その上で評価基準として以下の3つが主に用いられます。

①実績自体のインパクトがどれだけあるか
②書いてある内容から思考力・考えの深さ・人柄を示すことができているか
③企業で活かせる学びを得ているか

つまり、上記の2つの意図に沿い、その上で3つの評価基準を満たすことが「高く評価されるガクチカ」となります。

今回のドリームインキュベータ(DI)の場合、ガクチカを「活動とその詳細」「活動に取り組んだ理由」「その中でぶつかった困難をどうやって乗り越えたか」に分けて書かなければなりません。

実際にガクチカを書く際は下記のガクチカのフレームワークを参考にすると良いでしょう。

このフレームワークに当てはめて考える場合、(問1)に①何に取り組んだのか、(問2)に②なぜ取り組んだのか⑤人柄を、(問3)に③目標と困難④取り組みと結果を書くと簡潔に書くことができるでしょう。

ドリームインキュベータ(DI)のインターン選考Webテスト対策


下記は20卒対象に行われたWebテスト対策の内容になります。

詳細
■実施場所:専用試験会場
■時間:1時間
■形式:テストセンター
■科目:言語・非言語・性格

 内容は一般的なSPIの内容と変わらないようなので、書店で販売されている対策用の書籍を一冊購入し、何度も繰り返し解いて問題に慣れておくようにしましょう。

問題数が多く時間配分が重要になるので、時間を意識して練習するよう心掛けてみてください。

下記により詳しい対策についての記事を載せておくので、こちらも参考にしてみてください。

ドリームインキュベータ(DI)のインターン選考グループディスカッション対策


下記は20卒対象に行われたグループディスカッションの内容を参考に記載しています。

詳細
■会場:オフィス(東京)
■時間:1次1時間、2次30分
■人数:学生6人、社員1人

1次
・会議室に集められ、部屋に呼ばれてGDをする。
・その後、もういちど 部屋に呼ばれ2次のグループディスカッションになる。
(例題)百貨店の売上向上・地方のスーパーの売上向上 

2次
・最初から部屋に集まり、GDをする。
(例題)旅行会社の売上向上

GDでは"①議論に臨む基本姿勢・②議論のテーマや流れへの理解力・③自身の意見の主張力・④議論を統率するリーダーシップ”の4点が主な評価ポイントとなります。

また、GDでは企業ごとに様々なテーマが課され、それぞれ議論の詳細は変わってくるものの、大まかな議論の進め方は共通しています。

具体的には、"①アウトライン作成→②立場・目的の明確化→③全体像の把握→④課題の特定→⑤打ち手の立案"という順序で進めると、スムーズに質の高い議論が展開できます。

グループディスカッションでは、議論がヒートアップし論点がずれたまま、話が進んでしまうことがよくあります。ドリームインキュベータのグループディスカッションでは、発表はなく時間内に結論を出すことよりも、しっかりと考えることを重視されているので、意識して臨んで見てください。

下記にグループディスカッションの参考になる記事を載せているので、こちらも併せてご覧ください。

最後に


今回は高学歴層からの人気が高く、あらゆる企業の成長フェーズを一気通貫で支援しているドリームインキュベータ(DI)についてご紹介しました。

選考自体が非常に難しいことで有名なドリームインキュベータ(DI)ですが、本記事で企業理解を深め、選考対策をしっかり行って、インターンにチャレンジしていただければと思います。

 

unistyle編集部では、就活生に納得のいく就職活動をしてもらうための情報発信を行っています。
・公式Twitterアカウント
・公式Facebookアカウント

unistyle
新規会員登録
unistyle
unistyle
37,188枚以上の企業ES・選考情報が見放題
unistyleに無料会員登録